フォトアルバム

リンク

カテゴリ「おでかけ:佐賀県」の10件の記事 Feed

2016年9月 1日 (木)

宝当神社で御朱印いただきました。

2016.8.26(金)。

唐津神社から5分ほどで唐津城駐車場に到着しました。

Img_5635
しかぁーし、今回はこのお城へは行きません。


駐車場脇にある桟橋からこの船に乗って、“高島”という島に渡ります。

Img_3113高島に渡るには、定期船(大人ひとり210円)と海上タクシー(大人ひとり500円)の2通り

の手段がありますが、今回は海上タクシーを利用しました。


唐津城の別名は舞鶴城だそうです。

Img_5614_2海に直接石垣が築いてあるんですね。

船の中から唐津城の全容が少し見れましたので今回は良しとしましょう。


高島には何があるかというと、「」くじが「」たるという宝当神社があるのです。

Img_3114_2

細い生活道を通って行くんですが、猫がいたり、島の生活が垣間見えたり・・・癒されます。

Img_5623

歩くことわずか1、2分で宝当神社に到着します。

Img_5622
【鎮座地】 佐賀県佐賀市高島

【御祭神】 野崎隠岐守綱吉命(のざききのかみつなよしのみこと)
                  肥前国唐津の沖合いにある高島という小さな島は、海賊の被害に毎年
                  悩まされていましたが、ある時、島を襲った海賊を退治したのが野崎
                  隠岐守であり、島を救った英雄綱吉の没(天正13年、1586年)後、
                  墓の上に祠を建て、島の守り神『大権現様』と呼んで祀ったそうです。   
       
        

「宝当」の文字が縁起がいいと、宝くじ当選、金運、開運、子宝に御利益があると

全国から信仰をあつめている神社です。


この神社では、拝殿に上がって参拝いたします。

Img_5617


4億円の高額当選者からのお礼の手紙などがたくさんありました・・・やっべいぞ!

Img_5618

御朱印帳が二冊目に突入、なんかご利益あるのでは?と期待してしまう・・・。

Img_5621_2運とつき、勝利を引き寄せるお守りとして大事にしたいと思います。


力のこもった文字で御朱印いただきました。

Img_5619

お願い事は・・・ヒヒヒ内緒です。 宝当神社ですからぇ・・・わかるでしょ!smile


帰りは、別の海上タクシーに乗って帰りましたが、来る時よりも風が強くなっていて
ひどい揺れでした・・・。

Img_5627



しっかりと参拝して来ましたのでホント、よろしくお願いしますm(..)m。



≪宝当神社へのアクセス詳細等はHPからご覧ください。≫



2016年8月31日 (水)

唐津神社で御朱印いただきました。

2016.8.26(金)。

佐世保を出発して向かった先は唐津市。

唐津神社に参拝に行ってきました。

地元では厄除・学業の神様として親しまれ、お祀りされています。



【鎮座地】 佐賀県唐津市南場内

【御祭神】 住吉三神(底筒男命・中筒男命・表筒男命)
       神田宗次

【御創建】 伝天平勝宝7年(755年)・・・奈良時代ですよ、古いですね。


そびえ立つ白い第一の鳥居は印象的です。

Img_5592

他に参拝の方もおらず、ひっそりとした印象です。

Img_5596

静かな中に蝉の鳴き声が響いて気が遠くなりそう・・・。

Img_5597

立派でしかも歴史を感じさせるお社です。

Img_5600

静かな神社でしたが、「唐津くんち」の際はとっても賑わうのでしょうね。

Img_5599

もちろん御朱印いただきました。

Img_5685


隣接して、唐津くんちに関する「唐津くんち」に関わる曳山展示場があるのですが、

次を急ぐため見学せずに唐津神社を後にしました。


道中の安全、家内安全を祈願しました。




2015年11月24日 (火)

紅葉の見頃には少し早かったかな・・・ : 九年庵

2015.11.21(土)。

山田ひまわり園で鮮やかな黄色を目に焼付けた後、次は紅葉の名所である九年庵

を訪れました。

九年庵といえば、春の新緑の時期と秋の紅葉の時期の年に二回だけ一般公開

されている国の名勝指定となっているところです。


高速を降りると道沿いに駐車場案内の看板がわかりやすく立ててあり、

それに従って行くと吉野ヶ里遺跡公園のの広大な駐車場につきました。
(駐車料500円ですよ。)

