フォトアルバム

リンク

« 2014年7月 | メイン | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

昼間の露天風呂は最高 : 玉名温泉 竹乃香

この週末は、魚釣りを予定していたんですけど

先週の夏旅行で遊び疲れが出てしまい、ゆっくりと

休養することにしました。


温泉につかって英気を養いましょうかね。


玉名温泉の家族風呂、竹乃香(たけのこ)さんです。

Img_7254_2


全部で14室あります。

Img_7253

この日は一番奥の一ノ湯

Img_7247


うたたねの湯にしました。

Img_7245


すべての部屋が内湯と露天の2つ風呂、贅沢です。

Img_7239


内湯は檜風呂。

Img_7241


露天は岩風呂。

Img_7238


脱衣場はとっても清潔で、トイレ、クーラー付です。

Img_7243


お湯は結構熱めで、慣れるのに時間がかかりました。

そのせいか、50分がすっごく短く感じました。

スベスベ感もあり、夜まで持続してました。

近場の手ごろな家族風呂、また別の部屋にも行ってみたいですね。




2014年8月30日 (土)

今年の夏旅行④ 宮島

2014.8.25(月)。

旅行3日目、旅行もいよいよ最終日。

今日は昼食を宮島で牡蠣三昧の予定、これは娘たちの強い

リクエストに応えたものです。


去年は干潮、今年は満潮の時合で鳥居を見れました。

Img_2519


さすがに観光客が多いですね。

Img_2524

去年は、行けなかった「焼きがきの はやし」さんに念願かなって
今年は行くことができました。

Img_7229


いつくしま定食は生ガキに、

Img_7209

カキフライ3個、カキ飯(カキ2個)の付いたカキ尽くしの定食。

Img_7223

牡蠣が名物の宮島といえども夏季に生ガキが食せるお店は
わずかしかないんですよ。


清盛定食はあなご飯にカキフライが5個付いてます。

Img_7221


店の前では焼きガキを販売してますよ。

Img_7230

この後、娘たちは焼きガキを2個ずつ買って、1個づつサービスで

もらって食べてました。


普通ならこの日だけで1年分の牡蠣を食べたに等しい位の

数を食べたんじゃないですかね?

かなりの満足度で帰りの車では即寝でした。


宮島から自宅まで約380kmちょっと、

ペットホテルに預けてあるリリィ(ラブラドールレトリバー13歳、メス)

をお迎えに行きました。


今年の夏旅行は1,200km以上を運転しました。

さすがに疲れました。




2014年8月29日 (金)

