フォトアルバム

リンク

カテゴリ「おでかけ:大分県」の11件の記事 Feed

2016年10月28日 (金)

三大八幡宮のうちのひとつ、筥崎宮で御朱印いただきました。

2016.10.23(日)。

 プチ旅行二日目ー。

 どうにか雨は持ちこたえているようですが、傘が手放せないようなお天気。

この日は、午前中に福岡の筥崎宮に参拝して、午後から娘のところに行く

ことに決めました。

 筥崎宮は日本三大八幡宮の一つ、もちろん宇佐神宮も三大八幡宮になります

ので、この週末で三大八幡宮のうちの二つを参拝したことになります。すごい。


というか、三大八幡宮のうち二つが九州にあるってすごいと思いませんか。


 筥崎宮

【鎮座地】 福岡市東区箱崎

【御祭神】 応神天皇(八幡大臣)

      神功皇后(応神天皇の母君)

      玉依姫命(神武天皇の母君)

【御創建】 延喜21年(921年)

Img_3266

この日は、3組の結婚式を目撃!神前結婚式もまだまだあるのですね。

Img_3290

奥さん、「いいいな、いいな。」と連発。・・・もう一度式あげたいのか?


手水舎はさすがに大きいですね。

Img_3280

こちらは楼門になります。拝殿、本殿は楼門の奥にあります。

Img_5960_2七五三の時期ですね。

奥さん、「可愛い、かわいい」と連発。・・・孫でも欲しいのか?


今年は残念、ホークス。

Img_3275


もちろん、御朱印いただきました。

Img_5961

御利益がありますように。



≪筥崎宮のHPはこちら≫





2016年10月27日 (木)

薦神社で御朱印いただきました。

2016.10.22(土)。


宇佐神宮参拝の後、中津市の薦神社に参拝しました。

Img_3137


こちらが神門です。

Img_3146

拝殿、本殿の横に位置する神門は初めてかも。

この神門の特徴ですね。

Img_3144

ちら三角池、鳥居の朱色が逆光で出てませんが・・・

Img_3149_2

こちら呉橋。

Img_3152

屋根付きの木造の橋の事。



この神社、神門、三角池、呉橋、神様の足跡など見どころが多い神社ですが、

雨は降るし、蚊は多いしでテンション急落。

なんか写真もダメダメ・・・・でした。



それでもしっかり御朱印いただきました。

Img_3148_3

墨が薄いのは、雨のせいではありませんよ。coldsweats01


御利益がありますように。



≪この神社さんのHPはこちら≫




2016年10月26日 (水)

八幡総本宮 宇佐神宮で御朱印いただきました。

2016.10.22(土)。

 前回の三光コスモス園の記事とは時系列的に前後しますが・・・。

この日はとっても残念な雨でしたが、前から計画していたプチ旅行。

計画変更なしの雨天決行です。


 まず最初の訪問地は宇佐神宮。

全国44、000ほどある八幡宮の総本宮である宇佐神宮に参拝して来ました。

Img_5858

雨のせいでしょうか?参拝の方々、少なかったですね。

Img_5861

参道の幅が広い!

Img_3118

こちらは宝物館、国宝や国指定重要文化財が所蔵されています。

Img_5866

手水舎のところに宇佐神宮の境内図がありました、広いですね・・・。

Img_5870

雨の日の独特の空気感やキンモクセイの香りが気持ちを高揚させてくれます。

かなりのパワースポット感が漂います。

Img_5875


宇佐神宮の由来はこちらに。

Img_5880

こちらは上宮。

Img_5882拝殿左の一之宮、真ん中の二之宮、右の三之宮とすべて参拝します。


もちろん、それぞれにお賽銭箱にチャリン。

Img_5888


こちらの参拝は、二礼四拍手一礼。


さすがに全国八幡様の総本宮、という雰囲気でした。

Img_5898

上宮の参拝が終わりましたので、次は下宮にお参りします。

Img_5899この辺りもパワースポット感がすごかった。


こちらが下宮。

Img_5901_2

ここでも一之宮から三之宮までそれぞれお参りします。

上宮、下宮とも参拝しないと「片参り」となるそうですよ。

お賽銭、多めに用意しておきましょう。wink


こちらは能舞台です。

Img_5904

もちろん、御朱印いただきました。

Img_5892


御利益ありますように。


※八幡宮とは
 八幡神をお祀りした神社で、八幡神とは誉田別命(ほんだわけのみこと)
 とも呼ばれ、第15代天皇 応神天皇のことです。



≪宇佐神宮さんのHPはこちら≫




2016年10月25日 (火)

