フォトアルバム

リンク

カテゴリ「お食事処:県外」の51件の記事 Feed

2017年3月 8日 (水)

糸島岐志の牡蠣小屋に行って来ました。 : 大栄丸

2017.3.5(日)。

糸島は岐志にある牡蠣小屋に行って来ました。

ここには牡蠣小屋のハウスが13棟ほどあり、それぞれの店舗でオリジナルメニュー

など工夫を凝らして営業されています。


ここを訪問したのは去年の1月の徳栄丸さん以来、1年ぶりとなります。

今年は大栄丸さんに行ってみました。

Img_1462_2

入り口にはおっきなメニュー。どのお店も明朗会計ですよ、安心してください。

Img_1463

こちらは炭火、牡蠣は1キロ1,000円です。

Img_1449

追加注文したものと、調味料の数々です。

Page1レモンとお漬物がサービスでありました、味を変えるのにとても良かった

ですよ。


牡蠣の大きさは結構個体差がありましたが、お味はどれも同じで

プリプリの濃厚です。

Img_1457

紅葉おろしのチューブが置いてありました、
これにポン酢が一番おいしかった~。

Img_1460

娘たちは、チーズをとろとろにしたチーズフォンデュ風にいただきのが
気に入ったようです。

Img_1458トッピングチーズは100円也。

あ、写真ありませんが、かきめしがサービスだったのでかき汁と

一緒にいただきました。ダシが出てて美味しかったですよ。


大栄丸さんのウインドブレーカーはオレンジです。

Img_1461 

パイプイスっていうのは疲れなくてよかったですね、このお店の一番の

特徴かもしれませんね。

Img_1464

ハウスの裏手の海は穏やかで潮の香りが良い感じでした。


欲を言えばシーズン中に2回は行きたいですけどね。




2017年3月 1日 (水)

絶対、1度行ってみて、食べてみたかった! : たいめいけんのタンポポオムライス

2017.2.25(土)。

メディアにも時々登場する、ガングロ3代目の茂出木シェフの

お店“たいめいけん”。

一度は行って、そのお味を確認したかったのですけど、やっとその機会が

訪れました。


が、しかし、11:30前に到着してもこのお客さんの多さ・・・。

Img_7003
約1時間ほどかかるそう・・・ですが

「お2階でしたら席が空いております、同じメニューでも使っている食材が

が違いますので、お値段が少々お高くなっております。」

ということ。


ちなみにたいめいけんでは、

1階がカジュアルレストラン、2階は本格洋食レストラン

の位置付けだそうです。


時間に制約があるお上りさんに待ち時間1時間はキツイ。

背に腹は代えられないと2階で食事をすることにしました。


た、確かに少々お高い。少々・・・。

Img_1396上品そうな客層と重厚な雰囲気に押され、

店内を撮ることができない俺っち。sweat01


まずはコールスロー、絶品です。

Img_1400KFCのコールスローしか知らない俺っちは感動! 


コーンたっぷり濃厚コーンクリームスープ、これも旨い。

Img_1405

そしてお目当てのオムライス、その名は「タンポポオムライス」

伊丹十三監督の「たんぽぽ」という映画に出てきたオムライスが

その名の由来です。

Img_1409
見てください、このすべすべとした赤ちゃんのお肌のようなオムレツ。

ワクワク、ナイフ入れるのがたまらなく楽しみ~。


まず、中央にナイフをプツッっと入れてその後はスゥーっと引きます。

そしてまずは手前半分を広げてみると・・・


出ぇたぁ~、トロトロ卵ぉ~。

Img_1410 

残り半部を先の方にも広げるとトロトロオムライスの出来上がり。

Img_1412
卵はお味が濃いです、ふわとろ卵のオムライス。

今でこそふわトロを謳うオムライスはたくさんありますが

「日本橋で明治4年創業」、こんなブランドストーリーに正直弱いのです。

Img_1413 
チキン、グリーンピース、マッシュルームの入ったチキンライスも

ケチャップの酸味を濃厚な卵がまろやかにしてくれます。

食べ飽きの来ない味でした、量もしっかりあって俺っちも満足の逸品でした。


いやぁ~、夢といえば大袈裟ですが達成感ハンパなし!です。



東京二日目、最高の出だしです。rock



≪たいめいけんさんのHPでレシピ見て作ってみよう≫




2017年2月13日 (月)

