フォトアルバム

リンク

カテゴリ「おでかけ:福岡県」の61件の記事 Feed

2017年3月 8日 (水)

糸島岐志の牡蠣小屋に行って来ました。 : 大栄丸

2017.3.5(日)。

糸島は岐志にある牡蠣小屋に行って来ました。

ここには牡蠣小屋のハウスが13棟ほどあり、それぞれの店舗でオリジナルメニュー

など工夫を凝らして営業されています。


ここを訪問したのは去年の1月の徳栄丸さん以来、1年ぶりとなります。

今年は大栄丸さんに行ってみました。

Img_1462_2

入り口にはおっきなメニュー。どのお店も明朗会計ですよ、安心してください。

Img_1463

こちらは炭火、牡蠣は1キロ1,000円です。

Img_1449

追加注文したものと、調味料の数々です。

Page1レモンとお漬物がサービスでありました、味を変えるのにとても良かった

ですよ。


牡蠣の大きさは結構個体差がありましたが、お味はどれも同じで

プリプリの濃厚です。

Img_1457

紅葉おろしのチューブが置いてありました、
これにポン酢が一番おいしかった~。

Img_1460

娘たちは、チーズをとろとろにしたチーズフォンデュ風にいただきのが
気に入ったようです。

Img_1458トッピングチーズは100円也。

あ、写真ありませんが、かきめしがサービスだったのでかき汁と

一緒にいただきました。ダシが出てて美味しかったですよ。


大栄丸さんのウインドブレーカーはオレンジです。

Img_1461 

パイプイスっていうのは疲れなくてよかったですね、このお店の一番の

特徴かもしれませんね。

Img_1464

ハウスの裏手の海は穏やかで潮の香りが良い感じでした。


欲を言えばシーズン中に2回は行きたいですけどね。




2017年2月15日 (水)

久留米ラーメンを代表するお店に行ってみました : 大砲ラーメン本店

2017.2.17(日)。

用事で久留米までいたのですが、相手との待ち合わせまでかなり時間が

あったので、その間に昼食をとる事にしました。


久留米といえば、久留米ラーメン。


スマホで検索して大砲ラーメン本店ならば間違いなし!

Img_6579


待ちのお客さんが多くて、俺っち30番目くらいでしたが、25分の待ちで

案内されました。(寒かったぁ~)

ラーメンはお客さんの回転が速くて助かります。


待ってる間にメニューが回ってきます。ふむふむ。

Img_6583

単品じゃぁねぇ~、やっぱセットでしょ!

Img_6584

大きく分けて、ラーメンと昔ラーメンがあるようですがその違いは↓です。

Img_6586まあ、これ見たらすぐに決まりましたよ。

俺っち、昔ラーメンでで決まり!シナチクとチャーシューがバラ肉がその理由です。


久留米ラーメンには必需品の紅ショウガ、あります。

Img_6589

じゃーん。昔ラーメンです。

Img_6593

うぅ~ん、まろやか!

スープがとってもまろやかです、麺は当然ストレートの細麺です。

豚骨の香りを感じつつ、先ほど必需品と書いた紅ショウガをたっぷりトッピングして

いただくのが俺っち流。


どうしても熊本ラーメンと比べがちですが、「ここに来たらこのラーメンが食べられる。」

と思えば比較する必要なんてないですよね。

久留米ラーメンの王道の味、しっかりいただきました。sign03



≪大砲ラーメンオフィシャルサイトはこちら≫




2017年2月14日 (火)

