フォトアルバム

リンク

« 2015年5月 | メイン | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月29日 (月)

博多名物の水炊きをいただく : 華味鳥

2015.6.26(金)。

この日は仕事が終わった後、博多駅前に移動。


娘も新社会人となってとっても大事な3ヶ月を無難に過ごせたということで

ご苦労さんのお食事会をしました。


ほんと福岡って美味しい料理が多いですよね、もつ鍋・水炊き・ラーメン

鉄なべ餃子は言うまでもなく、うどんも美味しいし玄界灘の海の幸も多い。


そんな中で、この日は水炊きの「華味鳥 筑紫口店」さんを予約しました。


人気店なので予約必須ですよ。sign01

Img_1339



店内はとても綺麗で高級感がありました。

Img_1337



メニューです。

Img_1330

この日は基本コースと思われる“味コース”に、面々の好きな単品を注文する

ことにしました。季節限定の魅力的なコースもありましたけどね・・・。


お通しです。

Img_1314

“おきゅうと”と呼ばれる短冊状の海藻加工品は初めて頂きました、

コンニャクの刺身に近かったかな・・・。

それと枝豆豆腐?の上に明太子~。

飲めない俺っち、調子に乗ってビールをノンアルコールで(笑)。


華味鳥のたたきと生ハムです。

Img_1315

鳥の生ハムってこれも初めていただきました、豚の生ハムに比べて、噛み応え

があり、塩気は丁度良くとっても美味しかったです。


こちらはサラダ(単品注文)。
Img_1319

たっぷりのお野菜と蒸した華味鳥のサラダで、一皿2~3人前はありますよ。



こちら砂肝のニンニク炒め。

Img_1322

これは俺っち専用で単品オーダーしたのですが、「美味しいね!。」と

半分ぐらいは娘に食べられちゃいました。


いよいよお鍋が来ましたよ。

Img_1324



まず、一度沸騰したところでスープをいただきます。

Img_1327

耳かき1杯くらいのお塩と子ネギを加えていただきます。(飲みます。)

フォ~ッ、鳥のダシが効いています。スープに絶対的な自信があるから

こそできる提供のしかたですね。


こちらは娘の単品注文、卵焼き。ダシ巻きです。

Img_1328

「たべるモンはいつまでも子供だ!」といったら「父親譲りだ!」と切り返されました。sweat02

湯葉をミルフィーユにしたような焼き方、しっかり効いたダシ・・・文句なしの

美味しさです。一口大に切ったダシ巻き卵焼きに高菜、明太子、海苔の佃煮達が

ちょこんと乗って味の変化も楽しめます。


ここでショックなことが・・・sign03

鍋の具材が運ばれてきて、それをたべ始めるまで、完全に話に夢中に

なっていて写真撮るのを忘れてしまいました。


お野菜に湯葉、美味しいつくね、華身鳥の鳥身にプリンプリンの鳥レバー、

それにコラーゲン玉など・・・・痛恨のミスbearing


しかたないので取皿に取り分けたところからどうぞ!

Img_1331

この取皿で三皿くらいが一人前くらいでしょうか・・、量も大満足です。

途中で先出のやりかたでスープをいただいたりして楽しみました。

お野菜の甘みとかが出るとまた変った味が楽しめるんですよね。



〆はおじやorちゃんぽん麺が選べます。

Img_1334

途中、スープだけ飲んでたこともありスープすくないかな・・・と心配しましたが

心配御無用、スープ追加しておじや作っていただきましたよ。



もう、ここら辺でさすがの俺っちもお腹一杯になってます。

Img_1335

しかし、〆は〆ですな。

やっぱり頂いた後の満足感というか区切り感というか落ち着きます。


美味しい料理に話も弾んでとってもいい食事になりました。

お店の女性は皆さん和服を着ていらっしゃいました、そのうえおもてなし感が

とってもよかったですね。



博多には数え切れないほどの水炊き店があると思いますが、こちらのお店に

して本当に良かったと思いました。



俺っちが撮り忘れしてなければもっと美味しそうなところをご紹介できたのに・・・

と思うと残念でなりません。




博多駅はあいかわらずの人の数です。

Img_1340


この週末は別荘(娘のところ)泊で、またどこか良いところを探して

福岡を満喫することになりました。




《華味鳥 筑紫口店さんのHPはこちら》





2015年6月24日 (水)

