フォトアルバム

リンク

カテゴリ「お食事処:阿蘇方面 」の42件の記事 Feed

2016年3月14日 (月)

やっぱり旨い、かまど炊きご飯。 : かまど

2016.3.13(日)。

2週連続で天草に行きましたので、この週のランチは南阿蘇に行きました。

偶然ですが、野焼きに遭遇しました。


こんな時に限って持ち出したのはコンデジ一本なんですよね・・・。


斜面に沿って燃え上っております。

Img_4622

谷合は結構な勢いで炎が上がっていました。

Img_4630
なかなか車を止めてゆっくり撮影というわけにもいきそうにはありませんでした。


そうそう、ランチの事ですが、この日は、かまどさんに行くことにしていました。

Img_4680
ここを通るたびに、結構車が止まっていて、気になっていたんですよね・・・。


かまどさんの外観です、流行りの古民家ではありませんが新しい和風建物です。
Img_4674

おぉ、とっても大きなかまどです。

Img_4650

店内に入ると、外の景色が良く見えるテーブル席がありますが、このときは

満席状態だったので奥の板の間に案内されました。

Img_4667
こちらはちょうど、お客さんと入れ替わりで座ることが出来ました。

まだ、片付けが済まないうちに窓の外をパチリ。(スミマセン。)


はい、メニューです。

Img_4676

俺っち、鉄板焼きホルモンセット。

Img_4659

馬ホルモン使用ですね、ウレシイ。

Img_4658

濃厚な味噌がアツアツの鉄板の上で焼けて芳ばしさが増してます。

ホルモンもプリプリしていてとてもおいしかったです。


奥さんと娘のにサラダが付いてました。

Img_4655

サラダにアツアツの厚揚げが付いて結構なボリュームになります、厚揚げ美味しいです。


奥さんは和牛ハンバーグセット。

Img_4661

まん丸厚みのあるハンバーグに感動。


Img_4662
鉄なべで自分の好みまで火を通していただけます。

外はこんがりと焼かれていて、中に閉じ込められている肉汁の量と旨みにGJ。good


娘は和牛ステーキ丼。

Img_4664

むむむっ、俺っちは阿蘇内牧で有名な食堂の丼よりもこちらのほうが好きかも?

Img_4665

お肉の焼き方、重要ですね。いただいた一切れはとっても美味でしたよ、

余分な脂も落ちていて、柔らかくてとっても美味でした。

ボリュームもたっぷりのようでした。


こちら和お店周りの庭作り。

Img_4673

新緑の季節になるともっと素敵な表情を見せてくれるのでしょうね。


お店の総括すると、まずご飯はやっぱり美味しい、つやつやごはんの写真を撮り

忘れたのが悔しいですね、それからすべてのセットのだご汁が付くのもうれしいです、

具だくさんの味噌仕立てのだご汁でした。

何度でもリピしたい・・・と思う美味しいお店でした。


帰るころには南側外輪山はすっかり焼けあがっていました。

Img_4644

炎の横を通るときは、車内まで熱が伝わってきます。

Img_4686

事故のないよう、地元の消防団も総動員のようでした。(お疲れ様でした。)


焼けた大地からワラビが顔を出すのが楽しみです。




《かまどさんの食べログはこちら》




2016年2月19日 (金)

南阿蘇で久々の新規開拓して来ました! : 手打ちそば 日出や

2016.2.6(土)。

もう、ずいぶん前に感じますが、アップを忘れていましたので遅ればせながら

本日アップしました。


南阿蘇にはどれくらいのお蕎麦屋さんがあるのでしょうか?

久々に南阿蘇で新規でお蕎麦屋さんを見つけましたので行ってきました。

「日出や」さんです。


国道325号線沿いのローソンさんを過ぎたらすぐに右側に看板があります、

看板から、少し奥に入ったところですので手前にあるお店とは間違えないように

してくださいね。


なかなか雰囲気のあるお店ではないですか・・・。

Img_3586



藁のスリッパが何故か心地よいです。

Img_3621

すっきり綺麗な店内です。

Img_3623

古い調度品に数店の打楽器が置いてあります。

Img_3600御主人の趣味なのでしょうか?