今年の夏旅行③ 呉:広島市内

2014.8.24(日)。

午前中、足立美術館を観覧した後、約250km移動をして

呉市の大和ミュージアムにやって来ました。sweat01


去年俺っち達が訪問したのがとってもうらやましかったらしい。


父親の父親(俺っちの祖父ちゃん)が、大戦中に海軍で作戦中に

戦死したことなどもあり、平和記念館や資料館の類はほとんど

見に行ったらしくまだ行った事のないのがここだけらしいです。


2年連続でここに来るとは思わなかったなぁ。

俺っちも好きな所だし・・・まいっか。


やっぱり夏休み中はお客さん多いですね。

Img_7148


やっぱり零はかっこいい。

Img_7162


偵察機はクレーンで上げ下ろししてたんですよ。

Img_7176


対空砲がこんなに。

Img_7177

今のイージズ艦なんて対空砲はファランクスが2基だけで、後は
対空、対艦ともミサイルの時代です。

父親も実に熱心に見ていました、1時間半、世話無し。sweat02


広島市内の宿について、外に食事に出たときはすっかり
日が暮れてました。

Img_7195

中央通りはとってもにぎやかです。さすが100万都市。


娘たちは宿に着くなりお色直しして、夏物セールの買出しに
そそくさと出かけて行きました。


でもって、両親と俺っち達4人は、定番のお好み村で夕食を。

Img_7196

普段は進んでお好み焼は食さない両親も、

「広島名物なので話の種に是非。」ということだったんで

連れて行きました。


今年は、「ちいちゃん」というお店にしました。
Img_7190


お好み村創始者(ちいちゃん)のお店を継いで屋台時代から

かれこれ約50年の暖簾です。

カリッと焼いたそば麺の香ばしさと、半熟卵を上においてトロ~っと

まろやかに仕上げるのがこだわり。

俺っちはカリッと焼いたそばよりもうどん麺でもモチモチッと食する

のが好みなのでうどん麺にしました。(上の写真はうどん麺)



この日の移動距離は250km位でした。




2014年8月28日 (木)

今年の夏旅行② 「足立美術館」

2014.8.24(日)。

旅行二日目、午前中の足立美術館観覧を紹介します。


昨日、松江市に入ったのはもう日が暮れてから。


今日も結構な距離を走る予定なので、せっかくの来た松江市も

宍道湖や松江城はゆっくり見ることはできませんでしたが

しっかりと目的地があるので良しとしました。


それでは、母親の熱望する足立美術館を観覧に出発。


なにぃsign03 観覧大人2,300円となsign02 高っ。


なんたって十何年かぶりの家族6人旅行。

かかるお金もハンパない。

朝も早よから1諭吉越え~。sweat01



足立美術館では何を観るのか?

メインは庭園です、日本庭園。あと日本絵画の収蔵品の数々。
Img_7076


広くて立派な庭園です。ため息ものです。

Img_7069


午前中の早い時間、それもあいにくの雨の中のもかかわらず、
たくさんのお客さんです。

Img_7073


足立美術館とは、足立全康という方が大八車で木炭の運搬、

行商からさまざまな事業を起こし成功し、その傍ら庭造りや

日本画の収集にも情熱を注ぎ、訪れる人々に感動を与えたいと

創設したものです。

Img_7059


高額と感じた入館料も、庭の手入れなどを考えると納得できます。

Img_7060


京都のお寺の庭とはまた違った雰囲気ですが、足立氏の
情熱みたいなものが隅々まで感じられます。

Img_7062


我が家も庭作りしてみたくなります。

Img_7070


俺っちは枯山水よりも築山がいいなぁ。confident

Img_7106


“生の掛け軸”なる外の風景を取り込んだ作品ですね。

Img_7095


きっと四季折々にすばらしい庭園を見ることが出来るのでしょう。

再訪の機会があれば紅葉の時期か、雪の積もった日なんか

素晴らしいでしょうね。



それから、圧巻だったのは横山大観のコレクション。

こんな田舎町にどうしてこれだけのものが?(失礼。)ととまどう

ばかりの圧倒される作品の数々。

なんでも鑑定団で総額を鑑定したらどれくらいの金額が出るのやら。



さすがに収蔵品の数々は撮影禁止となっておりましてご紹介できません。

ゴメンナサイ。



これから広島までまた車で移動です。

広島までの山越えは前が見えないほどのすごい雨に

見舞われました。



2014年8月27日 (水)

