フォトアルバム

リンク

カテゴリ「カメラ・フォト」の42件の記事 Feed

2017年2月20日 (月)

2017山鹿灯篭浪漫 : 百華百彩に行って来ました。

2017.02.18(土)。


この日は、午後六時に自宅を出発。

入屋うどんで、「えび天・肉・ごぼう」うどんを食べて、駐車場の空きを少し

待って、到着は午後八時前でした。


百花百彩はもう、第15回目になるそうです、すっかり定着した感がありますね。

Img_3526

ただ、毎年とっても寒いのですぅ。

Img_3504

今年初めて見る(たぶん)オブジェもありました。

Img_6808

ハートのオブジェは女子お気に入りの撮影スポットですね。

Img_6814

こういう場は、ロマンチックに時間を忘れて楽しむ場ですよね、

今年もいました、三脚おやじ・・・どうにかならんかねannoy

Img_6802

さくら湯に一度は入ってみたいのですが、この日だと湯冷めしますね。

Img_3519

毎年、さくら湯の横が一番力の入ったオブジェです。

Img_3535

ちょっとシャッター時間を長めにしてみました。明るい!!

Img_6851_2

少し色を落としてみました。

Img_6874

金剛乗寺、こちらも毎年綺麗です。

Img_6903
今年は、BGMが鬼平犯科帳(ジプシーキング)ではありませんでした。

Img_6880_2


がんばろう熊本!もう10か月過ぎたのですね・・・早いのか遅いのか・・・。

Img_6688


開催は2月いっぱいの金・土曜日のよるですので、あと一度週末に開催されます。

まで訪れたことのない方は今年最後のチャンスです、

和傘や竹灯りのオブジェがゆらゆらと彩る古い街並みを楽しんでみませんか?

防寒対策はしっかりしていってくださいね!


毎年ぜんざいを食べそびれるので来年は必ずいただくことにします。

2016年11月25日 (金)

博多ライトアップウォーク2016 博多千年煌夜(はかたせんねんこうや)

2016.11.23(水)。

11/23~11/27の間、博多駅周辺の寺社をライトアップして、市民や観光客

に昼間とは違った博多の魅力を楽しんでいただきたいという企画で、

     「多ライトアップウォーク2016 博多千年煌夜 」

なるイベントが開催中です。

Og_image_2

長女から、このイベントチケット(前売り:¥1,000、当日:¥1,300)を持っている

ということで、お誘いがありましたので喜んで行って来ました。

まずは、櫛田神社をスタート。

Img_6325_3_2


実は、この日の昼間のうちに櫛田神社に一度訪問して、御朱印をいただいて

来たのですが、日が暮れてライトアップされるとまた違った情緒があるものですね。

Img_6316

次の訪問先は、東長寺。

Img_6332_2九州における真言宗九州教団の拠点寺院だそうで、弘法大師が創建したお寺

としては日本で一番古いんだそうです。

Img_6333_2この大仏殿の中には、日本最大級の木造座像「福岡大仏」が鎮座しているそうです。

見てみたかったなぁ~。

壮大な大仏殿と朱色の五重塔のコントラストが素晴らしかったです。



次は円覚寺、臨済宗のお寺というとは禅宗ですね。

B72881ecc214f22c5175ea741f9dfa581_2中庭を渡る廊下のライトアップは、静かな佇まいで静寂を感じました。


Img_6361_2博多織を使ったライトアップが何とも繊細でした。青や黄などに変化しますが、

赤が一番好きだったなぁ。


お次は妙楽寺。このお寺も臨済宗だそうですが、先の円覚寺とは派が違うそうです。

Img_6374_2BGMは、ジプシーキングスのインスピレーション(鬼平犯科帳のエンディング)