さて、メニューでございます。

Img_3590

まずは蕎麦茶と蕎麦豆腐で暖まりましょう。

Img_3593どちらもそばの香りがとてもよかったですよ。


まずはおにぎり、雑穀とからし菜のおにぎりでとっても旨し。

Img_3605

奥さんは鴨南蛮そば。なかなかの細麺ですね。

Img_3612
あまい鴨の脂の香りと、芳ばしく焼いてあるネギの香りはやっぱり最強タッグですね。


俺っちはじねんじょそば。

Img_3609

正真正銘の自然薯です。“山かけ”のとろろとは違うらしいです。

Img_3615

じねんじょにお蕎麦をつけて食べても・・・

丼にそのまま入れてお蕎麦と一緒にズズズッと食べても・・・

Img_3617

自分の好みで召し上がれ。

さすが自然薯、粘りと香りが違いましたよ。

お蕎麦はつるりと唇を通過していきます、おつゆは少し辛めでしょうかね?

出汁の香りもしっかり効いていておいしいお蕎麦でした。



最後は女性だけ、ミニぜんざい。

Img_3618

甘いものをいただくときの女性の表情はホント嬉しそうですね。

この日の南阿蘇は雪がチラホラ降っていました、暖かい店内で暖かいお蕎麦を

いただいてほっこりした気持ちになりました。


暖かくなったら是非、もりそばをいただきに行きたいお店です。



≪手打ちそば 日出やさんの食べログはここから≫




 

2015年9月27日 (日)

特別な日のうなぎと中秋の名月♪

2015.9.27(日)。


今日は次女の就職内定のお祝いに「小国にウナギ食べにいくばい。」

と両親から誘いがありました。

長女も帰省中(毎週末帰ってくるsweat02)だし、次女もバイトは夕方からと

いうことでめったにない6人勢揃いで行ってきました。


とても美味しいのですが、お値段もそれなりなので我が家では特別な日に

行くことになっています。

Img_2184
明治20年創業です。


川辺の風はもう秋の気配です。

Img_2188


今日はなぜかお客さんが少なかったですね、他に二組ほどでした。

Img_2189


むむっ、また値上がりしたのですね。weep

Img_2191


うな重、六人前。会計は両親持ち。ごっつぁんです。

Img_2192


いつもながらパリッとした焼き加減に弾力のある噛み心地がたまりません。

Img_2193


お腹いっぱいになった後は、道の駅小国に寄ったりしながら腹ごなし。

FM小国に家族で出演してきました。

小国ローカルで生放送なんで俺っちを知ってる人は

誰も聞いてなかっただろうな・・・・。


帰りはお約束の大観峰。風が冷たかったですね、気温は19℃でした。

Img_2210


このにおい! うなぎの匂いとはまた違って食欲を・・・。

Img_2214


やっちゃいました、それも家族全員1本づつという暴挙。

Img_2218


家に帰ってもいつまでも夕食の話が出ません、そりゃそうだ。


今日は中秋の名月ということで、ダイニングにススキを飾ってみました。

Img_2240


明日が今年一番のスーパームーンらしいですね。

それでも十分きれいなお月様です。

Img_3744_2
SX50HSで×100です。



家族六人揃って食事ができて、きれいなお月様見て・・・いい一日でした。

月見団子は今日はダメですね・・・。




2015年6月24日 (水)

わいた山の水で作る美味しいお豆腐 : 岡本豆腐店

2015.6.21(日)。

この日は久々天気も良くて朝も早くから洗濯に忙しい。(奥さんが・・・)。

俺っちはというと奥さんの「洗濯が終わったら何処かいい所に連れて行って。」

の特命を果たすべくPCで猛リサーチ中。


すると携帯が鳴る、父親から・・・

「今日はどこも行かんとや?、天気のよかばい。」

家の1階と2階で携帯ってどうよ?トランシーバーかよ!