見て!食べて!感じたピレネー山脈 : fattoria da Cosimo ファットリア ダ コジモ

2017.2.12(日)。


この日の福岡は、前日の雪が溶けきらぬほど、寒風が吹きすさんでいました。

お天気は良くお日様もよく照っているのに・・・。

日向と日陰の温度差が大きかったですね。


ところで、この日はちと用事で久留米まで行かなければなりません、

その前に、これまで何度も売り切れなどで縁のなかったお店に行ってみました。


そのお店とは福岡南区高宮の高台にある素敵なお店

「fattoria da Cosimo : ファットリア ダ コジモ」さんです。


まるでアトリエのような白くて素敵なお店です。

Img_6577

何のお店でしょうか?・・・丘の上のちいさなお菓子屋さん・・・って。

Img_6578

何層にも重ねて作られたであろう和紙の器は、品物の良さが伝わってきて
そう簡単には捨てられません。

Img_6657

実は、ガトーピレネーという焼菓子のお店です。

Img_6649


ガトーピレネーとは、フランスとスペインの国境にあるピレネー山脈の麓に

伝わる伝統菓子で、バウムクーヘンの原型になったのだとか・・・。

Img_6647年輪の感覚は不均一ですが、それこそが手焼きの証のような気がします。


白砂糖でコーティングされた外側は、まるで雪に覆われた険しいピレネー山脈の

山肌を表しているようです。

Img_6656

最初にナイフを入れた時に、「オッ」と思うくらいしっかりと身が詰まっています・・・

いやいや、年輪が詰まっています。

Img_6660


備長炭でゆっくりと丁寧に手で焼き上げてあるからなのでしょうね、

外はサクサク、中はとてもしっかりとした食感です。

珈琲と一緒にいただいた時のその口溶け感はたまりませんよ~notenote



苦労して手に入れた俺っちとしては少し複雑ですが、最近ではネット販売も

行っているようですので皆さんも是非一度ご賞味あれsign03




≪fattoria da CosimoさんのセンスのいいHPはこちら≫



2017年2月13日 (月)

京都発!初めて牛カツをいただきました! : 牛カツ専門店 京都 勝牛

2017.2.11(土)。

およよ(古いsweat02)、ブログ怠けていたら、2月ももう半ば。

時間経つの早いです、寒いとなかなか冬眠に近い状態になりますね。


で、この週末、長女のところに遊びに行きまして、買い物とか美味しいものを

たべたりとか・・・楽しんできましたので少しご紹介しますね。


天神西通りの入り口にありました、かの有名な「勝牛」さんです。


お店の入り口の写真、撮り忘れました。sweat01


ビルの入口より階段を下りて、地下にお店があります。

この日は、階段の途中の踊り場までお客さんが並んでいました。


店内は和食のお店の雰囲気で、照明もやさしく、お店の方も作務衣に和帽子で

京都発信のお店の意気込みを感じます。


分かりやすいメニューです。

Img_6561

出てくるまでそう時間はかかりませんが、美味しい食べ方のお勉強できます。

Img_6563わさび醤油、美味しそうです。ワクワク。


俺っち、160gの特選牛ロースカツ膳です。

Img_6566

赤みの残ったレアに近い揚がり具合が良いですね。

Img_6571普段はしっかり火の通ったウェルダムの方も大丈夫!

外はサクッと、中和柔らかく絶妙の揚がり具合でお肉の柔らかさとお味が楽しめます。

お肉の脂とわさびが最高のまっちんグゥ~です。

最後にダシの効いたカツカレーとしても楽しめますよ!。


娘は特選みぞれロースカツ膳。

Img_6569これはさっぱりといただけます、揚がり具合はロースカツ膳と同じです。

わさびでいただくとお肉の美味しさもよく分かりますよ。


「都の人たちはこんなハイカラなものを食していたのか・・・。」

Img_6565

熊本にも早く出店していただきたいお店です。




≪京都 牛カツ専門店「勝牛」さんのHPはこちら≫



2017年1月23日 (月)

