フォトアルバム

リンク

« 2014年4月 | メイン | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月26日 (月)

自然の恵みを食す : イロナキカゼ

熊本市内ではほとんどの小学校が運動会モード。

きっと観光地も少ないんだろうな・・・。


こんな日は、いつ行っても多くて入れないお店に
行ってみようか。


うわさでは要予約らしいけど、飛び入りで行ってみよう。

久木野にある「自然派レストラン イロナキカゼ」さん。Img_2028


到着したのはちょうどお昼ぐらいで、もう駐車場いっぱい。
県外ナンバーが多いのにはちょっと驚き。
待ちは4組目。Img_6205


ま、景色もいいし空気もいいし、待つのは苦になりません。Img_6164


お店周りのお花もよく手入れされつつも自然な感じ?感じ。Img_2041


待ってる間に、お店の店員さんが出てきて、

「本日は、もう2,000円のパスタコースしか残っておりませんが
よろしいですか?」

二人ともパスタ大好き!「ノー、プロブレムよ。」

ということで待つこと30分。


外の趣とは違って、お店の中はすっきりとした洋風で
二人がけのテーブルも5~6組ありました。
Img_6194
先に述べました理由により、今回はメニューなし。
といっても2種類しかないそうですが。

あ、コースの名は「風のコース」です。

まずは、鶏肉のコンフィ、ニジマスの燻製、地産野菜のサラダ。Img_6179

ここで、うんちく。
コンフィとは・・・鴨肉、鶏肉、豚肉などに塩をすり込み、オリーブオイル
         などの油を用い、低い温度でじっくり加熱するお料理。

こちらのコンフィ、お肉がほろほろにほぐれて味も良し。
お野菜も土の香りって言うの?味香りともに濃い。


そしてメインの平打ち生パスタと自家製パン。Img_6186

もちもちパスタとアスパラは秀逸、トマトソースもグゥ~good
自家製パンはお変わりできます。


デザートは盛り合わせで。
黄粉のパンナコッタ、苺のムース、生姜のアイスクリーム、ティラミス、
イチゴ・メロン・サツマイモが付け合せて的に。Img_6189


「生姜アイスクリームにはオリーブオイルをかけてどうぞ。」

・・・だから
メインのお皿下げてもオリーブオイルの小瓶は下げなかったのね。confident

Img_6192
こりゃいい。
効いた生姜の香りにオリーブオイルの香り。
この口の中での感触、のど越しも初めての感覚です。


お客さんが多いのは情報誌だけでなく口コミもあるかも。

お値段分のクオリティ、しっかり確保ですね。

注文つけるとしたら、スープが欲しかったなぁ、たぶん忘れていた
のではないと思います。bleah

もうひとつのメニュー、「大地の恵み」はこれに赤牛のロースト
がついて2,800円となります。

俺っちには記念日かご褒美にしか無理そうですが、
いつかきっと・・・ですね。


≪イロナキカゼさんのHPはこちら≫







帰りは、ポピー見物に萌えの里に寄りました。

Img_6207


見頃でしたが、ポピー以外の草(雑草?)も多くて、

ポピーでびっしりという感じではなかったですね

ポピーは、もう少し見ごろが続きそうです。



2014年5月24日 (土)

テルマエ・ロマエ Ⅱ

テルマエ・ロマエⅡ、観にいってきました。

第一作目が大反響で、その二作目。

海外での評判も上場らしく、第一作目を観た俺っちとしては

非常に気になります。

Img_6158


相変わらず、日本人でありながら濃い顔の面々。
平たい顔の俺っちとしては羨ましい。Page1


濃い顔も羨ましいが、阿部寛さんの身体も羨ましい。凄い。Img_6156


まあ、一般的な日本人では↓こんな感じが普通ですね。Img_6160



肝心の内容ですが、今回も声を出して笑わせてももらいました。

ただ、前作にもましてお客さんを笑わせることに力が入ったのか、

不要なギャグやキャストが多かったのでは・・・・?

とも思いました。

何はともあれ、映画館で笑える映画は貴重です。


皆さんもポップコーン片手に大笑いしてはいかがですか?




