フォトアルバム

リンク

« 2015年8月 | メイン | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

宮崎名物といえば…、もも焼きとチキン南蛮だぁ!

2015.9.19(土)。

宮崎名物のおいしいもんといえば、もも焼きとチキン南蛮が有名どころ。

あと、ネットで調べて分かったんですが、揚げ玉(天かす?)の浮かぶダシ汁に

つけていただく釜揚げうどんも宮崎を代表するソウルフードの一つらしい。


今回の旅の「食の目標」はこの三つを食べること!としました。


その中でも俺っち的にはもも焼きは外せない。

宮崎市内の有名どころ、「ぐんけい隠蔵」さんの本店に前もって予約しました・・・

が、当日予約でいっぱいとのことで宮崎駅前店に予約完了。


さすがに人気店ですね、しかし予約していたので「お先に失礼!」。

Img_2078


宮崎駅前のバスターミナルが店の窓から見えます。

Img_2063


当然、とりメインのメニューです、どれもおいしそう。

Img_2060

この日は、前もってコースを頼んでいました。


まずは長距離運転&タンデムお疲れさん。

Img_2061


まずはサラダ。

Img_2065

 
お次は、新鮮でないと味わえないもも身とささ身のお刺身。

Img_2067

歯ごたえがありながらもトロッとした脂もありとぉ~っても美味しい。


手羽先のピリ辛揚げ。

Img_2074

かなり大きめの手羽先、これを甘辛くピリッと仕上げてあります。

噛んだ時の「パリッ」っという音は感動です。




お待ちかね、もも焼き。

Img_2069

炭火炭で焼かれたもも肉は芳ばしさが抜群ですね。

歯ごたえはプリップリという感じで、肉の旨みも濃く、自家製ゆず胡椒が

とっても合いました。

今回はこれを食べに来たようなものなので納得、満足のもも焼きでした。




次はチキン南蛮、どのお店も南蛮ソースはこだわって自家製だそうですが、

Img_2071

こちらはねっとり濃厚ソースで、下にポン酢がかかっていてあっさり

いただけるように工夫がしてありました。



最後の〆はぞうすいですか。

Img_2075

とりのダシの効いたすっごくにおいしい雑炊でした。

お店の方は「けいはん」って言ってましたけど「鶏飯」のことですよね?


最後はデザート。

Img_2077

デザートはもちろんコーヒー付き。最後まで隙ナシ!


ここでの食事では、もも焼きとチキン南蛮の二つを堪能できました。

さすがにもも焼きランキングトップクラスのお店に間違いなし!でした。

大・大満足でした。



あと一つ、釜揚げうどんが気になりますが歳のせいでしょうか?

もうお腹に入りません、今回はあきらめました。




≪「ぐんけい 隠蔵」さんのHPはこちら≫




2015年9月29日 (火)

鵜戸神宮で御朱印をいただきました。

2015.9.19(土)。

鵜戸神宮は、太平洋に突き出した岬に荒波が打ち寄せ、絶景が望める景勝地に

ある神社で、縁結び・夫婦和合・子授け・安産などにご利益があるそうです。



【鎮座地】 宮崎県日南市

【主祭神】 日子波瀲武鸕鷀草葺不合尊(ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)
       日本神話の神ですが、初代天皇とされる神武天皇の父にあたる方です。

【御創建】 第十代崇神天皇の時代(3世紀~4世紀)


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        
駐車場から本殿までは20分ぐらいだったでしょうか。