三光コスモスまつりに行ってきました。

2016.10.21(土)。

 10/21(土)~10/22(日)、大分県の宇佐市、中津市を観光してきました。

プチ旅行ですな。

 この日は、まず、宇佐神宮、薦神社と参拝して来ましたが、午後4時近くに

なっていましたので、次の目的地である「三光コスモス園」にこのまま行くか、

次の日にするか思案してました・・・。

 天気予報では、次の日もお天気回復しないみたいなので今日のうちに

「行っちゃえ─」ってことで「三光コスモス園」に行って来ました。

Img_5944
転作田を使った広大な土地にコスモスが咲き、最近では中津市の秋の風物詩と

なっているのだとか・・・・知りませんでした。



この雨で、予定してあったイベントは中止、農産物や特産物の販売もなく、

ちと寂しい感じになっていました。

Img_5907


それでもお客さんの数はまずまず。

広いのでたくさん人がいてもそう感じないのでしょうね。

このコスモス園の広さは、これまでの俺っちの人生で最大級。

そのうえ、ここのコスモスは背が低いので鑑賞しやすかったです。


白系のエリア。

Img_3227


紫系のエリア。

Img_3159_2_2


オレンジ系のエリア。

Img_3164

紫の花。

Img_3196

同じ紫の花でも花弁が違うんですね。

Img_5937


黄色は珍しいですね。

Img_5941


まるでレッドカーペットのような花。

Img_3250


いろんな色のコスモスを使ったアートなど・・・

Img_5924これ、ピカチュウだ!


これ、何かな?

Img_5925_2

じっくり一時間以上見て回りました。


Img_3163_2

コスモス(秋桜)の花言葉は、「乙女に真心」「調和」「愛情」だそうです。

惜しむらくは、あいにくの天気で日暮れ前のような天気で光量が足りない、

写真撮るのが難しかったです。

たくさん撮ってはみたものの、満足いくものはありませんでした。crying


広範囲に群生している辺りは、もっと絞って撮影したほうが雰囲気が

より伝わったかもです・・・。(´;ω;`)




奥さんは、「来年リベンジ!」とか気合入ってたけど・・・・何分遠すぎます。sweat01




2015年9月15日 (火)

古代文化の地に赤い絨毯 : 七ツ森古墳群の彼岸花

2015.9.13(日)。

この日の2番目の目的地は竹田市の「七ツ森古墳群」

ここには20万本ともいわれる彼岸花が咲き、この時期には多くの人が

訪れているようです。


いろんな方のブログ見ていて一度は行きたいと思っていた場所です。

Img_1446


竹田市のホームページでは、例年見頃は9/20頃とのことです。

Img_1360


初めて来て見てびっくり、すごい数です。

Img_1402


驚くことにこの彼岸花たちは野生が広がって群生したものでそうです。

Img_1438


 赤い絨毯・・・、まさにそうですね。

Img_1367


花の赤と茎の緑のコントラストもきれいです。

Img_1433


このお山はあくまでも古墳、円墳なのです。決して登ってはいけません。

Img_1388


ここからは短焦点レンズに変えてみました。

Img_1381


屈んでマクロ撮影するときはマニュアルフォーカスの場合が多いです。

Img_1428


そして、ピントが合うまで、なぜか息を止めてることが多いです。

Img_1429


シャッターを切った後、「ぶふぁーっ」って息継ぎしてしまいます。

Img_1430


風が少しでもあると花が揺れてしまい息を止めてる時間も長くなり。

Img_1431



風もあってマクロもなかなかピントが合いません。

苦労しました。構図も似たようなものばかりで満足できませんでしたね。


来週、9/19あたりが最盛期で野菜販売などの出店もあるらしいですが

とても賑わうでしょうね・・・。

混雑することを思うと、この日に訪れて良かったんじゃないかと思います。




【追記】
「田んぼの畦道に彼岸花が多いのはなんでか知ってる?」って奥さんに聞かれました・・
多少、上から目線だったので一瞬イラッとしましたが・・・・。
俺っち知らなかったもので・・・

皆さんは答え、ネットで探してくみてださいね・・・・(イラッeye?)