今年の夏旅行① 「出雲大社」

2014.8.23(土)。

今年の夏旅行は、両親も参加して6人でマイカー旅行。

もちろん運転は俺っち。


行き先はというと・・

父親は・・・
 行ったことがないということで、出雲大社(島根県出雲市)参拝と
 大和ミュージアム(広島県呉市)観覧を希望。

母親は・・・
 足立美術館(安来市)観覧を希望。

娘たちは・・・
 広島市内で夏物セールの買い物と牡蠣を腹いっぱいを希望。


去年と同じところが含まれている上に、こりゃまた遠いところを

希望したもんだ・・、と思いながらも、すべての希望をかなえる

ためのルート探索と段取りを終えていざ出発。


午前8時に出発してひたすらナビの推奨ルートを行きます。


やっと見えたよ日本海。

Img_6989


やっと到着したのは午後3時40分。長かったぁ~。

Img_2419_2


その上、今日はお祭りがあるとかで駐車場は一番遠くに誘導
されたので、拝殿、本殿までの遠いこと。
この暑さではへばります。

Img_2430

仮拝殿に到着。娘たちの良縁を祈願しました。

Img_7005


こちらは本殿。
山々が迫っているからでしょうか?神々しさがあります。

Img_2443


本殿の外周を回れるのは午後5時までということで、警備員さんに
促され、駆け足で見て回りました。

Img_2469


大正時代に建てられた宝物館も時間がなくて外からパチリ!だけ。

Img_2472


ありました!さざれ石。娘たちは「ほぉ~」、「ヘぇ~」とな。

Img_2488


帰りの参道には流しそうめんならぬ“流し出雲そば”の
準備がすすんでいました。

Img_7024


この時点でもう午後六時近く。

明日の行程を考え、松江市に宿を取っていますので、松江市まで

「もうひとがんばり。」と運転しました。


松江市は日本有数の水揚げを誇る境港のお隣で、新鮮なお魚

がウリなので夕食はやっぱりこうなります。

Img_7048

海鮮丼、何の魚か説明が無かったなぁ~。


島根牛のビーフシチュー。

Img_7050

しまった!! シチューにしたら味はどのお肉も一緒だぁ!


カンパチのかぶとやき。

Img_7056

こりゃもう絶品。身はホクホク、ゼラチン質もたっぷりで食べ甲斐◎。


あと、大金目鯛の煮つけを注文しましたが前日の不漁で入ってないとか。

まったくもって残念でなりませんが・・・・

お財布は助かりました。ホッ。


1日目、無事終了。

走行距離は580kmぐらいだったかと・・・。



2014年8月21日 (木)

初めて履くメーカー、「DANNER」(ダナー)

2014.8.20(水)

長年愛用している靴がもうヘロヘロだったので買い替えることに

しました。

旅行の予定もあるしね。


俺っちの靴を探す時の基準は、

メーカーヒストリー、デザイン、作り(素材と履き心地)、色合い

だったりですが気にしながらも最大の妥協点は価格なのです。


レッドウイングは到底手が出ない値段だし、

ティンバーランドはヒップホップ系のお兄さんたちの定番

のようになってるし・・・

探すとなかなかないんですよね。


でもってABCマートで「DANNER」を発見。

今では“DENNER”はABCマート傘下だとか・・・。

Img_6979


デザインバッチリ。

Img_6981

色合いも一目ぼれのレッドブラウン。

Img_6982


作りはキッチリ。

Img_6985

ワンポイントにヒール部にメーカー名刻印のヌバック張り。

Img_6983

いつかは消えるとわかっているインナーソールにも。sweat02

Img_6986

予算は奥さんからの援助で何とかクリアしました。scissors



俺っちは気に入ったものを履き倒すタイプなのですが

この靴とは長く付き合っていけそうです。




2014年8月13日 (水)