と思いつつも・・・


ハイハイ、この時点で昼食は和食に決定wobbly


それならば今日は天気もいいし暑くなりそうなので避暑がてら小国の方へ。

小国ならば前から目星を付けていた「岡本豆腐店」さんへとGOcardash

Img_1265

さすが小国、車の外気温計で20℃、俺っちの最も得意とする気温帯です。


到着は12:30頃。   ですが既ににお客さん満員。

Img_1263



でも工芸品などを見ていると・・・

Img_1279

あっという間に20分位経過して俺っちの順番が回って来ました。


メニューはこれでけ、シンプルなのがいいですね。皆とうふ定食を注文しました。

Img_1268



まず、アツアツ「の厚上げが出てきます。Img_1269

これが最高に美味し。

醤油とゆず酢でいただきました、けっこうなボリュームですよ。



そしてお膳。

Img_1271

お味噌汁にはこれでもか・・・のお豆腐。

ざる豆腐は普通に美味しい。

小鉢もそれぞれ田楽、切り干し大根、おからと全て美味しい。

ニンジンの味噌漬けもこれまた美味しい。

豆乳にいたっては今まで飲んだことのない味で感動しました・・単に濃いだけ

というのとは違うんです。

ご飯は少なめでしたが結構満腹になりましたよ。

身体に優しい上にこれだけ美味しいモンが充実してたら心も身体も

満足です。

やっぱり小国はよかとこばい。


食事の後は隣接する「となりの岡本」さんでまた工芸品見て・・・

Img_1284



そうそう、足湯もありましたよ。

Img_1286

下からのブクブクが気持ちよさそうでした。


帰りは大観峰で今年は初のとうもろこし。

Img_1289

ひゃー、食った食った。


父親は厚あげに心底「うまかった。」を連発しておりました。

「いつでも連れて行くので御代はよろしく!」と言っておきました。




《岡本豆腐店のHPはこちら》





2015年6月 5日 (金)

南阿蘇を眺めながら上質の洋食を : 山の洋食屋 フレール

2015.5.30(土)。

久々に南阿蘇で新規のお店開拓です。

いつもいつも南阿蘇に行くたびに前を通過するだけで一度は行かなきゃ

と思っていたお店でした。


「山の洋食屋 フレール」さんに行ってきました。

Img_1026

この看板はご存知の方も多いと思います。


お店の中は四人掛けのテーブルが5つと二人掛けのテーブルが2つ、

それと↓のカウンター席がありました。

Img_1021

南側は一面ガラス張りで阿蘇五岳を北に見ながらのロケーション◎です。

この日は窓際の席はお客さんでいっぱいでしたので写真はございません。


こちらランチメニューです。

Img_0998



定番メニューも美味しそうですね。

Img_0999



寒くなったらシチューもいいですね。

Img_1000



まずはセットメニュー共通のサラダとスープ。

Img_1003

この日は雨のせいで少し肌寒かった事もあり、野菜のたくさん入った

暖かスープがとっても美味しかったです。


ライスorパン。この日はパンで。ふわふわのモチモチでした。

Img_1008



奥さんは赤牛のハンバーグ。

Img_1010

厚みのあるハンバーグからはたくさんの肉汁が・・・たまらんです。

焼き加減も丁度良かったし、ソースも美味しい、付け合せのそら豆や

にんじんのグラッセまで存分に楽しめる美味しさでした。



俺っちはポークカツのチーズ重ね焼き。

Img_1013

どうです?美味しそうでしょ!

カツの上に載っているのはゴーダチーズかな?

