フォトアルバム

リンク

« 2014年10月 | メイン | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月27日 (木)

絶景海辺のおそば屋さん : 遠見のそば屋

2014.11.23(日)。

出水のツル、曽木の滝を訪れる前にお昼に寄った

お店を紹介します。

水俣市にある「遠見のそば屋」さんです。


以前からブログなどでチェックしていたんですけどね、

水俣はやっぱり遠いです、何かのついでにと思っていました。


このお店のウリはおそばだけでなく絶景もウリとのことで楽しみです。


駐車場に車を止め、右手の海側に下りるところに看板?があります。

Img_0415


なかなか趣のある坂道ですね、時代劇の空間です。

Img_0417


お部屋は囲炉裏と薪ストーブがあり、天井も高く古民家風です。

Img_0419

海側の個室も2部屋ほどありましたね。


メニューはいたってシンプルです。

Img_0418


ダシの効いた卵焼き、卵の濃厚さと、苦味が利いていて鬼おろしで

おろしたような大根おろしがいいですねぇ~。

Img_0427


俺っちはせいろを注文。

Img_0430

太めに打って、かために茹でてあります。

蕎麦の香りは強いほうですかね・・・新蕎麦でしょうか?

つけ汁はカツオダシの効いた濃い目で、ちょっと付けでも十分

美味しかったです。蕎麦湯を入れると一段と美味しかったですよ。


そうそう、せいろは生わさびを摺って薬味にします。

Img_0426

強すぎない辛味がゆっくりと鼻の奥に広がります。

口の中は不思議と甘みさえありました。


奥さんはおろしそば。

Img_0432

温かいおそばのダシはとっても美味しくって、ぐびぐびいけます。

山芋は粘りと香りが強く、ダシに溶けてしまわない、しっかりした

山芋でした。


食後にお庭を拝見させていただきました。


山深い場所のお蕎麦屋さんはよくあるけれど、海辺のおそば屋さん

って珍しいような気がします。

それもこんな絶景で・・・

Img_0438


この絶景をお伝えできない写真の腕が憎いぜ!

Img_0439


外は暖をとって食事できるよう薪が焚いてありました。

Img_0440


女性同士のお客さんが多かったのもきっとこのロケーションを

お目当てに来たんでしょうね。

食後にぜんざいも食べときゃよかったなぁ~、

女性は外しませんよねぇ~、甘味処。


でもこれで長い間いきたいと思っていたお店の一つを帳面消し

することが出来ました。

この地域の美味しいお店を探しとかなくっちゃいけませんね。


《食べログ見て、“遠見のそば屋”さんのこともっと知ろう!》



2014年11月25日 (火)

今年の紅葉はこれで最後 : 曽木の滝

2014.11.23(日)。

出水のツル観察センターを出たのが午後4時前。

これから「曽木の滝公園もみじ祭」まで行きます。

曽木の滝公園の紅葉と滝のライトアップが綺麗だそうです。


当日、臨時駐車場から公園までは無料シャトルバスがある

とのことですが、臨時車場の利用時間は午後4時までとなって

いて、「じゃぁ、ライトアップの時間帯はどうするの?」と思いつつ

何も分からずとりあえず公園を目指します。


ところが、公園手前1.9kmからこの状態。

車を降り、山陰に消えていく人もちらほら・・・。

お察しします、我慢できなかったのでしょう。think
Img_0457

路肩駐車はしたくないし・・・・

ま、大相撲九州場所でも見ながら渋滞解消を待つことにします。
(おかげで中入り後から白鵬優勝インタビューまで見ちゃいました。)

駐車場に着いたのが1時間40分後、

俺っちもずいぶん気が長くなったもんだ・・・。


駐車場につくとたくさんの夜店が出ていて渋滞疲れも忘れ、
気分が盛り上がります。

Img_0482


まずは曽木の滝のライトアップから見ることに。
(あっ、1番最初にしたことはト・イ・レです。)

