フォトアルバム

リンク

« 2014年5月 | メイン | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

お気に入りの宿は、朝食が美味しいのだ。!

たまに県外に宿泊する機会がある時は、基本、宿泊費を安く抑える

ために東横インやコンフォートホテルが多かったりします。

これらのホテルは駅前や繁華街の一等地に所在しているにもかかわらず、

簡易な朝食付きでかなり安く宿泊できます。

朝食は簡易といいながら必要にして十分なもので不満はありません。


しかし、福岡市内に泊まるときだけは別の決まったホテルをいつも

利用しています。

それは、中央区大名にある「プラザホテル プルミエ」さんです。

重厚感のあるロビーと丁寧なサービスはGood、

お部屋は“良”って感じですかね。

お値段も1泊ダブルで10,500円とリーズナブル。Img_6364

天神西通りの路地を大名方面に入ってすぐです。

大名にはおしゃれなセレクトショップや飲食店がたくさんあり、

多くの若者で賑わっています。Img_6385

博多・中洲と違った雰囲気で、

この界隈を歩くと俺っちも若返るような気がします。


そんな大名にあるこのホテルをお気に入りのもうひとつの理由は

朝食です。↓これこれ。Img_6387

この画像でわかりますか?

実は、バケットを使ったフレンチトーストがとぉ~っても美味しいんです。

俺っちも奥さんも、このフレンチトーストの大ファンなのです。

これだけで朝食代の元取った気分なのです。朝食代は別途870円也。



この日はこの後、糸島でランチの予定なので二切れで我慢しました。

いつもなら3つ4つは軽く食べちゃいます。


機会があったらお試しあれ。


≪プラザホテル プルミエさんの公式HPはここ≫





2014年6月29日 (日)

宿は天神、晩ご飯は・・・一蘭のラーメン。

2014.6.28(土)。


昼食が4時近かったのでなかなかお腹が

空きません。

牛タンが1.5人前だったので当然かな・・・。


午後10時頃、程よくお腹が空いたので、宿の近くにある

天神西通りの「一蘭」さんでひとりラーメン。

Img_6380


一蘭さんはひとりラーメンがしやすいんですよね。

Img_6374

一蘭独自の味集中カウンターがひとりラーメンを誘います。


天神西通り限定「釜だれとんこつ」 790円也。

Img_6372

まず、席に案内され自分の好みをオーダー用紙に記入します。

個人の好みをできるだけ反映させようとの仕組みですね。
     

やって来ました、器は有田焼の重箱どんぶりですよ。

Img_6375


ふたを開けると・・・・

Img_6376

くぅ~、どうです、美味しそうでしょう。

どんぶりの真ん中にある赤い「秘伝のたれ」は一蘭が元祖。

ここ、天神西通り店限定の「釜だれとんこつ」とは焼豚の煮汁

を使った美味しさアップの豚骨スープなのです。

とっても濃厚で美味しかったですよ。



≪一蘭さんのHPはこちら≫




博多シティで“ぎゅ~たん”。

2014.6.27(金)。

今日は、所要でお昼から福岡に来てます。

遅い昼食を博多シティ9階で・・・

ひとり牛タンなのだ。

「利久」さん。

Img_6371

久しぶりだぁ。熊本にも出店してくれないかなぁ・・・。

Img_6367久しぶりなので思い切って牛タン1.5人前にしました。


「麦ごはんにはとろろが合いますがいかがですか?」

「・・・お願いします。」

Img_6365とろろと牛タンの醤油煮がメインを待っている図。


やって来ました。

Img_6368

迫力の1.5人前、贅沢ですねぇ。

Img_6369_2

お味は言わずもがな。

まだ行ったことのない方は是非行ってください。

行ったことのある方は是非再訪してください。

ここの牛タンの美味しさを語り合いましょうぜ!



≪利久さんのオフィシャルページはこちら≫


今夜は、天神に泊まります。

さあ、晩御飯はどこで食べようかな?





2014年6月24日 (火)