サクサクの衣にふっくらポークの甘い脂、濃厚なチーズに良く合うソースと

いつまでも口に運んでいたくなる美味しさでした。


最後は珈琲で〆。

Img_1017



少し高めの値段設定でしたが、サービスも良かったですしもちろん料理の

お味は文句なし。

ゆっくりと洋食をいただくにはとってもいいお店でした。


それから・・・

この日のランチメインはローストビーフだと案内を受けましたが、今回は

ランチより魅力的に思えたメニューを選択しました。

当然後悔などしておりませんが・・・・お隣の席に届いたローストビーフが

とぉ~っても美味しそうでした。

これはもうローストビーフにめぐり合うまで通うしかないですね。smile





2015年3月 9日 (月)

そば街道 : 四季の里 蕎麦 季里

2015.3.7(土)。

「日田おおやま 梅まつり」の帰りに南小国の方へ回って

お蕎麦を食べて帰りました。


目標は「朝霧の庄」だったのですが“もう終わりました”の看板

が掛かっておりショック。weep


気を取り直して、花郷庵まで行きましたが、Uターンして 「季里」さんへ

行ってみました。


せっかくなら行ったことのないお店にチャレンジ!


場所はそば街道の朝霧の庄と花郷庵の中間ぐらいですかね。


↓の看板がありますのですぐに分かると思います。

Img_1001


「四季の里・・・」ですか、確かに四季折々の表情が楽しめそうですが

今の季節は少し寂しいですね・・・。やはり紅葉の季節が最高でしょう。

Img_0999


駐車場も広く、玄関まで落ち葉を踏む音を楽しみながらどうぞ。

Img_0994


お店の中は古民家風で(本当に古民家かも)落ち着いた雰囲気。

また写真の右手には川の流れを見ることが出来ます。

Img_0975

囲炉裏のあるお部屋もありまして、こちらはお客様が多いときは

合席をお願いしているのだとか・・・それにしても囲炉裏・・・欲しいです。


それでは、お品書き。
Img_0976

ん~、俺っちには手が出ないメニューですな。


俺っちはやっぱりこっち、単品で十分ですね。
Img_0978


一品料理もお蕎麦屋さんらしいですね。
Img_0979


さあ、俺っちのざるそば。ちなみに大盛りはやっていないとのことでした。

Img_0980

コシの強い細麺で、のどごしがつるんとなんとも心地よいです。

ダシは濃い目の辛口でした。


奥さんはとろろそば。

Img_0988

こちらも細麺で、とろろをまとって口の中でダシの風味が広がります。

色は薄いですがコクがあって濃いお出汁でしたね。

かつおのダシとは違っていましたので、鯖とか宗田節なのでしょうか?

特徴のある美味しいお出汁でした。


こちらの蕎麦湯もけっこうなトロ味で俺っちは好きでしたね。

Img_0989


この日はあいにくの天気で気温も下がってましたのであまり

川を見る気にはなれませんでしたが、夏季にはきっとやさしい涼風と

せせらぎを楽しめそうです。

Img_0996


いまは落葉してしまっている木々が春、夏、秋と変化していくのを

見るのはきっと楽しいでしょうね。

それぞれの季節に再訪して、いろんな雰囲気を味わってみたい

ですね。


《 四季の里 蕎麦 季里さんのHPはこちら》




2015年1月 9日 (金)

阿蘇のあか牛! いただきま~す。 : 鉄板焼き まーぼー

2015.1.3(土)

阿蘇神社に初詣の帰り、ちょうどお昼時。

昼食を食べようと門前町通りを歩いてみましたが

どのお店もいっぱい。


通りから入り込んだところまでいっぱいでした。


その中で美味しそうな看板と行列のあるお店に並んで
みました。

「鉄板焼き まーぼー」さんです。

しかし、並んでる間、スマホで評判チェックが出来るなんて

恐ろしい世の中ですね。


当然このお店の評判は上々でしたよ。

Img_0680


ご夫婦二人でやっておられるようでてんやわんやの様子でした。

Img_0672


限定ランチの中から選ぶことに。“限定”の文字に弱い俺っち。

Img_0681


おぉー、鉄板焼き。さすがの手さばき。

Img_0670


あか牛登場。サシは少なめのヘルシーお肉です。わくわくぅheart04

Img_0671

+150円でサーロインに変更可だそうです。


さぁ、俺っちのあか牛ガーリックライスです。

Img_0676

目玉焼き付き。ガーリックの香りが食欲をそそります。

お肉の焼き加減もGood、味・ボリュームともに満足しました。

 