そこから無料シャトルバスに乗って九年庵まで10分程です。


さすがに紅葉の名所だけあってたくさんの人、ひと、ヒトです。

Img_2147


入場するには整理券が配られ、入場は大きな音のスピーカーによって

番号案内がされます。

Img_2148

それにしても6,000番台とは・・・。


九年庵の中に入った後も長蛇の列。

Img_2157



それにしてもまだ青々としている部分が多かったですね、盛はもう少し後のようです。

Img_2150



いろんな情報で確認してきたのですが、どれもこの三連休あたりが見頃となっていました。

しかし、これはあくまで例年のことで、今年は暖かかった影響が出ているようですね。

Img_2160



もみじやつつじが植栽されており、四季を通じて美しい庭園を楽しめるようです。

Img_2170

Img_2183



佐賀の実業家、伊丹弥太郎氏が明治期に9年の歳月をかけて築いた別荘だそうで、

その造りはとても重厚す。

Img_2171_2



入母屋葦葺の大きな屋根は特徴的であり、大変趣のある造りです。

Img_2192



真っ赤に紅葉したもみじが落葉したら、鮮やかに苔むした緑と素晴らしい

コントラストとなるのでしょうね。

Img_2181_2



今年の九州での紅葉は全体的に例年より遅れているようですね。

Img_2195



それでもちらほらと赤く染まったところがありました。

Img_2766_2



茶室や書院も作られており立派な数寄屋造りの建築でした。

Img_2765_2


九州の紅葉の名所として人気ランキングには常にトップグループにある九年庵。

初めて行きましたが、紅葉の盛から少し外れて少々残念ではありましが

その庭造りや建物を見て明治期の情況に想いを馳せることができました。


観光客の数たるや驚くほどの多さでしたが、駐車場やシャトルバスの完備など

観光客の受入体制がとても充実しており訪れやすい場所だと感じました。


こりゃ来年の再訪が楽しみです。




2015年11月23日 (月)

秋に咲くひまわり : 山田ひまわり園


2015.11.21(土)。

さあ、三連休の初日です。この日は集中して佐賀の名所を探訪予定です。


ひまわりといえば・・・夏。

夏の日差しに向かって咲く花ですが、

ここ佐賀県のみやき町では秋空に咲くひまわりを見ることができます。

Img_2025

ということですが・・・。

今年は例年より暖かかったため、ピークは2週間ほど早く来たとのことで

もう盛りは過ぎた感じでした。


しかし、きれいに咲いてるところを撮って、ご紹介します。

Img_2029



花は咲いていても、だいぶん頭をもたげた状態でした。

Img_2063



それでも幾つかは、秋空を見上げて頑張って咲いていました。

Img_2115



ミツバチも大忙し・・・。

Img_2082



今が盛りの花は見ていて若さを感じますね。

Img_2095_2



ひまわりのバックには真っ赤なケイトウも咲いていました。

Img_2729_3



蝶?・・・、蛾ですよね?でも模様はきれいです。

Img_2123



レンズをタムロン90mmマクロに替えて。

Img_2086



しっかりと水分も蓄えているんですね。

Img_2071_4



花のマクロの世界って不思議でいいですね。

Img_2078_2



向こうの山にはハゼの木が植えてあるそうで、タイミングの良い年は

真っ赤に紅葉したハゼをバックにひまわりを撮ることもできるとか・・・。

Img_2135


今年は残念ながらそんな素敵な光景には出会えませんでしたが、夏にひまわり

を見に行っていなかったので、この時期にこれだけのひまわりが見られて満足

でした。




2015年10月25日 (日)

