フォトアルバム

リンク

« 2014年3月 | メイン | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月28日 (月)

黒木町の大藤まつり②

大藤をしっかりと堪能した後は、付近を散策しながら
駐車場まで帰ることにしました。

すると、すぐに興味を引く看板を発見。
Img_8159


この看板の隣には、「後藤酒造場」がありまして、試飲と
即売会、酒造場の内覧会があってました。Img_8156

山からの伏流水を使って酒造しているそうです。Img_8153その伏流水を酒造樽にに貯めてありました。
とてもやわらかくて美味しい軟水でしたよ。


後藤酒造場を出るとすぐ隣には「旭松酒造」があります。Img_8163

こちらでも、試飲、内覧があっておりました。Img_8259

大正五年の創業だそうでです。Img_8175お宅は増築しながらも創業来の伝統を守っているようでした。


そして、先ほど見たちんどん屋さんが・・・
Img_8167

最近、流行った曲を 独特のアレンジで演奏してくれました。Img_8253


その後には獅子舞もありました。
Img_8205


子ども達も保存会でしっかり受け継いでいるようです。Img_8202_2


みんな、肩や手など悪い所を獅子に噛んでもらっているようでした。Img_8235俺っちは頭を噛んでもらいましたよ。
「もう、これ以上・・・抜けませんように・・・」と。coldsweats01


最後はべりーべりーアイスクリームで〆。
Img_5731


今回初めて訪問した「黒木町の大藤まつり」でしたが、

駐車場での誘導員さんの立派さや、物産展の出店の充実、

特設フードコートの席数の多さなど私たちが楽しめるおもてなし

がとってもしっかりして好印象でした。




黒木町の大藤まつり①

2014.4.27(日)。

いよいよGWの始まりです。

今年は五十肩でバイクも乗れないし、恒例になりつつあった
キス釣りの予定もなし・・・。

今のところ無計画・・・ヤバいです。

今年のGWは前後半に分けて、5月の後半戦にいろいろ計画
することにして、・・・

この日は、八女市の「黒木町の大藤まつり」に行ってみました。

午前11時にはもう大勢のお客さんたちが。
Img_8035 


朝食と昼食を兼ねて・・・。deliciousImg_8042鮎は高価だったのでやまめで我慢。
それでもとっても美味しかったです。


大藤のある所までの移動中、こんな人たち発見。eyeImg_8046ちんどん屋さん。30年ぶりくらい見ました。


大藤は素盞嗚(すさのお)神社の境内にあります。
駐車場から歩いて10分くらいでしょうか?
いろんな出店を見ながらなのであっという間です。Img_8080樹齢600余年の大藤。天然記念物だそうです。


Img_8078
さすがに大きくオーラを感じます。


心地よい藤の香りに包まれながら、多くの人が思い思いに大藤を
楽しんでますが・・・Img_8084_3カメラの三脚・・・、どうにかなりませんかね?
せめて一脚にするとか。


俺っちは気にせず、迷惑かけず、気を遣いながら撮ります。Img_8059同じ藤でもいろんな色に見えます・・・光の加減ですかね。


こんなに大きい藤棚の下を歩くのは初めてです。Img_8124_2


しばし、藤色のカーテンを見てください。Img_8135

房(ぶどうじゃないんだから・・sweat02)の長いこと長い事。Img_8073

次の2枚はタムロン100mm単焦点で。Img_8104


やっぱり違いますね。

Img_8096 マクロもグゥ~good


下の写真はいい感じに撮れていたので、UPです。Img_8127


藤の香りに包まれながら、大藤を堪能した後は、

付近を散策してみることにしました。

その模様は次回です。





2014年4月15日 (火)

フライパンでブリ照り・・・俺っちの一品。

こだわりの“荒炊きのタレ”を手に入れて以来、煮物に
ハマってしまった俺っち。


ブリの照り焼きが美味しく出来たので、俺っちの一品として
紹介します。


「フライパンで・・・」のとおりお鍋使わず、フライパンでやっちゃいます、
照り焼きだからね。!


まずは片栗粉を薄くまぶして焼き色を付けます。Img_5663_2 仕上がったブリ照りの身が柔らかくなるためには必須の手間。


焼き色が付いたらフライパンの余分な油分をペーパーでふき取った
あとに例のタレを倍くらいに薄めて後は水分がなくなってテカリが
出るまで煮ます。
Img_5669
焦げないようにフライパンを良くかき回します。
身くずれを防ぐためにあまり裏返しせず、タレをスプーンですくって
回しかけてね。