※テルルさんと数時間違いだったみたいですねぇ、残念。



2015年9月14日 (月)

自然が生んだ驚きの造形美 : 原尻の滝

2015.9.13(日)。

この日は、雲はありましたが天気予報は晴れの様子。

久しぶりに60Dを持ち出して写真撮りドライブをしてきました、両親付で。


道の駅阿蘇に立ち寄り。

Img_1917

ここはいつ行ってもお客さんが多いですね。ソフトクリームには長蛇の列です。


昼前でしたが本日のお昼ごはん。

Img_1919

これが美味しいんだ、煮付けなんか絶品。

この歳になると、田舎の味みたいなものに回帰しているような気がします。


もちろんデザートも。

Img_1920

こしあん、つぶあんどちらもありましたよ、ちなみに俺っちはつぶあん派。



この後、今日の目的地の一つである原尻の滝へ。

Img_1324



なんと、ウチの両親とも原尻の滝には行ったことがないらしい。

Img_1326

「初めての場所だったんで初モノ?二人とも寿命伸びたんじゃないの?」

なんて話しながら盛りあがってしまいました。


相変わらずの水の量で、近くによると涼しい風が吹いていました。

Img_1334



阿蘇山の噴火によって流れ出た凝灰岩が崩落してできたそうです。

崩落によってできたアーチ形なんともいえない造形美ですね。

Img_1338

滝から落ちゆく水を上から眺めるというのはあまりないですよね。



そしたら、Harleyで来ていた知人の“みさん”に会いました。

お久しぶりでした!

Img_1357



み友さんも!

Img_1358

無事帰宅されましたでしょうか?

エンジンONした時、周りの子供さんがビックリしてましたねぇ~(笑)。



さあ、ここでまだ午後2時前です。

次の目的地に出発です、ここは俺っちも始めて行く場所なので楽しみです。

真っ赤な絨毯を想像しているんですけどねぇ~、どうなんでしょ?


次の記事にて・・・。



2015年3月 7日 (土)

日田おおやま 梅まつり

2015.3.7(土)

今週末は天気がよくなさそうですが、

明日はどうなんでしょう。


今年も八女立花町の観梅会に行くつもりでしたが、天気が悪いまま

終了してしまいました。


なので、何処か梅の名所はないかいな?

と日田おおやま 梅まつりに行ってみることにしました。

000023613


自宅からは1時間半程で日田ひびきの郷には到着しました。

Img_0739


車から降りると梅の香りが辺り一面香ってました。

Img_0830


あいにくの天気で青空をバックに撮れませんでした。

Img_0817


今が盛りの木は大木が多く、50年~60年くらいのものらしいてす。

Img_0810


これだけ花が咲いているといぃ~香りがします。

Img_0788



Img_0839



Img_0833


しだれ梅のみごろは来週くらいですかね?

Img_0841


紅の濃い梅も綺麗ですね。

Img_0776



Img_0793



Img_0785


ひびきの里一帯は個人の梅畑がたくさんあるのですが、若木の畑は

まだまだ咲いていない畑も多く、これからが見ごろかもしれません。

Img_0866


綺麗に管理された梅畑、見ごろに時期はさぞ綺麗でしょうね。

Img_0964


メジロもたくさんいましたが、望遠の距離が少し足りませんでした。

Img_0856


梅の花の蜜って、梅の味がするのでしょうか?