九州二大天満宮の水田天満宮に参拝して来ました。

2017.1.22(日)。

 この日は、天草にコウイカ釣りに行く予定だったのですが、天候不良で中止。

まあ、今の時期は天気で中止になることは多いですよね。


 それで急遽、「どこ行く?」ってことになったので、一日ドライブできる距離

で御朱印いただける神社をいろいろ検索していってきました。


筑後市にある水田天満宮さんです。

【鎮座地】 筑後市水田62-1

【主祭神】 菅原道真公

【ご創建】 1226年(嘉禄2年)

_mg_6553_5 鳥居の右側にある梅は、ちらほら綻び始めていました。


とても立派な楼門です。

_mg_6530_2

楼門の上階に掲げてある酉の絵馬にはこんな意味がありました。

_mg_6551

本殿もとても風格があり立派なものでした。

_mg_6531_2

境内には、菅原道真公の像と、さざれ石があります。

Page1_2 さざれ石を見たのは、出雲大社、霧島神宮に続いて3社目となりました。


天満宮には必須の飛梅もありますし、

_mg_6548

臥牛さんもいらっしゃいます。

_mg_6541

心字池もありました。

_mg_6542
心字池とは、心」という漢字をかたどってあり、「過去」「現在」「未来」表しており、

心字池を端から端まで渡る事で参拝者の身が清められそうです。

こちらでは、この池の周りを「哲学の道」とされていました。



そしてもう一つ、同じ境内に「恋木神社」がありましたのでこちらにも参拝しました。

【御祭神】 恋命(こいのみこと)

恋木神社は、全国でもここ一社のみです。

_mg_6536
参道や灯篭、鳥居やお守りもハートでいっぱい、おみくじの結び方までハートで

とてもハートフルな神社です。

俺っちの歳で奥さんとウロウロするのは少し照れましたね。coldsweats01

_mg_6537 


こちらの“夫婦雛恋むすび”は、男性は女性雛を、女性は男性雛をなでると

良縁に恵まれ、夫婦は両方を撫でると円満に行くそうですよ。

_mg_6539 菅原道真公が、太宰府で生涯を終えるまで都に残した妻子を想う強い気持ちが

表れた神社なのでしょうか・・・。confident

夫婦円満と娘達に良縁が訪れるようにお祈りいたしました。


最後にもちろん、御朱印を頂きました。

_mg_6545

御利益がありますように。


水田天満宮は太宰府に次ぐ九州二大天満宮として、

その姿はとても立派なものでした。



≪水田天満宮と恋木神社のHPはこちら≫



2016年11月25日 (金)

博多ライトアップウォーク2016 博多千年煌夜(はかたせんねんこうや)

2016.11.23(水)。

11/23~11/27の間、博多駅周辺の寺社をライトアップして、市民や観光客

に昼間とは違った博多の魅力を楽しんでいただきたいという企画で、

     「多ライトアップウォーク2016 博多千年煌夜 」

なるイベントが開催中です。

Og_image_2

長女から、このイベントチケット(前売り:¥1,000、当日:¥1,300)を持っている

ということで、お誘いがありましたので喜んで行って来ました。

まずは、櫛田神社をスタート。

Img_6325_3_2


実は、この日の昼間のうちに櫛田神社に一度訪問して、御朱印をいただいて

来たのですが、日が暮れてライトアップされるとまた違った情緒があるものですね。

Img_6316

次の訪問先は、東長寺。

Img_6332_2九州における真言宗九州教団の拠点寺院だそうで、弘法大師が創建したお寺

としては日本で一番古いんだそうです。

Img_6333_2この大仏殿の中には、日本最大級の木造座像「福岡大仏」が鎮座しているそうです。

見てみたかったなぁ~。

壮大な大仏殿と朱色の五重塔のコントラストが素晴らしかったです。



次は円覚寺、臨済宗のお寺というとは禅宗ですね。

B72881ecc214f22c5175ea741f9dfa581_2中庭を渡る廊下のライトアップは、静かな佇まいで静寂を感じました。


Img_6361_2博多織を使ったライトアップが何とも繊細でした。青や黄などに変化しますが、

赤が一番好きだったなぁ。


お次は妙楽寺。このお寺も臨済宗だそうですが、先の円覚寺とは派が違うそうです。

Img_6374_2BGMは、ジプシーキングスのインスピレーション(鬼平犯科帳のエンディング)