ブリだけではお皿の上が寂しいので、付け合せは大根。
あらかじめ湯通しして柔くなったものを煮ます。Img_5666 ここでもタレは倍くらいに希釈しました。


なかなか良い色になってきました・・・。
Img_5668


出来上がりは1751
Img_5674
この日の献立は、
・ 内祝いにいただいた赤飯。
・ 奥さん作のおからのあえものとシイタケのお味噌汁。
・ 俺っち作の長芋とアボガドのサラダとブリ照りと大根の付け合せ。


「本日のブリの照り焼き、星みっつですぅ~。」

でました、三ツ星sign03

ホント、美味しかったんです。

しばらくは煮物の修行を続けそうです・・・。




2014年4月12日 (土)

荒炊きをお気に入りの器で・・・こだわりの一品

ある週末の食卓。

久木野で買ったお気に入りのお皿に、濱田醤油で買った
荒炊き専用タレを使って真鯛の荒炊きを作ってみました。

Img_5633この日の小鉢は、
1)「小栗の郷」で買った肉厚の椎茸の塩焼き
2)きんぴらごぼう
3)かぼちゃと鶏ひき肉の煮物


一匹350g~400g位の長崎県産の天然真鯛を使用しました。
Img_5634
濱田醤油の荒炊き専用タレの感想ですが、
とっても生姜が効いていて、甘さも程よくとても簡単においしく
料理ができます。
今回は倍に薄めて煮付けてみましたが、そのままで生姜焼き
も美味しくできますよ。


1本1080円也。

皆さんも1本いかがですか?

ちなみに、養殖物でもいいので、キロクラスのアラがやっぱり
美味しいようです・・・。


なので、「星、2つ半ですぅ~。」





2014年4月10日 (木)

醤(ひしお)が香る濱田醤油

最近、情報番組や情報誌でよく話題になっている
「濱田醤油」さんにいってきました。


江戸・明治時代の海運集積地として栄えた小島町に
明治20年に創業したそうです。Img_5191_2 
創業190年を越え、現在七代目だそうで、こだわり商品の開発や
蔵カフェの営業などで時代の波にうまく乗っておられるのでは
ないでしょうか・・・。
努力されてるんでしょうね・・・。

Img_5434


創業来の建物も、現在では立派な有形文化財となっており
今では濱田醤油の立派な“ウリ”となっています。Img_5433

中に入ると、醤の香りが漂っています。Img_5176

さすが創業190年越え。調度品にもかなりの年代物があります。Img_5177

麹菌がたくさん居ついてそうな雰囲気です。Img_5178

こだわりの商品開発も怠ってはいませんね。eyeImg_5188

話題の蔵カフェにおじゃまします。Img_5187

この日は、醤油アイスクリームを頂きました。Img_5182一口いただくと、醤油の香りが口の中にふわっと広がります。

俺っちにはビミョーでしたが、両親には好評でした。
お年寄りにはなじみやすい味なのかも知れませんね・・・。


昔の熊本市中心街の写真集は見てて飽きませんでした。Img_5186このカフェには興味をそそる雑誌が多数ありました。


お土産にあらだき用の醤油を買いましたよ。Img_5437



この醤油を使って、おいしいあらだきを作りましょう。smile

先日、久木野で買ったお皿に盛って食べたら

美味しそうです。



《濱田醤油さんのHPはこちら》




2014年4月 6日 (日)

ボリュームたっぷり : 灘や

2014.4.6(日)。


有明町は大島子にある「灘や」さんに行ってきました。

サウスフリーダムでは、あさりのジャンボみそ汁定食
ツーリングがでおなじみですね。


本日、俺っちは両親を連れて行ってきました。


今日は良い天気でしたが風が強くて気温が上がりませんでしたね。Img_5675


1751これが、このお店のウリです。あさりのジャンボみそ汁。Img_5676


他にもオススメメニューはいっぱいあります。Img_5677


まずは、あらだき定食。
Img_5680


両親イチオシのあらだきでした。goodImg_5681身もたくさん付いていて、俺っちは骨湯までいただきました。


それと、もう一種類は刺身定食。Img_5682


新鮮なお刺身がこんなに・・。Img_5684エアコン効きすぎて鯵のしっぽが揺れてるのか・・・?
いえいえ、生きてる証でした。


このお店は、ジャンボあさり汁のおかげでボリュームが
クローズアップされてますが、かなりのクオリティもありますので
皆さんきっと満足すると思います。オススメですgood

≪灘やさんの食べログ情報はこちら≫




帰り道。

今回は、住吉漁協横の「潮が満ちると沈む」堤防を歩いてみました。
Img_7991


一番向こうまで・・・1Kmはありそう。


まだまだ五分の引き潮、干潮ならどこまで堤防あるかな?Img_8012


午後5時くらい。海の色がいい具合に黄金色になってきました。Img_8013


が・・・、今日はここまで。

いつか夕日と干潮の干潟をセットで撮ってみたいですね。