フォトアルバム

リンク

« 2015年3月 | メイン | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月29日 (水)

山里の美肌湯 平山温泉:風月

2015.4.29()。

なんやかやでバタついた4月ももう終ろうとしています。

今年のGWはお小遣いが無いので県外観光は出来ないなぁ・・・。


ならば県内再発見をテーマにしようか・・・と、

手始めに癒しを求めて山鹿の平山温泉まで行って来ました。



平山温泉は、加藤清正公もよく湯治に訪れていたと伝えられる、

由緒ある名湯で、はじまりは1300年以上前と言われ、肌にいい

お湯として古くから知られていたそうです。confident



そんな平山温泉を訪問するのは実は初めてで、今回伺った

“湯処 風月”さんは、最近テレビでの露出も増えてお客さんも多いようです。
Img_0321


温泉のタイプを選んで券売機で券を買うシステムでした。

脱衣スペースの清潔感は合格。

エアコンは60分100円也、扇風機もあり。

化粧水、乳液のブランドは資生堂でした。eye

Img_0303

ちなみに両隣のお風呂の声は良く聞こえますよぉ~!ear


お湯は毎回完全入れ替え制で、部屋に入るともうお湯が出ていました。

シャンプー、リンス、ボディソ-プは当然完備。

Img_0301


湯船にたっぷりと張られたお湯は本当に気持ちよさそうです。smile

Img_0304

それにしてもトロットロのお湯でお肌もすべすべになります。

美肌湯の謳い文句は間違いないようですね、多少硫黄の臭いは

しますがこれも温泉雰囲気を高めるのにはいいかも・・・。

お湯の温度もちょうど良く、水を入れることもありませんでした。


「再度訪問間違いなし!」ということでスタンプカードを作りました。

Img_0356

風月さんは3タイプ15種類の貸切露天家族風呂が選べて時間は60分です。

トロトロ、スベスベの泉質はとっても好きになりました。

「湯上りは、昔牛乳、今パピコ。」最高です。good


帰りの車の中のクーラーが最高に気持ちよかったです。



《湯処 風月さんのHPはこちら》



2015年4月28日 (火)

父と母に美味しい珈琲をご馳走したい : タオ珈琲

2015.4.26(日)。

黒木の大藤を見た帰りに山鹿市内のタオ珈琲に行ってきました。


この日は両親一緒だったんですけど、なかなか今の歳になって

珈琲専門店に行くこともないだろうと思って帰り道の途中で

美味しい珈琲を・・・と寄ったんです。
Img_0247


ここは「俺っちのおごりだけん。」・・・・と、

いつも両親にご馳走になってるくせに、自分がおごるときは力いっぱい

恩着せがましい俺っちなのです・・・。coldsweats01

Img_0230


ここのお姉さんは画になります。

Img_0234


パイ各種、どれも美味しいです。味見は既に済んでおります。delicious

Img_0238

なぬ?“砂漠のオアシスパイ”とな?

しくじった・・・次回訪問時には必ず所望いたす。


お決まりの「香りを高めるための一粒」健在です。

Img_0242

つどい街道という名のホットです。渋みは少なく酸味が心地よい

飲みやすいブレンドです。


ゆかりという名のアイスコーヒー、軽い口当たりはアメリカンのようです、

ブラックでもグビグビいけるほどの飲みやすさです。

Img_0243


今日はレモンパイを。アツアツで出してくれるんですよ!

温かいと口の中でレモンの香りがいっそうさわやかに香ります。
Img_0246

最近は郊外にハンドドリップのお店も出来てきているようですが、

ハンドドリップなら見えるところで淹れて欲しいと俺っちは思います。


両親がとっても美味しいと喜んでくれたのが何よりでした。

歳をとっても美味しいモノはわかるんだなぁ~。

次は何をおごってやろうかな・・・smile



2015年4月27日 (月)

2015年 黒木町の大藤まつり 

2015.4.26(日)。

今日は、八女市黒木町の「黒木町の大藤まつり」に行ってきました。

せっかく昨日、CanonnG7Xを購入したので撮れ具合を確認を兼ねて

持って行くカメラはG7X一本です。


どんな撮れ方をするのか非常に楽しみです。



白系のつつじも一輪一輪しっかり撮れてると思います。

Img_0111


天気が良かったせいか、空との区切りや輪郭もビシッとしてますね。

Img_0120


まず朝・昼食兼ねて山菜おこわ、地鶏炭火焼、しいたけ炭火焼、だご汁を

頂きました。

Img_0116


いよいよ大藤のある神社の境内に。

Img_0170


さわやかな春風に乗って香る藤の花の香りをお伝えできないのは残念。

Img_0172


G7Xで、奥行きのある撮り方で中ほどの藤に焦点して撮ってみました。

Img_0176


藤の花の手前に焦点して奥の花のボケ味をみてみました。

Img_0152

綺麗なボケ具合が出来ていると思います。

レンズと大きくなったセンサーとの合わせ技でしょうね。


絞った状態もイイですね。

Img_0182


今年の藤棚は去年に比べて花がだいぶん間引かれているように

感じました、整備するのもきっと大変なのでしょうね。

Img_0123


藤の花のカーテンはやっぱり綺麗ですね。

Img_0124

これも一花一花しっかり描写してくれていると思います。


去年ここを歩いた時は花が多すぎて薄暗く感じるほどでした。

Img_0190


タッチシャッターは即座にかつ的確に焦点をピントもしっかり決めてくれます。

Img_0185


藤棚のある神社を離れて造り酒屋の並ぶ通りを散策してみました。

Img_0223


酒樽の倉庫内に竹灯り。

Img_0215

かなり暗いところなんですが、明るいレンズのおかげで難なく撮れますね。


この並んでる陶器の器はどう使うのでしょうか?

