フォトアルバム

リンク

« 2016年7月 | メイン | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月31日 (水)

唐津神社で御朱印いただきました。

2016.8.26(金)。

佐世保を出発して向かった先は唐津市。

唐津神社に参拝に行ってきました。

地元では厄除・学業の神様として親しまれ、お祀りされています。



【鎮座地】 佐賀県唐津市南場内

【御祭神】 住吉三神(底筒男命・中筒男命・表筒男命)
       神田宗次

【御創建】 伝天平勝宝7年(755年)・・・奈良時代ですよ、古いですね。


そびえ立つ白い第一の鳥居は印象的です。

Img_5592

他に参拝の方もおらず、ひっそりとした印象です。

Img_5596

静かな中に蝉の鳴き声が響いて気が遠くなりそう・・・。

Img_5597

立派でしかも歴史を感じさせるお社です。

Img_5600

静かな神社でしたが、「唐津くんち」の際はとっても賑わうのでしょうね。

Img_5599

もちろん御朱印いただきました。

Img_5685


隣接して、唐津くんちに関する「唐津くんち」に関わる曳山展示場があるのですが、

次を急ぐため見学せずに唐津神社を後にしました。


道中の安全、家内安全を祈願しました。




2016年8月30日 (火)

佐世保港で海自艦船をちょこっと・・・

2016.8.26(金)。

いやぁ~、前日はさすがに疲れました・・・が、遊び疲れなので贅沢ですね。


佐世保観光として俺っちがもう一つ気になっているのが「佐世保港軍艦クルーズ」

なるものがあるのですが、今回は別の選択をしました。


でもどうしてもあきらめきれないので・・・・

佐世保を発つ前に佐世保港で海上自衛隊艦船をちょこっと撮り。

艦船番号104は汎用護衛艦きりさめ。

Img_3848

こんな時に活躍するのはCanon PowerShot SX50HS。

Img_3849_4


SX50HSだとまだまだ余裕。

Img_3850_2


艦船番号115は汎用護衛艦あきづき。

Img_3851_2
汎用護衛艦と言えどもステルス対策やレーダー装備など発展型なので、イージス艦に

様相が似ています。


煙突から陽炎が立っています、エンジンはアイドル状態ですかね?

Img_3857_2


長い筒状のものは、艦船発射型ハープーン(対艦ミサイル)発射筒ですね。

Img_3853


艦船番号178はイージス護衛艦あしがら。

Img_3854_2やっと見つけました、イージス艦。

今、全国にイージス艦は8隻、そのうちの三隻が佐世保港を母港としています。

もっと肉眼で近くに見たかったなぁ・・・

ステルス対策をされた艦体はすっきりしていてかっこいいです。



後ろ髪引かれつつも次の予定地に出発するのでした。・・・・・weep




2016年8月29日 (月)