Img_0411


ピンク、イエロー、ブルーのライトに照らされて・・・ちょっとびっくり。

Img_0398


瀑布もライトに浮かび上がっていました。

Img_0443

俺っち、「まるでバスクリン流したみたい。」と失言。

周りの失笑を買っちゃいました。happy02sweat01


さあ、滝のライトアップを堪能したあとはいよいよ紅葉です。

公園のもみじはとっても背が高いんですね、見栄えがします。


もみじのトンネルを歩きます。

Img_0371


紅葉した木々がとても綺麗です。

Img_0348


木の上からのライトアップはまた違った表情になりますね。

Img_0379


もみじの幹の伸び具合もなんとなく芸術的に思えます。

Img_0434


周りより一層濃い赤の紅葉はやっぱり目を引きますね。

Img_0438


たくさんの人達が見上げて写真を撮ってました。

Img_0472

 
なんか似たような構図と雰囲気が多いですね。

Img_3446




「おっ、ここだ」と思いながらシャッターを切ったんですけどねぇ・・・

出来上がりがあまり変り映えがしません。despair

Img_3449


もみじの大木の上のほうは緑の部分もありましたが、

全体的には全盛を過ぎたあたりだったのかもしれません。

Img_0417


もみじの木が高いのでなかなかいい接写はできませんでした。

程よい高さの枝にはカップルが群がってたもんなぁ・・

Img_0358


渋滞無く到着していれば、ぎりぎりライトアップ前の紅葉も見れた

のかもしれません。

ライトアップされた所ははもちろん綺麗ですが、全体の雰囲気を

掴むのは難しい気がします。

きっとライトアップ前の紅葉も素敵だったのは容易に想像

できますですけどね。confident


次回は早い時間帯に違った表情の紅葉を見に行きたいと思いました。

渋滞を避けて・・・ですね。



2014年11月24日 (月)

出水市のツルを見物に行ってきました。

2014.11.23(日)。


1万羽以上のツルが渡来する鹿児島県出水市。

ここは島津藩が干拓を終えて十数年経た1700年頃から

ツルの渡来が始まったそうです。

現在、「特別天然記念物鹿児島県のツルおよびその渡来地」の

指定を受けて保護されており、出水市の冬の風物詩となっています。


そのツルを見物しようと「ツル観察センター」にやって来ました。

Img_0451

このツル観察センターの屋上展望所からツルを見物します。


すごい数のツル達です、鳴き声もスゴイ。

Img_0262


一心不乱に餌をついばんでました。

Img_0260


水を張った田園にはカモたちもいました。

Img_3151


色が薄いグレーで目の周りが赤いのがマナヅル。
羽の色が黒っぽく頭頂部が赤いのがナベヅル。

Img_3165

ツルは夫婦、子供2羽の計4羽で行動することが多いそうです。

Img_3221左の頭が白く、目の周りが赤くなってないツルはマナヅルの
子供のようです。


真ん中の変わった色をしたツルは1万羽以上のうち数羽しかいない
カナダヅルのようですね。

Img_3326


ナベヅルの飛んでる姿です。

Img_0270


ツルの飛ぶ姿は優雅です。

Img_0271


こちらはマナヅルの飛ぶ姿ですね。

Img_0251


滑降する姿はまるで戦闘機、ロシアのSu-27を連想します。

Img_0253


ツルはしょっちゅう飛んでくるので、観察するには暇がありませんが、

Img_3399

撮影しようとするととても難しいですね。


【追記】
①一眼だと400mm以上の望遠が必要だと感じました。
 300mmだとちょい不足、トリミングが必要です。

②SX50HSも使ってみました。餌をついばむ姿を写すには最高
 でしたが、飛んでる姿の撮影はNGでした。
 とにかく、デジタルズームでは飛ぶ姿に追随できません。



 

2014年11月19日 (水)