Img_2019


思えばこの階段が本殿までのキツ~イ道のりの始まりでした。

Img_2020


こんな奇岩もありました。

Img_2023_2


初めにくぐる門、神門です。

Img_2024_4


朱塗りの鮮やかな楼門です。

Img_2031_6


本殿手前の海岸は荒波による浸食で見ごたえのある景観でした。
Img_2043


主祭神の産殿とされる洞窟内に建つ朱塗りの色鮮やかな本殿。

Img_2045


“運玉”といいます。5個100円の初穂料也。

Img_2051


亀の形をした霊石 亀石があり、運玉をその丸い穴の中に投げ入れることが

できれば何か良いことが・・・。

Img_2052

ちなみに俺っちは最初の一投目が入り、あとは入りませんでした。

奥さんはまったく明後日の方向ばかりでした。ヒヒヒ。


確か、この方向は朝日の出る方向。

Img_2058

この日もきっときれいな朝日が昇ったことでしょう。


こちらが御朱印です。

Img_2179


参拝者が多いので参拝前に社務所に御朱印帳を預けてからお参りされる

のがいいでしょう。


今回のツーリングの安全と夫婦円満、祈願しました。



2015年9月27日 (日)

特別な日のうなぎと中秋の名月♪

2015.9.27(日)。


今日は次女の就職内定のお祝いに「小国にウナギ食べにいくばい。」

と両親から誘いがありました。

長女も帰省中(毎週末帰ってくるsweat02)だし、次女もバイトは夕方からと

いうことでめったにない6人勢揃いで行ってきました。


とても美味しいのですが、お値段もそれなりなので我が家では特別な日に

行くことになっています。

Img_2184
明治20年創業です。


川辺の風はもう秋の気配です。

Img_2188


今日はなぜかお客さんが少なかったですね、他に二組ほどでした。

Img_2189


むむっ、また値上がりしたのですね。weep

Img_2191


うな重、六人前。会計は両親持ち。ごっつぁんです。

Img_2192


いつもながらパリッとした焼き加減に弾力のある噛み心地がたまりません。

Img_2193


お腹いっぱいになった後は、道の駅小国に寄ったりしながら腹ごなし。

FM小国に家族で出演してきました。

小国ローカルで生放送なんで俺っちを知ってる人は

誰も聞いてなかっただろうな・・・・。


帰りはお約束の大観峰。風が冷たかったですね、気温は19℃でした。

Img_2210


このにおい! うなぎの匂いとはまた違って食欲を・・・。

Img_2214


やっちゃいました、それも家族全員1本づつという暴挙。

Img_2218


家に帰ってもいつまでも夕食の話が出ません、そりゃそうだ。


今日は中秋の名月ということで、ダイニングにススキを飾ってみました。

Img_2240


明日が今年一番のスーパームーンらしいですね。

それでも十分きれいなお月様です。

Img_3744_2
SX50HSで×100です。



家族六人揃って食事ができて、きれいなお月様見て・・・いい一日でした。

月見団子は今日はダメですね・・・。




2015年9月25日 (金)

霧島神宮で御朱印をいただきました。

2015.9.19(土)。

今回のツーリングの第一目的地は霧島神宮です。


大鳥居をくぐって、第一駐車場まで行くとすぐに参拝者休憩所、売店があります。

Img_1988

トイレも整備されていて、数、清潔感ともにとても感心しました。


Img_1990

【鎮座地】 鹿児島県霧島市

【主祭神】 瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)、日本神話に出てくる神様です。

【御創建】 欽明天皇時代(6世紀)
       霧島山の噴火による焼失と再建を繰り返し、約500年以上前に現在の
       場所に移されました。現在の社殿は島津氏第21代当主(第4代薩摩藩主)
       島津吉貴が、1715年に建立・寄進したものです。


売店から三の鳥居の下に出ることができます。

Img_1991

とても厳かな気持ちになります。


三の鳥居より拝殿が見えます。

Img_1994


拝殿です、朱塗りがまだ新しく華やかに見えます。その奥が本殿です。
Img_3613

参拝する方たちが多くて正面から左右対称の景観を撮れなかったのが残念です。


しかし、御朱印はしっかりいただきました。

Img_2178


「天孫降臨之地」とは日本神話において、天照大神(アマテラスオオミカミ)の

命により孫の瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)が国造りのに降り立った地のことです。

この建国神話の主人公である瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)を主祭神として祀った

のが霧島神宮ということですね。


今回のツーリングの無事をお祈りしました。




2015年9月24日 (木)