が似合いそうです。


次は承天寺(じょうてんじ)。待ちの行列が一番長くて40分くらい並びましたかね。

Img_6391_2
このお寺の見どころはなんといっても石庭のライトアップです、押し寄せる

ような青い波と紅葉した木々のコントラストが良いですね。

Img_6396_2_2

向うに見えるビルが隠れるほどに木々が茂るともっと雰囲気が良くなると思いますね。

Img_6413_2

こんなに素敵だと、どうしても滞在時間が長くなってしまうのもうなずけます。

Img_6418_2_2

裏手の庭の紅葉は素晴らしかったですよ、見頃でした。

Img_6427_2_2

途中、急に冷え込みだしたので、承天寺前の夜市で温かいきつねそばを

いただいたりして、ゆっくりと見て回ることが出来ました。

この日は、全体の半分ほどを見て回りました、あとの残りは来年になるのかなぁ~。



最後にキャナルシティ。

Img_6312_3


なんか秋を飛び越していきなり冬が来たみたいな感覚でしたね~。


この日は、なんと1万6千歩も歩きました、10km越え確実かと・・・

さすがに少し疲れましたけど、とってもいいいい一日でした。

娘に感謝です。


≪ちなみに、本日の撮影はすべてCanon G7Xでした。≫




2016年11月 2日 (水)

朝食はやっぱり大事! : 倉式珈琲店

2016.10.30(日)。

マリノアシティ福岡に行って来ました。

娘と奥さんはショップ巡りがお目当て。

俺っちのお目当ては、あるお店でモーニングをいただくこと・・・

後は女性陣にお付き合い。


そのお店は「倉式珈琲店」といいます。

Img_6092

10:00開店で、10:05に到着ぅ。


モーニングのメニューです。

Img_6083

「本日のコーヒー」の金額に+180円で、モーニングセットがいただける

というなんともお得な企画。


それと、もうひとつ、このお店の特徴がこれ↓です。サイフォンで提供して

くれるのです。

Img_6086珈琲はたっぷり1.5杯分くらいはあります。

最近、ハンドドリップで淹れてくれる珈琲チェーン店は多くなりましたが、

サイフォンごと提供してくれるお店はそうないのでは?


そして、こちらがモーニングセット。

Img_6088


 この日の、「本日のコーヒー」はパプアニューギニア産のトロピカルマウンテン

という珈琲豆を使ったものだそうで、初めて飲んだ銘柄ですが、ちょい深め

ぐらいの焙煎だったしょうか?

 それでもボディは軽やかで、すっきりした味わいがこの日の朝の気分に

合ってました。


ちなみに、こちら娘が食べたごぼうサラダサンドイッチ。

Img_6091朝から食べ過ぎだっちゅ~の!


 モーニングで、こんなに満足してしまうってなんなのでしょう?

ゆっくりと朝食が摂れるというのは、それだけでその時間がきっと充実している

からなのでしょうね。

店員さんの接待もとてもよかったですよ。



ちなみに、マリノアシティ福岡だけで8,000歩超え!疲れました。sweat01




≪倉式珈琲店さんのHPからメニューページをどうぞ!≫




2016年11月 1日 (火)