わいた山の水で作る美味しいお豆腐 : 岡本豆腐店

2015.6.21(日)。

この日は久々天気も良くて朝も早くから洗濯に忙しい。(奥さんが・・・)。

俺っちはというと奥さんの「洗濯が終わったら何処かいい所に連れて行って。」

の特命を果たすべくPCで猛リサーチ中。


すると携帯が鳴る、父親から・・・

「今日はどこも行かんとや?、天気のよかばい。」

家の1階と2階で携帯ってどうよ?トランシーバーかよ!

と思いつつも・・・


ハイハイ、この時点で昼食は和食に決定wobbly


それならば今日は天気もいいし暑くなりそうなので避暑がてら小国の方へ。

小国ならば前から目星を付けていた「岡本豆腐店」さんへとGOcardash

Img_1265

さすが小国、車の外気温計で20℃、俺っちの最も得意とする気温帯です。


到着は12:30頃。   ですが既ににお客さん満員。

Img_1263



でも工芸品などを見ていると・・・

Img_1279

あっという間に20分位経過して俺っちの順番が回って来ました。


メニューはこれでけ、シンプルなのがいいですね。皆とうふ定食を注文しました。

Img_1268



まず、アツアツ「の厚上げが出てきます。Img_1269

これが最高に美味し。

醤油とゆず酢でいただきました、けっこうなボリュームですよ。



そしてお膳。

Img_1271

お味噌汁にはこれでもか・・・のお豆腐。

ざる豆腐は普通に美味しい。

小鉢もそれぞれ田楽、切り干し大根、おからと全て美味しい。

ニンジンの味噌漬けもこれまた美味しい。

豆乳にいたっては今まで飲んだことのない味で感動しました・・単に濃いだけ

というのとは違うんです。

ご飯は少なめでしたが結構満腹になりましたよ。

身体に優しい上にこれだけ美味しいモンが充実してたら心も身体も

満足です。

やっぱり小国はよかとこばい。


食事の後は隣接する「となりの岡本」さんでまた工芸品見て・・・

Img_1284



そうそう、足湯もありましたよ。

Img_1286

下からのブクブクが気持ちよさそうでした。


帰りは大観峰で今年は初のとうもろこし。

Img_1289

ひゃー、食った食った。


父親は厚あげに心底「うまかった。」を連発しておりました。

「いつでも連れて行くので御代はよろしく!」と言っておきました。




《岡本豆腐店のHPはこちら》





2015年6月23日 (火)