京都発!初めて牛カツをいただきました! : 牛カツ専門店 京都 勝牛

2017.2.11(土)。

およよ(古いsweat02)、ブログ怠けていたら、2月ももう半ば。

時間経つの早いです、寒いとなかなか冬眠に近い状態になりますね。


で、この週末、長女のところに遊びに行きまして、買い物とか美味しいものを

たべたりとか・・・楽しんできましたので少しご紹介しますね。


天神西通りの入り口にありました、かの有名な「勝牛」さんです。


お店の入り口の写真、撮り忘れました。sweat01


ビルの入口より階段を下りて、地下にお店があります。

この日は、階段の途中の踊り場までお客さんが並んでいました。


店内は和食のお店の雰囲気で、照明もやさしく、お店の方も作務衣に和帽子で

京都発信のお店の意気込みを感じます。


分かりやすいメニューです。

Img_6561

出てくるまでそう時間はかかりませんが、美味しい食べ方のお勉強できます。

Img_6563わさび醤油、美味しそうです。ワクワク。


俺っち、160gの特選牛ロースカツ膳です。

Img_6566

赤みの残ったレアに近い揚がり具合が良いですね。

Img_6571普段はしっかり火の通ったウェルダムの方も大丈夫!

外はサクッと、中和柔らかく絶妙の揚がり具合でお肉の柔らかさとお味が楽しめます。

お肉の脂とわさびが最高のまっちんグゥ~です。

最後にダシの効いたカツカレーとしても楽しめますよ!。


娘は特選みぞれロースカツ膳。

Img_6569これはさっぱりといただけます、揚がり具合はロースカツ膳と同じです。

わさびでいただくとお肉の美味しさもよく分かりますよ。


「都の人たちはこんなハイカラなものを食していたのか・・・。」

Img_6565

熊本にも早く出店していただきたいお店です。




≪京都 牛カツ専門店「勝牛」さんのHPはこちら≫



2016年10月31日 (月)

昼間っから焼き鳥もいいんじゃなぁ~い !: 焼とりの八兵衛

2016.10.23(土)。

天神のソラリアプラザ6Fにある、「焼きとりの八兵衛」さんに行って来ました。

何の予備知識もなく、店前のメニューを見ての飛び込み。

「昼間っから焼き鳥??」とも思ったんですが、メニューが余りにも美味しそうで、

お店も繁盛していたようなので入ってみました。


お店は、煙モウモウの居酒屋焼き鳥屋さんとは全く違ったおしゃれな雰囲気。

Img_5978

ランチメニューは焼き鳥以外にも充実していておいしそう。

Img_5968

娘はチキン南蛮定食。

Img_5969むね肉だと思うんですけど・・・「思う」とは、それほどお肉がジュシーで柔らかかったから。

甘酢とタルタルソースとの相性は最強ですね。


俺っちは骨付き鶏定食。

Img_5973ヒャホー!特大骨付きチキン。

味がしっかりしみこんで、芳ばしくて肉がやわらかい。

まずはかぶりつきの食べごたえある美味しい一品です。


奥さんはチキンカレー。

Img_5975わぁー、これも骨付きチキン一本勝負。

ホロホロになるまで煮込まれていて、身離れ抜群。

穏やかな辛味に、鶏ののブイヨンが効いてるとろみあるカレーでした。

お箸で食べれますよ!


せっかく焼き鶏のお店に来たので、5本盛りを追加。

Img_5971んぅ~、やはりこれが定番。

余分な脂が落ちていて、外は香ばしく、中はふわっとした焼き加減が良かったですね。

酢キャベツと一緒にあっさりといただいて、なん本でも行けそうです。



 ひやぁ~、食ったくった!

昼間っから焼き鳥もいいもんだ!と思いました。

11:00~15:00 17:30~23:30と、夜遅くまでお店が開いているのが良いですね。

ゆっくり上質な空間で、焼き鳥をいただくのもいいと思います。





≪焼とりの八兵衛ソラリアプラザ店さんのHPはこちら≫




2016年9月21日 (水)

長女には初めての・・・大宰府天満宮、行ってきました。

2016.9.17(土)。

太宰府天満宮に行ってきました。

長女がまだ太宰府天満宮に行ったことがないというではありませんか・・・。


親は高校、大学、就職と、事あるごとに祈願とお礼の参拝をしてきた

というのに・・・


ま、今回は長女も自発的にご利益をいただきたいことがあったのでしょう、

参拝したいと言ってきたので、連休の帰省のために迎えに行って、

帰熊の途中で参拝してきました。

Img_5691

相変わらず参拝客が多いですね。

Img_5708

なるほど・・、社会人になっても資格やらなんやら大変そうで・・良いことです。

Img_5696

娘よ、頑張れ!