シニアも楽しめる「夏の光の王国」 : ハウステンボス

2016.8.25(木)。

この日はお昼からお休みをいただきましたー、

ちなみに次の日も1日お休みをいただいたんで、3.5連休です。sign03


ちょっと遅いお盆休みですね・・・。


今回は、ハウステンボスの夜間開園を狙って行ってきました。

「夏の光の王国」と銘打ってイルミネーションが大好評らしい。


熊本から約二時間半、やっぱり遠い・・・でも平日なので駐車場は楽々note


この建物を見ると、「ハウステンボスにきたぞー。」って、テンション上がります。

Img_5446

ゲートを入ると風車がお出迎えー。

Img_3031_2


カナルクルーザーでタワーシティまで運河をゆっくり移動します。

Img_3033
敷地内には素敵な分譲別荘が立ち並んでおり、既に完売なのだとか。

何ともうらやましい生活をしている方たちがいるもんですね~。


昼食もとらずに熊本を飛び出して来ましたので、とりあえずは腹ごしらえです。

「ロード・レーウ」という佐世保名物レモンステーキが頂けるお店に行きました。 

Img_5486
「ロード・レーウ」、どこをどう読めばそうなるのか?オランダ語はさっぱりです。


大きなメニューの案内板、これ見ただけでお腹が鳴ります、グゥ~。

Img_5483

奥さんは、スタミナプレート。

Img_5478ガーリックがとっても効いていて、お肉の脂やにおいが苦手な人にはいいですね、

野菜もとれて、しっかりボリュームのあるプレートです。


俺っちはもちろん、レモンステーキ。佐世保が発祥地だそうです。

Img_5476ミディアムレア状態でやって来て、熱々鉄板で自分好みに焼きを調整する感じですね。

柔らかな薄切りお肉と、レモンが効いたさわやかなソースのおかげでいくらでも食べら

れそうです。

【レモンステーキって】
厚切りの一枚肉ではなく薄切り肉を使って、レモン風味の醤油ソースをかけて熱々の鉄板に
に乗って来ます。昭和30年代に考案され、佐世保一円に広まったそうです。


お腹がいっぱいになって、お店を出ると日が傾き始めていました。

Img_5488夕刻の黄金色にの染まる、オランダ様式の建物や街並みは異国情緒たっぷりで、

とても印象的でした。

イルミネーションが点き始めるのはもうすぐです。


まだ陽があるうちはこういう景色だったのが・・・

Img_3051

暗くなり、イルミネーションが点くとこんな感じになりますよー。

Img_5539_2

オランダの宮殿を忠実に再現したというパレス ハウステンボスはとても素敵できれいでした。

Img_5534

オランダ・バロック様式の庭園も必見の美しさ。

Img_3064_219:30から30分おきに約10分間、音楽に合わせたイルミネーションのショーが見れます。

ショーが終わった後、周りを見るとたくさんの若いカップルたちが・・・いつの間に・・・。

感動しましたよ。note


オランダを旅すると、街並みはまんまこんな感じなのでしょうね。

Img_5548

散策を楽しんでいると、派手なイルミネーションがある一角を発見。eye

Img_5561

建物ぜーんぶイルミネーション装飾してあります、派手派手ぇ~。

Img_5562

光の運河を渡るゴンドラ・・・、乗りたかったです。リサーチ不足が悔やまれます。

Img_5572この運河も曲に合わせて明かりの色や噴水の高さが変わるなど、いつまで見ていても

飽きませんでした。


ガーデンイルミではたくさんの人が思い思いに写真を撮っていました。

Img_5576人が少なくなったタイミングで撮影するのはすごく大変でした。


タワーシティーもきれいに灯されていて、しっかりランドマークになっています。

Img_5574暗くなっても、自分が今どこにいるか・・・広大な敷地の中でもすぐにわかります。


ギヤマンミュージアムのライトアップは大迫力でした。

Img_5551_2

街並みに色とりどりの多数のアンブレラ発見。eye

Img_5589_3華やかなストリートになっています、もともと天井のある通りのようです、

ショップ街のようですので、雨の日の買い物には便利ですね。



いやー、夜のハウステンボスは楽しめます。

お客さんも多いのですが、敷地が広大なのでごった返すという感じはなかったですね、

にぎやかな感じでちょうどよかったです。


俺っちは「満喫コース」というカナルクルーズとパークバスが付いている、アトラクションなしの

お得なチケット4,700円で入国しました。


子供が一緒じゃなくてもシニアでも十分楽しめるのでよかったです。


季節によっていろいろ工夫したイベントがあるようなのでこれからも要チェックです。




2016年8月25日 (木)