福岡縣護国神社で御朱印いただきました。

2016.10.29(土)。

この週末も福岡に滞在です。

福岡県護国神社に行って来ました。


 護国神社とは、主祭神を日本神話や皇族から祀る神社とは違い、郷土出身の

戦没者や自衛官、警察官、消防官などの公職殉職者を祭神としてお祀りした神社で、

明治以降に建立された神社の事です。


 福岡県護国神社のシンボルである大鳥居、高さ13m・直径1.6mのヒノキの

一本もの。

Img_6073台湾から運ばれてきたものだそうです。


森に囲まれるように、境内があります。

Img_6070_2

参拝の時、ちょうど本殿では、神前結婚式の最中でした。

Img_6062

鳥居から境内まで幅広く抜けた空間と、森に囲まれた静かな境内はこの神社の

最大の特徴ではないでしょうか。


御朱印、いただきましたよ。

Img_6065

御利益がありますように。



道向いには大濠公園があって、普段の喧騒を忘れて、ゆっくりと過ごしたい時には

最良の地域ではないでしょうか。

Img_6077



≪福岡県護国神社のHPはこちら≫




2016年10月31日 (月)

昼間っから焼き鳥もいいんじゃなぁ~い !: 焼とりの八兵衛

2016.10.23(土)。

天神のソラリアプラザ6Fにある、「焼きとりの八兵衛」さんに行って来ました。

何の予備知識もなく、店前のメニューを見ての飛び込み。

「昼間っから焼き鳥??」とも思ったんですが、メニューが余りにも美味しそうで、

お店も繁盛していたようなので入ってみました。


お店は、煙モウモウの居酒屋焼き鳥屋さんとは全く違ったおしゃれな雰囲気。

Img_5978

ランチメニューは焼き鳥以外にも充実していておいしそう。

Img_5968

娘はチキン南蛮定食。

Img_5969むね肉だと思うんですけど・・・「思う」とは、それほどお肉がジュシーで柔らかかったから。

甘酢とタルタルソースとの相性は最強ですね。


俺っちは骨付き鶏定食。

Img_5973ヒャホー!特大骨付きチキン。

味がしっかりしみこんで、芳ばしくて肉がやわらかい。

まずはかぶりつきの食べごたえある美味しい一品です。


奥さんはチキンカレー。

Img_5975わぁー、これも骨付きチキン一本勝負。

ホロホロになるまで煮込まれていて、身離れ抜群。

穏やかな辛味に、鶏ののブイヨンが効いてるとろみあるカレーでした。

お箸で食べれますよ!


せっかく焼き鶏のお店に来たので、5本盛りを追加。

Img_5971んぅ~、やはりこれが定番。

余分な脂が落ちていて、外は香ばしく、中はふわっとした焼き加減が良かったですね。

酢キャベツと一緒にあっさりといただいて、なん本でも行けそうです。



 ひやぁ~、食ったくった!

昼間っから焼き鳥もいいもんだ!と思いました。

11:00~15:00 17:30~23:30と、夜遅くまでお店が開いているのが良いですね。

ゆっくり上質な空間で、焼き鳥をいただくのもいいと思います。





≪焼とりの八兵衛ソラリアプラザ店さんのHPはこちら≫




2016年9月21日 (水)

長女には初めての・・・大宰府天満宮、行ってきました。

2016.9.17(土)。

太宰府天満宮に行ってきました。

長女がまだ太宰府天満宮に行ったことがないというではありませんか・・・。


親は高校、大学、就職と、事あるごとに祈願とお礼の参拝をしてきた

というのに・・・


ま、今回は長女も自発的にご利益をいただきたいことがあったのでしょう、

参拝したいと言ってきたので、連休の帰省のために迎えに行って、

帰熊の途中で参拝してきました。

Img_5691

相変わらず参拝客が多いですね。

Img_5708

なるほど・・、社会人になっても資格やらなんやら大変そうで・・良いことです。

Img_5696

娘よ、頑張れ!


太宰府天満宮には12頭の神牛がいるのらしい・・・

Img_5710
皆さんも探してみてはいかがですか?