太宰府天満宮には12頭の神牛がいるのらしい・・・

Img_5710
皆さんも探してみてはいかがですか?


参拝が終われば後は腹ごなし・・昼食でーす。


今回食事に伺ったのは「やす武」さんです。

参道に古くからあるお蕎麦屋さんです。

Page2

手打ちが見えるのもこだわりですね。

Img_5727_2

俺っちは大ざる。

Img_5733

長女は天ざる。

Img_5736

奥さんはおろしそば(温)。おっ!出雲式なんですね。

Img_5735

蕎麦のコシに驚き。そばには珍しいです。ダシは甘めで俺っちの好みです。

トロッとした蕎麦湯を足すとだしの香りがふわっと引き立ちます。

んぅ~、満足でした。


食後は参道のお店を見て廻りました、

今回散策のお気に入りとなったお店は「てのごい屋」さんです。

Img_5723

素敵な手ぬぐいの数々、外国の方には日本を感じる良いお土産になるでしょうね。

Img_5722_2

「俺っち用に。」って奥さんから買ってもらいました。

Img_5732
今後、お小遣いはお札ではなくて硬貨になるのでしょうか?・・・心配。sweat01


参道を歩いていると何やら撮影クルーが走り回っています・・・

着物姿の美しい女性がお二人・・・

Img_5744
大宰府の広報写真撮影のためだとか・・・拡散OKだそうです。


しばらく歩くと・・・30分も経ってませんが・・・


揚子江の豚まん。

Page1至極の逸品、皆さんもぜひどうぞ!
≪揚子江さんの豚まんは地方発送もできますよ!≫


さらに歩くこと・・・15分経ってませんが・・・


最後はやっぱりお茶、いつもの松屋さんです。

毎月17日は限定で赤米の梅が枝餅があるそうで・・・

Img_5759_2

ごめんなさーい、違いが判りませんでした。どちらもおいしいので・・・。

もちろん御朱印いただきました。

Img_5764



太宰府天満宮では2度目の御朱印となりました。

どうか素晴らしい結果が訪れますように。




2016年9月 2日 (金)

白基調のカジュアルなカフェでランチ : SURF SIDE Cafe(サーフサイドカフェ)

2016.8.26(金)。

佐賀県で御朱印をいただいた後は、福岡の糸島にちょっと遅いランチ。

二見ヶ浦のビーチを一望できる「サーフサイドカフェ」というおしゃれなカフェです。

糸島での新規開拓となります。smile


西浦方面からくると、二見ヶ浦ビーチ入り口の右手に真っ白な建物が見えます。

Img_5674

何とも明るい店内で、オーダーやメニューもカジュアルです。

Img_5656

店内に入って、まず、レジのところでオーダーをします。

セットの飲み物と受付番号を渡されますので席に着いて料理ができるのを待ちます。

受付番号が呼ばれたら、レジまで料理を受け取りに行きます。


店内はガラス越しにビーチが見える直線のカウンターが25席くらい?あります。

その他、テーブル席、ボックス席もありますよ。


俺っちは大好きなガーリックシュリンププレート。

Img_5669

奥さんはハンバーグジャポネソース。

Img_5670



唐津と同じで海は荒れていました、やっぱり台風の影響ですね、残念です。

Img_5672


このお店の奥には「波平」という海鮮和食のお店があります。

Img_5673


手前には「パームビーチ ザ ガーデンズ」という複数店舗の入った建物もあります。

波佐見焼きで有名なマルヒロさんや・・

Img_5675


糸島産の野菜・・・

Img_5676

その他、ジェラードのお店なども・・・。

テラスでジェラード食べたり、アイスコーヒー飲んだりまったりできますよ。

二見ヶ浦の一番いい場所にオシャレモールが出現した感じですね。


食後に「伊都物語」飲んでみました。

Img_5677

濃厚かつ適度な酸味が美味しかったです。

糸島はどんどん魅力的になっていきますねー、天草も頑張って素敵なお店が

たくさんできるといいなぁ~。confident

2016年8月25日 (木)