紅葉を求めて豊後路 3-3 用作公園のライトアップ

2014.11.15(土)。

この日、昼から家を出発し原尻の滝、岡城跡を

夕暮れにかけ見物したのは、ここを訪れるために時間を

逆算したためなのでした。

それは・・・

用作公園のライトアップです。


駐車場はまだ幾分か空きがありましたが、三脚担いだ

おじさんたちの殺気立っていること尋常じゃない。


その答えはすぐに分かりました、これです↓。

Img_0372

ひぇ~、これでライトアップ30分くらい前でしょうか。

俺っちここに訪れるの初めてなので少々圧倒されましたが

端っこに陣取らせていただきました。


暗くなる前にライトアッ~プ。まだまだ効果はわかりません。

Img_0186


陽が沈み、周りが闇に包まれると紅葉した木々が浮かび上がります。

Img_0204


良い感じです、お客さんも増えたようです。

Img_3121


赤系は見頃、黄色系は青葉のものも多かったですね。

Img_0210


池の水面もくっきりと景色を反映しています。

Img_0213

空が暗く写るようになったら止め時ですかね。

Img_3141


いつまでも居座るカメラおやじにはなりたくないし・・・

Img_0234

若いカップルに「どうぞ!」と場所を譲り、喜んだ彼女の笑顔に

満足して帰る俺っちでした。

《用作公園の情報は豊後大野市観光HPで》



追記
①先日の佐賀バルーンフェスタでシャッターのリモコンを紛失、
 タイマー撮影でピピピピピッとなるのが恥ずかしくてシャッター
 を手押ししてせいかブレた写真が多かったですね。

②若モンはもっぱらスマホ、カメラ女子はミラーレス一眼、
 三脚使用の方達はフルサイズ機、圧倒的に5Dが多かったですね。
 俺っちも欲しいなフルサイズ。6Dでいいから・・・。

③レンズはやっぱり広角望遠が圧倒的。フルサイズの人達って
 同じ24mmでもすごい広角なんだろうなぁ。どれだけ違うか
 覗かせてもらえばよかったなぁ・・・。

④ウチに帰って知ったのは、タイマーに2秒というのがあるってこと。
 どうやるんだ?また勉強。

⑤帰り道、波野の電光掲示板は4℃を表示。どうりで冷え込んだ
 はずだ。俺っちって風邪ひいてたんじゃなかったっけ?



2014年11月18日 (火)

紅葉を求めて豊後路 3-2 岡城跡の紅葉

2014.11.15(土)。

原尻の滝を後にして、約10分。

来た道を戻ります。

次に訪問したところは「岡城跡」です。

さあ、ここの紅葉はどんな状況でしょうか?


入城料として300円を支払います。しおりと巻物がいただけます。

巻物はミニ掛け軸になります、良い記念品ですね。


大手門への上り坂を左に曲がると正面に大きな
もみじの木がありますが・・・紅葉はまだまだのようです。

Img_0062


それでも、城内石垣の上には燃えるような赤に染まった
もみじの木もありました。

Img_0078


単色もいいですが、赤と黄色のコントラストがやっぱりいいですね。

Img_0084


今が盛りの木々もたくさんありました。

Img_0093


傾いた陽が照らす木々にはいろんな表情の紅色があり綺麗です。

Img_0097


石垣の間を歩く頭上には紅葉のトンネルが出来てました。

Img_0103


まるで白滝川に飛び込まんばかりに石垣から突き出た紅葉。
(石垣は崩れないかな?)