日射病防止に・・・買いました。

台風が去ったと思ったら尋常じゃない暑さ。

台風の影響が残ってた頃は朝夕は過ごしやすかったのに・・・。


で、最近外に出ると異常に暑い・・

頭が暑い、それも頭頂が・・・

このままだとヒリヒリ日焼けしそう。

ずいぶん薄くなってきたからなぁ・・・・。


日射病予防に帽子は必需品です。

でも俺っちは釣りに行くときぐらいしか帽子はかぶりません。

それも釣具メーカーのキャップか釣具屋で買った麦藁帽子

くらいです。


なので、少しおしゃれな帽子を買ってみることにしました。

パナマ帽です。


お店は「ikhtiart」イフティアートさんです。

熊本には2店舗ありますが、パルコ店さんじゃなくオークス通り

店さんの方です。

(Webから拝借しました。)Jpg11 

俺っちが購入したのはこれ。
Img_6854


紳士がスーツ着て・・・っていうのとはちょっと違う、

もっとカジュアルな方ですね。

Img_6852


サイドは涼しげな作りになっております。

Img_6853


ここのお店は、店内に工房があって手作りの品を販売されています。

材料は本場エクアドル等から輸入しての製作だそうです。


俺っちは体系に合わせて大きめの帽体を選んで、帽体の裏に

テープを入れてサイズを調整してもらいました。

お店のお兄さんはイケメンで、フィッティングも親切丁寧で

とても好感が持てるお店でした。


さあ、この帽子をかぶって夏旅行に出かけましょう。sign02


《イフティアートさんのHPはこちら》



2014年8月10日 (日)

大人も楽しめた! : 水戸岡鋭治氏のデザイン展。

2014.8.9(土)。

この日は、台風11号接近のため用心して遠出は自粛。

街ブラときめ込みました。


ということで、熊本市近代美術館で「水戸岡鋭治からのプレゼント」

を観覧してきました。

Img_6841


水戸岡さんは鉄道マニアには“神”的存在なのだそうです。

「九州新幹線」や「ななつ星in九州」をはじめ、JR九州の鉄道や駅など、

多数の鉄道関係デザインに取り組んでおり、熊本駅やあそボーイ、

SL人吉の客車をデザインするなど熊本との縁も深い方なのです。

Img_6840


会場内は夏休みのため子供連れが多く、子供たちも楽しそうでした。
Img_6838


俺っちはミニチュアにしばし時間を忘れてました。

Img_6826

熊本~三角間のA列車をまず乗ってみて・・・。

Img_6793


説明はなかったけど壁のエンブレムはA列車ですね。

Img_6797


「いつかは、ななつ星。」は俺っち夫婦の合言葉。

Img_6795

こんなアイテムも生唾ものですね。

Img_6799

水戸岡氏のデザインは機能性も素晴らしいんですね。

Page1_2


水戸岡氏は新町・古町界隈のにぎわいについても提言されてます。

町並みはいい雰囲気を既に持っているので、紋と暖簾を活用する

ことで雰囲気を高めてみたそうです。

Img_6827


熊本市電開業90周年を迎え、秋には下の図の新低床電車が
お目見え予定です。

Img_6828_2

現在、新潟県の工場で鋭意製造中。

水戸岡氏の要求はかなり細かく厳しいとか・・・。


濃い茶色の車両が熊本市内にどう映えるか楽しみですね。


ちなみにこのデザイン展、9月15日までとなっております。



2014年8月 6日 (水)