門司港レトロで焼きカレーを食す。

“門司港レトロ”とは、外国貿易で栄えた当時の建物を中心に大正レトロ調に

保存、整備したJR門司港駅周辺の観光スポットの事です。


俺っち2度目の訪問です。


門司の有名どころといえば何といっても『焼きカレー』ですね。

門司港レトロ周辺にはたくさんの焼きカレーを提供するお店がありますが、

今回お伺ったのはその名も「伽哩本舗 門司港レトロ店」さんです。

「焼きカレー」ブームの火付け役となり、全国的にも有名なお店と聞いてやって

来ました。

Img_0923

焼きカレー専門店の文字に心躍ります。
Img_0928


焼きカレーのバリエーションも豊富です。

Img_0924

店内からはすぐ裏の門司港が望めます。

Img_5419

すっくりと関門海峡を渡る大きな貨物船を見ていると時間を忘れてしまいます。


俺っちはシーフード焼きカレー。

Img_0932

しっかり感じるブイヨンと辛さ抑え目のカレールーがオーブンでしっかり焼かれて

芳ばしさを増してます。

エビ、イカ、ホタテ、ムール貝とシーフードがどっさりでした。

お口の中やけど注意ですよ!


連れはポーク焼きカレー。

Img_5421

連れが男性だったのでシェアはさすがに気持ち悪くてしませんでした。

味の感想も「・ ・ ・ ・」とボキャブラが薄かったため参考にならず・・・。

見た目にはポーク肉がゴロゴロ入っていましたので、食べ応えのある焼きカレーに

なっていてのではないでしょうか。


食後は、門司港レトロハイマート(設計:黒川紀章)を中心に門司港辺りを

サクッと散策。

Img_5443


雑貨やお土産物のお店には買い物ではなく、涼むために入って、店内を徘徊して

終わりました。

Img_5441_2


とても雰囲気のいい街並みですが、暑いうえに連れが男ではなお暑苦しい。

ここはやっぱりカップルや家族連れが似合う街です。

今回のプチ旅、決してピカチュウ確保のためではないのであしからず。bleah




≪「焼きカレー」伽哩本舗 門司港レトロ店のHPはこちら≫




2016年7月30日 (土)

スープのとろみがすごい!博多ラーメン : らーめん二男坊

2016.7.24(日)。

最近よく耳にするラーメンのお店、福岡らーめん総選挙でも1位を獲得したという

「らーめん二男坊」さんに行ってきました。

訪問したのは天神パルコ店、内装は明るく清潔感のあるお店です。

Img_5386

働くお姉さんの背中にプライドを感じます。

Img_5390

メニューです。

Img_5384

創業は平成21年で、これだけの店舗拡張は成功している証でしょう。

Img_5391_2

さ、来ましたよ。まずはオリジナルのらーめんです。

Img_5392_2

見るからにとろみの強そうなスープですね。

トッピングはネギ、キクラゲ、チャーシューとオーソドックスですね。

麺は細麺。

スープのとろみは最強クラス、濃厚ですがクセは少ないです。

チャーシューはあっさり目ですが、濃厚なスープでこれが正解だと思えます。


俺っちは半熟煮卵らーめん。

Img_5395

半熟の黄身が卵の濃厚さを増します。


熊本ラーメンが好きな方には相性がよさそうです。

黒マー油なり焦がしにんにくなりが入ると、博多から久留米、玉名をすっ飛ばして

ぐっと熊本ラーメンに近づく感じですかね。


満足の一杯、おごちそうさまでした。



≪らーめん二男坊さんのHPはこちら≫





2016年7月29日 (金)

素敵モーニングは1週間の活力 : カレント

2016.7.18(月)。

7月三連休の最終日。

「楽しかった連休の最終日は、カレントの素敵な朝食で始めよう・・・。」と

早起きして、9時前にはカレントに到着しましたが、既に駐車場整理員の方が

「60分待ち」のプラカード持ってるし、道沿いに順番待ちの車も行列している。


しかたがないので、隣の有料駐車場に止めてしばし海を見ていました。

Img_5326

この日も暑くなりそうでしたが、海に人はまだまばらでした。

Img_5325


ここに来ると決めた日はウキウキ感がたまりません。

Img_5329しょっちゅうこれる距離ではないのでなおさらです。

遠距離恋愛・・・は言い過ぎですが・・・。


待ち時間もこんな景色を見ていると過ぎるのが早い気がします。

Img_5353

来るたびに少し雰囲気が変わっています。

Img_5332

さあ、モーニングのメニューです。

Img_5339

メニューも少し変わっているようです、

まず、奥さんが限定15食のハッセルバックポテトセット。

Img_5347

ハッセルバックポテト、スウェーデン生まれのおしゃれな料理です。

ホクホクのじゃがいもに塩味のシンプルな料理ですがとっても美味しい!