奥さんと両親はこちらのプレート。

Img_0677

お肉にわさびをちょこっと付けて、和風でもいただけとっても美味しかった

そうですよ。delicious


なかなかお店が見つからない中で、並んでまで入ったお店が

良いお店でホッとしました。

最近は下調べしていくことが多く、飛込みでお店は入るのは

久々だったのでドキドキしちゃいました。

《まーぼーさん関連のこんなHPがありました。》



2014年11月15日 (土)

新そばはとっても香り豊か : 吾亦紅~われもこう~

2014.11.2(日)。

久住高原ロードパークに紅葉を見に行く前に

南小国町でお蕎麦を食べることに。


今まで一度も行ったことのないお店に・・・と決めて

「吾亦紅」さんにいきました。

そば街道の入り口にあるお店でいつもお客さんが

いっぱいのお店です。


表の外観です。駐車場はこの裏手にあります。Img_0245


綺麗な水が水量豊かに流れています。Img_0244


店内はこんな雰囲気。テーブル席が多くかなりのキャパがあります。Img_0265


初めてのお店は人気のセットで決まりですね。Img_0252


俺っちがざるそばで。Img_0256

色白なので二八でしょうか?

新そばなので蕎麦の香りがとっても香ります。

「やっぱり新そばって違うんだ。」って分かりますよ。

つけ汁は少しからめになるかな?・・・。

奥さんがとろろの温かいのの大盛り。

大盛り分は俺っちが食べるのですよ、誤解しないでね。


父親はきのこそばの単品。Img_0258


母親は地鶏そばの単品。
Img_0259


セット共通のそばがゆです。Img_0260

とっても蕎麦の風味が豊かで、ほんのり甘いかゆです。


吾亦紅セットにつく葛きり。Img_0261

葛きりは黒蜜でいただきます。

食後にちょっとした甘いものはホッとしますね。

Img_0263

そばは石臼挽きにこだわっているというこのお店。

綺麗な空気と綺麗な水は美味しいお蕎麦の必須条件なの

でしょうね。

行ってないお店がまだまだあるので開拓しなくっちゃ・・・です。


追記
このお店は、店員さんがかなりテキパキと働いておられ、
テーブル席も多いせいか、他のお蕎麦屋さんよりもお客さん
の回転がかなり速いです。
お客さん多くても、そんなに待ち時間は無いと思いますよ。



《吾亦紅さんのHPはこちら》



2014年10月27日 (月)

カフェギャラリー阿里美(A RI BI)

2014.10.26(日)。

雨の予報もどうにか持ちそうなので、

南阿蘇にコスモス撮り行きました。


「もう遅いよなぁ・・・。」と思いつつ。


いつにもまして南阿蘇は車が多い日曜日。


まずはお昼ご飯です。

新規の店を開拓すべく、奥さんは助手席で一生懸命

スマホで検索してます。

そして決まったお店が「カフェ・ギャラリー阿里美(A RI BI)」さんです。

Img_0223


ん~、店名の由来を聞いてみたいところです。

Img_0222


店内はこんな感じ。せっかくなら南側のテーブル席で

景色を見ながら食事してくださいね~。

Img_0213


薪ストーブの販売もされてるようでした。Img_0197


食材に対するこだわりが見えますね。

Img_0200


本日は2人ともランチを注文しました。

惣菜の4点盛、ぜ~んぶ美味しい。家で作ってみようかな!Img_0202


パンをチョイス。

Img_0207

このパン、半分に割ろうとするとムニュ~っと伸びて、口に入れると

モッチモチのパンで、美味しかったですよぉ~。


本日のランチのメインは鶏肉とソーセージの煮込み。Img_0209

トマトスープベースのやさしい味のメイン。
奥さんは量がちょうど良いって言ってました。


俺っちには腹6分か7分ですかね、家なら皿抱えてでグビグビ
いっちゃいそうな位美味しかったです。


+200円でソフトクリームが付きます。是非、付けましょう。

Img_0216


俺っちが座ったテーブルからの眺めです。

Img_0198

左端あたりに一心行の桜が写ってるはずなんですが・・・。


おとなしい看板犬もいましたよ。Img_0220


《阿里美さんのブログです。》
こちらのご主人、なかなかアクティブな人生を送って
いるようで、いつか再訪してご主人と話してみたい気がします。
リンクに久永屋さんが張ってあったのも好印象ですね。