梅ジャムや梅酒みたいな・・・。

Img_0896

メジロさんに聞いてみたい・・・。happy01



最後にひびきの郷「おおやま夢工房」に寄ってみました。

二階には梅酒工場がありました。

それから、物産館にはおよそ不釣り合いな「進撃の巨人」

Img_0972



Img_0971

納得。

でも「進撃の巨人」を知らない年輩の方はちょっとびっくりしていました。



ま、今日はあいにくの天気で写真撮るにもテンションは

上がりませんでしたがどうにか梅の香りにもあやかることが

できたので良しとしましょうかね。


来週末あたりが本当の見頃だと思います。



2014年11月19日 (水)

紅葉を求めて豊後路 3-3 用作公園のライトアップ

2014.11.15(土)。

この日、昼から家を出発し原尻の滝、岡城跡を

夕暮れにかけ見物したのは、ここを訪れるために時間を

逆算したためなのでした。

それは・・・

用作公園のライトアップです。


駐車場はまだ幾分か空きがありましたが、三脚担いだ

おじさんたちの殺気立っていること尋常じゃない。


その答えはすぐに分かりました、これです↓。

Img_0372

ひぇ~、これでライトアップ30分くらい前でしょうか。

俺っちここに訪れるの初めてなので少々圧倒されましたが

端っこに陣取らせていただきました。


暗くなる前にライトアッ~プ。まだまだ効果はわかりません。

Img_0186


陽が沈み、周りが闇に包まれると紅葉した木々が浮かび上がります。

Img_0204


良い感じです、お客さんも増えたようです。

Img_3121


赤系は見頃、黄色系は青葉のものも多かったですね。

Img_0210


池の水面もくっきりと景色を反映しています。

Img_0213

空が暗く写るようになったら止め時ですかね。

Img_3141


いつまでも居座るカメラおやじにはなりたくないし・・・

Img_0234

若いカップルに「どうぞ!」と場所を譲り、喜んだ彼女の笑顔に

満足して帰る俺っちでした。

《用作公園の情報は豊後大野市観光HPで》



追記
①先日の佐賀バルーンフェスタでシャッターのリモコンを紛失、
 タイマー撮影でピピピピピッとなるのが恥ずかしくてシャッター
 を手押ししてせいかブレた写真が多かったですね。

②若モンはもっぱらスマホ、カメラ女子はミラーレス一眼、
 三脚使用の方達はフルサイズ機、圧倒的に5Dが多かったですね。
 俺っちも欲しいなフルサイズ。6Dでいいから・・・。

③レンズはやっぱり広角望遠が圧倒的。フルサイズの人達って
 同じ24mmでもすごい広角なんだろうなぁ。どれだけ違うか
 覗かせてもらえばよかったなぁ・・・。

④ウチに帰って知ったのは、タイマーに2秒というのがあるってこと。
 どうやるんだ?また勉強。

⑤帰り道、波野の電光掲示板は4℃を表示。どうりで冷え込んだ
 はずだ。俺っちって風邪ひいてたんじゃなかったっけ?



2014年11月18日 (火)

紅葉を求めて豊後路 3-2 岡城跡の紅葉

2014.11.15(土)。

原尻の滝を後にして、約10分。

来た道を戻ります。

次に訪問したところは「岡城跡」です。

さあ、ここの紅葉はどんな状況でしょうか?


入城料として300円を支払います。しおりと巻物がいただけます。

巻物はミニ掛け軸になります、良い記念品ですね。


大手門への上り坂を左に曲がると正面に大きな
もみじの木がありますが・・・紅葉はまだまだのようです。

Img_0062


それでも、城内石垣の上には燃えるような赤に染まった
もみじの木もありました。

Img_0078


単色もいいですが、赤と黄色のコントラストがやっぱりいいですね。

Img_0084


今が盛りの木々もたくさんありました。

Img_0093


傾いた陽が照らす木々にはいろんな表情の紅色があり綺麗です。

Img_0097


石垣の間を歩く頭上には紅葉のトンネルが出来てました。

Img_0103


まるで白滝川に飛び込まんばかりに石垣から突き出た紅葉。
(石垣は崩れないかな?)