参拝が終われば後は腹ごなし・・昼食でーす。


今回食事に伺ったのは「やす武」さんです。

参道に古くからあるお蕎麦屋さんです。

Page2

手打ちが見えるのもこだわりですね。

Img_5727_2

俺っちは大ざる。

Img_5733

長女は天ざる。

Img_5736

奥さんはおろしそば(温)。おっ!出雲式なんですね。

Img_5735

蕎麦のコシに驚き。そばには珍しいです。ダシは甘めで俺っちの好みです。

トロッとした蕎麦湯を足すとだしの香りがふわっと引き立ちます。

んぅ~、満足でした。


食後は参道のお店を見て廻りました、

今回散策のお気に入りとなったお店は「てのごい屋」さんです。

Img_5723

素敵な手ぬぐいの数々、外国の方には日本を感じる良いお土産になるでしょうね。

Img_5722_2

「俺っち用に。」って奥さんから買ってもらいました。

Img_5732
今後、お小遣いはお札ではなくて硬貨になるのでしょうか?・・・心配。sweat01


参道を歩いていると何やら撮影クルーが走り回っています・・・

着物姿の美しい女性がお二人・・・

Img_5744
大宰府の広報写真撮影のためだとか・・・拡散OKだそうです。


しばらく歩くと・・・30分も経ってませんが・・・


揚子江の豚まん。

Page1至極の逸品、皆さんもぜひどうぞ!
≪揚子江さんの豚まんは地方発送もできますよ!≫


さらに歩くこと・・・15分経ってませんが・・・


最後はやっぱりお茶、いつもの松屋さんです。

毎月17日は限定で赤米の梅が枝餅があるそうで・・・

Img_5759_2

ごめんなさーい、違いが判りませんでした。どちらもおいしいので・・・。

もちろん御朱印いただきました。

Img_5764



太宰府天満宮では2度目の御朱印となりました。

どうか素晴らしい結果が訪れますように。




2016年9月 2日 (金)

白基調のカジュアルなカフェでランチ : SURF SIDE Cafe(サーフサイドカフェ)

2016.8.26(金)。

佐賀県で御朱印をいただいた後は、福岡の糸島にちょっと遅いランチ。

二見ヶ浦のビーチを一望できる「サーフサイドカフェ」というおしゃれなカフェです。

糸島での新規開拓となります。smile


西浦方面からくると、二見ヶ浦ビーチ入り口の右手に真っ白な建物が見えます。

Img_5674

何とも明るい店内で、オーダーやメニューもカジュアルです。

Img_5656

店内に入って、まず、レジのところでオーダーをします。

セットの飲み物と受付番号を渡されますので席に着いて料理ができるのを待ちます。

受付番号が呼ばれたら、レジまで料理を受け取りに行きます。


店内はガラス越しにビーチが見える直線のカウンターが25席くらい?あります。

その他、テーブル席、ボックス席もありますよ。


俺っちは大好きなガーリックシュリンププレート。

Img_5669

奥さんはハンバーグジャポネソース。

Img_5670



唐津と同じで海は荒れていました、やっぱり台風の影響ですね、残念です。

Img_5672


このお店の奥には「波平」という海鮮和食のお店があります。

Img_5673


手前には「パームビーチ ザ ガーデンズ」という複数店舗の入った建物もあります。

波佐見焼きで有名なマルヒロさんや・・

Img_5675


糸島産の野菜・・・

Img_5676

その他、ジェラードのお店なども・・・。

テラスでジェラード食べたり、アイスコーヒー飲んだりまったりできますよ。

二見ヶ浦の一番いい場所にオシャレモールが出現した感じですね。


食後に「伊都物語」飲んでみました。

Img_5677

濃厚かつ適度な酸味が美味しかったです。

糸島はどんどん魅力的になっていきますねー、天草も頑張って素敵なお店が

たくさんできるといいなぁ~。confident

2016年8月25日 (木)