ハーレーで行く鹿児島ー宮崎1泊2日の旅 : 2日目

2015.9.20(日)。

ハーレーで行く鹿児島ー宮崎1泊2日の旅の2日目。

この日もとってもいい天気です。sun(暑くなりそう・・・。)

Img_2083

【2日目の行程】

・宿発
  ↓ 2.5km 10分
・宮崎神宮
  ↓ 2.2km 6分
・平和台公園
  ↓ 21.4km 36分
・青島神社
  ↓ 206km 2時間38分 
・自宅着
(google Map調べ、約230km、3時間30分の移動距離です。)


午前9時、宿を出発です。

宿からわずか10分ほどで宮崎神宮に到着、参拝しました。

市街中心部にあってびっくりするぐらいの緑に囲まれていて、鳥たちのさえずりも

たくさん聞かれました。

Page4

もちろん御朱印もいただきました。


次の目的地、平和台公園も宮崎神宮から10分弱程度の移動距離です。

Img_2100_3


平和の塔です。青い空に向かってそびえ立つ塔が印象的です。

Img_2090

それにしても宮崎の空の青さなんと澄んでいて綺麗なのでしょうか。


ここから青島神社に移動します。今回の旅の最後の目的地です。


まずは青島駅の西口に到着。

Img_2103

この駅に隣接する青島駅西口駐車場は青島神社から1km程の距離がありますが、

無料駐車場となっていて、お土産物屋さんや海岸線を見ながら歩けば青島神社まで

あっという間で苦になりません。


青い空と灼熱の太陽、極彩色の建物はまるで沖縄にでも来ているかのような気分

になります。

Page1


これまでの厳かな神社とは趣が異なりますが、これも当然ありです。

Page

高度成長時代、ここはたくさんのハネムーンカップルで賑わったのでしょうね。


満潮に近い時間帯だったのか、鬼の洗濯板は見られませんでしたが・・・

Img_2158

雰囲気は十分わかりました。

この景観を造りだすのにどれだけの波が打ち寄せ、引いて行ったのでしょう・・・

その気の遠くなる年月に思いをはせると感慨深いものがあります。


さて、こちらでも参拝を終え、当然、御朱印もいただきました。


気が付くと時間はもう正午を過ぎていました、それだけ青島神社が魅力的だった

ということでしょう。


もう後は自宅に帰るのみです。事故しないように再度気合を入れて帰路につきます。

Img_2175

午後2時頃、道の駅霧島で遅い昼食をとって、エネルギー補給完了です。

なぜか頭も体もすっかり元気になって、ここから自宅までノンストップで一気呵成と

いった感じで走破してしまいました。



≪この日の行程はこちらから見ることができます。≫



【後記】
元々、2日目は宮崎市内から東九州自動車道を通って延岡まで行き、

高千穂、高森を経由するコースで南九州を一周しようかとも思ったのですが、

「宮崎に来て青島神社はどうしても外せないだろ!」ということになりました。

おかげでルート的には半分以上は前日と同じ九州自動車道を走ることになって

あまり変わり映えしないコースになってしまいました。

ま、青島神社に行くことで宮崎を堪能したような気にもなりましたのでよかったです、

正解でしたね。




2015年9月23日 (水)

ハーレーで行く鹿児島ー宮崎1泊2日の旅 : 1日目

2015.9.19(土)。

今年のシルバーウィークは、例年になく大型連休の年です。

天候にも恵まれそうなので、バイクでの一泊旅行を計画しました。



【1日目の行程】

・自宅発
  ↓ 160km 2時間18分
・霧島神宮
  ↓ 3.3km 6分
・道の駅霧島(昼食)
  ↓ 65.9km 1時間19分
・道の駅酒谷
  ↓ 29.9km 39分
・鵜戸神宮
  ↓ 41km 56分 
・宮崎市内泊。
(google Map調べ、多少の誤差は俺っちの入力の誤差です。)