2014年5月23日 (金)

そば茶屋 吹上庵

2014.5.18(日)。

前日、とってもいいお肉を食べたので、
次の日は軽ぅ~くお蕎麦かうどんで。


鹿児島方面ではチェーン店として幹線道路沿いで時々見かけます。

Img_6118


どの店舗にも大きな水車があるようです。Img_6119


Img_6120


メニューも豊富でお値段も手ごろ。

Img_6121


俺っちは板そば。甘めの出汁にとろろが入っていてのど越し抜群。

Img_6122


奥さんは、小天丼と温そばのセット。

Img_6124


店内も、かなりの客席を用意してあってベテランおばちゃんたちが
テキパキでお客さんも多いお店です。

Img_6125


娘が鹿児島にいた3年間はかなりお世話になったお店です。

皆さんもお出かけの際、見かけたらぜひどうぞ!

薩摩より大隅のほうが多いかな?




2014年5月22日 (木)

鹿屋市で焼肉 : 七輪の館

2014.5.17(土)。

久々に鹿屋市泊の予定。

「晩御飯どうする?」
「いつものとんかつ“竹亭”にする?」
「よかね!OK。」

と決まったところで携帯に電話が入りました。

「今晩の食事、段取りしたよぉ。」

「はいはい、時間見計らって伺います。」

と、行ったところは「七輪の館」というお店。


最近、鹿屋市内で人気の焼肉屋さんだそうです。
Img_6130


んでもって、出てきたお肉はジャ~ンshine

Img_6126

こんなお肉、今まだ食べたことなかったかも~。

量じゃなくって質重視の焼肉はなかなか食べれないもんね。


厚さがいいね。good
Img_6128


脂のサシも七輪の上に置くとすぐに溶けてしまいそうですぅ。Img_6129


この質のお肉をお腹いっぱい食べて、お金は払わせて
もらえませんでした。

この場を借りて「ありがとう、美味しかったです。」

「熊本に来たときは、俺っちに任せなさい。」


一度行ったらただでは帰してくれない、そんな鹿屋が

大好きで~す。




2014年5月19日 (月)

ただ今、見ごろ : かのやばら園

2014.5.17(土)。

今週末も、娘の応援兼ねてプチ旅行。

今週は、鹿児島県鹿屋市です。

長女にとっては第二の故郷で、俺っちにとっても縁の深い
街です。

午前中の試合の応援が終わったので、そそくさとかのやばら園に
急行。rvcardash

Img_6150

見頃を迎えて、駐車場もいっぱい。
でも、ばら園が広いので人でいっぱいという感じは少ないな。


ゲートをくぐるとバラの香りと一面のバラで気分も高揚します。

Img_6007

コメントはいらないですかね?

Img_8785

この手で遊覧もいいかも。

Img_8819

それにしても広い。
いろいろ撮りながら2時間、歩き回りました。

Img_6108



Img_8846



Img_8869

ばら園の中で、俺っちが気に入ったのは「イングリッシュローズ」。

Img_8867



Img_8908



Img_8897



Img_6096

ここで手を洗いたかった。優雅な香りが手に移り香しそうで・・・。

Img_6091_2

それにしてもここのバラ園ひろいです。

Img_6149

以下、タムロン90mmマクロで・・

そういえば、このレンズ買って始めてきたのもここだった。

Img_8827



Img_8837



Img_8958



Img_8972



Img_8944

最後は、ローズの薫り高いソフトクリームをいただきました。

Img_6110


それにしてもデジイチ首から掛けて2時間歩くのは疲れました。

下関、長崎もそうでしたが・・・。

しかし、コンデジには任せられない景色やシーンってありますよね。


若者の間ではミラーレスを首に掛けて・・・っていうのが多かったなぁ。

ソニーのNEXあたりが特に多かったような・・・。


俺っちもミラーレス、考えようかな?

APS-Cかマイクロフォーサーズか?迷うなぁ。

ん~っ、また眠れなくなるからもう少し我慢するかな。

でも我慢が体に一番よくないよね。smile





早くも達成10、000Km

2014.5.17(土)

垂水湾岸公園にて。

昨年7月28日に納車して10,000km達成。

Img_6131


子供たちの送迎が無くなった割にはけっこうなペースです。

今後もこれくらいのペースで距離伸びるのかな?



2014年5月15日 (木)

失敗は成功のもと・・・なのか?