が似合いそうです。


次は承天寺(じょうてんじ)。待ちの行列が一番長くて40分くらい並びましたかね。

Img_6391_2
このお寺の見どころはなんといっても石庭のライトアップです、押し寄せる

ような青い波と紅葉した木々のコントラストが良いですね。

Img_6396_2_2

向うに見えるビルが隠れるほどに木々が茂るともっと雰囲気が良くなると思いますね。

Img_6413_2

こんなに素敵だと、どうしても滞在時間が長くなってしまうのもうなずけます。

Img_6418_2_2

裏手の庭の紅葉は素晴らしかったですよ、見頃でした。

Img_6427_2_2

途中、急に冷え込みだしたので、承天寺前の夜市で温かいきつねそばを

いただいたりして、ゆっくりと見て回ることが出来ました。

この日は、全体の半分ほどを見て回りました、あとの残りは来年になるのかなぁ~。



最後にキャナルシティ。

Img_6312_3


なんか秋を飛び越していきなり冬が来たみたいな感覚でしたね~。


この日は、なんと1万6千歩も歩きました、10km越え確実かと・・・

さすがに少し疲れましたけど、とってもいいいい一日でした。

娘に感謝です。


≪ちなみに、本日の撮影はすべてCanon G7Xでした。≫




2016年11月15日 (火)

一日遅れのスーパームーン

2016.11.15(火)。

昨日はスーパームーンでしたね。

しまった・・・。

撮り損なった・・・・。


今日、月を見てみたら、霞はかかっているものの、満月に遜色なし。

Img_3870

月のクレーター、隕石が衝突してできたもので、大きいものは直径200km

くらいあるそうで、月全体にでは数万個もあるそう。

月がほぼ今の形になった頃、惑星になれなかった微惑星が降り注いで

衝突したのだそうです・・・。

40億年以上も前のお話でした。




2016年11月 9日 (水)

バラがパラパラでも・・・ : 水俣ローズフェスタ

2016.11.5(土)。

しらす丼でお腹いっぱいになった後は、エコパーク水俣バラ園に

水俣ローズフェスタを鑑賞しにやってきました。

20161030rosefesta_omote_525

実は、久々にEOS60Dを持ち出して、ちょっと気合入っているのです。(力こぶ)

Img_6170

ふふふ、こんな感じでバラがぱらぱら状態。wobbly

Img_3298

ま、俺っちが気合入れるとこんなもんです、ホント。sweat02


それでも、絵になるようなところを探しながらパシャ、パシャ。

Img_3306

同じくパシャパシャ。

Img_6168

そそくさとタムロンの90mmマクロにレンズ替えちゃいました。

接写してるとパラパラは関係ないもんな。coldsweats01


出来るだけ綺麗な花を探しつつパシャパシャ。

Img_3314めずらしい色ではないでしょうか?かっこいい個体です。


息を止めてマニュアルでパシャパシャ。

Img_3307ベルベットのような赤いバラ。


これは花びらが繊細な個体です。

Img_3336_2

中心まできれいに花びらが巻いてますね。

Img_3341今回、この花が一番お気に入りのバラとなりました。


黄色いバラもいいですね。

Img_3327

シャッター切る寸前までミツバチがいたんですがねぇ~。

Img_3329_2

??、これもバラなのでしょうか・・・。

Img_3321

バラは種類が多くてしっかり勉強しなければなりませね。

Img_3352

まだしばらくは、撮ることを優先して、バラのお勉強は後回しにします。

Img_3356

バラ公園内では、紅茶サミットなる催しも開催されていました、配布された

コップを持って、奥さんと娘はじっくりとすべてのテントを回って、美味しい

紅茶を満喫していました。




2016年2月28日 (日)

山鹿灯篭浪漫 百華百彩に行ってきました。

2016.2.26(金)。

この日、三度目の山鹿市百華百彩に行ってきました。

仕事が終わってからだったので駐車場についたのが午後8時前。

午後10時までとなっていますのでちょうどいい時間かな?・・・

と思いきや、大型観光バスが3台、駐車場にご鎮座ぁ~。

訪問者のとっても多い時間帯となったみたいですぅ~。


今回で百華百彩は3回目です。

これまでとは違った写真撮りたいなぁ・・・と60Dに50mmF1.8装着。

Img_3803




F1.8ともなるとピントはシビアです、まして夜間ともなれば・・・。

Img_3809

50mm単焦点では被写体までの距離が必要ですので、被写体との間に

人が入ってきてなかなか撮るタイミングが取れなかったです。

Img_3833


Img_3875


Img_3881


Img_3935

ホントはこんな写真もっと撮りたかったんですけどね・・・

Img_2774_2


次は、シグマ17-70mmにスターフィルター付けて撮ってみました。

Img_2818

スターフィルターで撮っては見ましたけど、キラキラうるさすぎる

画像が多くて今回は失敗でした。


次はフィルター外して17-70mmのままで撮影。

Img_4031


やはり広角が取れると楽でした。

Img_4055

でも、F2.8なのでシャッタースピードが遅くなってブレが多くなります。

Img_4067

百華百彩、三脚は禁止んですよ。今年はマナーが随分良くなってました。
(それでもKYおやじはいました・・・。)