アンティークに囲まれ・・ : アンティーク&カフェ いで

2015.6.20(土)。

猿之助さんの特別舞踊公演を見た後、お茶しに行きました。

この辺りだといつもお茶するお店は決まっていたんですが、さすがに

猿之助さん、早速の経済効果でいつものお店は満員御礼でしたので

これ幸い、前から気になっていたお店に行ってみました。



「アンティーク&カフェ いで」さんを紹介します。


井出古美術店の店舗と兼ねて江戸時代の古民家を改築してお店として

オープンしたものだそうで、築130年だそうです。


八千代座から無料駐車場に行く道沿いにあるお店です。
Img_1262

古美術好きには気になる品物もあるようですね。


店内入り口には猿之助さんの公演ポスターとともに器類が並んでいました。
Img_1261


店内には、グラスや香水ビン、薬ビンなどガラス物のアンティーク物が

並んでおり、テーブルやイスも年代物のようで

「時間がゆっくりと流れている・・・。」

そんな気持ちにになれる店内です。BGMはJAZZだったかなぁ~。

Img_1253



奥さんはチーズケーキセット。

Img_1260



俺っちはアホ・・・いや、アフォガード。

Img_1256_3



このお店、百花百彩の時にとっても綺麗なキャンドルを作られます。

Img_7336_2



毎年たくさん人が足を止めて写真を撮っていかれるポイントですね。

Img_7339

古いガラスを通してみるキャンドルの明かりは柔らかさを増し、温かみを

届けてくれるようです。



店内はお客さんが多くて撮影自粛しましたが、黒くて大きな柱に古くて大きな

掛け時計、石積みのカウンター、奥様が一杯ずつ淹れてるハンドドリップ珈琲・・・

雰囲気も良く、珈琲も美味しいお店でした。




《このお店の情報はひごなびで》




2015年6月22日 (月)

初めての観劇に感激 : 四代目市川猿之助 特別舞踊公演

2015.6.20(土)。

この日は、人生初の歌舞伎を見に行きました。

初めての歌舞伎が市川猿之助だなんて感激です。


これは俺っちの誕生日祝いにと奥さんがチケットを購入していて

くれたものです。


のぼり旗が気持ちを高ぶらせてくれます。

Img_1244


八千代座については以前詳しい記事を書いていますので
興味のある方はこちらをどうぞ。

Img_1247



八千代座100周年記念イメージキャラクター「チヨマツ」君です。

Img_1248

なぜか「チヨマツ」くんと目が合いました、「ハイ、ポーズ」camera


パンフレット購入。演劇最後に役者さんの直接販売もありますよ。

当然、猿之助さんも・・・ちょっとびっくりしました。

だって大スターですもんね。こんな地道な努力がやっぱり必要なんですね。

Img_1251

それでは今回の特別公演についてパンフレットに添って少しお話。

(公演期間は劇場内一切撮影禁止なので写真無です・・・。チェックも厳しかった。)


まず

一、歌舞伎のみかた

  ここでは市川団一郎さんが歌舞伎の楽しみ方について初心者でも

  分かるようにいくつか説明をされます。大太鼓を使って「雪」や「雨」などの

  いろんな情景をあらわしたり、下座音楽の効果音について「夫婦喧嘩」を

  演じてながらみせてくれたりとお客さん大笑いでノリノリ状態です。

  また、猿之助の屋号である「おもだか屋」の掛け声の練習したり・・・

  ちなみに市川海老蔵さんの屋号は「成田屋」ですね。


二、独 楽(こま)

  この演目は猿之助さんのお家芸だそうで、浅草寺の境内の独楽売りが、
  
  独楽の由来を語り、独楽を使う振りを踊ると、いつしか独楽売りが独楽
  
  そのものに変身してしいます。初心者でもとっても分かりやすく猿之助さん

  の独り舞台となっており、猿之助さんの魅力にぐっと引き込まれます。


  25分休憩の後、


三、双面水照月(ふたおもて みずに てるつき)

  舞台は隅田川、愛憎もった二つの霊魂が現世の女性の姿で現れ同じ容姿

  の女性が二人・・・となんとも複雑で説明が難しいのですが、猿之助さんが

  女形であらわれ、舞台上は他の役者さんと入り乱れて舞いの競演と化します。

  妖と艶を踊りと表情で使い分ける様はさすがです、感動します。

Img_1309

1階端の席でしたが、八千代座自体がそんなに大きな劇場ではないため

役者さんをとても身近に感じられます。歌舞伎座なんかだとオペラグラスが

必要なんでしょうね・・・。


お土産に猿之助だけに許される三ッ猿の紋が入った山鹿の

伝統工芸である団扇を買いました。

Img_1305_2

劇場内で扇ぎたかったんですが、奥さんが「縁起物だから袋から出さないで!」

っていうもんだから袋に入れたまま扇いでました。

なんだかな~sweat02



ちょうど2時間、とってもすばらしい経験が出来ました。

今回は舞踊公演でしたので次は本格的な歌舞伎を見たいですね・・・。

「次は博多座だ!」



帰りは歌舞伎の余韻を残しつつお茶して帰りました。

Img_1256

八千代座では歌舞伎意外にも素敵な公園が予定されているようです。

伝統芸能を身近に感じることが出来るし、目の前で大スターが演じるのを

見られるってすごいと思いませんか?