祐徳稲荷神社までツーリング。

2015.10.24(土)。

最近秋晴れが続いています、朝晩は冷えるのに日中の日差しは強くて

汗ばむほどまで気温も上がります。

ツーリング日和ですね。


この日は、佐賀県の祐徳稲荷神社までツーリングを兼ねて御朱印を頂きに
に行ってきました。


定番の広川SAで休憩。

Img_2366



高速道路を武雄北方で降りて1時間ほどでしょうか、やっと祐徳稲荷神社の
そばまでやってきました。

Img_3777



祐徳稲荷神社。大きくて綺麗で被写体にはもってこいです。

Img_2392_2



ですがこの日はツーリングのためコンデジG7Xでの撮影です。 

Img_2427_2



一時間近くいたと思います。土曜日なのにお客さんもそんなに多くいなくて
ゆっくりと参拝できました。

Img_2429



門前町にあるお土産物屋さんに併設されたお食事処で食事。

Page1

お稲荷さんに参拝となれば、やっぱりご飯はお稲荷さんでしょ!。


帰り道、道の駅鹿島に立ち寄りました。

Img_2439



有明海の海の幸が多く販売されている道の駅でした。

Img_2441

道の駅の裏はすぐ有明海。ガタリンピックの練習でしょうか?。


島原太良シーラインの直線は7kmほど。

Img_3839

前に大きなダンプがいたので直線を十分に堪能できませんでした。
ちょっぴりストレスが溜まりましたかね・・・。


15:15多比良港発のフェリーに余裕をもって乗ることができました。 

Img_2444_2_2



長洲港着が16:00、帰宅時間にはいい時間です。

Img_2447

西日もずいぶん低くなりましたね。


この日は波がとっても穏やかでバイクの固定も車止めだけでOKでした。

Img_2449


約245kmの走行距離でしたが、半分以上は高速道路だったので楽チンでした。

家に帰っても体力余裕で、気持ちのいいツーリングとなりました。




≪この日のツーリングコースはこちらで見れますよ!≫




2015年8月29日 (土)

玄海エネルギーパークに行ってみた。

2015.8.23(日)。

いかの姿造りをいただいて満足したのか、待ち時間が長くてバテたのか・・・

食事の後は結構みんな疲れていて、次の予定地もないまま帰路に着きました。


途中、あまりの暑さにコンビニによってパピコを買うことにしたんですが、

駐車場で知らないおじさんに「原発はどっちでしょうか?」と道を訪ねられたの

ですが、「私も観光で来ておりまして、わからないですぅ。」とお答えしました。


んで、車中でパピコ食べて涼みながら玄海原発をナビに入力してみると

そこからだいたい11km、30分くらいの道程、それほど遠くなさそうでした。


俺っち・・・「原発、行ってみる?」

みんな・・・「行くぅ~。」全員一致。 それではGO~rvcardash


ここまで来ていか食べただけで終わりっていうのもねぇ・・

みんな同じ気持ちだったようです。



当然、原発に入れるとは思っていません、「遠くから眺めて写真でも撮るか。」

の程度でしたが、原発に隣接して「玄海エネルギーパーク」なる施設がありました。

Img_1717

入場無料です。

当然見学することにしました。


すごい施設です。

Img_1721


分かりやすい説明です。

Img_1722


お金かかっています。

これはなんでしょうか? わかるヒトぉ。

Img_1741

答えは↓です。

Img_1740


玄海原発には4機の原子炉がありますが、現在は全て止まっております。

Img_1731


エネルギーパークの展望フロアから眺めた原子炉です。

Img_1736

福島第一原発の映像がフラバしてどうしても肩に力が入って見てしまいます。


隣の岬には大きな風力発電もありました、こちらを見ると肩の力が抜ける

のを感じました。

Img_1732


終わりに、同パークの館内に「九州ふるさと館」なるパビリオンもありました。

Img_1746


博多祇園山笠・・・

Img_1742


山鹿灯篭も。

Img_1743_2


九州の伝統芸能、伝統工芸品など一同に展示してあり九州丸分かり

でなかなか良いパビリオンでしたよ。


太陽の塔の先がすっごく綺麗な青空だったのが印象的でした。

Img_1749_2

あまりの暑さに上まで上るのは遠慮させていただきましたけど・・・。sweat01



原子力発電では「止める・冷やす・閉じ込める」が安全確保の大原則だそうです。

原子力エネルギーが重要なエネルギー源であるのは分かります。

ですが人間はその巨大すぎるエネルギーを持て余しているように感じます。

我々人間の英知と良心はこの原子力とどう向き合っていくべきなのでしょうか?

考えさせられました・・・。think


《玄海エネルギーパークのHPはこちら》



2015年8月28日 (金)

いかしゅうまい発祥のお店だってさ : 海中レストラン「海中魚処 萬坊」

2015.8.23(日)。

バカンス2日目!

この日も天気がいいです、良すぎです。

バテそうな予感です。


この日の行き先はここだ!

呼子にイカ食べに行きまっせ!

Img_1668


俺っちは呼子は初めてなんです、自分でも意外です。



しかし、呼子のイカの知名度は全国区、一度は行ってみきゃならんでしょ~。



福岡からでも約一時間半かかりました。

画像下は第二駐車場です。

第一駐車場はすでに満車の空き待ち行列がずらり状態でした。

Img_1716

正面に見える青い建物が「海中レストラン」ですね。


朝市などがある呼子の漁港とは場所が違いますが、呼子大橋の

たもとです。

Img_1670



俺っち、海を見るとテンションが上がります。
Img_1714_2

大大海原とかよりも港があるとことか、島があるとことか・・・

要は海を釣りのフィールドとして認識しているのでしょうね。


海上の店内までの渡りに気持ちが高揚します。

Img_1709


到着12:10で番号札68番。

24・25番を案内中でした。

「夏休み・日曜日・観光地・良い天気・定番の人気店」これだけ条件揃えば

待ちは当然でしょ。

もう慣れっこです。


海中レストランの窓からお魚さん眺めたりして時間つぶししてました。

Img_1684

このお魚さん達、実は養殖用の筏の中にいるお魚さんたちでした。(笑)