Img_4097

ブレないようにと思うとやっぱりシャッターを切るとき、息を止めてしまいます。

Img_4109

百華百彩のメインともいえる金剛乗寺ですが、人が多くて多くて・・・

Img_4139

今回は難しかったな~・・・

EF28mmF1.8の中古、ポチってみようかな~。

EF24mmF2.8かな~。



最近、老眼のためかファインダーからのピントがやりづらくなってきたなぁ~、

みんなどんな対策してるのかなぁ~。





2015年11月 4日 (水)

洞海湾ナイトクルーズで工場萌え~②

2015.10.31(土)。

洞海湾ナイトクルーズの第2弾!

いよいよ工場の夜景を・・・・と行きたいところですが、驚くほどに撮れていません。

200枚近くとって結局残したのは20枚ほど。crying


それでもせっかくツアーに行ってきたので雰囲気だけでもお伝えします。

Img_1598


船上はかなり寒かったですね、皆さん完全防寒です。

Img_2563


一脚使用の方を二人見ました、三脚使用は皆の邪魔になると思われたのでしょう。

Img_1610

撮影マナーの良いお客さんばかりでした。


クレーンが何か大きな動くロボットのようでした。

Img_1733_2


ブルー系の光を放つ施設がありましたが、納得いく撮れ映えとはいきません。

Img_1623


これもそうです、近くの陸の上で三脚使えばきっと綺麗なブルータワーがとれたと思います。

Img_1644


海辺は冷たい風がどこにもまして強く吹いていました。

Img_1685


工場だけでなく人々の営みの明かりもまた綺麗な夜景となりますね。 

Img_2600_2


遊覧船は若戸大橋の袂からの発着でした。

Img_2605_2


昭和37年竣工で、建設当時は東洋一の吊り橋だったそうです。

Img_2623

当時は北九州繁栄の象徴だったのでしょうね。


最後に、三菱化学㈱黒崎工場を対岸の若松区より特別に撮影しました。

Img_2640


ツアーならではのショットなのですが・・・いかんせん腕が・・・。

Img_2641

洞海湾の工場夜景、以前地図で何か所か調べて行ってみましたが被写体が

遠すぎたり、工場用地で立ち入り禁止だったりとなかなかいい場所を探しあて

きれずにいました。

今回、ナイトクルーズでは工場萌え~な写真が納得の出来栄えとはいきません

でしたが、久々にバスで歴史的遺産を回ることができて楽しかったです。



2015年9月15日 (火)

古代文化の地に赤い絨毯 : 七ツ森古墳群の彼岸花

2015.9.13(日)。

この日の2番目の目的地は竹田市の「七ツ森古墳群」

ここには20万本ともいわれる彼岸花が咲き、この時期には多くの人が

訪れているようです。


いろんな方のブログ見ていて一度は行きたいと思っていた場所です。

Img_1446


竹田市のホームページでは、例年見頃は9/20頃とのことです。

Img_1360


初めて来て見てびっくり、すごい数です。

Img_1402


驚くことにこの彼岸花たちは野生が広がって群生したものでそうです。

Img_1438


 赤い絨毯・・・、まさにそうですね。

Img_1367


花の赤と茎の緑のコントラストもきれいです。

Img_1433


このお山はあくまでも古墳、円墳なのです。決して登ってはいけません。

Img_1388


ここからは短焦点レンズに変えてみました。

Img_1381


屈んでマクロ撮影するときはマニュアルフォーカスの場合が多いです。

Img_1428


そして、ピントが合うまで、なぜか息を止めてることが多いです。

Img_1429


シャッターを切った後、「ぶふぁーっ」って息継ぎしてしまいます。

Img_1430


風が少しでもあると花が揺れてしまい息を止めてる時間も長くなり。

Img_1431



風もあってマクロもなかなかピントが合いません。

苦労しました。構図も似たようなものばかりで満足できませんでしたね。


来週、9/19あたりが最盛期で野菜販売などの出店もあるらしいですが

とても賑わうでしょうね・・・。

混雑することを思うと、この日に訪れて良かったんじゃないかと思います。




【追記】
「田んぼの畦道に彼岸花が多いのはなんでか知ってる?」って奥さんに聞かれました・・
多少、上から目線だったので一瞬イラッとしましたが・・・・。
俺っち知らなかったもので・・・