皆さんも是非!



《八千代座の公式ホームページはこちら》




2015年6月15日 (月)

手作りランチを気軽にいただけるお店 : 和カフェ さく羅

2015.6.14(日)。

この日は長女が帰省しており、次女は夕方までバイト無し。

ということで久々の家族六人勢ぞろいでランチ行ってきました。


行く先は別に決めてなかったですけど・・・

スマホの“メモ”に食べに行きたい所リストと作っているんですが

そこに“さく羅”と入れていました・・・(んー、覚えとらん)。


さっそくブログとか確認してこのお店に決定、すぐに電話

予約入れました。


ここはかなりの人気店らしく、11:30からのランチは1巡目は予約でいっぱい。

12:30からの逆指定で予約完了。


緑に囲まれた民家を改装してあるのですね。

Img_1224

右側に石の器や石臼が苔むして良い感じで並べてあります。

母親はどうしてもこの手の器に金魚やめだかをいれたいらしい・・・・。



予約時に日替わりランチで予約してましたのでさっそく

一の膳が運ばれてきました。

Img_1228

小鉢はどれもおいしくて繊細というよりもしっかりと味付けのしてある

お料理です。


サラダはベビーリーフ、ブロッコリー、ミニトマト。

Img_1232



すぐに次の椀物が運ばれてきました。

Img_1231

揚げもちが入っていて濃い目の味付けで家庭的なお吸い物でした。


豚の冷しゃぶのうえに茄子のおひたしが乗ったもの。
Img_1234



こちらがメイン。

Img_1233

マカロニと隠元をバジルソースで。

鳥のひき肉のコロッケ、エビフライ。


こちらがデザート。

Img_1236

一の膳が運ばれてきた後、矢継ぎ早に最後のメインまで運ばれて

来ました、そしてしばらく時間が空いた後、デザートという流れで

少し?なところも・・・・。



大きなアジサイも咲いていましたし・・・

Img_1240

紅葉、桜、椿から土手かぼちゃまでたくさんの緑に囲まれていました、

四季折々の草木を見ていると食後の散策も楽しいものです。


さすがに人気店ということで、お店の中はたくさんのお客さんと配膳に

追われる仲居のおば様たちで活気があるというのか・・・・

なんか落ち着かない感じもあったのが少し残念でした。


まあ、家族全員揃っていたので楽しい食事になりました。



《和カフェ さく羅さんの情報はぐるなびで》




2015年6月14日 (日)

雨の久永屋、いい感じなんです。

2015.6.13(土)。


このところ、雨の久永屋に何故か縁があるようです。

Img_1198


この日は駅長さん居ました、久々に長話もできました。

Img_1214

今日はこの中から・・・

Page1


はちみつばななのシフォンセットと。

Img_1203


ミックスベリーマフィンんのセット。

Img_1211


煩わしいはずの雨も此処にいると何故か違った感じ方ができます。

Img_1197


雨でも機関車に乗った観光客の方は多かったですね。

Img_1199

澄んだ空気の中に漂うディーゼル機関車の油の匂いは、鼻の奥を刺激して

懐かしい記憶を甦らせる力があるようです。


雨のおかげかお客さんは少なく、久々にゆっくりしたお茶が出来ました。


写真撮りながら・・・

Img_1207


アジサイも咲いてるな・・・なんて思いながら・・・

Img_1215


花の手入れも行き届いてるな・・・なんて思いながら。

Img_1200_2



駅長さんとの長話も妙に合ったり、難しいボケに噛み合わなかったりで・・・

なんか良かったです。


いくつかカフェも廻ったり、記事で紹介したりしていますが

此処好きなんです。

なんかいい距離感が出来てきた感じですかね。

テルルさん、元気かなぁ・・・・。confident





2015年6月11日 (木)