Img_0220_2


こんな綺麗な飾りも飾ってありました。

Img_0212_2

ここも造り酒屋さんの内部でうす暗かったのですが、フラッシュなしで

よく撮れていると思いました。


「Canon Power shot G7X」、期待通りの活躍をしてくれそうです。


※来年の大藤まつりも両親を連れて行けますように・・・。confident




2015年4月25日 (土)

買っちゃいました:Canon Power Shot G7X

2015.4.25(土)。

しばらく前から、手持ちコンデジのs95の調子が悪かった・・・

オートフォーカスがピシッと決まらず、決まってもシャーッターが

タイムラグがあって切れるなど・・・。


撮った8割程はピンボケで、撮るテンションが下がっていました。down


それで今日は一念発起し、カメラの〇タムラへ行ってきました。

これまで何度もカメラ屋さんには足を運んで、触れてみて

結局残った候補はG1XmarkⅡとG1Xの二機種。

そうです、俺っちはキャノン党なのです。


で、最終的に決めたのはG7X。wink

Keyvisual

今回はあくまでS95の代替わりで持ち歩き重視の選択・・・

といってもS95より数段上のシリーズになりますけどね。


G1XmarkⅡはデジイチのサブ機として使うことになるから、

ライバルは結局EOS M3になるのかな?

こちらはまだちと先に考えることにします。think


新しいもの買うと箱から出す時が一番ワクワクしますね。

Img_1127


正面、上からといろんな角度見てもレンズが大きくなっているのが

カッコイイ良くてお気に入りです。

Img_1122_2



前機種に比べると、

センサーサイズが1/1.7から1型に大きくなったり、液晶モニターに

タッチセンサー機能があってタッチフォーカスやタッチシャッター機能がある

などたくさんありますが、詳しくは俺っちがいろいろのたまうよりキャノンの

HP見て比べて頂くほうがいいと思います。

レビュー記事もたくさんありますしね・・・。



ちなみにメモリーカードもSD8GからSDH16Gに

アップグレードしてみました。

こちらのパワーアップは実感できるかわかりませんけどね。

Img_1128


これからこれでデジイチのサブしてもらったり、食レポのブログにと

大活躍してもらうことになります。

よぉ~し、撮りまくるぞぉ~sign03





2015年4月16日 (木)

森の鎮守の神様の~♪ : 高宮神社

2015.4.12(日)。

長女が福岡で社会人生活を始めてまだ十日ちょっと。

なのにもう二週連続で終末は別荘(娘の住み家)暮らしの俺っち。

うぅ~んbearing、ちと親ばかが過ぎるか・・・とは思いますが。


この日は、娘の住み家の近くに高宮八幡宮という立派な神社が

ありましたので長女の身体健全、災難厄除などの祈願に行って来ました。


高宮八幡宮とは

【鎮座地】  福岡市南区高宮4丁目9-34

【御祭神】  神功天皇
        応神天皇
        玉依姫

【御創建】  1037年頃(寛仁年中)


で現在の西鉄大牟田線の高宮、平尾辺りの氏神様だそうです。


西鉄高宮駅から歩いて2、3分でしょうか、大きな鳥居がありました。

これが一の鳥居ですね。

Img_1112

この鳥居、黒田長政公寄進となっております。eye


これから山手に坂を上って10分~15分、道沿いの立派なお家を

拝見しながらだとあっという間に着きました。

(それにしてもこの辺りは素敵なお宅が立ち並んでおりました。)


参道の途中にある鳥居から。

Img_1106


まだ新しく、新築の香りのする御本殿でした。

平成19年、新築とのことでした。

Img_1107


良い天気、良い気候だったせいか、木々の間から漏れる光や風が

心地よく正に森の鎮守様といった感じがいたしました。


神社に参拝したとなれば、お決まりの御朱印。

Img_1114

しっかり頂きました。

長女の身体健全、災難厄除にご利益がありますように。



2015年4月 7日 (火)

至極の肉玉 : きわみやごはん

2015.4.4(土)。

オーヴォを見た後は、天神で長女と待ち合わせて昼食をとることに

しました。

場所は、俺っちの友人からハンバーグが美味しいとの情報で

天神パルコ地下の「極味や」というお店にしました・・・・が、


ここだ!と思って入ったお店は「きわみやごはん」でした。
Img_1058

店舗の上に「極味や」ってあるでしょ!これで間違えちゃいました。


「きわみやごはん」はハンバーグじゃなくて「肉玉」となっとる???