皆さんは答え、ネットで探してくみてださいね・・・・(イラッeye?)



※テルルさんと数時間違いだったみたいですねぇ、残念。



2015年4月27日 (月)

2015年 黒木町の大藤まつり 

2015.4.26(日)。

今日は、八女市黒木町の「黒木町の大藤まつり」に行ってきました。

せっかく昨日、CanonnG7Xを購入したので撮れ具合を確認を兼ねて

持って行くカメラはG7X一本です。


どんな撮れ方をするのか非常に楽しみです。



白系のつつじも一輪一輪しっかり撮れてると思います。

Img_0111


天気が良かったせいか、空との区切りや輪郭もビシッとしてますね。

Img_0120


まず朝・昼食兼ねて山菜おこわ、地鶏炭火焼、しいたけ炭火焼、だご汁を

頂きました。

Img_0116


いよいよ大藤のある神社の境内に。

Img_0170


さわやかな春風に乗って香る藤の花の香りをお伝えできないのは残念。

Img_0172


G7Xで、奥行きのある撮り方で中ほどの藤に焦点して撮ってみました。

Img_0176


藤の花の手前に焦点して奥の花のボケ味をみてみました。

Img_0152

綺麗なボケ具合が出来ていると思います。

レンズと大きくなったセンサーとの合わせ技でしょうね。


絞った状態もイイですね。

Img_0182


今年の藤棚は去年に比べて花がだいぶん間引かれているように

感じました、整備するのもきっと大変なのでしょうね。

Img_0123


藤の花のカーテンはやっぱり綺麗ですね。

Img_0124

これも一花一花しっかり描写してくれていると思います。


去年ここを歩いた時は花が多すぎて薄暗く感じるほどでした。

Img_0190


タッチシャッターは即座にかつ的確に焦点をピントもしっかり決めてくれます。

Img_0185


藤棚のある神社を離れて造り酒屋の並ぶ通りを散策してみました。

Img_0223


酒樽の倉庫内に竹灯り。

Img_0215

かなり暗いところなんですが、明るいレンズのおかげで難なく撮れますね。


この並んでる陶器の器はどう使うのでしょうか?

Img_0220_2


こんな綺麗な飾りも飾ってありました。

Img_0212_2

ここも造り酒屋さんの内部でうす暗かったのですが、フラッシュなしで

よく撮れていると思いました。


「Canon Power shot G7X」、期待通りの活躍をしてくれそうです。


※来年の大藤まつりも両親を連れて行けますように・・・。confident




2015年4月25日 (土)

買っちゃいました:Canon Power Shot G7X

2015.4.25(土)。

しばらく前から、手持ちコンデジのs95の調子が悪かった・・・

オートフォーカスがピシッと決まらず、決まってもシャーッターが

タイムラグがあって切れるなど・・・。


撮った8割程はピンボケで、撮るテンションが下がっていました。down


それで今日は一念発起し、カメラの〇タムラへ行ってきました。

これまで何度もカメラ屋さんには足を運んで、触れてみて

結局残った候補はG1XmarkⅡとG1Xの二機種。

そうです、俺っちはキャノン党なのです。


で、最終的に決めたのはG7X。wink

Keyvisual

今回はあくまでS95の代替わりで持ち歩き重視の選択・・・

といってもS95より数段上のシリーズになりますけどね。


G1XmarkⅡはデジイチのサブ機として使うことになるから、

ライバルは結局EOS M3になるのかな?