トーストはピザトーストで限定15食だなんてもったいないです。

これ、俺っちのレパートリーに仲間入り決定です。


あと、定番のカレントセット。

Img_5349

少しパンの数が減ったように思いますが、朝食にちょうど良い量なので全く問題なしです。

スープ、ベーコンエッグ、ヨーグルトにサラダ、メインはなんといっても美味しいパン。

たくさんの人がこの朝食をいただくために朝早くから並んでいます・・・

行かなければわからないこの充足感・・・。


久々においしいオリーブオイルとも再会。

Img_5351

程よい塩気のパンに最高のオリーブオイルです。


ゆっくりと家族4人で会話を楽しみながら食事していたら、もうランチメニューに

変わってました。

Img_5356

日差しもキツクなってきて、海のキラキラ感も上昇。

再度、海を眺めながら家族写真も撮ったし、帰りの海岸線沿いのドライブも

会話が弾んだし、充実感とともに次の日からのウイークデーに備え十分な英気を

養うことが出来ました。



≪カレントさんのHPはこちら≫




2016年7月27日 (水)

夏の浜辺はあの頃を思い出す・・・ : パームビーチ

2016.7.17(日)。

記事の時系列、前後してますがご勘弁ください。

7月の3連休の二日目、朝食抜きで糸島のパームビーチにランチに行ってきました。


11:30頃でしたが、もう気温は32℃オーバー、海辺のキラキラ感は夏真っ盛りです。

Img_5263


すでにテラス席はお客さんでいっぱい。

Img_5262

でも、待ち時間は少しだったのでよかったです。

Img_5264

この暑さでは俺っち、「テラス席はむぅりぃー。」ということで、室内のテーブル席に
案内していただきました。

Img_5230
室内席でも、海辺の雰囲気、お店の雰囲気は十分に味わえますよ。


本日のおススメメニュー。

Img_5229

まずはセットのドリンクメニューを決めて、食前に持ってきていただきます。

Img_5246ドリンクは大きめのグラスで来るので食後だとちと辛くなります。

一輪の花でもグラスに添えてあれば雰囲気は上々up、食事が来るまでの

時間を楽しむことが出来ますよね・・・。


まずはセットのサラダとスープ。

Img_5243

奥さんは、本日のおススメから、チーズハンバーグ。

Img_5252「ハンバーグのおいしさはもちろん、付け合わせの野菜も一つひとつの味が濃くて絶品、

きっと糸島産のお野菜に違いないわ。!」と奥さんの談。


俺っちはパスタのクレオーラを注文。

Img_5258エビとホタテのトマトカレークリームソースでエビとホタテが贅沢に入っていて、

カレー風味が食欲をそそります。まったりとしたクリームソースがパスタに良く絡んで

余すことなくすべてを堪能できます。


娘は、ホタテ・ナス・アオサのバターソースパスタ。

Img_5260「バターソースに夏野菜のナスが合う!アオサで海の香りを感じて、海と野菜の

調和が糸島のイメージにぴったり。シンプルだけど超ぉー美味しいパスタ。」とは

小生意気な娘の談。


そして、ここに来たら外しちゃいけないのがガーリックシュリンプ。

Img_0796

皮付きのままバリバリいただくのがパームビーチ風。

わざわざ単品で注文する価値ありの一皿です。



我家でも、これを真似て俺っちが時々作りますが、とても好評ですよ。note



≪パームビーチさんのHPはこちら≫
HPで素敵なメニューの数々を楽しんで、是非行って欲しいな・・・と思います。




2016年7月21日 (木)

本場アメリカのボリュームに脱帽 : ハードロックカフェ

2016.7.16(土)。


住吉神社参拝の後は、博多駅まで歩いて昼食とセール巡りです。

住吉神社から博多駅までは10~15分くらいしか歩いていないのに汗びっしょりです。sweat01


昼食は、九州初上陸の「ハードロックカフェ」さんに行ってきました。


とってもかっこいいバーがドーンと迎えてくれます。

Img_5218

店内にはパワフルなロックの曲がかかっており、店員さんたちも元気で気の利いた若者

ばかりで、メニューとかで分からないことなど気兼ねなく質問できます。

Img_5219(オジサンでもわかる80’のロックも聞きたいなぁー)