うとん交流館 船場蔵屋敷

2014.6.22(日)。

住吉自然公園にあじさい見物に行く前にランチしました。

宇土市船場川のほとりに残る蔵を地域活性の一環として

活用を始めたそうです。

「うとん交流館 船場蔵屋敷」さん。

Img_6336


玄関はきれいにリニューアルしてあります。Img_6334


店内は土壁が残り、大きな梁も当時のままだそうです。Img_6332


ランチメニュー。価格がお手ごろでうれしい限りです。Img_6308


単品メニュー。こちらも美味しそうな品々がそろっています。Img_6310


まずはサラダと冷たいコーンポタージュスープ。Img_6312


奥さんは本日のパスタランチ。
オイルサーディンとフレッシュトマトのぺペロンチーノ。Img_6320

しっかりした味付けで、パスタの茹で具合も最高の状態で出てきました。
奥さんも感動の一品。
俺っちも一口いただきましたがまいう~でしたよ。


俺っちはハンバーグステーキランチ。Img_6322

外はしっかり焼いてあり肉の香ばしさがあります、中はふかふかで
肉汁が溢れる肉本来の旨みがあるハンバーグでした。


枇杷、りんご、すいかのデザートにコーヒー。Img_6329


この日は目の前の船場川が先日からの雨で濁っていて残念でしたが、
川の流れを見ながらのランチっていいでしょうね。Img_6342_2


すぐ横には船場橋もあり、石積みも独特で趣がありました。Img_6338


この界隈、小西行長が宇土を治めていた時代に城下町の整備として

改修が始まり、肥後細川藩の支藩のころ運河として堀り直しがされ

物流の拠点として船や人の往来で賑わっていたそうです。





2014年6月22日 (日)

雨が似合う住吉自然公園のあじさい。

2014.6.22(日)。

いやぁ~、「ルーズベルトゲーム」最終回。

感動しましたね、久しぶりグスッと来ました。

今クールは好きなドラマ多かったな・・・

夏クールは期待できるのでしょうか?楽しみです。




今日は、大雨の予想でしたが、そこまで大降りにはならず、

昼前には雨もひと段落。


宇土市の住吉自然公園に行ってきました。

Img_2141


お客さんもけっこいいましたね、カップル多し。

Img_2138_2

Img_2158

Img_2185_2



Img_6350_2

Img_6359


これ、珍しいな。

Img_2165


ミツバチも羽音を響かせ、たくさん飛んでました。

Img_2175



Img_2184



Img_2137
雨模様だったのでSX50HSで。

やっぱりマクロレンズ持っていけば良かったかなぁ・・・。


そうそう、住吉神社の対岸は潮が引いていてカニがたくさんいました。
ハクセンシオマネキではありませんが・・。

Img_2128


手前のブツブツはぜぇ~んぶカニです。

Img_2127


最近花を見に行くことが多くなったのは、

やはり写真を撮ることが趣味になったでしょうか?

それでも自分の世界を広げていくにはいいかな・・・

撮りたい意欲がどこにでも出かけていく意欲につながって

るんでしょうね。





2014年6月21日 (土)

俺っちの一品 : クロの煮付け

2014.6.21(土)。

本日はキス釣りに行く予定でしたが雨のため中止。

で、釣りの師匠より「クロば釣ったけん取りに来んね。」と連絡あり。

当然、「伺います。」


いただきました。クロ、全国的にはメジナですな。

Img_6299足裏サイズを3匹もいただきました。
その上、下処理もしてありまして本当にありがとうございます。


家族の意見は煮付けで一致。
それでは俺っちが腕を振るいましょう。

Img_6300
美味しそうに出来たでしょう?

梅雨グロといいまして、今旬なのです。身が厚いですねぇ。

Img_6307

今回も、秘密兵器の濱田の荒炊き用醤油を使いました。

当然、「星3つですぅ~。」


しかし師匠、水・木・金と釣りに行って、天気が良ければこの日も

キス釣りに行くつもりだったとか・・・。

さすが「オールサンデークラブ」

師匠の元気には負けられませんなぁ~。





2014年6月16日 (月)

父の日には“うな重”を御馳走しました。

2014.6.15(日)。

今日は父の日。

俺っちの父親なので、もう敬老の日も同じようなもの・・・。

「父の日、好きなものを御馳走するよ。」

「天草と阿蘇どっちがいい?」


で、阿蘇は小国町の「近江屋」さんのうな重に決定。

Img_2116
俺っちが、自分へのご褒美に行っているうなぎ屋さんです。

肉厚のうなぎを香ばしく歯ごたえのある焼きで提供してくれる

俺っちお気に入りのうなぎ屋さんで、紹介は2回目かな。

消費税のせいでしょうか、再度の値上げがあったようですが

しょうがないのでしょうね。

Img_2106


値上げのたびに何度も張りなおした値札が・・・

相当悩んだのでしょうね・・・。

うなぎの切れ身が一番多いのはうな重です、うなぎ一匹分です。

Img_2109


創業来120年のこのお店、この客間のある建物は
どのくらいでしょう経つのでしょうか・・・。

Img_2101


待つことしばし。やって来ました「うな重」。

Img_2111


嗅覚、視覚がびんびんに刺激されます。

Img_2112

このお店のうなぎが俺っちは一番好きです。

前回も書きましたけど、うなぎの産地や焼き方云々じゃなくて

自分が一番好きな味で出してくれるお店を探すというのは

幸せなことです。

Img_2117_2

手軽に何度も来れる金額ではないですけど、


父の日に両親連れてきて「美味しかった、ごちそうさん。」

といわれるのはいいですね。


小さな親孝行の1日でした。





2014年6月 3日 (火)

可憐な“すずらん”を見に行ったのだけど・・・

2014.6.1(日)。

両親連れて、波野高原にすずらんを見に行ってきました。

HPでは今週末まで見頃とのこと。

なんでも波野は九州で唯一のずずらんの自生地、群生地らしいです。


・・・ですが、皆さんすずらんを探すのに苦労してます。
  (上から見たってすずらんは見つけにくいですよね・・・sweat02

Img_9026 
この日は、雑草をかき分け、下から覗いていくつか見つけられる程。

それに、雑草の勢いに負けてましたね。

それともすずらんって雑草に隠れるようにして自生するのが

本来の姿なのでしょうか?