こちらはまだちと先に考えることにします。think


新しいもの買うと箱から出す時が一番ワクワクしますね。

Img_1127


正面、上からといろんな角度見てもレンズが大きくなっているのが

カッコイイ良くてお気に入りです。

Img_1122_2



前機種に比べると、

センサーサイズが1/1.7から1型に大きくなったり、液晶モニターに

タッチセンサー機能があってタッチフォーカスやタッチシャッター機能がある

などたくさんありますが、詳しくは俺っちがいろいろのたまうよりキャノンの

HP見て比べて頂くほうがいいと思います。

レビュー記事もたくさんありますしね・・・。



ちなみにメモリーカードもSD8GからSDH16Gに

アップグレードしてみました。

こちらのパワーアップは実感できるかわかりませんけどね。

Img_1128


これからこれでデジイチのサブしてもらったり、食レポのブログにと

大活躍してもらうことになります。

よぉ~し、撮りまくるぞぉ~sign03





2015年3月13日 (金)

「微妙ぉ~な進化。」 : 機種選定に困る編。

いやぁ~、今年の春、キャノンは気合が入っているようですね。

前記事のEOS M3はもちろん、ニューモデルも発表しました。


そのモデルはEOS 8000Dといいます。

Keyvisual_2 
8000Dのキャッチコピーは「NEW FACE.8000D」です。

KISSシリーズのエントリークラスでもなく70Dのような二桁モデルの

ようなハイアマチュアクラスでもなく・・・。

キャノンHPによるとプレミアムエントリーモデルらしい。

だから「NEW FACE.」、新しカテゴリーなのね。  

納得。think


とはゆうものの、俺っちは現在60Dを所有しているので、70Dに

買い換えるのが正常進化だと思うのですが、もう70Dと8000Dの

性能差は連写機能と多重露出撮影機能ぐらいでかろうじて上位

にいる様な感じがします。(70D所有の方ごめんなさい。)

80Dが発表されたらまた手の届かない価格になるんでしょうね。

俺っちみたいに70Dが買えない人にはとってもありがたい

機種なのですが、カメラマンの多い場所でのネックストラップバトル

を気にする方も多いと思います。

今後の4桁モデルに注目ですね。




次は800Dと同時にEOS KISS X8iも発表されました。
Keyvisualx8 
こちらはエントリークラスであるKISS X7iのモデルチェンジ版。

8000Dとは基本性能は一緒で本体がモードダイヤルなし、

液晶ディスプレイなしで価格差が5,000円程度。微妙ゥ~

現時点ではまだまだX7の存在意義の方があるような気がします。


どうせならX7をNikon D3300を越えるような進化のモデルチェンジ

にして欲しかったなぁ・・・と思います。


一眼最小を謳うX7の正常進化、これは来年お楽しみにしておきます。



なのに何故X7より大きくなっちゃったの?

今だったら価格のこなれたX7を買ったほうがレジェンド機を所有している

感じがしていいのでは?と思ってしまいます。




2015年3月12日 (木)

「待ってました~。」 : 納得のモデルチェンジ編。

突然ですが、春ってカメラのモデルチェンジ時期なんです。

ニューモデルもあれば進化モデルもあります。

そして今年の春はというと・・・

久々にキャノンさんにときめく年となりました。


現在所有のEOS 60Dが最新下位モデルに次々と性能を

追い越されてしまった今日この頃、ちと寂しい思いをしておりました。

だからといって買い替えるにもイマイチ物足りなさを感じたり、

値段が高すぎたりでなかなか現実的では無かったんですよね。

(おかげで物欲を押さえられていたわけですが・・・)