この日はお客さんが多くて、オープンテーブルの席ではなくて、ちょっと個室っぽい部屋に

通されましたが、これがまた壁面を飾るミュージシャンの衣装やポスターなどで雰囲気

満点でしたー。

Img_5202_2


Img_5204

そして、メニューを見て驚愕しました。

そのボリュームと・・・・

Img_5201


そのお値段に・・・。

Img_5200


この日は、本場のアメリカンハンバーガーをとやらを体験したいと思っていましたので、

まずは奥さんがベーシックなクラッシックバーガーを注文。

Img_5208
しかーしこのバーガー、ビーフパテが180gもありポテトの量も多い。

センターリバーで150gしか注文しない奥さん、さすがにグロッキーでした。


俺っちはレジェンダリーバーガーを注文、メニューの迫力に一目惚れ・・・。

Img_5215ところがこのバーガー、ビーフパテが何と240gだそうで・・・

それにチェダーチーズ、カリカリベーコン、オニオンリングのおかげで味や食感を

楽しめるものの、完食に小一時間もかかってしまいました。


長女はクラブサンドイッチ・・・。

Img_5211こちらもこのボリュームでグリルドチキンのボリュームに白旗状態。

最後は三人でじゃんけんして、残ったものを少しずつ食べていく罰ゲーム状態に

なってしまいました。(笑)。


こりゃ、1食で1日分のカロリーを摂取できたんじゃなかろうか?

ドリンクメニューはおかわり自由で、ジョッキなみのグラスで提供されるので

もうお腹はちきれんばかりで本場アメリカのボリュームに脱帽でした。

ちなみに、バンズがとても美味しかったですよー。good



おかげさまで、夕方までセール巡りして、かなりの距離を歩きましたが、お腹が減ることは

ありませんでした。




≪ハードロックカフェのHPはこちら≫

こちらのHPでMENUを見て、是非、その怒級のボリュームを感じてください。smile



2016年1月19日 (火)

冬の味覚の代表はやっぱり牡蠣でしょ! : 糸島岐志 徳栄丸

2016.1.16(土)。

早いもので年が明けて一月も半ば、久々のブログ記事更新になります。

今年も気になった事やお出かけした所、美味しいものをphoto日記で

紹介しますのでよろしくお願いします。


ということで、俺っちにとって冬の味覚といえば“牡蠣”です。

最近では熊本県内でも牡蠣小屋が増えてきましたね~。


今回は、福岡県糸島市の岐志にある牡蠣小屋に行ってきましたよ。


大きなハウスが13棟並んでおります。

皆それぞれ特色のある目玉メニューっていうのがあるようです。

Img_3014

数ある牡蠣小屋の中で、今回は徳栄丸さんに決定。

Img_3016

どのハウスも中の広さは同じくらいかな?設備の質素さが良いですね。

Img_2986

10時開店の少し前に到着、1番乗り~。

福岡の別荘?を拠点にすると行動範囲が違いますね~。


このお店を選んだのは、ネットで検索していてセットメニューがあった事。

Img_3004

セットの内容もお値段も「此処、いいじゃん!」と思ったからです。

4人で行きましたので、わいわいセットで決まり!


それではわいわいセットの内容をご紹介。

2カゴで4kg。 (単品の場合は1kg1,000円です。)

Img_2983

エビ5匹、ホタテ5個、イカ2枚(写真には1枚しか映ってませんが・・)

