フォトアルバム

リンク

« 2015年2月 | メイン | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月15日 (日)

遠近両用生活のはじまり

2015.3.15(日)。

本日はauneビルにコンタクトレンズの調整に行ってきました。

俺っちもとうとう遠近両用生活に突入です。

近視用のコンタクトレンズは持ってましたが、運転の時はよくても

飲食店でメニューを見たり、本屋さんで本を探したり、カメラの

モード設定したりとなにかと老眼が邪魔してましたのでだんだん

メガネを使うようになってしまいました。


それで思い切って遠近両用用コンタクトにした次第です。

Img_1051

さあ、これを使ってどれくらいカメラのモード変換や魚釣りの時の仕掛け

作りなどどれくらい効果があるでしょうか・・・。


楽しみです。




2015年3月13日 (金)

「微妙ぉ~な進化。」 : 機種選定に困る編。

いやぁ~、今年の春、キャノンは気合が入っているようですね。

前記事のEOS M3はもちろん、ニューモデルも発表しました。


そのモデルはEOS 8000Dといいます。

Keyvisual_2 
8000Dのキャッチコピーは「NEW FACE.8000D」です。

KISSシリーズのエントリークラスでもなく70Dのような二桁モデルの

ようなハイアマチュアクラスでもなく・・・。

キャノンHPによるとプレミアムエントリーモデルらしい。

だから「NEW FACE.」、新しカテゴリーなのね。  

納得。think


とはゆうものの、俺っちは現在60Dを所有しているので、70Dに

買い換えるのが正常進化だと思うのですが、もう70Dと8000Dの

性能差は連写機能と多重露出撮影機能ぐらいでかろうじて上位

にいる様な感じがします。(70D所有の方ごめんなさい。)

80Dが発表されたらまた手の届かない価格になるんでしょうね。

俺っちみたいに70Dが買えない人にはとってもありがたい

機種なのですが、カメラマンの多い場所でのネックストラップバトル

を気にする方も多いと思います。

今後の4桁モデルに注目ですね。




次は800Dと同時にEOS KISS X8iも発表されました。
Keyvisualx8 
こちらはエントリークラスであるKISS X7iのモデルチェンジ版。

8000Dとは基本性能は一緒で本体がモードダイヤルなし、

液晶ディスプレイなしで価格差が5,000円程度。微妙ゥ~

現時点ではまだまだX7の存在意義の方があるような気がします。


どうせならX7をNikon D3300を越えるような進化のモデルチェンジ

にして欲しかったなぁ・・・と思います。


一眼最小を謳うX7の正常進化、これは来年お楽しみにしておきます。



なのに何故X7より大きくなっちゃったの?

今だったら価格のこなれたX7を買ったほうがレジェンド機を所有している

感じがしていいのでは?と思ってしまいます。




2015年3月12日 (木)

「待ってました~。」 : 納得のモデルチェンジ編。

突然ですが、春ってカメラのモデルチェンジ時期なんです。

ニューモデルもあれば進化モデルもあります。

そして今年の春はというと・・・

久々にキャノンさんにときめく年となりました。


現在所有のEOS 60Dが最新下位モデルに次々と性能を

追い越されてしまった今日この頃、ちと寂しい思いをしておりました。

だからといって買い替えるにもイマイチ物足りなさを感じたり、

値段が高すぎたりでなかなか現実的では無かったんですよね。

(おかげで物欲を押さえられていたわけですが・・・)


でもいよいよ「待ってました~。」のモデルが出ました。

それはミラーレス機EOS M3です。
M3
以前からミラーレス機は1台欲しいと思っていたんですが、

キャノン党の俺っちでさえ他社のミラーレスに心が傾きかけていましたし

さらにはキャノンのG1X、G7X等の素晴らしいコンデジの登場で

EOS M、M2は難しい立ち位置、残念な身の丈となっていました。



しかし、この春、EOS M3が発表されて俺っちは大いに喜びました。

その喜んだ理由、いくつかご紹介します。


一つ目は、モードダイヤルと露出ダイヤルが付いたこと。

Modedial_2 
これまでの機種はモードダイヤル無で、言ってみればコンデジ

みたいなデザインで、使い勝手も良くなさそうでした。

これで高級感も出たし、おなじみのモードダイヤルで使い勝手も

アップしたと思われます。



二つ目は、少しだけれどもハンドグリップが突き出ました。

Grip 
これは、実用性よりも見た目重視かもしれませんが

デザインは機種選定の大きなポイントですもんね。

これくらいなら小ささのアドバンテージも失っていないでしょう。



三つ目は、EVFが装着可能になったこと。

Evfdc1
やっぱりファインダーを覗いてじっくり撮りたいですもん。

そうそう、フラッシュもポップアップ式内蔵になりましたよ。


四つ目は、液晶モニターが可動式になったこと。

Tiltlc_2
残念ながら横方向には開きませんが下方向からの

撮影にはずいぶん使い勝手が良くなったものと思います。


これらの進化はマイナーチェンジというよりまさに「革新」。

オリンパスのミラーレス機に目移りしていたのをググッと

引き戻してくれました。


「こりゃ買っちゃうな。」のモードに入っている俺っちです。

皆さん、俺っちの誕生日は5月ですよ~。happy02


※この記事の画像は全てキャノンさんのHPより拝借しております。




2015年3月10日 (火)