帰りには西原村のあたりを散策しながら、咲き残った花達を
楽しんできました。

Img_9560

今年初めてのコスモス。

癒されました。




2014年9月10日 (水)

南阿蘇で久しぶりのお蕎麦 : 久木野庵

2014.9.6(土)。

この日も天気予報は雨なのに実際はいい天気です。

どうも最近、天気予報が当たりません。


この日は近場で南阿蘇にお蕎麦を食べに行きました。

「久木野庵」さんです。

Img_7282


県道28号線沿いの目立つ場所にあるのに、初めての訪問です。
Img_7280


庭の見える窓際の席に案内されました。

Img_7279


木の温もりというか、統一感のあるすっきりとした店内です。

Img_7274


こちらがメニュー。

Img_7256

この日は店主はじめ、店員の方々もお子さん達の剣道の試合で

不在とかでメニューのバリエーションが控えめでした。



“そば膳”の温かいお蕎麦と冷たいお蕎麦を頼みました。

Img_7267

細めのお蕎麦が何の抵抗も無くツルツルと通っていきます、

この辺りではどこよりも細麺のような気がします。

おつゆは少し辛めのおつゆですがしっかりダシも感じます。


小鉢の野菜の煮しめと座禅豆、ジャコ飯はとっても美味しかったですよ。

山でいただく料理は小鉢も楽しのひとつです。


俺っちは小鉢じゃなくてもっと大きな器でもOKですけどね。


同じ御膳の温かいお蕎麦。

Img_7272

また温かいお蕎麦になるとおつゆの味も変わって良いですね。

美味しいです、ツルツル、ゴクゴクっといけちゃいます。


南阿蘇はもう秋の気配がうかがえました。

外輪山あたりではススキも出てるのでしょうね、今度は小国方面

を散策してみましょうかね。



《久木野庵さんのHPはこちら》



2014年7月21日 (月)

ログハウスのレストランで欲張りランチ。

2014.7.19(土)。

この日は、三連休の初日。

しかし、この三連休は準備不足、無計画。

とりあえず涼しければと南阿蘇方面へ。


この日のランチは、高森町は国道325号線沿いの
「蕗の薹(ふきのとう)」さん。
Img_6535


店内はこんな感じ。
Img_6529


こちらパスタメニュー。
Img_6514_2


これは定食メニュー。
Img_6515_2


定食のサラダとスープ。
Img_6520
かぁ~。happy02 このジャガイモのスープ、ちょ~美味しいです。


奥さんは、エビとトマトのクリームソース。
Img_6521
トマトのクリームソース?

普通、トマトソースとクリームソースじゃ?と俺っちの浅い知識は
完全に覆されました。

クリーミーなソースにトマトの酸味が合ってますよ。


娘は、エビフライとハンバーグのセット。
Img_6525
写真にはありませんが、自家製タルタルが美味しくって、

なんでも食べたい娘みたいなお子ちゃまには最適。


俺っちはポークステーキのセット。
Img_6526
画像がピンボケ・・・スミマセン。

このボリューム感が伝わりますかね?最近はビーフよりポークな
俺っちなのです。

Img_6528どうです?この厚み。

アツアツの鉄板で香ばしくなったソースもお肉にしっかりからめて
美味しくいただきました。


御主人も奥さんも店員さんも素敵な笑顔でアットホームな
お店で、入りやすいお店ですので皆さんもどうぞ。



ランチの後は、あそ望の郷くぎのでフリスビードッグをしばし見物。
Page1


その後は、久永屋でお茶。俺っちは暑いのでかき氷です。
Page2
俺っちはシークレットのかき氷。

綺麗な赤色のかき氷、正体はトマトでした・・・。coldsweats01

これからは「今日のシークレットは何ですか?」

と聞くことにしよう。


帰りに駅長さんが「コーゾーさんによろしく。」

ってことでした。smile




2014年6月16日 (月)