見やすいメニューがいいですね : 珈琲所 コメダ珈琲店

郊外の珈琲チェーン(?)店第二弾は、市内北区大窪に

ある「珈琲所 コメダ珈琲店」さんです。

熊本に3店舗あるんだそうです、知らなかったなぁ~。

Img_0351



店内はふんだんに板材を使ってあり、各テーブル席は程良い高さの

パーテションで仕切ってあり回りを気にせずにOKです。

Img_0340_2



メニューの一部です。

Img_0338

このお店で気に入ったのはコーヒーにたっぷりメニューがあること。

なんと1.5倍ですよ、価格差はわずか100円。ありがたやありがたや。


ここのアイスコーヒーは最初から甘くしてあるそうで味わいを引き立たせる

ためだとか・・・。

もちろんブラックにも出来ます。

Img_0346



もう一度メニューをお披露目。なんか感じません?

Img_0334

ね、どうですか?

なんとなくファミレスみたいなメニューでしょ!見やすくて選びやすいので

見た目で「これ!」ってなりますよね。

ここら辺はチェーン店ならではの工夫なんですかね?


こちらのお店はお冷のコップ、おしぼりにもお店のロゴが入ってました。

Img_0342


好きな豆を選んでゆったりといただき、素敵な時間を過ごしたい時・・・。

本格珈琲を手軽に飲みたい時・・・。

珈琲のバリエーションを楽しみながらカジュアルに過ごしたい時・・・。

などなど、TPOと気分に合わせてお店選びが出来るのは

大歓迎です。



《コメダ珈琲店さんの熊本店舗はこちら》



2015年6月 9日 (火)