丸一そば :人吉の繁盛店は納得のお味でした。

2015.3.8(日)。

人吉梅園の帰り、行ってきました。

前から行きたい行きたいと思いながらなかなか縁の

なかったお店なんですよね。


創業明治三十一年で現在四代目。

地元の方はじめ観光客で何時もいっぱいの繁盛店です。

当然お味もなかなかだとか。


今回始めて伺うのですが、最近店舗改装されたみたいでです。

Img_3540_2


駐車場はたっぷりありますのでご安心。

↓は駐車場からの入り口です。

Img_3539


とっても明るい店内で清潔感があっていいですね。

Img_3534


メニュー(表)です。

Img_3528


メニュー(裏)です。

Img_3529


俺っちは大ざるです。

Img_3533

太めの麺に結構色白のお蕎麦です。

つゆは濃いめの甘めで俺っちが大好きな味です。

薬味のネギが小さくみじん切りになっていたのも

お店独自の工夫ですね、口の中で爽やかにネギの風味が香りました。


奥さんは山かけかしわそばです。

Img_3530

かしわのダシもとっても美味しかったですよ。

とってもやさしい味でお出汁まで全部いただいた奥さんをみたのは

はじめてでしたよ。



量が少し控えめだったので「俺っちならざると温そばの両方食べれるな。」

と思っていたら、ざると温そばの両方を注文するお客さんが

何組かいました、その中には女性のお客さんもいましたよ。

メニューをよくみると二品セットなら100円引きですよって書いてある。

今度来たときは絶対にこれ!これしかない。


それにしても人吉には歴史のある美味しいお店、名店が多いですね。

次はどの季節に訪れようかな?



追記。

帰りの高速でハーレーの集団を見ました。

知ってる人は知っている、かの有名な・・・・です。

Img_3542_2

知らない人が見たら怖いかもしれませんが、

規律を守ったジェントルな走り様はさすがで、しばらく後をついて

走ってました。



2015年3月 9日 (月)

そば街道 : 四季の里 蕎麦 季里

2015.3.7(土)。

「日田おおやま 梅まつり」の帰りに南小国の方へ回って

お蕎麦を食べて帰りました。


目標は「朝霧の庄」だったのですが“もう終わりました”の看板

が掛かっておりショック。weep


気を取り直して、花郷庵まで行きましたが、Uターンして 「季里」さんへ

行ってみました。


せっかくなら行ったことのないお店にチャレンジ!


場所はそば街道の朝霧の庄と花郷庵の中間ぐらいですかね。


↓の看板がありますのですぐに分かると思います。

Img_1001


「四季の里・・・」ですか、確かに四季折々の表情が楽しめそうですが

今の季節は少し寂しいですね・・・。やはり紅葉の季節が最高でしょう。

Img_0999


駐車場も広く、玄関まで落ち葉を踏む音を楽しみながらどうぞ。

Img_0994


お店の中は古民家風で(本当に古民家かも)落ち着いた雰囲気。

また写真の右手には川の流れを見ることが出来ます。

Img_0975

囲炉裏のあるお部屋もありまして、こちらはお客様が多いときは

合席をお願いしているのだとか・・・それにしても囲炉裏・・・欲しいです。


それでは、お品書き。
Img_0976

ん~、俺っちには手が出ないメニューですな。


俺っちはやっぱりこっち、単品で十分ですね。
Img_0978


一品料理もお蕎麦屋さんらしいですね。
Img_0979


さあ、俺っちのざるそば。ちなみに大盛りはやっていないとのことでした。

Img_0980

コシの強い細麺で、のどごしがつるんとなんとも心地よいです。

ダシは濃い目の辛口でした。


奥さんはとろろそば。

Img_0988

こちらも細麺で、とろろをまとって口の中でダシの風味が広がります。

色は薄いですがコクがあって濃いお出汁でしたね。

かつおのダシとは違っていましたので、鯖とか宗田節なのでしょうか?

特徴のある美味しいお出汁でした。


こちらの蕎麦湯もけっこうなトロ味で俺っちは好きでしたね。

Img_0989


この日はあいにくの天気で気温も下がってましたのであまり

川を見る気にはなれませんでしたが、夏季にはきっとやさしい涼風と

せせらぎを楽しめそうです。

Img_0996


いまは落葉してしまっている木々が春、夏、秋と変化していくのを

見るのはきっと楽しいでしょうね。

それぞれの季節に再訪して、いろんな雰囲気を味わってみたい

ですね。


《 四季の里 蕎麦 季里さんのHPはこちら》




2015年3月 8日 (日)