それでもどうにかパチリ。

Img_9003


名前の由来となった鈴のような形ではありませんね・・・
Img_9002


もうずいぶん開いているようです。
Img_9006


広角レンズでは雑草に隠れてなかなかとれません、
草むらにマクロレンズを突っ込んで・・・という感じがやっとでした。

Img_9018


それでも愛らしさ、可憐さは十分ありますね。

Img_9023

この日は残念ながらすずらんの香りを体験することは

出来ませんでした。

とってもいい香りなのでそうですが・・・。


それにしても自生地=自然のままに、ということもわかりますが、

もう少し雑草を手入れするとかなかったのでしょうか?

せっかくなのでもっともっとすずらんが自生する環境になれば

いいなぁ・・・と思うんですが。


それにしても、先日の仙酔峡のミヤマキリシマといい

自然の物はなかなか見頃に出会うのは難しいですね。




2014年6月 2日 (月)

御船町で上質なフレンチを楽しむ : ルアン

2014.5.31(土)。


御船町恐竜博物館に行く前にランチに寄りました。

コスパの高いフレンチがいただけるとチェックしておいたお店、

「ルアン」さんです。

Img_6224


このビルの2階になります。

Img_6255


本日のメニュー。サラダの野菜品目がすっごく多くないですか?

Img_6257


まず、出てきたのは白ワイン!じゃなくてハーブティー、
アールグレーもブレンド。

Img_6259

次はサラダ。器はシャンパングラスでしょうか?
それにしてもこのサラダは素晴らしすぎでしょ。

Img_6266


俺っちのメインはハンバーグと豚肉の盛り合わせ。

Img_6272


奥さんは鱸の・・・お料理。

Img_6275

どちらもとぉ~っても美味しいお料理でした。


ライスには蕪のワイン漬けが。

Page1



最後はコーヒーと一口デザート。これまた納得。

Img_6284

ここまででなんと800円也。

コスパも満足感も最高で、いい店見つけた嬉しさも最高。sign03

こりゃリピ確実だね。


それからもっと欲張りなお人には1,500円で
紹介した800円ランチに↓のコーンポタージュ(冷製)と
チェリーのムースが付きます。smile

Page2


情報誌やブログでかなりの評判だったので期待していきましたが

期待以上のとぉ~っても美味しいお店でした。

お店の方もとっても気さくで丁寧な方でしたね。


こんなところ・・・っていったら御船町に悪いけど思いがけない

ところでいただいた上質なフレンチに大満足でした。



≪ルアンさんの載った御船町観光ホームページはこちら≫




2014年6月 1日 (日)

御船町恐竜博物館

2014.5.31(土)。

今年の4月に新館がオープンした

「御船町恐竜博物館」に行ってきました。

なんでも今年のGWに4万人が来館したということで

その人気ぶりがわかります。

Img_2084


受付を抜けるとリアルなティラノサウルスがお出迎え。

Img_2051


資料も一つ一つ読む価値ありですよ。

Img_2057


アンモナイトの化石ですが、姫戸、龍ヶ岳、御所ノ浦町から
発見された化石も多数展示してありました。

Img_2058


恐竜が繁栄した時代のジオラマも。

Img_2059


それでは、俺っちの好きな三大恐竜の骨格展示をどうぞ!

まずはトリケラトプス。大きな草食恐竜です。

Img_2065_2大きな角と、大きなフリルが特徴。
大きなフリルは肉食恐竜から首を守る盾であったとか・・・。



次は、皆さんご存知ティラノサウルス。最強の肉食恐竜ですね。

Img_2067_3


次はステゴサウルス。これも大きな草食恐竜です。

Img_2072_2背骨に大きな骨の列がある剣竜。
トリケラトプスとは対照的に頭の小さな恐竜です。


展示コーナーの次の順路には、オープンラボもあります。

Img_2083_2こうやって化石を見つけていくんですかね・・・。
地道です。



規模的にはそう大きくはありませんが楽しくて興味深い時間でした。

“どこでもドア”でこの時代を覗き見たいのは男子のロマンだと

思うのですが、中・壮年の男子の皆さんはいかがでしょうか?



≪御船町恐竜博物館のHPはこちら≫