Img_0137


二の丸あたりの紅葉は素晴らしかったですね。

Img_0145


二の丸にはかの瀧廉太郎氏像もあります。

Img_0156

このお城、氏が作曲した「荒城の月」の舞台になったのは有名な

お話し、当時は今みたいに整備はされてなかったのでしょうね。


まるで天空目指して伸びるかのような枝達。(おっと!足元注意sweat01

Img_0153


一番最初の画像に出てきたもみじの木を裏側から撮ったものです。

Img_0178


秋の岡城跡には初めて訪れました。

紅葉の見頃には一週間早かったかなという感じですが

それでもとっても綺麗でした。


竹田の市街地を見下ろす山城は難攻不落を今に伝える

城跡でした。

その石垣郡は、見慣れた熊本城とはまた違った情緒ある

お城でした。



《岡城跡とはこんなお城ばい》



2014年11月17日 (月)

紅葉を求めて豊後路 3-1 原尻の滝

2014.11.15(土)。

この日はとってもいいお天気でした。

青い空が綺麗で、空気も冷たく凛とした朝でした。

俺っちの風邪の方は芳しくありませんが、家にいるより気分転換

になるかな?運転は奥さんも出来るし・・・と外出を決意。


ちと遠いですが豊後竹田辺りが紅葉が良い頃でないかと

行ってみました。


阿蘇一の宮の滝室坂はまばらな紅葉で少し早いのかな?

まずは豊後路を原尻の滝へ。

Img_0009

着いたのが午後2時頃でもう日が傾き始めていたので

ほとんど逆光状態、でも川面のキラキラは綺麗でした。


原尻の滝周辺には実は広葉樹は少なかったんですね。

Img_3061


それでも銀杏は綺麗な黄色を見せてくれていました。
(おかげでくっちゃいくっちゃい。)

Img_0022


ふむふむ、岩の縦割れによってできた滝とな。think

Img_0032


滝の反対側には渡りながら滝が望める“たきみばし”があります。

Img_3032


頑丈そうに見えて結構揺れるんですこれが。(橋の中央から撮影)

Img_3067


柿もいい頃合に熟してます、晩秋ですねぇ~。

Img_3052


俺っちも奥さんも原尻の滝を訪れるのは初めてでした。

バイクツーリングにいつも候補に挙がってたんですけどね、

なぜか行きそびれてしまってました。


町内放送で午後3時のチャイムが鳴ったので

そろそろ次の場所に移動することにします。



《原尻の滝情報は豊後大野市観光協会のHPで》



2012年9月24日 (月)

大分県九重町 : 千町無田水田公園

先日のツーリングの際立ち寄った「千町無田水田公園」を
紹介します。


千町無田水田公園は九重連山の麓の水田地帯に、休耕田を

利用して多くの水生植物を観られるとか・・・。


開花情報では9月いっぱいはどうにか観られるのでは?
と行ってみました。
Img_2596


もう少したくさん花が残っているんじゃないか?と期待しましたが・・・
Img_2595


なんとも閑散としていて・・・、やっぱり時期が遅かったんですね。Img_2566


それでも、青々とした葉の中にまだこれから・・・の花や、
Img_2570


粘り強く残っていた花もあります。
Img_2576


これこれ、この花。 黄色い可憐な花と同じ株から・・・
Img_2585


キャプテンウルトラに出てくる宇宙人みたなのが・・・
ちょっとグロいでしょ?
Img_2582


お彼岸に供える菓子のように綺麗な花。
Img_2580


見たことのないトンボ。
Img_2578


ヒゴタイも。
Img_2588


コスモスも小さい集団を作って咲き始めていました。
Img_2594 

きっと9月の初めまではたくさんの水生植物が咲き誇って

いたんでしょうね。

残念ではありますが、来年の宿題ですね。



それから、掲載した画像はツーリングの途中だったこともあり、

コンデジのCanon Power Shots 950で撮影したものですが・・・。


こういう所に来るとカメラレンズの物欲がムラムラとしてきます。

広角レンズやマクロ、魚眼といろいろ撮ってみたい。



でもまずは、来年、デジイチ持って車で訪れましょうかね。



《千町無田水田公園のHPはこちら》