Img_1059


「標準は物足りないので量は追加したほうがいいです。」とのアドバイスが

あったので奥さんは標準(120g)で、俺っちは200gに増量してみました。


娘は ↓ をオーダー。

Img_1060


来ました!俺っちの肉玉。

Img_1061


一番外の一枚をめくると・・・

Img_1063

ご覧ください、この霜降りのお肉。幾重にも巻いて肉玉にしてあります。note


これを一枚一枚はがして円筒状の鉄板の上で好みの焼き具合に

焼いて食べます。

円筒状の鉄板は替えてくれるのであわてて焼かなくてもいいですよ。

ごはん+お味噌汁+サラダがお変わり自由な300円セットがお徳でしたよ。


次に娘のオーダーした中落ちカルビ重。

Img_1064

この中落ちカルビを絶品でした、脂、柔らかさ、炭火焼の香ばしさ

どれも文句な~し。


この記事書くときに分かったことですが、

同じパルコ地下に「極味や」と「きわみやごはん」とあるなんて・・・

友人情報はきっと「極味や」のハンバーグだったのね・・・。

そんなん知らんわぁ~。

人の多さと空腹で冷静さを失っていたようです。


「極味や」のハンバーグは近いうちに絶対行きます。


《「きわみやごはん」のHPはこちら》





2015年4月 6日 (月)

Present from the eldest daughter : オーヴォ

2015.4.4(土)

この日は、オーヴォ福岡公演を観にいってきました。

金曜日の晩から出発し、別荘泊・・・(娘のところsmile)です。


翌朝、別荘からは車を使わず電車で移動。

会場最寄となる地下鉄箱崎宮前駅の構内はオーヴォ一色です。

Img_1028


駅から歩いてわずか3分くらいでしょうか、特設会場に到着。

開場一時間前に着きましたがもうすでにお客さんがいっぱい。

Img_1057_2


開演30分前まではショップの周りをウロウロ。

今回の福岡公演には「ダイハツ」が冠スポンサーのようです、

会場に入ると正面にはとっても格好良いいコペンが・・・。

Img_1038


しばし見惚れる俺っち。

Page01


遅くなりましたがオーヴォについて少し解説を。

まず、【シルク・ド・ソレイユ】とは1984年に誕生したカナダの大道芸から

始まったサーカス集団で、生演奏、美術、振り付け、ストーリーに至る

全てにこだわり、世界的エンターテイメント集団へと成長しました。


次に、【オーヴォとは】、ポルトガル語で「卵」の意味だそうです。

草木の下の生き物達の小さくもたくましい「いのち」の躍動する姿を

圧巻のアクロバットと高い芸術性で表現したファンタジー作品です。


公演テント会場内は撮影禁止のため、俺っちの買ったパンフレット

からいくつかご紹介します。


これがオーヴォのイメージTOPフォトですね。

Img_1077


美しいクモが張り巡らせた巣の中央で体をくねらせコオロギを捕らえよう

魅了する場面。そのすっごい柔軟技は官能的で妖艶で美しくて・・・

「惚れてまうやろぉ・・・」。

Img_1094


クモのメイクをした女性メンバー、なぜか惹かれるものがあります。

Img_1088


大道芸ではおなじみの“中国こま”のことを「ディアブロ」というそうです。

テントの天井まで届きそうな高さに放つ技、高速なジャグリング、片手

倒立をしながらの技などどれもが完璧で一時も目が離せませんでしたよぉ。

Img_1093


蝶がさなぎからふ化し、つがいとなるまでを一本のロープを握りしめ

宙吊りのまま表現しています。

バレエを組み合わせた技の数々をスリリングな中にも華麗に披露して

くれました。

Img_1092
                                                                                                    

コオロギ集団の見事な空中技。

垂直の壁をトランポリンを使い疾走して駆け上がり、次から次へと繰り出

されるスピード感あふれる技や、縦横無尽なコンビネーション技の数々に

圧倒されます。

これが最高に楽しかったなぁ。

Img_1084


兵士のようなコガネムシのコスチュームを着た一群は、見たこともない

跳躍の高さと滞空時間の長さを披露してくれます。

また、受け止め役の男性たちの屈強でデカイ身体は異次元。

Img_1087


生演奏メンバー。

場面に合った音楽、タイミングピッタリの効果音、透き通るやさしい歌声

はBGMの効果音とは全く違った一体感を感じます。

Img_1096


感動のフィナーレ、天井から大量に舞降りてくる紙吹雪は全部蝶を

形取ったもので細かな演出も光りますね。

Img_1082


シルク・ド・ソレイユについては前から知ってはいたけれど、

前作(2011年、クーザ)のポスターがとってもインパクト強くて、

この頃からずぅ~っと気になっていたんですよね。

サーカスとは違う、ミュージカルとも違う、芸術性とパフォーマンスが

高い次元で融合したエンターテイメントでした。

行ったのが、最終公演日の前の日だったので、もうオーヴォは

仙台公演に行ってしまいましたが、次にシルク・ド・ソレイユが福岡に

来た時はまた是非行きたいと思います。