人吉梅園 : 梅花には青空がやっぱり似合う

2015.3.8(日)。

今日は昨日に打って変って春を感じる暖かい日でした。

空も久々に青く綺麗な空でしたね。

昨日、これだけ天気が良ければ・・・と悔やまれますが

今日は天気が良いので気持ちを切り替えて別の梅園に行って

みることにしました。


両親とも一緒だったためちょっと出遅れて、正午過ぎに人吉梅園に

到着しました。

Img_0909

もう、駐車場はいっぱいでした。


「梅まつり」は3月1日までで終わっていましたが、露店はいくつか

出ていましたね。

Img_0913


結構な斜面に綺麗に管理されて梅の木が植えられています。

Img_0914

梅の実の収穫は体力が必要そうですね。


白い梅と赤い梅のコントラストは綺麗でした。

Img_0995


山間のずいぶん上のほうまで綺麗に植えられていました。

Img_1038


しだれ梅はピン系の花が細い枝にたくさん咲いて
重みで下がっています。

Img_0948



Img_0977


梅の花のバックはやっぱり青い空がいいですね。

Img_0944


空が青いと写真もとってもきれいな仕上がりになると思います。

Img_0970


すっきり綺麗な青がバックだと撮るテンションも上がります。

Img_0972


今日はメジロさんはいませんでしたが・・・

その代り、ミツバチさんが大忙し。

Img_1013


ここの梅園は、遠くから観光として来ている人たちよりも

家族やカップルがお弁当作って敷物しいて・・・っていう感じの

人たちが多かったですね。

ほのぼのした感じでいいところでした。




2015年3月 7日 (土)

日田おおやま 梅まつり

2015.3.7(土)

今週末は天気がよくなさそうですが、

明日はどうなんでしょう。


今年も八女立花町の観梅会に行くつもりでしたが、天気が悪いまま

終了してしまいました。


なので、何処か梅の名所はないかいな?

と日田おおやま 梅まつりに行ってみることにしました。

000023613


自宅からは1時間半程で日田ひびきの郷には到着しました。

Img_0739


車から降りると梅の香りが辺り一面香ってました。

Img_0830


あいにくの天気で青空をバックに撮れませんでした。

Img_0817


今が盛りの木は大木が多く、50年~60年くらいのものらしいてす。

Img_0810


これだけ花が咲いているといぃ~香りがします。

Img_0788



Img_0839



Img_0833


しだれ梅のみごろは来週くらいですかね?

Img_0841


紅の濃い梅も綺麗ですね。

Img_0776



Img_0793



Img_0785


ひびきの里一帯は個人の梅畑がたくさんあるのですが、若木の畑は

まだまだ咲いていない畑も多く、これからが見ごろかもしれません。

Img_0866


綺麗に管理された梅畑、見ごろに時期はさぞ綺麗でしょうね。

Img_0964


メジロもたくさんいましたが、望遠の距離が少し足りませんでした。

Img_0856


梅の花の蜜って、梅の味がするのでしょうか?

梅ジャムや梅酒みたいな・・・。

Img_0896

メジロさんに聞いてみたい・・・。happy01



最後にひびきの郷「おおやま夢工房」に寄ってみました。

二階には梅酒工場がありました。

それから、物産館にはおよそ不釣り合いな「進撃の巨人」

Img_0972



Img_0971

納得。

でも「進撃の巨人」を知らない年輩の方はちょっとびっくりしていました。



ま、今日はあいにくの天気で写真撮るにもテンションは

上がりませんでしたがどうにか梅の香りにもあやかることが

できたので良しとしましょうかね。


来週末あたりが本当の見頃だと思います。



2015年3月 1日 (日)

くまもと山鹿 百華百彩 Part2

前回に続くPart2をお送りします。


今回は金剛乗寺をメインに撮った写真を張りますね。

似たような写真があってもご愛嬌でお願いします。


金剛乗寺に行くと竹のプジェと蛇の目傘のライトアップでお出迎え。

Img_0663


素敵ですね~。言葉がありません。

Img_0673


↑の写真と↓の写真、皆さんわどっちが好みでしょうか?

Img_0674



Img_0678



Img_0681


紫、いい色です。

Img_0684


手水鉢にライトアップされた椿と梅。

Img_0695


角度が違うと同じ場所でも雰囲気が変わります。

Img_0715


BGMは去年と一緒で「鬼平犯科帳」のテーマ

ジプシーキングスのインスピレーションという曲です。

Img_0716



Img_0725


このお店の赤い蛇の目傘、ここだけで何枚撮っただろう?

Img_0726


暖を求めて行ってみましたが・・・

Img_0616

皆さん考えることは同じようで・・・満席でした。

Img_0729


金剛乗寺に入ると聞きなれたBGMが聞こえてきました。

聞きなれた曲ですが、和傘や竹灯りのオブジェが幻想的な雰囲気を

醸しだしロマンチックでさえあります。



最後に撮りためた写真でスライドショーを作ってみたので

見てください。

写真の画角をできるだけ壊さないために4:3で作ってみました。

2015 山鹿灯篭浪漫 百華百彩
YouTube: 2015 山鹿灯篭浪漫 百華百彩