でもいよいよ「待ってました~。」のモデルが出ました。

それはミラーレス機EOS M3です。
M3
以前からミラーレス機は1台欲しいと思っていたんですが、

キャノン党の俺っちでさえ他社のミラーレスに心が傾きかけていましたし

さらにはキャノンのG1X、G7X等の素晴らしいコンデジの登場で

EOS M、M2は難しい立ち位置、残念な身の丈となっていました。



しかし、この春、EOS M3が発表されて俺っちは大いに喜びました。

その喜んだ理由、いくつかご紹介します。


一つ目は、モードダイヤルと露出ダイヤルが付いたこと。

Modedial_2 
これまでの機種はモードダイヤル無で、言ってみればコンデジ

みたいなデザインで、使い勝手も良くなさそうでした。

これで高級感も出たし、おなじみのモードダイヤルで使い勝手も

アップしたと思われます。



二つ目は、少しだけれどもハンドグリップが突き出ました。

Grip 
これは、実用性よりも見た目重視かもしれませんが

デザインは機種選定の大きなポイントですもんね。

これくらいなら小ささのアドバンテージも失っていないでしょう。



三つ目は、EVFが装着可能になったこと。

Evfdc1
やっぱりファインダーを覗いてじっくり撮りたいですもん。

そうそう、フラッシュもポップアップ式内蔵になりましたよ。


四つ目は、液晶モニターが可動式になったこと。

Tiltlc_2
残念ながら横方向には開きませんが下方向からの

撮影にはずいぶん使い勝手が良くなったものと思います。


これらの進化はマイナーチェンジというよりまさに「革新」。

オリンパスのミラーレス機に目移りしていたのをググッと

引き戻してくれました。


「こりゃ買っちゃうな。」のモードに入っている俺っちです。

皆さん、俺っちの誕生日は5月ですよ~。happy02


※この記事の画像は全てキャノンさんのHPより拝借しております。




2015年3月 8日 (日)

人吉梅園 : 梅花には青空がやっぱり似合う

2015.3.8(日)。

今日は昨日に打って変って春を感じる暖かい日でした。

空も久々に青く綺麗な空でしたね。

昨日、これだけ天気が良ければ・・・と悔やまれますが

今日は天気が良いので気持ちを切り替えて別の梅園に行って

みることにしました。


両親とも一緒だったためちょっと出遅れて、正午過ぎに人吉梅園に

到着しました。

Img_0909

もう、駐車場はいっぱいでした。


「梅まつり」は3月1日までで終わっていましたが、露店はいくつか

出ていましたね。

Img_0913


結構な斜面に綺麗に管理されて梅の木が植えられています。

Img_0914

梅の実の収穫は体力が必要そうですね。


白い梅と赤い梅のコントラストは綺麗でした。

Img_0995


山間のずいぶん上のほうまで綺麗に植えられていました。

Img_1038


しだれ梅はピン系の花が細い枝にたくさん咲いて
重みで下がっています。

Img_0948



Img_0977


梅の花のバックはやっぱり青い空がいいですね。

Img_0944


空が青いと写真もとってもきれいな仕上がりになると思います。

Img_0970


すっきり綺麗な青がバックだと撮るテンションも上がります。

Img_0972


今日はメジロさんはいませんでしたが・・・

その代り、ミツバチさんが大忙し。

Img_1013


ここの梅園は、遠くから観光として来ている人たちよりも

家族やカップルがお弁当作って敷物しいて・・・っていう感じの

人たちが多かったですね。

ほのぼのした感じでいいところでした。




2015年3月 7日 (土)

日田おおやま 梅まつり

2015.3.7(土)

今週末は天気がよくなさそうですが、

明日はどうなんでしょう。


今年も八女立花町の観梅会に行くつもりでしたが、天気が悪いまま

終了してしまいました。


なので、何処か梅の名所はないかいな?

と日田おおやま 梅まつりに行ってみることにしました。

000023613


自宅からは1時間半程で日田ひびきの郷には到着しました。

Img_0739


車から降りると梅の香りが辺り一面香ってました。

Img_0830


あいにくの天気で青空をバックに撮れませんでした。

Img_0817


今が盛りの木は大木が多く、50年~60年くらいのものらしいてす。

Img_0810


これだけ花が咲いているといぃ~香りがします。

Img_0788



Img_0839



Img_0833


しだれ梅のみごろは来週くらいですかね?

Img_0841


紅の濃い梅も綺麗ですね。

Img_0776



Img_0793



Img_0785


ひびきの里一帯は個人の梅畑がたくさんあるのですが、若木の畑は

まだまだ咲いていない畑も多く、これからが見ごろかもしれません。

Img_0866


綺麗に管理された梅畑、見ごろに時期はさぞ綺麗でしょうね。

Img_0964


メジロもたくさんいましたが、望遠の距離が少し足りませんでした。

Img_0856


梅の花の蜜って、梅の味がするのでしょうか?

