フォトアルバム

リンク

カテゴリ「おでかけ:広島県」の5件の記事 Feed

2014年8月30日 (土)

今年の夏旅行④ 宮島

2014.8.25(月)。

旅行3日目、旅行もいよいよ最終日。

今日は昼食を宮島で牡蠣三昧の予定、これは娘たちの強い

リクエストに応えたものです。


去年は干潮、今年は満潮の時合で鳥居を見れました。

Img_2519


さすがに観光客が多いですね。

Img_2524

去年は、行けなかった「焼きがきの はやし」さんに念願かなって
今年は行くことができました。

Img_7229


いつくしま定食は生ガキに、

Img_7209

カキフライ3個、カキ飯(カキ2個)の付いたカキ尽くしの定食。

Img_7223

牡蠣が名物の宮島といえども夏季に生ガキが食せるお店は
わずかしかないんですよ。


清盛定食はあなご飯にカキフライが5個付いてます。

Img_7221


店の前では焼きガキを販売してますよ。

Img_7230

この後、娘たちは焼きガキを2個ずつ買って、1個づつサービスで

もらって食べてました。


普通ならこの日だけで1年分の牡蠣を食べたに等しい位の

数を食べたんじゃないですかね?

かなりの満足度で帰りの車では即寝でした。


宮島から自宅まで約380kmちょっと、

ペットホテルに預けてあるリリィ(ラブラドールレトリバー13歳、メス)

をお迎えに行きました。


今年の夏旅行は1,200km以上を運転しました。

さすがに疲れました。




2014年8月29日 (金)

今年の夏旅行③ 呉:広島市内

2014.8.24(日)。

午前中、足立美術館を観覧した後、約250km移動をして

呉市の大和ミュージアムにやって来ました。sweat01


去年俺っち達が訪問したのがとってもうらやましかったらしい。


父親の父親(俺っちの祖父ちゃん)が、大戦中に海軍で作戦中に

戦死したことなどもあり、平和記念館や資料館の類はほとんど

見に行ったらしくまだ行った事のないのがここだけらしいです。


2年連続でここに来るとは思わなかったなぁ。

俺っちも好きな所だし・・・まいっか。


やっぱり夏休み中はお客さん多いですね。

Img_7148


やっぱり零はかっこいい。

Img_7162


偵察機はクレーンで上げ下ろししてたんですよ。

Img_7176


対空砲がこんなに。

Img_7177

今のイージズ艦なんて対空砲はファランクスが2基だけで、後は
対空、対艦ともミサイルの時代です。

父親も実に熱心に見ていました、1時間半、世話無し。sweat02


広島市内の宿について、外に食事に出たときはすっかり
日が暮れてました。

Img_7195

中央通りはとってもにぎやかです。さすが100万都市。


娘たちは宿に着くなりお色直しして、夏物セールの買出しに
そそくさと出かけて行きました。


でもって、両親と俺っち達4人は、定番のお好み村で夕食を。

Img_7196

普段は進んでお好み焼は食さない両親も、

「広島名物なので話の種に是非。」ということだったんで

連れて行きました。


今年は、「ちいちゃん」というお店にしました。
Img_7190


お好み村創始者(ちいちゃん)のお店を継いで屋台時代から

かれこれ約50年の暖簾です。

カリッと焼いたそば麺の香ばしさと、半熟卵を上においてトロ~っと

まろやかに仕上げるのがこだわり。

俺っちはカリッと焼いたそばよりもうどん麺でもモチモチッと食する

のが好みなのでうどん麺にしました。(上の写真はうどん麺)



この日の移動距離は250km位でした。




2013年8月27日 (火)

広島へ家族旅行じゃけぇ! : 大和ミュージアム編

2013.8.22(木)