父の日には“うな重”を御馳走しました。

2014.6.15(日)。

今日は父の日。

俺っちの父親なので、もう敬老の日も同じようなもの・・・。

「父の日、好きなものを御馳走するよ。」

「天草と阿蘇どっちがいい?」


で、阿蘇は小国町の「近江屋」さんのうな重に決定。

Img_2116
俺っちが、自分へのご褒美に行っているうなぎ屋さんです。

肉厚のうなぎを香ばしく歯ごたえのある焼きで提供してくれる

俺っちお気に入りのうなぎ屋さんで、紹介は2回目かな。

消費税のせいでしょうか、再度の値上げがあったようですが

しょうがないのでしょうね。

Img_2106


値上げのたびに何度も張りなおした値札が・・・

相当悩んだのでしょうね・・・。

うなぎの切れ身が一番多いのはうな重です、うなぎ一匹分です。

Img_2109


創業来120年のこのお店、この客間のある建物は
どのくらいでしょう経つのでしょうか・・・。

Img_2101


待つことしばし。やって来ました「うな重」。

Img_2111


嗅覚、視覚がびんびんに刺激されます。

Img_2112

このお店のうなぎが俺っちは一番好きです。

前回も書きましたけど、うなぎの産地や焼き方云々じゃなくて

自分が一番好きな味で出してくれるお店を探すというのは

幸せなことです。

Img_2117_2

手軽に何度も来れる金額ではないですけど、


父の日に両親連れてきて「美味しかった、ごちそうさん。」

といわれるのはいいですね。


小さな親孝行の1日でした。





2014年5月26日 (月)

自然の恵みを食す : イロナキカゼ

熊本市内ではほとんどの小学校が運動会モード。

きっと観光地も少ないんだろうな・・・。


こんな日は、いつ行っても多くて入れないお店に
行ってみようか。


うわさでは要予約らしいけど、飛び入りで行ってみよう。

久木野にある「自然派レストラン イロナキカゼ」さん。Img_2028


到着したのはちょうどお昼ぐらいで、もう駐車場いっぱい。
県外ナンバーが多いのにはちょっと驚き。
待ちは4組目。Img_6205


ま、景色もいいし空気もいいし、待つのは苦になりません。Img_6164


お店周りのお花もよく手入れされつつも自然な感じ?感じ。Img_2041


待ってる間に、お店の店員さんが出てきて、

「本日は、もう2,000円のパスタコースしか残っておりませんが
よろしいですか?」

二人ともパスタ大好き!「ノー、プロブレムよ。」

ということで待つこと30分。


外の趣とは違って、お店の中はすっきりとした洋風で
二人がけのテーブルも5~6組ありました。
Img_6194
先に述べました理由により、今回はメニューなし。
といっても2種類しかないそうですが。