静かな佇まいで日本料理の醍醐味をいただく : 日本料理 世菜

2015.6.7(日)。

この日、両親の金婚式と父親の喜寿をかねてお祝いをしました。


俺っち兄弟家族も集まって、楽しくおいしい懐石料理に舌鼓。


お店は日本料理の醍醐味を存分に味わえるお店

「日本料理 世菜」さんです。



以前、水道町のヴィラージュビルにあった時から時々利用させて

いただいてましたが、20周年を迎え上乃裏通りの一軒家に

移転されました。



予約は午後6時。すっかり日が長くなりましたね、上乃裏通りは人がいっぱい。
Img_1107



洋風の建物ですが庭作りや屋内のつくりはとっても日本風です。

Img_1108



建物の中は全て個室の座敷にテーブル席です。

これはには両親は喜びました。とっても楽に食事ができますからね。

Img_1110



乾杯前に有田焼、源右衛門窯のマグカップを両親にプレゼントしました。

歳をとると湯飲みより取っ手のついたマグカップが何かと便利です。

Img_1122



源右衛門窯についてちょこっとな。

Img_1152



まずは先附と八寸です。綺麗ですねぇ。

Img_1121

先附は春野菜のムース仕立て、八寸は素材の美味しさを大切にした

一口サイズのもの。これから出てくるお料理にも期待が膨らみます。



お祝いということで立派な尾頭付きをお店よりいただきました。

「本当にありがとうございました。」両親も大変喜んでいました。

Img_1128

どうですかこの焼き具合!!、とってもいいですね。

塩加減もとっても良かったし、家庭ではこの焼き具合は難しいでしょうね。


次は汁物。
Img_1132

鱧とジュンサイと茄子と隠元。茄子はまるでじゃがいもを揚げたみたいに

ホクホクしていてとっても美味しかったです。



お造りです。

Img_1137

小さめのお刺身ですがどれも味が濃くて歯ごたえも良く、とっても

美味でした。


温椀物。

Img_1140

うなぎの巻物の上に胡麻の入った練り物とウニを乗せて

ダシの効いた餡がかけてありました。


焼き物。

Img_1142

アワビのグラタン仕立て。この手の料理は俺っち大好物です。

もっと大きな器でガツガツ食べてみたいなぁ。


進肴。

Img_1154

ホタルイカに熊本名物ひともじのぐるぐる。酢味噌のあんばいが

とっても良かったですね。


これは強肴。

Img_1156

豚バラの煮込みカレー風味。あまりの美味しさにスープまでいただきました。


お食事、香の物、止椀。

Img_1159

とうもろこしのご飯は甘くて良い香りがしました。

香の物も小さいですがひとつひとつ漬け具合や味が違ってましたね。

止椀は赤出汁でした。


最後にデザートです。

Img_1162_2

何かの(忘れちゃいました。)のパンナコッタにアメリカンチェリーを乗せて。


「ああぁ、この楽しくて美味しかった食事もこれで終わったんだなぁ・・・」

と余韻を楽しみながらいただきました。

およそ2時間の楽しい時間でした。



ちなみにお茶の入った湯飲みは長崎県波佐見町にある勲山窯の

お湯飲みでとっても可愛い陶器でした。



今回は美味しい料理だけでなく、とても素敵なおもてなしをしていただき

日本料理の醍醐味を味わうことが出来ました。confident



《日本料理 世菜さんのHPはこちら》




2015年6月 5日 (金)

南阿蘇を眺めながら上質の洋食を : 山の洋食屋 フレール

2015.5.30(土)。

久々に南阿蘇で新規のお店開拓です。

いつもいつも南阿蘇に行くたびに前を通過するだけで一度は行かなきゃ

と思っていたお店でした。


「山の洋食屋 フレール」さんに行ってきました。

Img_1026

この看板はご存知の方も多いと思います。


お店の中は四人掛けのテーブルが5つと二人掛けのテーブルが2つ、

それと↓のカウンター席がありました。

Img_1021

南側は一面ガラス張りで阿蘇五岳を北に見ながらのロケーション◎です。

この日は窓際の席はお客さんでいっぱいでしたので写真はございません。


こちらランチメニューです。

Img_0998



定番メニューも美味しそうですね。

Img_0999



寒くなったらシチューもいいですね。

Img_1000



まずはセットメニュー共通のサラダとスープ。

Img_1003

この日は雨のせいで少し肌寒かった事もあり、野菜のたくさん入った

暖かスープがとっても美味しかったです。


ライスorパン。この日はパンで。ふわふわのモチモチでした。

Img_1008



奥さんは赤牛のハンバーグ。

Img_1010

厚みのあるハンバーグからはたくさんの肉汁が・・・たまらんです。

焼き加減も丁度良かったし、ソースも美味しい、付け合せのそら豆や

にんじんのグラッセまで存分に楽しめる美味しさでした。



俺っちはポークカツのチーズ重ね焼き。

Img_1013

どうです?美味しそうでしょ!

カツの上に載っているのはゴーダチーズかな?

サクサクの衣にふっくらポークの甘い脂、濃厚なチーズに良く合うソースと

いつまでも口に運んでいたくなる美味しさでした。


最後は珈琲で〆。

Img_1017



少し高めの値段設定でしたが、サービスも良かったですしもちろん料理の

お味は文句なし。

ゆっくりと洋食をいただくにはとってもいいお店でした。


それから・・・

この日のランチメインはローストビーフだと案内を受けましたが、今回は

ランチより魅力的に思えたメニューを選択しました。

当然後悔などしておりませんが・・・・お隣の席に届いたローストビーフが

とぉ~っても美味しそうでした。

これはもうローストビーフにめぐり合うまで通うしかないですね。smile





2015年6月 3日 (水)

陶器さがし② : 小代本谷 ちひろ窯

2015.5.31(日)。

前日、うつわ屋さんに贈り物を探しに行ったのですが決めきれず

この日は小代焼の「ちひろ窯」さんに行ってみました。


両親連れて玉名千龍ラーメンを食べに行った帰り、「小代焼きの

窯元にはここから近いじゃないか!」ということになったわけで

この後、高瀬の菖蒲見物するつもりが急遽予定変更です。


で、いつものスマホ検索で窯元に見当をつけて行ってみました。

「小代本谷 ちひろ窯」さんです。


ナビに住所を入れて行きましたが、途中から手作り看板がいくつかあって

分かり易すかったです。そんなに山奥でもなかったですよ。

Img_1102

人里離れた感が窯元っぽくて良いです。爽やかな風と鳥のさえずり

で癒されます。・・・・(でもニョロが絶対出そうです。)