先日、GWに門司や長崎で撮影した夜景。

「夜景を綺麗に撮るんだ!」と意気込んでの夜景の撮影は
きっと初めてだったかと・・・思います。


で、たくさんの夜景を撮ったんですが、記事でアップした
写真はわずかでした。


その理由は単純、

「満足行くように撮れてなかったから。」です。


今回は恥ずかしながら、備忘録代わりに記事にします。


↓は、ノーフォーク公園の錨と関門橋を入れた構図ですが・・・Img_8312_2


関門橋を拡大すると↓、こうなってます。
Img_8312
ワイヤーに灯った光がまるでワラビのようです。

三脚使用でシャッタースピードは8秒だったかと・・・。


↓は、同じ公園から錨と対岸の下関の夜景を入れた構図。Img_8314_2_2
かなりお気に入りの構図だったんですけど・・・


拡大してみるとやっぱり・・・
Img_8314
これじゃぁPCの背景には出来ません。


この2枚とも同じ状況で、原因は手振れ何でしょうね・・・。

三脚利用でもブレるんですね、シャッターは極力「そぉーっと」
押したつもりなんですけどね。


解決策としてはやはりリモートスイッチなんでしょうか・・・
「月」を撮影するときも思うんですよね・・・あったほうがいいと。
でもいつまでも購入しないままなんで近日中に絶対購入します。


次は、グラバー園から長崎市内を見た夜景。Img_8349_2


客船の付近を拡大すると・・・
Img_8349
やっぱりワラビの出現です。
それと、この画像については、客船が露光オーバーになっています。

市街地との明かりと、明るさの差があるのでシャッタースピードの
調整が不可欠のようです。

iphoneでHDR撮影して見比べてみれば面白かったかも・・・。


せっかくの機会を、自分の腕の未熟さで棒に振るのは

ホント悔しいですね。


今回の教訓としてはリモートスイッチの即時購入ですね。

シャッタースピードについてはきっとレンズの明るさとかも

影響すると思うのでもっと勉強します。





2014年5月12日 (月)

母の日ドライブ

2014.5.11(日)。


この日は、5月の第二日曜日、「母の日」です。

両親連れて阿蘇方面にドライブです。

最近では両親も年のせいか車に乗る機会が減ってきたからなぁ。


まずは、「さ-蔵」で食事です。
Img_8596


前に洋食のほうには連れて行ったことがあるので、
今回は和食のほうに行きました。
Page1


お腹を満たした後は「はな阿蘇美」でバラ鑑賞。
Page2


次は、花つながりで仙酔峡でミヤマキリシマを。
Img_8651


見ごろには早いとはわかっていたんですけど・・・。
Img_8662


綺麗な花を咲かせた株もところどころに。
Img_8627


昔に比べると、株自体の数が減ってしまいましたね。
Img_8643_2


帰りは久しぶりの久永屋。
Img_8694


日向夏のシフォンとリンゴのマフィン。
Page1_2


久永屋、いつ行ってもいいですね。
Img_8715


この日も運よくトロッコ列車に出会うことができました。
Img_8723


母に喜んでもらった母の日・・・

次は、父の日に父に喜んでもらいたいですね。





2014年5月11日 (日)

軍艦島クルーズ

2014.5.6(火)。

昨夜は長崎港の夜景を満喫。

今朝は早くから、午前8時には長崎港に到着。

今日は、前からの念願だった軍艦島クルーズに行く予定です。

なんてったって、年に120日程しか上陸できないらしいので

今日はどうなることやら。

港内の波は穏やかなんですが・・・。Img_5911


それにしても長崎港に停泊中のタンカーは大きい。
熊本ではお目にかかれない大きさですね。Img_1962


今回は手前左側の船で行くそうです。
Img_1964
奥に見える帆船は「観光丸」という名前で、大河ドラマ“竜馬伝”で
使用された船ぜよ。


長崎港はクレーンも大きさが桁違いです。Img_5920


「女神大橋」、名前の通り綺麗なつり橋です。
Img_5925
女神橋を抜けると波も少しうねってきました。


マリア像に天主堂。天草の崎津を思わせる風景です。Img_8393


出船して約30分。軍艦島が見えてきました。
Img_8412


みなさんご存知の軍艦島。東側からの遠景になります。
Img_8433


上陸間近になると、眼前に黒々と朽ち果てた建物が異彩を放ちます。
Img_8442


上陸してすぐ、眼前の景色は古代ギリシャか?みたいな。
Img_5928


正面の6階建ての建物は小中学校だったそうです。Img_5932


観光ボランティアの方は、軍艦島(端島)に実際に暮らしていた方で、
80歳を越えていました。
Img_5938


まるで空襲でも受けたかのような荒れ方です。
Img_8477


浸食や朽ちかたが時間の経過を感じさせます。
Img_8510


丘の上の建物は貯水槽だったそうです。
真水の確保には毎日2隻の船で6往復を要したとのこと・・・。
Img_5943


これは、海水プールの跡です。貴重な娯楽施設だったと思います。
Img_5949_2


島の北西から。学校の裏側になります。
Img_8528


西側からの眺め。炭鉱施設は波の穏やかな東側に造られたため
居住区は西側に集中していました。
Img_8530
堤防の朽ちかたが東側より激しく、波の荒さを感じさせます。
台風の時などは波が堤防を越えてきたそうです。


