フォトアルバム

リンク

« 2014年11月 | メイン | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

ハンドドリップにこだわるお店 : 星乃珈琲


そんなハンドドリップの珈琲をいただけるお店「星乃珈琲」さん

に行ってきました。

白山通り店はいつもいっぱいで機会が無かったんですが、

今回行ったのは光の森店です。

こちらもオープン以来ずっとお客さんが多くて誘導員の方が

いつも駐車場整理に当っている人気店です。


コーヒー、COFFEじゃなくて「珈琲」好きです。
Img_0142


なんと、食べ物も豊富で全部俺っちの好物ばかり。

Img_0139


メニューです。やはりハンドドリップがウリですね。

Img_0119


店内の雰囲気はお客さんが多くて遠慮したのでメニューの表紙を。

Img_0127


星乃ブレンド、程よい酸味でわずかな深煎り感。(俺っちの主観だよ)

Img_0132

ゴクゴクいけるタイプの珈琲で俺っちは大好きです。


奥さんはイチゴのタルトといっしょにセットで。

Img_0133

イチゴのタルト、無条件に美味しいでしょ。

珈琲とケーキのセットは女性には定番ですね。

俺っちにも定番ですけど。smile


自宅からも近いしこれからちょくちょく通うことになりそうです。



《星乃珈琲さんのこだわりをHPで見てみよう!》



お好み焼 : 「まる鉄」さん

今日は何食べようかな?

などと思いながらウロウロしているときに粉モン屋さんの
ソースの香りがしてきたらイチコロですよネェ。
これにはそそられますよねぇ。

ということで、今回紹介するのは、お好み焼き、鉄板焼きの
「まるてつ」さんです。
Img_3300


こちらがメニュー、定食もあります。
Img_3283


お好み焼きメニュー。
Img_3288


鉄板焼きメニューも。
Img_3289


焼きそばも。
Img_3290


あと、ランチとか・・・。
Img_3291

ちと、メニュー紹介がくどくなりましたが、「お好み焼きだけじゃないよ。」
ってところを知っていただきたくて・・・。


「まる鉄」さんは、初めての紹介なんですが、実は何度か訪問
していて、その度に写真も撮っていましたので、
今回、一挙公開しまぁ~す。


まずは、定食メニューの“ジューシー豚バラ鉄板焼定食”。
最初に来たのはサラダ。
Img_3293


お次は、お盆にのってご飯とお味噌汁。最後にメインの豚バラ
が来て、全部揃いましたぁ。
Img_3297
んっ?、メインの豚バラが小さく写ってよく分かりませんが・・・


次にモダン焼き。
Img_3298


もやしと麺がギュッツっと詰まって食べ応えあり。
Img_3299


こちらは“えび玉”だったかな?
Img_3473


中は“ふわとろ”でとにかくエビがたっぷり。
Img_3478


このお店のイチ押し商品と思われる、“花まる玉”1,000円也。
Img_3476


生地にはかなりの山芋が使われてそうです・・・
異次元のふわふわさですよぉ。
たくさんの貝割れがアクセントになって食感は“しゃきふわ”です。
Img_3477
野菜が多いのでボリュームがあってもペロッといけちゃいます。