Img_0137


二の丸あたりの紅葉は素晴らしかったですね。

Img_0145


二の丸にはかの瀧廉太郎氏像もあります。

Img_0156

このお城、氏が作曲した「荒城の月」の舞台になったのは有名な

お話し、当時は今みたいに整備はされてなかったのでしょうね。


まるで天空目指して伸びるかのような枝達。(おっと!足元注意sweat01

Img_0153


一番最初の画像に出てきたもみじの木を裏側から撮ったものです。

Img_0178


秋の岡城跡には初めて訪れました。

紅葉の見頃には一週間早かったかなという感じですが

それでもとっても綺麗でした。


竹田の市街地を見下ろす山城は難攻不落を今に伝える

城跡でした。

その石垣郡は、見慣れた熊本城とはまた違った情緒ある

お城でした。



《岡城跡とはこんなお城ばい》



2014年11月17日 (月)

紅葉を求めて豊後路 3-1 原尻の滝

2014.11.15(土)。

この日はとってもいいお天気でした。

青い空が綺麗で、空気も冷たく凛とした朝でした。

俺っちの風邪の方は芳しくありませんが、家にいるより気分転換

になるかな?運転は奥さんも出来るし・・・と外出を決意。


ちと遠いですが豊後竹田辺りが紅葉が良い頃でないかと

行ってみました。


阿蘇一の宮の滝室坂はまばらな紅葉で少し早いのかな?

まずは豊後路を原尻の滝へ。

Img_0009

着いたのが午後2時頃でもう日が傾き始めていたので

ほとんど逆光状態、でも川面のキラキラは綺麗でした。


原尻の滝周辺には実は広葉樹は少なかったんですね。

Img_3061


それでも銀杏は綺麗な黄色を見せてくれていました。
(おかげでくっちゃいくっちゃい。)

Img_0022


ふむふむ、岩の縦割れによってできた滝とな。think

Img_0032


滝の反対側には渡りながら滝が望める“たきみばし”があります。

Img_3032


頑丈そうに見えて結構揺れるんですこれが。(橋の中央から撮影)

Img_3067


柿もいい頃合に熟してます、晩秋ですねぇ~。

Img_3052


俺っちも奥さんも原尻の滝を訪れるのは初めてでした。

バイクツーリングにいつも候補に挙がってたんですけどね、

なぜか行きそびれてしまってました。


町内放送で午後3時のチャイムが鳴ったので

そろそろ次の場所に移動することにします。



《原尻の滝情報は豊後大野市観光協会のHPで》



2014年11月15日 (土)

新そばはとっても香り豊か : 吾亦紅~われもこう~

2014.11.2(日)。

久住高原ロードパークに紅葉を見に行く前に

南小国町でお蕎麦を食べることに。


今まで一度も行ったことのないお店に・・・と決めて

「吾亦紅」さんにいきました。

そば街道の入り口にあるお店でいつもお客さんが

いっぱいのお店です。


表の外観です。駐車場はこの裏手にあります。Img_0245


綺麗な水が水量豊かに流れています。Img_0244


店内はこんな雰囲気。テーブル席が多くかなりのキャパがあります。Img_0265


初めてのお店は人気のセットで決まりですね。Img_0252


俺っちがざるそばで。Img_0256

色白なので二八でしょうか?

新そばなので蕎麦の香りがとっても香ります。

「やっぱり新そばって違うんだ。」って分かりますよ。

つけ汁は少しからめになるかな?・・・。

奥さんがとろろの温かいのの大盛り。

大盛り分は俺っちが食べるのですよ、誤解しないでね。


父親はきのこそばの単品。Img_0258


母親は地鶏そばの単品。
Img_0259


セット共通のそばがゆです。Img_0260

とっても蕎麦の風味が豊かで、ほんのり甘いかゆです。


吾亦紅セットにつく葛きり。Img_0261

葛きりは黒蜜でいただきます。

食後にちょっとした甘いものはホッとしますね。

Img_0263

そばは石臼挽きにこだわっているというこのお店。

綺麗な空気と綺麗な水は美味しいお蕎麦の必須条件なの

でしょうね。

行ってないお店がまだまだあるので開拓しなくっちゃ・・・です。


追記
このお店は、店員さんがかなりテキパキと働いておられ、
テーブル席も多いせいか、他のお蕎麦屋さんよりもお客さん
の回転がかなり速いです。
お客さん多くても、そんなに待ち時間は無いと思いますよ。