門司港レトロで焼きカレーを食す。

“門司港レトロ”とは、外国貿易で栄えた当時の建物を中心に大正レトロ調に

保存、整備したJR門司港駅周辺の観光スポットの事です。


俺っち2度目の訪問です。


門司の有名どころといえば何といっても『焼きカレー』ですね。

門司港レトロ周辺にはたくさんの焼きカレーを提供するお店がありますが、

今回お伺ったのはその名も「伽哩本舗 門司港レトロ店」さんです。

「焼きカレー」ブームの火付け役となり、全国的にも有名なお店と聞いてやって

来ました。

Img_0923

焼きカレー専門店の文字に心躍ります。
Img_0928


焼きカレーのバリエーションも豊富です。

Img_0924

店内からはすぐ裏の門司港が望めます。

Img_5419

すっくりと関門海峡を渡る大きな貨物船を見ていると時間を忘れてしまいます。


俺っちはシーフード焼きカレー。

Img_0932

しっかり感じるブイヨンと辛さ抑え目のカレールーがオーブンでしっかり焼かれて

芳ばしさを増してます。

エビ、イカ、ホタテ、ムール貝とシーフードがどっさりでした。

お口の中やけど注意ですよ!


連れはポーク焼きカレー。

Img_5421

連れが男性だったのでシェアはさすがに気持ち悪くてしませんでした。

味の感想も「・ ・ ・ ・」とボキャブラが薄かったため参考にならず・・・。

見た目にはポーク肉がゴロゴロ入っていましたので、食べ応えのある焼きカレーに

なっていてのではないでしょうか。


食後は、門司港レトロハイマート(設計:黒川紀章)を中心に門司港辺りを

サクッと散策。

Img_5443


雑貨やお土産物のお店には買い物ではなく、涼むために入って、店内を徘徊して

終わりました。

Img_5441_2


とても雰囲気のいい街並みですが、暑いうえに連れが男ではなお暑苦しい。

ここはやっぱりカップルや家族連れが似合う街です。

今回のプチ旅、決してピカチュウ確保のためではないのであしからず。bleah




≪「焼きカレー」伽哩本舗 門司港レトロ店のHPはこちら≫




2016年7月30日 (土)

スープのとろみがすごい!博多ラーメン : らーめん二男坊

2016.7.24(日)。

最近よく耳にするラーメンのお店、福岡らーめん総選挙でも1位を獲得したという

「らーめん二男坊」さんに行ってきました。

訪問したのは天神パルコ店、内装は明るく清潔感のあるお店です。

Img_5386

働くお姉さんの背中にプライドを感じます。

Img_5390

メニューです。

Img_5384

創業は平成21年で、これだけの店舗拡張は成功している証でしょう。

Img_5391_2

さ、来ましたよ。まずはオリジナルのらーめんです。

Img_5392_2

見るからにとろみの強そうなスープですね。

トッピングはネギ、キクラゲ、チャーシューとオーソドックスですね。

麺は細麺。

スープのとろみは最強クラス、濃厚ですがクセは少ないです。

チャーシューはあっさり目ですが、濃厚なスープでこれが正解だと思えます。


俺っちは半熟煮卵らーめん。

Img_5395

半熟の黄身が卵の濃厚さを増します。


熊本ラーメンが好きな方には相性がよさそうです。

黒マー油なり焦がしにんにくなりが入ると、博多から久留米、玉名をすっ飛ばして

ぐっと熊本ラーメンに近づく感じですかね。


満足の一杯、おごちそうさまでした。



≪らーめん二男坊さんのHPはこちら≫





2016年7月29日 (金)