Img_2987

おっきなウインナーが5本。

Img_2984

もやしバターが1つ。

Img_2990

以上がセットの内容、4人で十分な量でしたよ。


炭火もたっぷりで暖もとれて一石二鳥です。

Img_2996

あっというまにお客さんもいっぱいになり、にぎやかになりました。

牡蠣の殻が「パン」とはじけるたびにあちこちで「きゃー」とか「おおっー」

とか歓声があがっていました。

でも、安心してください、ジャンパーが用意してありますのでそれを着ていれば

大丈夫。どのハウスでもジャンパーが用意されていました。


牡蠣のお味はというと、ふっくら厚みのある食べ応え十分の牡蠣たちでした。

1page

それでもお店の方が「身入りの小さかねぇ。」と言いつつ、

大きな牡蠣をサービスしてくれました。


追加で、かき飯とかき汁。

Img_3001

どちらも牡蠣の出汁が効いていてとってもおいしかったですよ。


「ぷしゅ~、食った食った・・・・。動けんばい。」


お腹がいっぱいになった後は付近の散策です、ハウスの裏手は港でした。

Img_3019

それぞれのハウスで専属の養殖棚を持っていらっしゃるところもあるようです。

2page

牡蠣殻にまみれながら一心不乱に作業をされてましたね・・

おかげさまで美味しい牡蠣をたっぷりと頂くことができました。漁師さんGJgood


この冬、機会があればもう一度訪れたいな・・・

今度はカキフライのおいしい店?それともカキグラタンが名物のお店か?

食べ物で悩むのは楽しいですね。




≪徳栄丸さんのHPはこちらですよ。≫





2015年9月30日 (水)

宮崎名物といえば…、もも焼きとチキン南蛮だぁ!

2015.9.19(土)。

宮崎名物のおいしいもんといえば、もも焼きとチキン南蛮が有名どころ。

あと、ネットで調べて分かったんですが、揚げ玉(天かす?)の浮かぶダシ汁に

つけていただく釜揚げうどんも宮崎を代表するソウルフードの一つらしい。


今回の旅の「食の目標」はこの三つを食べること!としました。


その中でも俺っち的にはもも焼きは外せない。

宮崎市内の有名どころ、「ぐんけい隠蔵」さんの本店に前もって予約しました・・・

が、当日予約でいっぱいとのことで宮崎駅前店に予約完了。


さすがに人気店ですね、しかし予約していたので「お先に失礼!」。

Img_2078


宮崎駅前のバスターミナルが店の窓から見えます。

Img_2063


当然、とりメインのメニューです、どれもおいしそう。

Img_2060

この日は、前もってコースを頼んでいました。


まずは長距離運転&タンデムお疲れさん。

Img_2061


まずはサラダ。

Img_2065

 
お次は、新鮮でないと味わえないもも身とささ身のお刺身。

Img_2067

歯ごたえがありながらもトロッとした脂もありとぉ~っても美味しい。


手羽先のピリ辛揚げ。

Img_2074

かなり大きめの手羽先、これを甘辛くピリッと仕上げてあります。

噛んだ時の「パリッ」っという音は感動です。




お待ちかね、もも焼き。

Img_2069

炭火炭で焼かれたもも肉は芳ばしさが抜群ですね。

歯ごたえはプリップリという感じで、肉の旨みも濃く、自家製ゆず胡椒が

とっても合いました。

今回はこれを食べに来たようなものなので納得、満足のもも焼きでした。




次はチキン南蛮、どのお店も南蛮ソースはこだわって自家製だそうですが、

Img_2071

こちらはねっとり濃厚ソースで、下にポン酢がかかっていてあっさり

いただけるように工夫がしてありました。



最後の〆はぞうすいですか。

Img_2075

とりのダシの効いたすっごくにおいしい雑炊でした。

お店の方は「けいはん」って言ってましたけど「鶏飯」のことですよね?


最後はデザート。

Img_2077

デザートはもちろんコーヒー付き。最後まで隙ナシ!


ここでの食事では、もも焼きとチキン南蛮の二つを堪能できました。

さすがにもも焼きランキングトップクラスのお店に間違いなし!でした。

大・大満足でした。



あと一つ、釜揚げうどんが気になりますが歳のせいでしょうか?

もうお腹に入りません、今回はあきらめました。




≪「ぐんけい 隠蔵」さんのHPはこちら≫




2015年8月30日 (日)

波の音と潮風でプレミアムな食事を : PUKA PUKA KITCHEN(プカプカキッチン)