《吾亦紅さんのHPはこちら》



2014年11月13日 (木)

今週は風邪ひいて…

2014.11.13(木)

11月8日、ライドオンツアーin熊本の模様をフォト紹介します。


2015modelが見て、乗れる二日間。

Img_0370


試乗にはたくさんの行列、人気イベントですね。

Img_0350

これがやっぱり最高峰。欲しくない訳・・・ないです。

Img_0365

バイクにインパネ・・・、上級モデルには常識になってきた。

Img_0358

このエアクリも欲しいなぁ・・・

Img_0361

ホイールもイイネgoodです。

Img_0363

価格は驚愕の・・・、oh my godsign03

Img_0366

ハーレーダビッドソン宮崎に今回の俺っちイチオシモデル発見。

Img_0353

シートがホワイト・・・、違う正解がありそうだけど。

Img_0368

このマネキン、ナイスペインティング。

Img_0369

今回の来場記念品はこれでした。

Img_0371ジンジャーが超ぉ~刺激的な辛口ドリンクでした。


この後、悪寒、頭痛、鼻水がひどくなって寝込んでしまいました。

週が明けても一向に快方に向かいません。

仕事もままならい状況でツラいっすdown


次の週末は目の前、

気合で治すぞぉ~・・・ってか、治らない気がする。




2014年11月 6日 (木)

佐賀バルーンフェスタ2014 おまけ

佐賀バルーンフェスタ2014の記事を今回も

引っ張ってごめんなさいです。


初めて行った佐賀バルーンフェスタ2014、

日本夜景遺産になっているとか。

Img_9892


フィナーレには花火も上がり。

Img_0345
とにかく感動のイベントでした。


前回、前々回と佐賀バルーンフェスタ2014の記事を見て頂いた

皆様に感謝の気持ちを込めて「おまけ」で動画をお届けします。

「バーナーズオ~ン。」を体験してください。

佐賀バルーンフェスタ2014 「ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン」
YouTube: 佐賀バルーンフェスタ2014 「ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン」


皆さんも一度は行ってください。

大事な人と手をつないで温かくして見てくださいね。




2014年11月 5日 (水)

佐賀バルーンフェスタ2014 その②

2014.11.3(月)。

佐賀バルーンフェスタ2014。前回の記事の続きです。


辺りが薄暗くなると照明も点き、観客は増えるいっぽうで

前もってトイレに行くのも一苦労なほどの混雑ぶりです。


前日の夜は天候が悪く、バルーンを立ち上げずにバーナー

だけでイベントを行ったそうですが、この日はバルーンを立ち上

げてのフルバージョンだそうです。ラッキーgood


観客達の待ちきれない興奮が伝わって来ます。ワクワク。heart01

Img_9814


ひゃー、綺麗です。提供パイオニアのバルーン。

Img_9830


さあ、次々に準備が出来つつあります。

Img_9836


トムは今回の俺っちのお気に入りバルルーンとなりました。

Img_9864


まさに広告塔ですね。(俺っちには全く関係ありませんよ。)

Img_9876


午後6:30.

夜間係留、「ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン」の始まりです。


MCと観客が一緒に「バーナーズオ~ン」の掛け声。
Img_9927

掛け声でいっせいにバルーンに火が入ります。

うぅうっ、鳥肌が立ちます。(寒いからじゃないって。)