実は、軍艦によく似ているのは西側、東シナ海からの眺めのほうが
よく似ているのだそうです。
Img_5974
逆光で見難いですが、その分シルエットが軍艦によく似た姿だと
わかると思います。


約1時間の上陸を満喫できました。
Img_5961

帰りの船中はかなり揺れてお客さんの大半はうずくまり状態でした。

もしかしたら午後からの便は上陸できなかったかもしれませんね。

俺っちたちは本当にラッキーでした。


いやぁ~、今年のGWは娘のバレーボール応援をダシに、

ずいぶんと楽しまさせてもらいました。

楽しくも疲れたGWでした。

Thank youscissors





2014年5月10日 (土)

長崎散策 : 夜景編

2014.5.5(月)。

前日の門司の夜景に続き、グラバー園からの夜景を
見たいと思い、もう少し居座ることにしました。

しかし、この夜はとっても寒くて夏装いの俺っちは鼻水ものでした。


この位置なら素敵な夜景が見れそうです。
Img_5868


グラバー園の中もしっかりと見ます。
Img_8354



グラバー園も歩いてみるとたくさんの建物があって
見どころたくさんですね。

代表的な建物ですね。
小学校の修学旅行で写真とか撮った覚えあるけどまだあるかなぁ?
Img_5900


女神大橋もライトアップしてます。
Img_8355


この夜景、稲佐山からの夜景にそん色ないと思いませんか?
Img_5895


グラバー園を下りきったところに大浦天主堂がありますが、
当然、閉まってますよねぇ。
Img_5906


宿に帰った時には少し体調ヤバくなってました・・・。

次の日は朝早く見学ツアーの予定を入れているので

暖かくして寝ます。


次の日の見学ツアーの様子は、次回ですね~1321





2014年5月 9日 (金)

長崎市内散策

2014.5.5(月)。

この日、娘たちのバレーボール応援が終わって
長崎市内に移動、宿にチェックインしたのがもう午後4時前。

観光する時間ってそんなにないじゃん。weep

それでも宿から歩いていけるあたりを散策してみました。

まずは「眼鏡橋」。
水面に写る部分と合わせると眼鏡のように見えることから
眼鏡橋というらしいです。Img_8320
ただの橋?いえいえ橋から降りて中島川の両岸を歩くのもとっても
風情があるし、なんといっても長崎というのがいい。


眼鏡橋から15分くらい歩けば中華街。
Img_8339

せっかくの中華街、時間は少し早めだけどお腹の方は準備OK
ってことで晩御飯。


あちゃ~、お店の写真撮り忘れました。
結構古くから開業しているお店が多い中、去年の3月開店という
新しいお店で、入り口に大きな関羽?の像がある「春夏秋冬」
というお店です。
Img_5843
調度品はすべて中国からとのこと。(おしゃれマダムのお話を
盗み聞きしちゃった。)

やっぱり、新しいお店は清潔感があっていいですね。
原色使いの派手派手じゃない内装もマダムのセンスでしょうか?


さてさて、メニューの一部です。
コースはなかったようですが・・・、(小)と(大)があるので、(小)を
数種類注文して楽しめそうです。Img_5837


エビチリ。上品な辛味とプリプリ海老美味しい~。Img_5839


酢豚。すべてが小さめに切られていてお味とともに上品。Img_5840


レタス入りチャーハン。お米パラパラ、レタスはシャキシャキで
リズムよく食べれます、お味もグゥ~。
Img_5842

と、ここで終了のはずが、チト物足りない。

奥さんも同意見だったのでもう一品追加。


皿うどん。こんな細いパリパリ麺は初めてです。野菜たっぷり
餡かけで美味しい。Img_5845


この中華街、ほとんどのお店が午後9時台には閉って
しまいます。
皆さん観光に夢中になって食べ損わないように注意ですよ。
Img_5851

お腹が満たされた後は、グラバー園に行きます。
GW期間だけ午後9時半までの夜間開園があっています。

路面電車で行きますが、大浦天主堂下電停では降りずに次の終点
石橋電停まで行きます、そこからちょこっと歩いて
スカイロード(エスカレーター)で一気に第2ゲートまで行ってテッペンから
下りながら見物することにしました。
(坂を上りながらより絶対楽チン。)