家族旅行、2日目。


娘たちは、中学校の修学旅行が京都、大阪だったらしく、
錦帯橋、宮島・厳島神社、原爆ドーム、平和記念資料館に行ってないらしい。


資料館はあまりにも衝撃的か?とも思うので原爆ドームを車中から・・・。
Img_5956_2

娘たち・・・、平和について少しは考えてくれたでしょうか?
せめて今の自分が幸せなんだと再確認してくれたらいいです・・。confident


広島市内から約40分で呉市の山本ミュージアムに到着。
Img_5968


特別企画展とかで、大和の艦橋内部を再現、艦橋から
46センチ砲を発射したところなどをCGで見ることができます。
Img_4149


映画で見るのとはだいぶ印象が違いました。
Img_4137


艤装中の当時の大和。
Img_4147


ミュージアムの中には10分の1の大和が。
Img_5975


大和はセピアかモノクロが似合うような気がします。
Img_5973
↑はカラーですけどね。


なかなか全体が入る構図は難しいです。
Img_6011


Img_6020


Img_6025


人間魚雷として開発された特攻兵器「回天」の展示も。
Img_5994


これは零式艦上戦闘機ですね。
Img_6032


こんな風に水上偵察機に転用艦載されます、7機搭載可能でした。
Img_5987


現在、戦艦大和は鹿児島県沖で↓のような状況で沈んでいます。
Img_4152


↓の写真は、終戦後に接収された多数の潜水艦が、大和建造のドックに
 集められているところ。
Img_4145


現在の呉港には、大きなタンカーが・・・。
Img_6029
大和ミュージアム、約3時間の滞在でした。

展示品、記事を隅々まで読んで写真もたくさん撮って
とぉ~っても満足しました。


道向かいある海上自衛隊呉資料館(てつのくじら館)、
今回は行きませんでしたが次回機会があれば訪問したいと思います。
Img_6008



戦後、大和造船の技術は戦後わずか10年ほどで世界一の造船国へと
発展する一翼を担うこととなり、わが国の近代化に大きく貢献しました。
ここを訪れることで、日本のペリー来航以来の歴史と平和の大切さを
深く認識させられました・・・。

が、なぜか高ぶるものを感じてしまった俺っちでした。



2013年8月26日 (月)

広島へ家族旅行じゃけぇ! : 広島市街夜ぶら編

2013.8.21(水)。

宮島、厳島神社を堪能した後は、広島市内に移動、宿泊します。


晩ごはんは、いろいろ選択にいとまがありませんが、
観光客なら素直に↓ここ、お好み村でお好み焼き。
Img_4128


いろいろリサーチしていったんですが、何処のお店もいっぱい。

Img_4106

結局、イスが4人分空いていた“さらしな”というお店にはいりました。

屋台で創業して以来、60年。塩と味の素を使わず、とろろ昆布を
たっぷり使ってあっさりとしたお好み焼きが特徴!と店主さんが
明るく楽しく教えてくれました。
Img_4107

何処のお店も「そば又はうどん」とあります、熊本で広島風といえば
モダン焼きで、そば麺だけですが・・・

Img_4109

撮れてないですが、上の生地の下にはホントたっぷりのとろろ昆布
が使ってあるんですよぉeye

Img_4111

店主のお勧めとおり、そばとうどんを2枚づつにしました。

まずはうどん。
Img_4114
上にかけてあるのはソースと青のりとかつおです。

かつおととろろ昆布なのでうどんに合わないはずがない、
店主の言うとおりあっさりとしていて、でも甘辛のソースがしっかり
効いていて思わず「美味しい!」の連発でした。

Img_4118
そばは、鉄板の上でしっかり水分を飛ばして表面はカリカリ、
中はもっちりとしていてこれも本当においしい。


気さくな店主さんで、途中で「写真撮ってあげるよっ。」て
家族で食べてる写真撮ってくれました。
Img_4186
「機会があったらまた来てくださいね~。」って
最後には、こんなステッカーもいただいて、とってもいいお店でした。





お腹一杯になった後は、中央通あたりを街ぶら・・・。


宿に帰って4人で部屋飲みしようと、買い物に立ち寄った
ドン・キホーテでこんなもん発見。
Img_4125
中身はお馴染み五木食品の製品です。


Img_4126
広島で会えるなんて、くまモン恐るべし。


こうして広島の夜は更けていくのでした。
Img_4129
(中央通り)