素敵モーニングは1週間の活力 : カレント

2016.7.18(月)。

7月三連休の最終日。

「楽しかった連休の最終日は、カレントの素敵な朝食で始めよう・・・。」と

早起きして、9時前にはカレントに到着しましたが、既に駐車場整理員の方が

「60分待ち」のプラカード持ってるし、道沿いに順番待ちの車も行列している。


しかたがないので、隣の有料駐車場に止めてしばし海を見ていました。

Img_5326

この日も暑くなりそうでしたが、海に人はまだまばらでした。

Img_5325


ここに来ると決めた日はウキウキ感がたまりません。

Img_5329しょっちゅうこれる距離ではないのでなおさらです。

遠距離恋愛・・・は言い過ぎですが・・・。


待ち時間もこんな景色を見ていると過ぎるのが早い気がします。

Img_5353

来るたびに少し雰囲気が変わっています。

Img_5332

さあ、モーニングのメニューです。

Img_5339

メニューも少し変わっているようです、

まず、奥さんが限定15食のハッセルバックポテトセット。

Img_5347

ハッセルバックポテト、スウェーデン生まれのおしゃれな料理です。

ホクホクのじゃがいもに塩味のシンプルな料理ですがとっても美味しい!

トーストはピザトーストで限定15食だなんてもったいないです。

これ、俺っちのレパートリーに仲間入り決定です。


あと、定番のカレントセット。

Img_5349

少しパンの数が減ったように思いますが、朝食にちょうど良い量なので全く問題なしです。

スープ、ベーコンエッグ、ヨーグルトにサラダ、メインはなんといっても美味しいパン。

たくさんの人がこの朝食をいただくために朝早くから並んでいます・・・

行かなければわからないこの充足感・・・。


久々においしいオリーブオイルとも再会。

Img_5351

程よい塩気のパンに最高のオリーブオイルです。


ゆっくりと家族4人で会話を楽しみながら食事していたら、もうランチメニューに

変わってました。

Img_5356

日差しもキツクなってきて、海のキラキラ感も上昇。

再度、海を眺めながら家族写真も撮ったし、帰りの海岸線沿いのドライブも

会話が弾んだし、充実感とともに次の日からのウイークデーに備え十分な英気を

養うことが出来ました。



≪カレントさんのHPはこちら≫




2016年7月28日 (木)

博多ポートタワーに行ってみました。

2016.7.17(日)。

パームビーチでランチした後のお話。

特に予定もなかったので、スマホで福岡の観光地の定番を探していました。

車で行けて、手軽な距離に博多ポートタワーを見つけたので行ってみました。


都市高速を車で走りながら、福岡市内を見るとその発展ぶりにいつも驚きと羨望を

覚えます。

Img_5266_2

こちらが博多ポートタワーです。

Img_5324

博多港のシンボルとして親しまれている博多ポートタワー。

 
入場料無料はうれしい限りです。

Img_5312

博多港に出入りする船の無線局としての役割もあるそうです。

竣工は1964年、東京オリンピックの年、俺っちより1つ先輩ですね。

2006年にリニューアルしています。

Img_5304_2

地上70mの展望室からは360度の大パノラマを望むことができます。

ダイナミックな景色に感動。


こちら競艇場。

Img_5294_2競艇場の水ってすっごく濁っているのですね。艇から落水したらバッチそうです。


豪華客船が停泊中でした。大きいなぁ~、見ているだけで子供に返っちゃいますね。

Img_5299_2

下に見えるのが、ベイサイドプレイス。

博多湾クルーズや海ノ中道・志賀島、玄海島や壱岐・対馬へのフェリーが出ています。

Img_5302



ポートタワーの下にはベイサイドプレイスでは水槽があったり・・・。

Img_5286

新鮮な海産物の販売があったり。

Img_5315_2

新鮮激安の寿司バイキングをはじめ、レストランもあります。

Img_5317_2

何分食事したばかりだったので、お寿司を食べることは遠慮しましたが、

見るからに新鮮なネタの乗った握りや軍艦巻きは一度は食べないかんでしょうね。

絶対・・・。




ポートタワーは22時まで入場可能ということで、かなり美しい夜景を見ることが出来る

んじゃないでしょうか?

機会があればここからの夜景を写してみたいですねー。

ここからフェリーに乗って玄海島で釣りっていうのもいいなぁー。confident