門司港レトロで焼きカレーを食す。

“門司港レトロ”とは、外国貿易で栄えた当時の建物を中心に大正レトロ調に

保存、整備したJR門司港駅周辺の観光スポットの事です。


俺っち2度目の訪問です。


門司の有名どころといえば何といっても『焼きカレー』ですね。

門司港レトロ周辺にはたくさんの焼きカレーを提供するお店がありますが、

今回お伺ったのはその名も「伽哩本舗 門司港レトロ店」さんです。

「焼きカレー」ブームの火付け役となり、全国的にも有名なお店と聞いてやって

来ました。

Img_0923

焼きカレー専門店の文字に心躍ります。
Img_0928


焼きカレーのバリエーションも豊富です。

Img_0924

店内からはすぐ裏の門司港が望めます。

Img_5419

すっくりと関門海峡を渡る大きな貨物船を見ていると時間を忘れてしまいます。


俺っちはシーフード焼きカレー。

Img_0932

しっかり感じるブイヨンと辛さ抑え目のカレールーがオーブンでしっかり焼かれて

芳ばしさを増してます。

エビ、イカ、ホタテ、ムール貝とシーフードがどっさりでした。

お口の中やけど注意ですよ!


連れはポーク焼きカレー。

Img_5421

連れが男性だったのでシェアはさすがに気持ち悪くてしませんでした。

味の感想も「・ ・ ・ ・」とボキャブラが薄かったため参考にならず・・・。

見た目にはポーク肉がゴロゴロ入っていましたので、食べ応えのある焼きカレーに

なっていてのではないでしょうか。


食後は、門司港レトロハイマート(設計:黒川紀章)を中心に門司港辺りを

サクッと散策。

Img_5443


雑貨やお土産物のお店には買い物ではなく、涼むために入って、店内を徘徊して

終わりました。

Img_5441_2


とても雰囲気のいい街並みですが、暑いうえに連れが男ではなお暑苦しい。

ここはやっぱりカップルや家族連れが似合う街です。

今回のプチ旅、決してピカチュウ確保のためではないのであしからず。bleah




≪「焼きカレー」伽哩本舗 門司港レトロ店のHPはこちら≫




2016年8月17日 (水)

ナイスなプロデュースのカフェ : BLANC CAFE

2016.8.13(土)。

今回ご紹介のお店は前々から気になっていたお店ですが、

同僚から「行ってきました。」と上から目線の報告・・・・。

俺っちもさっそく負けじと行ってきました。


夜このお店の前を通ると、お店の中が綺麗に見えるんですよねぇ~。

Img_0897

昼間は、モノトーンな感じでシンプルです。

Img_0899

どれどれ、メニューは・・・

Img_0873

カフェといえどもなかなかどうしレストラン並のレパートリーでございます。

Img_0880

俺っちはガーリックステーキライス。

Img_0885ガーリックの効いたライスに、サイコロ状のお肉を芳ばしく柔く焼き上げてあります。

リーフ系のサラダもたっぷりあって、お味もボリュームも満足の一皿。


奥さんは、お店こだわりのカレーが2種類楽しめるWカレー。

Img_0888_2黒キーマは辛さ抑えたコクのあるカレーでした。

バターチキンはこれも辛さ抑え目ながら酸味の効いたスパイシーなカレーでした。

全く違う2種類の味わいが楽しめるちょいと贅沢なカレーとなっております。


食事の後は、1階フロアのインテリアを見て回りました。

Img_0892

アンティークぽい珍しいインテリア小物、家具がたくさん並んでいます。


レイアウトもインテリアの質感に合った配置をしてあるようですね・・・。

Img_0894

今回はお財布の都合で買い求める品はありませんでしたが、時々訪ねてみるのも

面白そうです。

Img_0896


カフェの方では気になるメニューもありましたしね・・・。

近いうちに再訪となりそうなお店です。



≪BLANC CAFEさんのHPはこちら≫



2016年8月16日 (火)