梅ジャムや梅酒みたいな・・・。

Img_0896

メジロさんに聞いてみたい・・・。happy01



最後にひびきの郷「おおやま夢工房」に寄ってみました。

二階には梅酒工場がありました。

それから、物産館にはおよそ不釣り合いな「進撃の巨人」

Img_0972



Img_0971

納得。

でも「進撃の巨人」を知らない年輩の方はちょっとびっくりしていました。



ま、今日はあいにくの天気で写真撮るにもテンションは

上がりませんでしたがどうにか梅の香りにもあやかることが

できたので良しとしましょうかね。


来週末あたりが本当の見頃だと思います。



2015年3月 1日 (日)

くまもと山鹿 百華百彩 Part2

前回に続くPart2をお送りします。


今回は金剛乗寺をメインに撮った写真を張りますね。

似たような写真があってもご愛嬌でお願いします。


金剛乗寺に行くと竹のプジェと蛇の目傘のライトアップでお出迎え。

Img_0663


素敵ですね~。言葉がありません。

Img_0673


↑の写真と↓の写真、皆さんわどっちが好みでしょうか?

Img_0674



Img_0678



Img_0681


紫、いい色です。

Img_0684


手水鉢にライトアップされた椿と梅。

Img_0695


角度が違うと同じ場所でも雰囲気が変わります。

Img_0715


BGMは去年と一緒で「鬼平犯科帳」のテーマ

ジプシーキングスのインスピレーションという曲です。

Img_0716



Img_0725


このお店の赤い蛇の目傘、ここだけで何枚撮っただろう?

Img_0726


暖を求めて行ってみましたが・・・

Img_0616

皆さん考えることは同じようで・・・満席でした。

Img_0729


金剛乗寺に入ると聞きなれたBGMが聞こえてきました。

聞きなれた曲ですが、和傘や竹灯りのオブジェが幻想的な雰囲気を

醸しだしロマンチックでさえあります。



最後に撮りためた写真でスライドショーを作ってみたので

見てください。

写真の画角をできるだけ壊さないために4:3で作ってみました。

2015 山鹿灯篭浪漫 百華百彩
YouTube: 2015 山鹿灯篭浪漫 百華百彩




2015年2月28日 (土)

くまもと山鹿 百華百彩 Part1

2015.2.27(金)。


1月末から、土日は決まって長女の新生活応援のために福岡に

行っていました。


その間、あんまりブログ記事になるようなこともなく、行楽地にも行って

なかったのでさすがに人差し指がウズウズしてきました・・・というのは

もちろん、カメラのシャッターを切りたくて切りたくてしかたがない・・・

ということですよ。


ということで、毎年2月の金曜、土曜に行われている山鹿市の

百華百彩に行ってきました。


仕事が終わってダッシュsign04run

午後7時過ぎには到着しました。



それでは今回は歩いたルートに沿って撮った写真を2回にわたって

ペタペタ貼っていきます。


会場用無料駐車場から一番最初の広場で見ることができます。

Img_0572


もう気分が一気に盛り上がります。

Img_0574


八千代座入口の向かいのお店。二階ですね。

Img_0577


このお店の一階にはファンタジーな世界が。

Img_0579


蛇の目の傘骨には伝統工芸の“技”を感じます。

Img_0591


八千代座の隣の広場は飾傘のメインですね。

Img_0598_3


この飾りは今回一番好きな飾りになりました。

Img_0613_2


これが蛇の目傘ライトアップでは最大。・・・力作ですね。

Img_0600_2


白地の蛇の目傘に手書きののデザインが素敵に浮かびます。

Img_0603_2


御存じ山鹿灯篭です。

Img_0625_2


ここの広場は金剛常乗寺の入り口で、今年初めての設置だったでしょうか。

Img_0628


さくら湯の隣の広場にありました、和紙を通した明かりが柔らかいです。

Img_0644


竹細工にロウソクの明かりはやっぱり温もりがあります。

Img_0649


湯の端公園、あし湯の前です、ここは撮影が難しかったです。

Img_0659


いつか俺っちも入ってみたいさくら湯。

Img_0638


春ももうすぐ。

三寒四温の寒い日に当たりましたね、風がとても冷たく強かったです。

どこのお店前でもチャッカマンが大活躍していました。


次は金剛乗寺を予定してます。

また見てくださいね~。

1321_4