用途ごとに陳列してあるようです、値段は手頃で日常生活で気兼ねなく

使い倒し出来そうない良い品ばかりでした。

Img_1103

手に取ってみるとどれも手にしっくりくる形だし、釉薬の加減がとっても

持ち心地も良かったですね。


形、色合い、価格ともに揃った一品を発見。

マグカップですが、ペアで購入しました。
Img_1104



オリジナルの包装紙とスタンプの押された紙袋に入れていただきました。

Img_1106

購入した品物をお見せできずに残念ですが、良いものが購入できたと

思っています。


帰り際、母親がめだかや金魚をいれてある金魚鉢にご執心。

非売品だと言われると同じような器をあさりだし俺っち思わず苦笑い。

ご主人は丁寧にお相手してくださいました。・・・(ソーリーsweat02


金魚鉢って結構な大きさになるので値段もそれなりになるようですね・・・

ま、買うときにお金出すのは俺っちじゃなくて母親ですから。


帰りの車の中で、今度は有田焼の金魚鉢を見に行くだのトイレの洗面台の

受けを陶器に替えたいだのお年寄りの夢は尽きないようでした・・・。



やばい!・・・窯元めぐり、楽しくなりそうです。



《小代本谷 ちひろ窯さんのHPはこちら》


《小代焼について知りたい方はこちらをどうぞ》




2015年6月 2日 (火)

陶器さがし① : うつわ屋

015.5.30(土)。

奥さんの同僚の方が異動するそうで・・・

何か贈り物を・・・ということになり、陶器のカップを探すことにしました。


久永屋さんで美味しい珈琲をいただいた後だったので珈琲カップが

思い浮かんだんですよぉ♪。


ということで、合志市の「うつわ屋」さんに行きました。

Img_1084



ここでは2年位前に結婚のお祝いにとペアのマグカップを購入した

ことがありました。

Img_1082



店内はとっても見やすく、素敵な器の数々が並べられています。

Img_1078


今回は残念ながら「これいいね!」と思うものと予算が合わずに

このお店での購入は断念しました。


また違う日に違うところに探しに行こうと思います。


一つひとつ手にとってなじみ具合を感じたり、けっこう時間が経つのを

忘れていました。



《うちわ屋さんのHPはこちらです。》




2015年6月 1日 (月)

お茶する?それとも食事にする? : 前川珈琲店

最近、郊外に珈琲専門店をいくつか発見しました。

スタバはいっつもお客さんでいっぱいだしドトール、タリーズは

中心市街地やショッピングモール内にあるし・・・。

運転途中でパッと気軽に車で入れるお店って結構少ないと思います。


そういう事情で郊外の珈琲店、俺っちは大歓迎!

こりゃさっそくリサーチが必要ですな・・・。


ということで第一弾は市内東区戸島西に3月オープンの

前川珈琲店さんです。

Img_0026


一杯ずつ豆から挽いたハンドドリップの珈琲を提供してくれるお店です。

Img_0027

このデザイン、なかなかかっこいいですね。


出来たばかりで清潔感のある店内です。

Img_0082



こちらメニューの一部です。

Img_0033

珈琲はオリジナルブレンドが目玉なのでしょう、ドリンクメニューは

多いですが、珈琲の種類(豆)は少ないですね。


フードメニューも充実してます。
Img_0035

これだけあれば「お茶しよ!」だけじゃなく、がっつり食事も可能ですね。


奥さんがバナナパンケーキを注文。

Img_0061

100円でパンケーキ1枚プラスできます。


こちら、オリジナルブレンド。
Img_0077

カップもソーサーも清潔感のある白色の陶器です。

2枚目の画像にあるデザインをプリントしたらオリジナリティも

でるし、かっこよくなると思うけどどうでしょう?


オリジナルブレンドのお味は酸味苦味とも押さえ目の

飲みやすい珈琲でした。

ブレンド1杯380円は良心的だと思います。



《前川珈琲店のHPはこちら》