当然お味もグゥ~good


どのお好み焼きもフワフワ生地にやさしいソースでとってもオススメな
粉モンのお店です。



《まる鉄さんのひごなび情報はこちらで!》



侮るなかれ、出汁入り鶏がら醤油ラーメン : スシロー

いろいろラーメンを紹介していますが、ラーメン専門店

じゃなくても「おっ」と思わせる美味しいラーメンを出してくれる

お店が稀にあります。


今回はそんなラーメンを紹介します。


スシローの“出汁入り鶏がら醤油ラーメン”です。

Photo

スープは鶏ガラ、魚介類のどちらも感じることが出来るゴクゴクいける

ほど旨いスープ。一発で気に入りました。

麺は若干のちぢれ麺。

ネギ、チャーシューに水菜とトッピングは少なめですが、

シャキシャキした水菜はよい感じです。

スープの味のおかげでしょう、寿司を片手に合うラーメンです。


これで驚きの280円+税 也。

皆さんを一度試してみてぇgood

店主のこだわりが凝縮 :虎之助ラーメン

ウチの近所にある「らぁめん虎之助」さん。

なんかこだわりの怖いおじさんがやっていそうな雰囲気で

なかなか行けなかったお店。

Img_5168


メニューは豚骨、塩の2種類とから揚げ付きのセット。

Img_5160


こちら豚骨らぁーめん。分厚いチャーシューがいいですね。

Img_5162

スープは結構濃厚な気がします。

マー油が浮いていて熊本。

中太のちぢれ麺です。


半熟卵がまるまる1個入ってます。

Img_5164


から揚げも下味にこだわってるみたいですね、塩でいただきます。

Img_5166


こちらは塩らーめん。

Photo11

あっさりスープにひき肉(そぼろ)が結構な量入っていて

コクを出してあります。

もやしやゴマの何気ないトッピングがいいですね。

スープは最後までいただけるぐらいすっきりしています。


≪くまもとナビに載ってます≫




逆さ看板が元に戻った? : いっぷくらーめん

最近はひっくり返った“いっぷく”も

まともになった看板、「なにかあったのかな?」

Img_5125


メニューはこちら、種類、バリエーションが豊富です。

Img_5120


ランチにはセットがいいな。

Img_5121


とりあえず、基本形。

Img_5124

なんとなくメニューの写真とはビジュアルが違うような・・・

まいいっか。

味はこってりスープに黒マー油のパンチが効いてます。

麺は中太面で粘りは少なめの玉子麺、自家製麺だそうです。

オーソドックスで550円はありがたいですね。

御馳走様でした~。


≪いっぷくラーメンさんのHPはこちら≫




2014年12月23日 (火)

Canon EOS Kiss X7が気になってしょうがない件。

前回の記事でカタログ比較して・・・

ネットでレビュー記事見て・・・

妄想して・・・

と書きましたが、具体的にはですね・・・

これまで60D愛用だったので当然70D、7D MarkⅡ

あたりが目標ですが、7D MarkⅡは高嶺の花ですし、きっと

機能も持て余します。

だから、次期は「70D」がいいなぁ・・と思っています。


しかし、先日、カメラのキ〇ムラにいっていろいろカメラ触ってたら

ある機種を手に取ったとき雷に打たれたのです。


その機種とは「Canon EOS kiss X7」です。

これまでに世界最小・最軽量をうたい文句にしていた機種で

小さいのはわかっていたんですが・・・

実際に持ってみるとその小ささに衝撃を受けました。

Smallbody

※キャノンさんのHPより拝借しております。


以前から、奥さん用に

「SX50HSを卒業させて一眼デビューするにはちょうどいいじゃん。」

と思っていたんだけど・・・

それに店内展示は↓の写真のように本体+パンケーキレンズ付。

Lensimg 
※キャノンさんのHPより拝借しております。


本体にパンケーキレンズ。eye

ん~、かっちょいい。なんか玄人っぽい。

「こんなサイズ感でデジイチを持ち歩きたい。sign03

と強く思いました。

現在は、EF-S24mm F2.8 STMっていう、より広角の

単焦点レンズも出てますしね・・・。

社外だとシグマの30mm F1.4 EX DC HSMあたりもよさそう。


「こりゃ、600Dの後継機より先にサブ機として欲しいばい。」lovely


発売されて時間も経っており、値段もこなれているので

近いうちになんとかなりそうなんだけどなぁ・・・・。


その時は、奥さん用といいつつ60Dのサブ機で実質

俺っちのものになるなぁ・・・smileヘヘヘ。




2014年12月19日 (金)