2015.8.24(月)。

台風15号が明日にでも九州上陸しそうな雲行きの日、福岡はまだ穏やかでした。

雨は少し降っていましたが・・・。


微妙な天気ではありましたが、糸島の海岸コースでランチをすることにしました。


今宿から今津方面に走ると、右手の海岸線沿いに大きな看板が見えます。

Img_1790



一見、個人住宅にも見えますが・・・。

Img_1792



店内はちゃんと雰囲気のあるお店に仕上がってますよ。

Img_1767_2



テラス席からは長い海岸線が見えて、砂浜に打ち上げる波の音が

良く聞こえます。

Img_1766



情報誌にもしっかり紹介してありました。

Img_1771

幅広い年齢層のお客さんに支持されているようで、最後に残っていた

テラスのテーブル席をゲットできました。



奥さんは、ミックスハンバーグプレートを注文。

Img_1786

ハンバーグにチキン南蛮、エビフライにサラダにポテト。

一つひとつの品が美味しくて具だくさんのボリュームプレートです。

満足度高し!。



俺っちはロコモコを注文。

Img_1784

目玉焼きの下にはハンバーグもちゃっかり。

ハンバーグプレートとの違いは僅かです、好みの問題です。


テラス席から砂浜はすぐそこ。潮風と波の音を感じれるのでマル徳気分になりますね。

Img_1772

テラス席からはすぐに砂浜へと降りていけます。


お店のスタッフさんたちもテキパキ笑顔で、アットホームな感じがよかったですね。

Img_1796


あいにくの天気ではありましたが、海辺のテラス席というのは

それだけでプレミアムな感じがして大好きです。


今回はメニューを撮り忘れてしまいましたが、カフェメニューも結構あった

ように思います。

次回はお茶しに寄って見たいですね。


《プカプカキッチンさんの食べログはこちら》



2015年8月28日 (金)

いかしゅうまい発祥のお店だってさ : 海中レストラン「海中魚処 萬坊」

2015.8.23(日)。

バカンス2日目!

この日も天気がいいです、良すぎです。

バテそうな予感です。


この日の行き先はここだ!

呼子にイカ食べに行きまっせ!

Img_1668


俺っちは呼子は初めてなんです、自分でも意外です。



しかし、呼子のイカの知名度は全国区、一度は行ってみきゃならんでしょ~。



福岡からでも約一時間半かかりました。

画像下は第二駐車場です。

第一駐車場はすでに満車の空き待ち行列がずらり状態でした。

Img_1716

正面に見える青い建物が「海中レストラン」ですね。


朝市などがある呼子の漁港とは場所が違いますが、呼子大橋の

たもとです。

Img_1670



俺っち、海を見るとテンションが上がります。
Img_1714_2

大大海原とかよりも港があるとことか、島があるとことか・・・

要は海を釣りのフィールドとして認識しているのでしょうね。


海上の店内までの渡りに気持ちが高揚します。

Img_1709


到着12:10で番号札68番。

24・25番を案内中でした。

「夏休み・日曜日・観光地・良い天気・定番の人気店」これだけ条件揃えば

待ちは当然でしょ。

もう慣れっこです。


海中レストランの窓からお魚さん眺めたりして時間つぶししてました。

Img_1684

このお魚さん達、実は養殖用の筏の中にいるお魚さんたちでした。(笑)


待ち時間1時間30分、暑かったなぁ。

通された席は海中じゃなく海上でしたが、この日は海の透明度もそこまで

なかったようですし海上席が正解だったかもです。


本日は「いかコース」、これしかないでしょ!

Img_1689



このお店発祥のいかしゅうまいが運ばれてきました。

Img_1692_2

ぷりぷりの食感で、美味しかったですよ。

欲を言えば味に“いか”のインパクトがもっと欲しいですかね?


ついに来ました!いかのお造り。

Img_1696_2

一人一杯ではありませんのでご注意ください。

四名分の分量が一皿で来ます、お間違いなく。

それでもこの姿造りは嬉しいですね、結構大きめのいかだったので食べ

応えありました。


このためにここまで来ました。遠かったです、嬉しいです。

Img_1703_2

大事なお味のほうですが、コリコリ感があって新鮮さは最高です。

コウイカに比べたらあっさりした食味のようでした。

これはいかの種類による違いなのでしょう。


お茶碗にオリジナルでミニいか丼を作ってみました。

Img_1705_2

眺めて満足した後は、一気にかき込みます。

至福の時です、贅沢ですよね。


ゲソと姿(エンペラ)はお刺身、塩焼き、煮付け、天ぷらにしていただけます。

Img_1706_2

今回は天ぷらにお願いしました・・・というか天ぷらが王道ですよね。

こちらもいかの新鮮さを大事にして揚げてありました。

アツアツで美味しかったですよ。



「何時か一度は行って食べたい『呼子のいか』」

長年の願望が叶った一日でした。




《海中レストラン「海中魚処 萬坊」さんのHPはこちら》