静かな古建物でBGMが心地いい : ラララ♪カフェ

2014.8.3(日)。

豊前街道界隈の散策を記事にしましたが、あの散策は、

このお店を目的に訪れ、食事を済ませた後のことでした。


そのお店は「ラララ♪カフェ」さんです。

山鹿市辺りで食事するを場所探していて俺っちのアンテナにHITsign03
したのでした。


豊前街道沿いの古い町並みの中にあります。Img_6757


酒造に使う酒米の米蔵だったそうで、梁や柱に年季を感じます。
築250年はある種パワーさえ感じます。
Img_6734


メニューです。種類はそんなに多くはないですね。Img_6727


奥さんは、PIZZAナポリターナ。
俺っちは、とりもも肉のデュアブル風をオーダー。

俺っちのサラダ。Img_6733

木屋本店さんの銘酢を使ったオリジナルドレッシングで販売も
してありました、とっても美味しかったです。


カボチャのポタージュ。Img_6737

ポタージュは好きです、大好物。しっかり裏ごししてあり口当たりも
まろやか。


PIZZAナポリターナ。Img_6739

見た目素朴ですけど、生地はもちもちしていてアンチョビの塩気も
良いですねぇ、丁寧に作ってあります。


俺っちには自家製パンが付きます。Img_6740

こちらも、もちもちパンでした。
オリーブオイルのバジルソースがアクセント。


デュアブロ(ディアブロ)風、油を使わず焼き上げる調理法です。
Img_6741

パン粉が香ばしく、食感のアクセントにも。火もしっかりとおていて
油っぽくなく鶏肉の旨味がよく出てます。
「おかわりがほしい、あと2枚はいける。」


デザートは、これも自家製のパンナコッタ。

Img_6747

いいですねぇ~、うまい。ねっとりと口の中で溶ける食感はやみつき。

珈琲とも相性抜群です。


メニューのところで「種類は多くない」と書きましたが、御夫婦の

丁寧な調理を考えれば当然かも。

ご夫妻の人柄が料理に出ているような気がしました。

BGMもセンスよかったなぁ~、御主人?奥様?どちらの選曲なんでしょう?

音量にも気を使ってくれてBGMがBGMしていました。


実は会計の時、御主人お話して豊後街道沿いを散策してみる気に

なったのです。

大正解でした。


みなさん、おススメです。


≪ラララ♪カフェさんのHPはこちら≫




2014年8月 5日 (火)

スタイリィッシュなな店内で話も弾む : natural556

2014.8.2(土)。

先週末、温泉「湯ら癒ら」さん行く前に

ランチに寄ったお店を紹介します。


熊本市小山にある「natural556」さんです。

556は「ゴーゴーロク」って呼ぶみたいです。
“こころ”に掛けてあるんですね。


敷地内はとってもきれいに手入れされていました。Img_6698


玄関前にはレンガ造りの石窯がありました。Img_6694


店内の壁は天井まで届いてません、空間を広く感じさせるための
工夫でしょうね。Img_6676

厨房もホールもスタッフが女性というのは、女性のお客さんには
おしゃべり、お食事が気兼ねなく楽しめるのではないでしょうか。


ランチメニュー。

Img_6681

どれも先程の石窯を使って料理するみたいです。

Img_6680


パンとサラダはビュッフェスタイルです。パンは自家製。

Img_6683

パンは調理パンもアンパンもクリームパンまでありました。

もう、メインはいらないくらいです。Img_6685

冷製のポタージュは大好物です。ジャガイモのポタージュ。


奥さんオーダーの“本日の石窯料理”、グリーンカレーのドリアでした。Img_6686

超ぉ~スパイスが効いてました。
奥さん一人では完食無理そうだったので半分近く俺っちが
食しました。おかげで毛穴開放、汗びっしょりになりました。
(本日のメニューは何かちゃんと聞いてオーダーしましょう!coldsweats01


俺っちオーダーは1日限定五食の“ホイル包み焼きハンバーグ”。Img_6689

ソースの味付けは薄めですが、その分お肉の味が良く分かりました。
一緒に焼いた根菜も味、歯ごたえとも良かったですね。


もう少し涼しくなったら外がいいですね。Img_6693


雰囲気は女性を意識したスタイリッシュなお店で、おしゃべりを
弾ませ、食事を楽しめるお店のようでした。
Img_6696


厨房もホールもスタッフが女性というのは女性には気兼ねしなくて

いいんじゃないでしょうか?


次回は是非、パエリアとパスタをオーダーしたいですね。


《natural556のHPはこちら》


お茶メニュー、チェックし忘れましたけど、“お茶しましょ”
にカテゴライズします。



2014年8月 3日 (日)

江戸・明治・大正の賑わいを偲ぶ豊前街道 : 山鹿市

2014.8.3(日)。

今日は、心配した台風の影響も全くなく、一過の吹き戻しを
かすかに感じるくらいの日でした。


今日はどこでランチしようかと思案した結果、山鹿市内に決定。


ランチ情報は後日記事にするとして・・・・


食後にお店の界隈を散策したのでそちらを先に記事にします。


散策したのは菊池川右岸からさくら湯までの豊前街道沿いです。

さくら湯から八千代座までは百花百彩や八千代座見物で何度か
訪れたことがありますが、さくら湯から南方面には行ったことが
ありませんでした。

Map1_2

      <山鹿温泉観光協会HPより>


豊前街道の起点となる菊池川右岸、惣門からの眺め。

Img_6767_2

どうです?八千代座界隈に負けないいい感じの佇まいでしょ。sign03


反対方向から菊池川方面の眺めです。

Img_6722_2

千代の園酒造さん。(雨が映り込んでますがご愛嬌。)