約300km、5時間の移動距離です。



午前9時過ぎ、自宅発。 

Img_3553

さあ、熊本ICに乗ります。天気も良くていいツーリング日和になりそうです。


八代~人吉間は連休初日ということで車が多かったですね。

Img_3560


山江SAでtoilet休憩です。

Img_1979



宮崎方面へ左折、霧島神宮の最寄ICは高原ICです。

Img_3581

ここまで来ると、前にも後ろにも車が見えない状態です・・・、不思議。


まずは、第一の目的地である霧島神宮に参拝。

Page3

もちろん、御朱印を頂きましたがそれは後日別記事にて・・・。


参拝を終えたらもうPM1:00少し前、道の駅霧島に移動して昼食です。

Page1

鹿児島名産の黒豚料理を食べることにしました。

俺っちは黒豚カツカレー、奥さんは黒豚めし。


さあ、お腹も満たされてこれからがまた長丁場です、道の駅酒谷を目指します。


国道onlyの移動はけっこう疲れました、天気が良すぎて暑いのも災いしましたね。

Page2

この道の駅は特産物は山の幸でした。

ここでは買い物もせず、水分補給と休憩です。


これから鵜戸神宮まであと1時間ほど、またがんばって走りますよ。


途中から日向灘の素晴らしい眺め。

Img_3644

太平洋の荒ぶる波はとてもダイナミックでした。

実は奥さん、太平洋を見るのは初めてだそうで

「天草が湖みたい・・、これがこそが海ぃ~って感じだぁ~。」とテンションアゲアゲup

思わずインカムのボリュームを下げてしまいました。



海が見えてからは気分も変わって絶好調!ダレた体にパワーが蘇りました。




そしていよいよ鵜戸神宮に到着、が、ここがかなりの曲者でした・・・。sweat02

急な階段に足が攣りそうになりながら歩くこと15分くらいでしょうか、

どうにか鵜戸神社に参拝することができました。

Page5だ・か・ら、俺っちは山登りと階段登りはとても苦手です。当然下りも苦手です。

山登りなんか道具一式揃えて結局長続きしませんでしたもん。


鵜戸神宮の参拝には1時間ぐらい要しました。

きついばかりではなく、絶景を楽しみながらの行程でしたね。



参拝の後は宿に向かうのみです。

早くクーラーの効いた部屋で横になりたい・・・と体が訴えています。



夕焼け前のフェニックスロードは「ザ・宮崎」情緒が溢れています。

Img_3685



もう午後5時近くです、最近はめっきり陽が短くなりましたね。

Img_3672

影は長くなりましたけど・・・。



宿に着いたら一時間ほど休憩して、あらかじめ予約をしていたお店に

夕食にでかけました。


宮崎名物、もも焼きの有名なお店“ぐんけい隠蔵”さんの宮崎駅前店です。

さすがにお客さん多いですね。

Page4

ぷふぁ~、もも焼き最高に美味かったです。今日の疲れも吹っ飛ぶ美味しさでした。


食後は、中央通をぶらぶらしながら、タリーズに寄ったりして宿まで帰りました。

Img_2082


距離メーターの確認を忘れましたが、およそ300kmを走破。

久々の長距離と、暑くもありでけっこうグロッキーでした・・・。

宿で湯船に浸かってさっぱり・・・

明日はどのルートを走って帰る・・・・か・・・な・・・・・sleepy

となりました。



≪この日の行程はこちらから見ることができます。≫





2015年9月15日 (火)