このあと、4人で部屋飲みしながら話も盛り上がったので
明日のためにこの日のうちに就寝です。


明日は、原爆ドームを車から見て、いよいよ大和ミュージアムに
行きます。


広島ネタ、もうちょこっとこらえてつかぁさい。



2013年8月24日 (土)

広島へ家族旅行じゃけぇ! : 宮島 厳島神社編

2013.8.21(水)。

家族旅行なんて、子供たちが小学校に上がる前の
東京ディズニーランド以来です。


バレーボールの応援ではあちこち追っかけしましたけど、
「旅行」っていったら、やっぱり気分が違いますもんね。


今回は、車で。rvcarsign04

関門橋、九州を脱出です。
Img_4020


恥ずかしながら、ここから直進は初めてです。
萩方面は何度かあります。
Img_4033


4時間半で、宮島口に到着。(休憩3回)

宮島口から宮島へ渡るフェリーは2社あります、どちらも
15分おきに出港してますが、往路の途中で大鳥居に
わざわざ接近してくれるのは“JRフェリー”の方ですよ。
Img_5839
島に渡る直前フェリーから、大鳥居の足はまだ海の中ぁ。


ターミナル前の公園の木陰は、鹿さんに占領されてます。
Img_4078


さすが、夏休みじゃけぇ観光客が多いのぉ。
Img_4103_2


この大杓子の前は、人気撮影スポットなのに、たまたま
無人状態。即、パチリcamera ラッキー。
Img_4104


お土産屋さんにも杓子がいっぱい。
Img_4101


可愛杓子も。・・・。
Img_4102


さあ、いよいよ厳島神社に参拝。

神社入り口に「世界文化遺産」の大きな看板があったので
撮影したかったのですが・・・
たくさんのツアー客が看板に群がって大声でしゃべったり、いつまでも撮影してたので俺っちは怖気づいて撮れませんでしたセヨ。annoy


綺麗な朱色に塗られた長い回廊です、東回廊ですね。
ここを30数年前の修学旅行でも歩いたんだなぁ・・・think
Img_5878
ここの回廊は国宝で、幅4m、全長275mあるそうです。
床板の隙間は、高潮時の水圧を弱めるためと習った覚えが・・・。


茅葺の屋根も綺麗にCUTされてます。
Img_5879


御本社から客神社(まろうどじんじゃ)を見ると後ろに
五重塔が・・・。これも国宝。
Img_5889_2


本殿は、潮の引いた海側からパチリ。
camera本殿はもちろん国宝。
Img_5942
高舞台が見えます、平安時代の造営でこの舞台も国宝。


もう、ここは国宝ばっかり。
熊本にある国宝は、確か・・・人吉青井阿蘇神社だけじゃなかったっけ?


潮が引いて、大鳥居の下まで歩いていけそうですね。
Img_5884


能舞台、こちらは重要文化財で延宝8年(1680年)の
造営らしい。
Img_5904_2
やっぱり江戸時代では国宝にならないのかな?


最後の西回廊まで見所たっぷりの厳島神社です。
Img_5905


おっと、俺っちも大鳥居の下まで行きますか。
Img_5874


ホント、立派な大鳥居。さすが日本最大の木造鳥居です。
Img_4097
樹齢500~600年のクスノキで作られており、平清盛造営後、
現在の鳥居で8代目だそうです。
この巨木探しには20年の月日を費やしたらしく、
次代は宮島産のクスノキで建立したいと、宮島内に
クスノキが植栽されているそうです。


他にも、清盛神社や加藤清正を祭った千畳閣や宝物館など
たくさんの見所がある宮島ですが、あまりの暑さに俺っちはグロッキー気味で宮島を後にしました・・・。


久々の記事更新なのにちょー長くなってしまった・・・


しかし、この後も広島の記事はまだまだ続きますので

どうかこらえてつかぁさい。