Img_6770_2

最近、吉永小百合さんが某携帯電話会社のCMで話題に

していたのを見ました。

Img_6780なるほど・・・
そんな意味があったのか・・ってCMで言ってたとおりですね。


路地もいい雰囲気。

Img_6761_2

道路も整備されており、電線も地下埋設ですね。
地元が力を入れていることがわかります。

Img_6752_2

お寺の山門も。羅生門の映画を思わせます。

Img_6754_2



そして・・・

この通りで1件、俺っちのアンテナに引っかかったお店、
「木屋本店」さんに寄ってみましたのでレポします。

木屋本店 九代目の若御主人に直接説明・案内をしていただきました。

Img_6769_2

奥行きのある町屋造り。

京都の町屋と理由は同じで、間口で課税されていたためだそうです。

Img_6775_2

出来たばかりの麹を見せていただきました。

Img_6773_2

麹を入れる木箱にも年季を感じますね。

Img_6774_2

看板もいい味出してます。

Img_6777_2

でもって、本日の購入品。

Img_6785_2

両方とも試食して決めたものです。


ドレッシングは甘酒ドレッシング、酸味を抑えてあり
麹の甘さがほんのりする野菜サラダがたくさんいただけそうです。

銘酢は、そのままを試飲で飲みましたが、まったくツンとせず、
こちらも酸味を抑えたまろやかなお味でした。


このお酢で、アジゴの南蛮漬け作って食べてみたいですね。

≪木屋本店さんのHPはこちら≫




古い蔵のカフェでランチだけのつもりがなんかとっても

心地いい散策になりました。

今週末はとぉ~ってもリラックスできた週末でした。




2014年8月 2日 (土)

台風接近中は温泉でリフレッシュ。

2014.8.2(土)。

台風12号、ただ今東シナ海を北上中。

生暖かい湿った風が吹く中、雨はポツポツってな感じで

大雨にはなってません。


この日は、火の国祭りやら天草では崎津みなとのフェスティバルやら

楽しそうなイベントがあるのにどうなったのでしょうか?


俺っちは、台風接近を理由にお出かけの気分じゃありませんが

奥さんのアイデアで温泉に行くことにしました。


阿蘇は乙姫にある「湯ら癒ら (ゆらゆら)」さんです。
Img_6703_2


こちら受付兼売店。
貸切風呂を決めたら、券売機で券を購入、炭を使ったシャンプーと
ボディシャンプー、入浴中の札を渡してくれます。Img_6720_2


雨がなかなかの風情を醸し出してます。

選んだお風呂に移動です。
Img_6719


今日は、“心”という名前の付いた貸切風呂にしました。

内湯と露天風呂の二つがあり、なんと贅沢。
Img_6708


露天は桶風呂。
程よい温度でずっと入っていられます。結構深めです。
Img_6709_2


内湯は石切風呂。
こちらは熱めのお湯が出てましたが、調整可です。
Img_6710_2

脱衣場はクーラーが付いていてありがたかったですね。


雨の日の露天風呂は初めて。おつなもんです。

内湯より露天風呂に使ってた時間が長かったですね、

かなりのリラックス効果ありです。

あっという間の60分でした。


湯上りはいつまでも肌すべすべでとっても気持ちいい。
これが“美人の湯”と言われる所以ですね。


台風接近でお客さん少なめ、こんなところで恩恵受けるのも
微妙ですね。


≪湯ら癒らさんのHPはこちら≫