あ、コースの名は「風のコース」です。

まずは、鶏肉のコンフィ、ニジマスの燻製、地産野菜のサラダ。Img_6179

ここで、うんちく。
コンフィとは・・・鴨肉、鶏肉、豚肉などに塩をすり込み、オリーブオイル
         などの油を用い、低い温度でじっくり加熱するお料理。

こちらのコンフィ、お肉がほろほろにほぐれて味も良し。
お野菜も土の香りって言うの?味香りともに濃い。


そしてメインの平打ち生パスタと自家製パン。Img_6186

もちもちパスタとアスパラは秀逸、トマトソースもグゥ~good
自家製パンはお変わりできます。


デザートは盛り合わせで。
黄粉のパンナコッタ、苺のムース、生姜のアイスクリーム、ティラミス、
イチゴ・メロン・サツマイモが付け合せて的に。Img_6189


「生姜アイスクリームにはオリーブオイルをかけてどうぞ。」

・・・だから
メインのお皿下げてもオリーブオイルの小瓶は下げなかったのね。confident

Img_6192
こりゃいい。
効いた生姜の香りにオリーブオイルの香り。
この口の中での感触、のど越しも初めての感覚です。


お客さんが多いのは情報誌だけでなく口コミもあるかも。

お値段分のクオリティ、しっかり確保ですね。

注文つけるとしたら、スープが欲しかったなぁ、たぶん忘れていた
のではないと思います。bleah

もうひとつのメニュー、「大地の恵み」はこれに赤牛のロースト
がついて2,800円となります。

俺っちには記念日かご褒美にしか無理そうですが、
いつかきっと・・・ですね。


≪イロナキカゼさんのHPはこちら≫







帰りは、ポピー見物に萌えの里に寄りました。

Img_6207


見頃でしたが、ポピー以外の草(雑草?)も多くて、

ポピーでびっしりという感じではなかったですね

ポピーは、もう少し見ごろが続きそうです。



2014年3月22日 (土)

南阿蘇村 : 旬彩ビュッフェ六花亭

2014.3.21(金)。

今日は春分の日、昼と夜の長さが同じになる日・・・
最近とっても陽が長くなったなぁ~と感じてました。

とはいうもの、この日は寒の戻りで南阿蘇では気温3℃。
ミゾレ交じりの風が冷たかったです。


そんな中、訪れたのは南阿蘇村中松の「旬彩ビュッフェ六花亭」さん。Img_5482

女性が好きそうな、自然派 で安全な食材を使ったお料理のお店です。Img_5479

お店の中は明るくシンプルです。Img_5477

さあ、俺っちの「好きなものを好きなだけ・・・。」です。
Img_5472
有精卵の卵ご飯はこのお店の“ウリ”だそうです。
有精卵のオムレツ、ひじき、きんぴら、切り干し大根、
唐揚げ、カニカマのマリネ・・・等々。


でも、もう一口食べたいな・・・な時はお決まりのカレー。Img_5473気に入っちゃいました・・・
カレーもですが、それ以上にカレー皿に。
なんといってもその大きさが絶妙なんです。 


デザートにはコーヒーとプリンを選択。
プチケーキも数種類ありますよ、白玉ぜんざいもね。Img_5475このコーヒーカップは中岳をイメージしたものらしく、店内でも
販売してありました。 

Img_5480

種類は決して多くはありませんが、どれもが体にやさしい素材と
料理で体が元気になるようなお料理でした。

≪旬彩ビュッフェ六花亭さんのHPはこちら≫




帰りに阿蘇ぼう久木野によってみると・・・Img_5495

こんなんやってました、・・・窯元展示。Img_5496

さっきのカレー皿もありましたけど、Img_5487

こちらを6枚購入しました。Img_5499
さぁ、これにどんな料理を乗せましょか??? 




2014年3月11日 (火)

マグマ食堂でラーメンを食す。

今、阿蘇方面では野焼きの季節ですね。

先日、久木野に行った時も西原からずっと野焼きの真っ最中。

車の中にいても外の熱気を感じるのです。

Img_5443 

この熱気にほだされたからか、今日のお昼はマグマ食堂で。Img_5458

ここまで来てラーメンってのもなぁ・・・っと今まで意地はって
いかなかったんですよね。Img_5457
ま、目立つ道路沿いにもう結構長らく営業しているお店
なので一度は行ってみますか・・・。


メニューはやっぱりラーメンが 主流。Img_5444

いろんなラーメンが写真で見れるメニューも。Img_5445

まずは餃子。揚げか茹でから選びます。今回は揚げで。Img_5450この揚げ餃子、ダシで食べるんですよぉ~。
面白い試みだけど、俺っちは焼き餃子が好き!。


さあ、「お待ちどうさま。」のマグマラーメン。Img_5452なんと華やかなラーメン。


丼から具の一つひとつに意味を持たせて力作。
Img_5454


麺はちじれ麺の中太麺で加水ひかえめでしょうか、スープと

一緒にいただくと良いです。

皆さんも話のタネに行ってみてはいかがですか?