しかし、写真が難しいannoy これじゃカメラにばかりに気を取られて、

ゆっくり見れない、感動が少なくなるぞぉ~。

そこで俺っちのカメラは「オートフォーカスオ~ン。」

カメラは次の機会までに勉強しておきます。


俺っちお気に入りトムも楽しそうに見えます。
Img_9951

「ジュピター」や「アナ雪」の曲に合わせて、バルーンにバーナーの

火が入ると、あちこちでの歓声が上がります。

たくさんのバーナーの熱気が俺っちのところまで運ばれてきて

暖かさを感じます。

すごい、スゴイぞ!感動・感涙ものです。


MCや音響の効果もGoodで盛り上がり最高up

少しでしたが〆に花火も上がりました。

絶対、再訪sign01 決定です。sign03



【episode1】
 終了間際に席を立ち、早歩きで駐車場まで30分歩きました。

 既に帰りの車の渋滞が始まっています。

 車に乗ったのが午後7:32。

 車が動き出したのが午後8:47。

 この間、車は自車1台分も移動していません。

 この渋滞は異常です。

 そして車が動き出したかと思うと、あとは滞ること

 なくスイスイ動き出しました。いったいなんだったの?

 山ちゃんラーメン食べて帰宅したのは午後11時前でした。sad



2014年11月 4日 (火)

佐賀バルーンフェスタ2014 その①

2014.11.3(月)。

この日は、お天気に恵まれて以前から行きたいと

思っていた佐賀バルーンフェスタ2014に初めて、

やっと行ってきました。


【佐賀バルーンフェスタというのは熱気球(バルーン)の
国際的な競技大会(フェスティバル)で、参加するバルーンは
約100機!大会期間中の来場者数は70万人を超え規模では
アジア最大の熱気球のイベントなのです。】