待ち時間1時間30分、暑かったなぁ。

通された席は海中じゃなく海上でしたが、この日は海の透明度もそこまで

なかったようですし海上席が正解だったかもです。


本日は「いかコース」、これしかないでしょ!

Img_1689



このお店発祥のいかしゅうまいが運ばれてきました。

Img_1692_2

ぷりぷりの食感で、美味しかったですよ。

欲を言えば味に“いか”のインパクトがもっと欲しいですかね?


ついに来ました!いかのお造り。

Img_1696_2

一人一杯ではありませんのでご注意ください。

四名分の分量が一皿で来ます、お間違いなく。

それでもこの姿造りは嬉しいですね、結構大きめのいかだったので食べ

応えありました。


このためにここまで来ました。遠かったです、嬉しいです。

Img_1703_2

大事なお味のほうですが、コリコリ感があって新鮮さは最高です。

コウイカに比べたらあっさりした食味のようでした。

これはいかの種類による違いなのでしょう。


お茶碗にオリジナルでミニいか丼を作ってみました。

Img_1705_2

眺めて満足した後は、一気にかき込みます。

至福の時です、贅沢ですよね。


ゲソと姿(エンペラ)はお刺身、塩焼き、煮付け、天ぷらにしていただけます。

Img_1706_2

今回は天ぷらにお願いしました・・・というか天ぷらが王道ですよね。

こちらもいかの新鮮さを大事にして揚げてありました。

アツアツで美味しかったですよ。



「何時か一度は行って食べたい『呼子のいか』」

長年の願望が叶った一日でした。




《海中レストラン「海中魚処 萬坊」さんのHPはこちら》



 

 

2014年11月 6日 (木)

佐賀バルーンフェスタ2014 おまけ

佐賀バルーンフェスタ2014の記事を今回も

引っ張ってごめんなさいです。


初めて行った佐賀バルーンフェスタ2014、

日本夜景遺産になっているとか。

Img_9892


フィナーレには花火も上がり。

Img_0345
とにかく感動のイベントでした。


前回、前々回と佐賀バルーンフェスタ2014の記事を見て頂いた

皆様に感謝の気持ちを込めて「おまけ」で動画をお届けします。

「バーナーズオ~ン。」を体験してください。

佐賀バルーンフェスタ2014 「ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン」
YouTube: 佐賀バルーンフェスタ2014 「ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン」


皆さんも一度は行ってください。

大事な人と手をつないで温かくして見てくださいね。




2014年11月 5日 (水)

佐賀バルーンフェスタ2014 その②

2014.11.3(月)。

佐賀バルーンフェスタ2014。前回の記事の続きです。


辺りが薄暗くなると照明も点き、観客は増えるいっぽうで

前もってトイレに行くのも一苦労なほどの混雑ぶりです。


前日の夜は天候が悪く、バルーンを立ち上げずにバーナー

だけでイベントを行ったそうですが、この日はバルーンを立ち上

げてのフルバージョンだそうです。ラッキーgood


観客達の待ちきれない興奮が伝わって来ます。ワクワク。heart01

Img_9814


ひゃー、綺麗です。提供パイオニアのバルーン。

Img_9830


さあ、次々に準備が出来つつあります。

Img_9836


トムは今回の俺っちのお気に入りバルルーンとなりました。

Img_9864


まさに広告塔ですね。(俺っちには全く関係ありませんよ。)

Img_9876


午後6:30.

夜間係留、「ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン」の始まりです。


MCと観客が一緒に「バーナーズオ~ン」の掛け声。
Img_9927

掛け声でいっせいにバルーンに火が入ります。

うぅうっ、鳥肌が立ちます。(寒いからじゃないって。)