古代文化の地に赤い絨毯 : 七ツ森古墳群の彼岸花

2015.9.13(日)。

この日の2番目の目的地は竹田市の「七ツ森古墳群」

ここには20万本ともいわれる彼岸花が咲き、この時期には多くの人が

訪れているようです。


いろんな方のブログ見ていて一度は行きたいと思っていた場所です。

Img_1446


竹田市のホームページでは、例年見頃は9/20頃とのことです。

Img_1360


初めて来て見てびっくり、すごい数です。

Img_1402


驚くことにこの彼岸花たちは野生が広がって群生したものでそうです。

Img_1438


 赤い絨毯・・・、まさにそうですね。

Img_1367


花の赤と茎の緑のコントラストもきれいです。

Img_1433


このお山はあくまでも古墳、円墳なのです。決して登ってはいけません。

Img_1388


ここからは短焦点レンズに変えてみました。

Img_1381


屈んでマクロ撮影するときはマニュアルフォーカスの場合が多いです。

Img_1428


そして、ピントが合うまで、なぜか息を止めてることが多いです。

Img_1429


シャッターを切った後、「ぶふぁーっ」って息継ぎしてしまいます。

Img_1430


風が少しでもあると花が揺れてしまい息を止めてる時間も長くなり。

Img_1431



風もあってマクロもなかなかピントが合いません。

苦労しました。構図も似たようなものばかりで満足できませんでしたね。


来週、9/19あたりが最盛期で野菜販売などの出店もあるらしいですが

とても賑わうでしょうね・・・。

混雑することを思うと、この日に訪れて良かったんじゃないかと思います。




【追記】
「田んぼの畦道に彼岸花が多いのはなんでか知ってる?」って奥さんに聞かれました・・
多少、上から目線だったので一瞬イラッとしましたが・・・・。
俺っち知らなかったもので・・・

皆さんは答え、ネットで探してくみてださいね・・・・(イラッeye?)



※テルルさんと数時間違いだったみたいですねぇ、残念。



2015年9月14日 (月)

自然が生んだ驚きの造形美 : 原尻の滝

2015.9.13(日)。

この日は、雲はありましたが天気予報は晴れの様子。

久しぶりに60Dを持ち出して写真撮りドライブをしてきました、両親付で。


道の駅阿蘇に立ち寄り。

Img_1917

ここはいつ行ってもお客さんが多いですね。ソフトクリームには長蛇の列です。


昼前でしたが本日のお昼ごはん。

Img_1919

これが美味しいんだ、煮付けなんか絶品。

この歳になると、田舎の味みたいなものに回帰しているような気がします。


もちろんデザートも。

Img_1920

こしあん、つぶあんどちらもありましたよ、ちなみに俺っちはつぶあん派。



この後、今日の目的地の一つである原尻の滝へ。

Img_1324



なんと、ウチの両親とも原尻の滝には行ったことがないらしい。

Img_1326

「初めての場所だったんで初モノ?二人とも寿命伸びたんじゃないの?」

なんて話しながら盛りあがってしまいました。


相変わらずの水の量で、近くによると涼しい風が吹いていました。

Img_1334



阿蘇山の噴火によって流れ出た凝灰岩が崩落してできたそうです。

崩落によってできたアーチ形なんともいえない造形美ですね。

Img_1338

滝から落ちゆく水を上から眺めるというのはあまりないですよね。



そしたら、Harleyで来ていた知人の“みさん”に会いました。

お久しぶりでした!

Img_1357



み友さんも!

Img_1358

無事帰宅されましたでしょうか?

エンジンONした時、周りの子供さんがビックリしてましたねぇ~(笑)。



さあ、ここでまだ午後2時前です。

次の目的地に出発です、ここは俺っちも始めて行く場所なので楽しみです。

真っ赤な絨毯を想像しているんですけどねぇ~、どうなんでしょ?