街なかの静かな佇まいで贅沢ランチ : 日本料理 新 世菜 -SENA-

2016.8.15(月)。

上乃裏通りそばの静かな佇まいのお店で贅沢ランチをしてきました。

美しく盛り付けられたお料理と素敵な器、何よりも上質なおもてなしで五感を満足させて

くれる素晴らしい日本料理のお店です。


家族六人揃うのが、この日だったので昼の懐石を予約して伺いました。

Img_0920
静かな佇まいを提供してくれる畳敷きのテーブル席は個室なので、しっかりプライバシーは

守られていますよ。うれしい空間づくりです。


それではお料理のご紹介。

先付には南瓜のムースや小松菜のお浸しの三種盛と山芋の椀物。

Img_0903

ゴマ豆腐の揚げ物に味噌、きな粉をかけて。

Img_0906

蓮根豆腐に松茸とオクラの椀物。

Img_0907

新鮮なお造り。

Img_0909

ジャガイモ饅頭のそぼろ餡、蟹あんかけの温物。

Img_0911

焼魚と強肴のお皿盛。

Img_0912

湯葉、つくねの止椀。

Img_0916

松茸の炊き込みご飯となめ茸の赤だし。

Img_0917

デザートは抹茶、日向夏のシャーベットに豆餅。

Img_0918

一品一品にお味の感想を書くのは割愛させていただきますが、どの品もお味は

推して知るべし・・・絶品でございます。


日本料理の醍醐味を存分に味わった1時間半でした。




≪日本料理 新 世菜 -SENA- さんのHPはこちら≫ 



2016年8月 9日 (火)

たまには街で気軽に洋食しよう : Bouche's Cafe (ブーシーズ カフェ)

2016.8.7(日)。

この日は、暑いにもかかわらず街ブラに出かけました。

たまには中心街の賑わいもチェックしとかなきゃいかんですもんね。

けっしてモンスターボール捕獲のための街ブラではありませんよ。smile


で、この日は気軽に上質な洋食が頂けるお店を・・・ということで奥さんおススメの

「ブーシーズ カフェ」さんに行ってきました。


sunぎらぎら太陽が真上から射すので、画像も白っこくなってますねぇ。sweat01

Img_0865

テラス席もあるようですが、日が落ちて涼しくなったらいい雰囲気でしょうね・・・。

Img_0864


席に着くと、お店のマダムに「すっごく暑かったでしょう!すぐにお冷をお持ちしますね!」

とひとこと声をかけて頂きました。このひとこと、とっても大事だなぁーって。

このひとことでこのお店が大好きになっちゃいました。

Img_0857店内は奥に広い感じで、結構な数のテーブル席がありましたが、この日はお客さんが

たくさんいらして賑わっていましたので、店内様子の撮影は遠慮しました。



日替わりランチセットが2種類、それぞれ別のチョイスでオーダーしてみました。

Img_0866


「食前パスタ」って初めて聞きました。食いしん坊は迷わずこれ!。

Img_0858細めのパスタで、たらこがしっかり絡んでおいっしいです。


コーンチャウダーはこちら。

Img_0859
チャウダーはあっさり系かな?、それにしてもコーン粒の量が何と多いことか!

スープなのに食べ応え有り!って感じです。



サラダはリーフ系です、洋食に会いますよね。

Img_0861リーフの食感、みず菜の香りが爽やかで大好きです。

チーズがボリュームをUPしてくれます。


そして、2種類のメインです。

まずは、鶏肉のさっぱりきのこソース。

Img_0860
これは旨い!

たくさんのマッシュルームにえのきやしめじ・・・爽やかなレモンのソース。

暑くて食欲が落ちてる時でもこのソースでならいくらでもいただけます、

作り方を教えて欲しいくらいです。


次に、白身魚の白ワインソース。

Img_0863
この日の白身魚はイサキでした、夏のお魚ですね。

皮目はパリッと焼いてあり、身はふっくらとソテーしてあります、なににもましてこのソースが

絶品です。

お魚に白ワインソースがこんなに合うなんて・・・はじめてです。


この日は、ライスではなくパンをチョイスして正解でした。パンにソースをたっぷり吸わせて

余すことなくいただきました。

このソースのおかげで2つのメインのお皿はピカピカにしてお返ししました。delicious



これで1,080円って素敵すぎます。他のメニューもコスパ良さそう。

なぜもっと早くに来なかったのだろう・・・と、これから挽回するぞぉ~っと。sign02




BOUCHE'S Cafe (ブーシーズ カフェ)
熊本市上通町5-10 桜井ビル2F
TEL:096-325-8916
営業時間:11:00~22:30
定休日:火曜日