しかし、写真が難しいannoy これじゃカメラにばかりに気を取られて、

ゆっくり見れない、感動が少なくなるぞぉ~。

そこで俺っちのカメラは「オートフォーカスオ~ン。」

カメラは次の機会までに勉強しておきます。


俺っちお気に入りトムも楽しそうに見えます。
Img_9951

「ジュピター」や「アナ雪」の曲に合わせて、バルーンにバーナーの

火が入ると、あちこちでの歓声が上がります。

たくさんのバーナーの熱気が俺っちのところまで運ばれてきて

暖かさを感じます。

すごい、スゴイぞ!感動・感涙ものです。


MCや音響の効果もGoodで盛り上がり最高up

少しでしたが〆に花火も上がりました。

絶対、再訪sign01 決定です。sign03



【episode1】
 終了間際に席を立ち、早歩きで駐車場まで30分歩きました。

 既に帰りの車の渋滞が始まっています。

 車に乗ったのが午後7:32。

 車が動き出したのが午後8:47。

 この間、車は自車1台分も移動していません。

 この渋滞は異常です。

 そして車が動き出したかと思うと、あとは滞ること

 なくスイスイ動き出しました。いったいなんだったの?

 山ちゃんラーメン食べて帰宅したのは午後11時前でした。sad



2014年11月 4日 (火)

佐賀バルーンフェスタ2014 その①

2014.11.3(月)。

この日は、お天気に恵まれて以前から行きたいと

思っていた佐賀バルーンフェスタ2014に初めて、

やっと行ってきました。


【佐賀バルーンフェスタというのは熱気球(バルーン)の
国際的な競技大会(フェスティバル)で、参加するバルーンは
約100機!大会期間中の来場者数は70万人を超え規模では
アジア最大の熱気球のイベントなのです。】

お昼前には佐賀市市街に入りましたが、既に渋滞が始まっていて

約40分の渋滞耐えてやっと駐車場に到着しました。


しかし、ここから会場までの長いこと長いこと・・・

Img_9731


イベント会場入り口まで人の流れに乗って20分歩きました。sweat02

Img_9733


フェスタ開催中の臨時JR駅です。「バルーンさが駅」

Img_9739

フェスタ会場内に切符売り場も出来ていましたね。スゴイgood


そして、駅からバルーン係留地までまた10分歩きました。sweat01

Img_2850


夜間イベントを観るために観客の数は増すばかりです。

Img_9740

この日は風が強かったため、午後の競技はキャンセルとなってしまい
とっても残念です。crying

Img_9760

でも、いくつかのチームは強い風の中バルーンを立ち上げて

みせてくれたお客さんたちを喜ばせてくれてました。

もちろん、俺っちも楽しませていただきました。

Img_9770_2

↑「こんな巨大なブラックモンブランはさすがの俺も無理バイ。」eye


正午過ぎには到着しましたので、午後6時30分の夜間イベント

開始までの待ち時間をずいぶん楽にしてくれました。


待ち時間は花を撮ったり・・・

Img_9745


沈みゆく陽を追いかけたり・・・

Img_2854


川向こうにも撮影隊がたくさん・・・。

Img_2860

少々距離がありますが、逆に広角でたくさんのバルーンが写った

いい画が撮れるんじゃないかと思いました。


それにしても陽が落ちてくると河川敷は急激に冷え込みました。


【episode1】
 ホットドリンクを購入しようとどの自販機も長蛇の列が

 出来ていました。

 俺っちも並びましたが、前の女性が6本買いしてなんと

 売り切れランプが点いたではあ~りませんかsign02

 ホント、膝が崩れそうになりました・・・。

 当の女性は「あはっ、ラッキ~、ごめんね。bleah」って感じでした。


【episode2】
 初めてのバルーンフェスタで要領がつかめない、良いポイント

 の確保や待ち時間の過ごし方まで全てがさっぱり。

 草の地べたに座って寒さに耐えている奥さんと両親を見て

 さすがに可愛そうになり車までブランケットと上着を取りに

 行ってあげました。----所要時間:往復70分ジャスト---

 俺っちはどうってことない寒さなのに・・・。 みんな弱虫。


【episode3】
これが一番大きいニュースかも。

午後6時前頃、左後方頭上からイベント準備中のバルーンの

上を越えて大きく光る物体が長い尾を引きながら飛んでいきました。

その大きさは流れ星なんてもんじゃない大きさで明るさも凄かった。

時間にして4、5秒?結構長かったような気がしたけど

カメラ撮影は間に合いませんでした。

イベント前の余興と思ったのか観客達からは歓声や拍手まで

起こりました。きっと何万人という人が目にしたはずです。

俺っちはアルマゲドンやディープ・インパクト(馬じゃないよ

映画だよ)の観過ぎか考えすぎか・・・

先頃のロシアの例もあるのでちょっと怖かった。

※ニュースによると流れ星より大きな火球だそうです。



記事が長くなってしまいましたので、バルーンの
夜間点灯は次回の記事にしますね。paper