次の記事にて・・・。



2015年9月 8日 (火)

大宰府天満宮でご朱印をいただく。

2015.8.29(土)。

九州国立博物館を観た後は、大宰府天満宮に行ってきました。


博物館から天満宮までは途中、歩く歩道(エスカレーター)があります。

ずっと立ちっぱなしで博物館見学した後なのでかなり助かりました。

Img_1824

↑の画像では綺麗な紫色ですが、この照明は虹色に変化するんですよ~。

オシャレです、おかげさまで大宰府天満宮までは楽させていただきました。




大宰府天満宮は皆さんご存知、菅原道真公をお祀りしてある神社で、

学問の神様として日本全国より崇敬を集めている神社です。

天満宮は天神様とも呼ばれております、童謡の「とおりゃんせ」で

「天神様の細道じゃ~」とあるのも、菅原神社に続く道・・・ということですね。


【鎮座地】 福岡県太宰府市

【主祭神】 菅原道真公

【御創建】 延喜19年(919年)

Img_1831
雨の中でも参拝者はとても多かったですね、ほとんど外国の方でしたが・・・。


表参道の突き当たりに「御神牛」があります。

Img_1840

「なで牛」とも呼ばれ、体の悪い箇所と同じところをなでると良くなるそうです。

どうりで「御神牛」の頭の付近が皆に撫でられて金ピカに光っています、

学問の神様である菅原道真公を祀った天満宮ならではですね。



それでは、次女の就職成就を絵馬に託し奉納した後、ご朱印をいただきます。

Img_1833
ご朱印、300円也。


ありがたく頂戴いたしました。

Img_1859_3


この日はあいにくの雨模様でしたが、参道の脇にはこのショウブ池があります、

これまで意識したことはありませんでしたが、ここに花が咲いていたら

とっても綺麗だったでしょうね。

Img_1844_3

春先の梅や秋の紅葉だけではなく、梅雨の合間に菖蒲も楽しめるなんて

一年中見どころありっていいですね。



自宅へのお土産はもちろん梅ヶ枝餅。

Img_1838

爺ちゃん、婆ちゃんお喜びの一品。

緑茶のおいしい季節になりましたねぇ~。



天神様のご利益がありますように・・・・・。




2015年9月 1日 (火)

九州国立博物館 『大英博物館展 -100のモノが語る世界の歴史』

2015.8.29(土)


いきなりですが、初めての九州国立博物館です。福岡は太宰府市にあります。

Img_1808

2005年の10月開館、10周年を迎える比較的新しい博物館です。

国立博物館って、東京・京都・奈良・福岡の4箇所にしかないそうです。

Img_1846

『日本文化の形成をアジア史的観点から捉える』というコンセプトを持った

博物館だそうです。


玄関を入ると博物館とは思えない広大な吹き抜けのスペースに

正面に巨大な山笠がありました。

Img_1822_2

今回の特別展示室は3階にあります、3階まで一気にエスカレーターです。

Img_1811


あっ、まだお伝えしてなかったですね、なぜここに来たのか・・・

今回、この博物館に来たのは『大英博物館展 -100のモノが語る世界の歴史』

を観覧するためです。

Img_1814 


大英博物館所蔵の中から厳選された100点が展示されました。

Img_1858

ロゼッタストーンやアウグストゥス帝の胸像など超貴重すぎてレプリカの展示も

多かったものの、ずぅ~っと昔に思いをはせ、じっくり観覧させていただきました。

古代ローマ、ギリシャの好きな俺っちにはとても興味深かったです。

まさに「世界史の教科書を一気読み。」って感じでしたね。



こういう展覧会みたいなのは、会場内一切撮影禁止なので状況や

面白かったものをお伝えするのが非常に難しいですね。

Img_1857

【それではここで、古代ローマの暦に関する豆知識です。】

①Augusut(8月)は初代ローマ皇帝の名アウグストゥス:Augusutusが語源。

②July(7月)はアウグストゥスの養父であり、有名なユリウス・カエサル

(ジュリアス・シーザー)はジュリアス:Juliusが語源です。


・・・・・知って方も多かったですかね?



博物館を堪能した後は、太宰府天満宮に行きましたのでその記事は

後日ということで・・・

Img_1828_4

太宰府天満宮と九州国立博物館は隣接しており、虹色に変化する歩く歩道

(エスカレーター)でアクセスできます。




≪九州国立博物館のHPはこちら≫