レリーズ回数が10,000回を越えました。

師走に入ると公私共にいろいろ忙しくって、

なかなかお休みの日も思ったように遊べませんcrying・・・。

それで記事になるようなおでかけフォトも撮ってなくって

ブログ更新が滞ってます。


そんなときは何を記事にしようかって迷いますが、何のことはない

日頃思っていること、考えてることを記事すればいいんですよね。flair


ということで今回はタイトルのとおり、カメラのことを記事にします。


俺っちの愛機はCanon EOS 60D。

発売当時のCMで、渡辺謙さんの「趣味なら本気で」の

キャッチコピーに触発されたのが大きかった・・・

Ken_03※当時のキャノンさんのHPより。 

このキャッチコピーが当時40歳半ばの俺っちの琴線に触れたのでした。

 
いや、同僚(って誰?)の影響が大きかった・・・が正解。イヒヒsmile


一念発起の“デジイチデビュー”となったのは2011年2月22日でした。

100825canon60d ※当時のキャノンさんのHPより。

バリアングル液晶は物欲を十分に満たしてくれましたし、

仕事から帰宅して拭き拭きするのが楽しみでしょうがなかったのを

覚えています。


そして先日、出水市のツルを見物に行った日、

ついにレリーズ回数、10,000回を越えたのでした。

カメラの耐久性としては10万回の以上あるらしいけど、

問題は経過年数ですね。

さすがに4年近く経つと、機能や画質面で下位機種からの

追い越されている部分が多いのではないでしょうか?


画質はね、俺っちの場合APS-C機なら違いは分からないだろうけど

機能や使い勝手の向上にはどうにも物欲を隠しきれません。


タッチAF/シャッターはどうにも気になります、

コンデジには中級クラスにまで普及してきてますしね。

まずピントはずれが無いように思いますし、同じ構図で

ピント位置を変えて何枚か撮るには気軽でしょうね。


それからライブビューのAFの遅さは、俺っちにとって60Dで

唯一といっていい我慢ならない部分です。


カメラ屋さんで新機種をいろいろ触っていると

KISS X7でさえススッとすぐにフォーカスしちゃいます。


ま、今年の冬ボーナスも思ったほど残りませんでしたし、

しばらくは買える日を楽しみにカタログ比較やネットで

レビューを読みあさって妄想にふけることにます。



2014年12月12日 (金)

ミニうさぎが可愛いすぎる件。

ずいぶん前にウチにやってきた新しい家族、

ミニうさぎの「スゥーモ」くんのことを記事にしましたが

その後、記事にしてなかったですね・・・・


ウチに来て早3ヶ月、元気ですよ、そしてカワイイです。

食欲も旺盛でいたずらもちゃっかり・・・です。

Img_0492


表情と仕草が愛くるしくてたまりません。

Img_0493


“隙間”が好きなようで、もぐっては反転して顔だけ出してみます。

Img_0488111


高いところも一っ飛び、惚れ惚れする跳躍力です。

Img_0479

机の上も荒らし放題。机上のもの全部が興味の対象のようで・・・

とりあえずかじってみて、引っ張ってみないと気がすまないようです。

片付けが下手な娘の部屋はアスレチックフィールドと化しています。


お気に入りのいたずらはティッシュを取り出すこと・・・。wobbly

Img_0490

すっごい速さでティッシュを引っ張り出します。

それはそれは思わず見とれてしまうほどの早業なのです。


「こらっannoyスゥーモ。」 

Img_0491


・・・怒られた時の逃げ足もさすがに速いです。happy02


ミニうさぎがこんなに可愛いかったなんて・・・

癒されます・・・。confident


撮影はすべてiphonedeです。





2014年12月 3日 (水)

モヒカンラーメン

開店してちょうど1年たったでしょうか、開店して一時のような

長蛇ではなくなったものの、まだまだ行列が出来ています。

久留米ラーメンを看板にするモヒカンラーメンさん、

行ってきましたよ。

Img_5288


なるほど、食券を買うパターンね。

Img_5275


サイドメニューや替玉は食券買い忘れてもOK。

Img_5277


来ました、基本形ラーメン。真ん中に辛子味噌乗ってますね。

Img_5283

ストレートの細麺は久留米ラーメンの定番ですね。

あっさり目の豚骨スープも辛子味噌を溶かせばコクが増します。


とんこつ飯はこのお店のオリジナル。

Img_5281

少し味付けが大人しいようです。

もっとガツンととんこつを効かせてもいいような・・・

きっとラーメンとの相性を考えてこの味に収まったのでしょうね。

熱々の鉄板に焼かれたとんこつスープで香ばしさアップは

美味しさアップですね。


お店の名前どおり、男性店員の方が全員モヒカンなのには

驚きました。

個性的ですが、ラーメンのお味は堅実なお店でした。


《モヒカンラーメンが知りたい方はHPを見てね》