お昼前には佐賀市市街に入りましたが、既に渋滞が始まっていて

約40分の渋滞耐えてやっと駐車場に到着しました。


しかし、ここから会場までの長いこと長いこと・・・

Img_9731


イベント会場入り口まで人の流れに乗って20分歩きました。sweat02

Img_9733


フェスタ開催中の臨時JR駅です。「バルーンさが駅」

Img_9739

フェスタ会場内に切符売り場も出来ていましたね。スゴイgood


そして、駅からバルーン係留地までまた10分歩きました。sweat01

Img_2850


夜間イベントを観るために観客の数は増すばかりです。

Img_9740

この日は風が強かったため、午後の競技はキャンセルとなってしまい
とっても残念です。crying

Img_9760

でも、いくつかのチームは強い風の中バルーンを立ち上げて

みせてくれたお客さんたちを喜ばせてくれてました。

もちろん、俺っちも楽しませていただきました。

Img_9770_2

↑「こんな巨大なブラックモンブランはさすがの俺も無理バイ。」eye


正午過ぎには到着しましたので、午後6時30分の夜間イベント

開始までの待ち時間をずいぶん楽にしてくれました。


待ち時間は花を撮ったり・・・

Img_9745


沈みゆく陽を追いかけたり・・・

Img_2854


川向こうにも撮影隊がたくさん・・・。

Img_2860

少々距離がありますが、逆に広角でたくさんのバルーンが写った

いい画が撮れるんじゃないかと思いました。


それにしても陽が落ちてくると河川敷は急激に冷え込みました。


【episode1】
 ホットドリンクを購入しようとどの自販機も長蛇の列が

 出来ていました。

 俺っちも並びましたが、前の女性が6本買いしてなんと

 売り切れランプが点いたではあ~りませんかsign02

 ホント、膝が崩れそうになりました・・・。

 当の女性は「あはっ、ラッキ~、ごめんね。bleah」って感じでした。


【episode2】
 初めてのバルーンフェスタで要領がつかめない、良いポイント

 の確保や待ち時間の過ごし方まで全てがさっぱり。

 草の地べたに座って寒さに耐えている奥さんと両親を見て

 さすがに可愛そうになり車までブランケットと上着を取りに

 行ってあげました。----所要時間:往復70分ジャスト---

 俺っちはどうってことない寒さなのに・・・。 みんな弱虫。


【episode3】
これが一番大きいニュースかも。

午後6時前頃、左後方頭上からイベント準備中のバルーンの

上を越えて大きく光る物体が長い尾を引きながら飛んでいきました。

その大きさは流れ星なんてもんじゃない大きさで明るさも凄かった。

時間にして4、5秒?結構長かったような気がしたけど

カメラ撮影は間に合いませんでした。

イベント前の余興と思ったのか観客達からは歓声や拍手まで

起こりました。きっと何万人という人が目にしたはずです。

俺っちはアルマゲドンやディープ・インパクト(馬じゃないよ

映画だよ)の観過ぎか考えすぎか・・・

先頃のロシアの例もあるのでちょっと怖かった。

※ニュースによると流れ星より大きな火球だそうです。



記事が長くなってしまいましたので、バルーンの
夜間点灯は次回の記事にしますね。paper



2014年11月 2日 (日)

今年もやっぱり綺麗だった : 久住高原ロードパーク

2014.11.2(日)。

先週、ヒワワリを見たのに今週はもう紅葉。

あいにくの天気ですが、どうにか紅葉に出会えるかな?

と、毎年恒例の久住高原ロードパークへ行くことにしました。


ミルクロードは霧に包まれ、不安が募ります。

Img_0232

南小国で昼食をとり、黒川経由で久住高原ロードパークへ。

どうにか霧は晴れましたが、山の中腹から上はまだ霧の中でした。

Img_0297


陽の光を浴びて・・・とはいきませんでしたが、雨のおかげで

色濃い紅葉が見れたようです。

Img_2802


青葉と紅葉の混在もいいものですね。

Img_9615

綺麗に色付くことができた葉は幸運なのでしょうね。

Img_9633_2


これから、まだまだ色濃く紅葉しそうですね。まだ勢いがあります。

Img_9635_2


色づが終盤に来ている木の下には・・・

Img_9622


落ち葉のじゅうたんが・・・、風情ありすぎ。

Img_9626


これはなんという花なのでしょう、小さく可憐な花です。

Img_9648


山の奥のほうにもポツンと紅葉したもみじが。
これから大きな木になって楽しませてくれるのでしょうね。

Img_9690


薄暗い山奥に独特で色濃く紅葉する若木もありました。

Img_9693


愛車ともパチリ。

Img_9710


いやぁ~、今年も目の保養しました。

今度は県外の紅葉の名所あたりに行ってみたいですね。

もっといい写真撮りたいです。




2014年11月 1日 (土)

コスパ一番!街中ラーメン : 赤組

最近はめっきり中心街での飲み会に行くことも少なくなって

しまった俺っちですが、あと10年若かったら飲み会の後

必ず寄っただろうラーメン屋さんを紹介します。


いろいろ経費のかさむ街中で奮闘しているラーメン屋さん達。

その中でコストパフォーマンス1番と俺っちが推すお店です。

そのお店とは「赤組」さんです。



きれいな店構えはお客さんが入りやすいですよね。
P1000046

なんとなく城下町の雰囲気がしませんか?


店内も清潔そのもので、接客を含め女性の1人ラーメンもOKな
雰囲気づくりは良いですね。

P1000042


さあ、メニューです。
まずは、俺っちがコスパ1番と推す値段をご覧あれ。
ラーメン1杯390円也。

P1000047

当然、コストパフォーマンスは低価格だけでなく味も良くなければ
いけません。


そのお味はといいますと・・・・
豚骨スープに焦がしニンニク、チャーシュー、ネギ、きくらげと
熊本ラーメンまんまです。

201208292309128ca

麺はストレートの細麺で、スープはあっさりした感じです。

それに焦がしニンニクでコクをプラス・・・という感じですかね。

飲んだ後でも抵抗なく行けます、食べれます。


餃子も当然いっちゃう。
P1000045

後から知ったのですが、このお店は、餃子で有名な「弐の弐」と

姉妹店なのだそうです。

さすが、人の胃袋を掴むポイントを押さえてますねぇ~。


《赤組さんのHPはこちら》