スカイロードで上りきったところ。Img_5864


新世界三台夜景を稲佐山からではなく、グラバー園から
見てみようと思います。Img_5873


もうすぐ日が暮れます。

その模様は次ですね~。





2014年5月 8日 (木)

門司レトロ散策 : 夜景編

昨日の記事の続きです。

いろんなお店をぶらぶらしているうちに日も暮れてきました。

しかし、観光客の数はいっこうに減りません。

こうなったら、俺っちも夜景を撮るまで粘りますかね。
Img_5784


建物のライトアップ効果も上がっていい雰囲気です。
Img_1869


ナイトクルーズもあるようで・・・
海側からの夜景見学もよさそうですね。
Img_5785


下関側もライトアップしてます。
Img_1877



次は、先の記事に紹介しました高層マンション「レトロハイマート」
に向かいます。
ここの31階が展望室になっているのです。


下関側はこんな感じに見えます。
Img_1881


門司レトロ、今まで散策していたとことはこんな感じ。
Img_1880

カフェもありましたので海風で冷えた体をコーヒーで温めました。

帰る頃には辺りはすっかり真っ暗でした。

辺りが真っ暗になると夜景の雰囲気も違ってきますね。Img_1893


展望室を降りると外ではアナウンスが・・・

なるほど。今日は花火があったのですね。
Img_1932


Img_5806

五分くらいのこじんまりとした花火ででしたが、
みんな大喜びでした。



それじゃ、宿に帰る前に、もうひとつ欲張って・・・。


関門橋のめかり側のふもとにある「ノーフォーク公園」にも行って
みました。Img_8306

いやぁ~、いい感じ。


この日はかなり遊びました。



さあ、次の日の遠征先は長崎市内です。

当然、観光半分で応援に行くのでした・・・。




2014年5月 7日 (水)

門司レトロ散策

2014.5.4(日)。

今年もGWは、娘たちのバレーボール春季リーグが始まります。

先週から、福岡、鹿児島と再来週まで約一か月の転戦です。

このリーグ戦の応援を口実にちゃっかり観光をすることにしました。


高校生みたいに手がかからないのがいいですね。good


まず、初日は門司レトロまで行ってみました。

まずは、門司のランドマーク的建物、高層マンション『レトロハイマート』が
迎えてくれます。
日本を代表する建築家・黒川紀章氏の設計です。
Img_8284


とても多くの人出で人気スポットぶりが覗えます。
Img_1857


対岸は下関です。
Img_8275


関門海峡も近くに見えます。
Img_8270


それでは散策しますかね。


Img_1744


旧門司税関は明治42年(1909)に門司税関が発足したのを契機に、
明治45年(1912)に煉瓦造り瓦葺2階建構造で建設されました。
Img_1824


Img_1757

中にはカフェもありました。
Img_1750


新旧建物のお立合い。
Img_1753


次は、、ロシア帝国が明治三十五年(1902)大連市に建築した
東清鉄道汽船事務所を、そっくり複製し建築されたものが
国際友好記念図書館です。
Img_1820


Img_1746


確かにロシアっぽい棟の連なりです。Img_1742


次は、旧門司三井倶楽部。
大正十年に三井物産の社交倶楽部として、門司区谷町に作られました。
Img_1796


ガーデンのバラも見頃で、よく手入れもされてました。
Img_8292


ここでは、当時、アインシュタイン夫妻を招き晩さん会があった部屋が
レストランになっています。
ということで俺っちもここで食事。

オーダーはもちろん、門司の名物焼きカレーをセットで。
Img_5761
スパイの効いたカレーを真ん中の生卵がまろやかにしてくれます。
ホクホクの皮付きじゃがいも美味しかったぁ。


デザートはバナナのゼリーでした。
Img_5767
さわやかな甘みがとても美味しかったです。


食後はまた散策を始めます。


こちらは、オレンジ色タイルと白い石の帯が調和したデザインの建物は
大正六年(1917)に建てられた大阪商船門司支店を修復したものです。
Img_1800


Img_1807


門司港駅周辺はトロッコ列車も走っているようです。
Img_1829


海峡プラザ前はで店も出ておりかなりの賑わいです。
Img_1728


関門海峡の観光クルーズ船もここから出ています。
Img_1730


Img_1812


海峡プラザ内には魅力的なお店も多くありました。
Img_5769

Img_5775

Img_5778

Img_5781


そろそろ日も暮れてきましたが、いっこうに人出は減りません。
Img_5783



次回は、夜景見物に突入するぞ~。