フォトアルバム

リンク

« 2013年8月 | メイン | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月26日 (木)

桜島は暴れん坊!

26日のニュースで桜島の噴煙が高さ4kmまで上がったとか、
ここ数年、年間爆発回数を更新し続ける暴れん坊の桜島です。


先日の三連休の中日9/22(日)に鹿屋市まで用事で行ってきました。


久々の鹿屋だったので、結構遠くに感じました・・・
数年前、毎月行っていた時はあっというまだったんですけどね・・・


熊本では少し秋を感じていたんですが、鹿児島はやっぱり南国?
夏空です。Img_1432

福山町の辺りはどの堤防でも釣人たちが竿を出してる。
俺っちも釣りしたい・・・。Img_1436奥に見える桜島は今日は穏やか・・・。


鹿屋で食事するとしたらここ。
「竹亭」さんです。Img_1480

今日は何にするけぇ~。Img_1474_2

上とんかつ定食(ロース)。Img_1477とっても美味しいよnote


この日は、お世話になったバレー部監督にサプライズで出産お祝いを
持っていく予定だったんですが・・・
なんと、その監督と鉢合わせ~っ。鹿屋はそんなに狭いのか? 


そんなこんなで話に花も咲き、時間があっという間に過ぎまして、
日も暮れ出したので熊本に帰ることにします。


錦江湾に沈む夕日は雲の向こう側・・・Img_1483

夕焼け空がきれいです・・・Img_1493

と、振り返ると・・・
桜島が暴れ出しました、噴煙は鹿児島市内方面です。Img_1498

桜島フェリーの航路あたりはきっと火山灰がすごいことになって
いることでしょう。Img_1510
「師匠、この場所覚えていますか?」
20年前にゴムボートで繰り出して釣りをした場所ですよ。!!




 

2013年9月25日 (水)

桂仙らーめん

先日、熊本県総合射撃場に行く前に、熊本市南区城南町でラーメンを
食べてからいきました。


そのラーメン屋さんとは「桂仙らーめん」さんです。

店内は昭和のポップスが有線でかかっていました。なつかし~Img_4355

メニューはかなりのバリエーションです、写真は一部ですよ。Img_4350

Img_4351

奥さんは“桂仙らーめん”。Img_4353麺は中太麺を注文、熊本ラーメンに多い色白の麺です。
俺っちはトッピングでなく半熟卵が付いてきてうれしい。
マー油と海苔ときくらげ・・・典型的な熊本ラーメンビジュアルですね。
お味はもう見た目で想像がつくんじゃないでしょうか・・・

美味しかったです。

俺っちは“よくばり定食”を注文。 Img_4354ガハハ!またやってしまった。
餃子、ホルモンの煮込みが付くとあっちゃあ注文せずにはおられましぇん。
あぁ~食った食った、カロリーだけなら二日分ありますな・・・。


この後、レーザーライフルを撃ちに行ったわけですが、
撃つ前に息を止めて照準を安定させて・・・バンっと撃ちます。

撃った後の「ぶふぁーっ」とした時の自分の匂いには参りました。wobbly

ブレスケア・・・ラーメンの後は必需品ですね。coldsweats01





2013年9月23日 (月)

ライフル撃ってきました。

2013.9.21(土)。
以前TVで見て、奥さんが「一度やってみたい。」ということで。

益城町にある熊本県総合射撃場に行ってきました。


こちらがライフル射撃場です。Img_4365まず管理棟で、射撃場利用料160円と光線銃装置1式60円の
合計220円(大人一人1時間)を払ってライフル射撃場へ。


敷地内に管理棟とクレー射撃場もあります。


こちらは小口径ライフル射場(射程50m)ですね。(要免許です。)Img_4366

こちらが、俺っちたち素人が免許も必要なくお手軽に体験できる
ビームライフル射撃場(射程10m)です。免許不要。Img_4369引鉄を引くと銃口から光を発し、10m先の標的=受光板に組み込まれた
センサーが反応して点数を表示するという仕組みになっています。


奥の王冠の下に白く四角い標的を狙い打ちます、中心は直径わずか3mm。
手前の掲示板版に点数と当たった場所が表示されます。


射程10mで3mmの中心点に当てるには1000分の幾らかの誤差があると
当たらないのだとか・・・
けっこう高度なことやってますね。


こちらがビームライフルは、形状はスタンダード・ボルトアクション・ライフルを
模しています。重量約4.5kgあります。
1回1回ボルトアクションしないとビームは出ませんし、発射音も出ます。
なかなか気分は盛り上がります。Img_4368最初は、ライフルの重さの低減と、照準のブレを防ぐため枕を敷いて
撃ちます。

慣れたら両手で持って撃ちますが、これがなかなか難しい・・・

ちなみに、↓のレシートのようなものが記録として出てきます。Img_4371「×10」はいわゆる“ド真ん中 ”で、
最後にクールダウンとして枕を置いて10発射撃したものです。


初めてだったので、担当者の方が熱心に取り扱い方や射撃姿勢などを
丁寧に教えてくらました。
かなり遊べる大人の遊びを発見しましたね。


皆さん、ストレス解消にいかがですか?
ちなみに翌日は左腕がこわりましたが、成績は奥さんに圧勝でしたよぉ~bleah





2013年9月21日 (土)

本 : 海賊と呼ばれた男

この本は出光興産の創業者である出光佐三さんの生涯をモデルにした
小説で、2013年の「本屋大賞」に選ばれた作品です。

この本の中で出光佐三氏は「国岡鐵造」として、出光興産は「国岡商店」
として書かれています。

ぼちぼち読みながら2か月かけての完読でした。Img_6305

まず上巻。
物語は敗戦の日から始まります。
敗戦によりこれまで成した財産の殆どを失い、莫大な借金だけが残った
ものの、社員を一人たりとも解雇せずにたくましく会社を再生していきます。Img_6333

次に下巻。
当時国交のなかったイラン石油を積むためにアバダンの港に入港した時の
イラン人の歓喜と英国との闘争は実在の「日章丸事件」をモデルとしており、
この本の最大のヤマ場であり、タオルが必要です。
ハンカチでは足りません。Img_6334「日章丸」事件の後も、製油所建設に取り掛かる鐵造。
ここもまた胸を熱くせずにはいられません。

鐵造の闘いにあふれる人生、その闘いの一つひとつに勝利するため
の要因となるものは、鐵造を慕う才能あふれる男たちであり、鐵造という
人間に魅せられた者たちの協力であったり、があると思いますが・・・。
その闘いのリアリティに引き込まれますよぉ。
Img_6320

日章丸のイランへの航路。Img_6332


国民を顧みず、石油の統制を図り、自らの権益を守るために
「国岡商店」を排除しようとする者たちとの闘いは読む者の
カラダが熱くすること請合いです。


今、ドラマ「半沢直樹」が人気で「倍返しだ」が流行語大賞に
ノミネートされる程らしいですが、「半沢直樹」が好きな方は
きっとこの本も大好きになること間違いなしです。


「永遠の0ゼロ」が映画化され、今最も勢いのある百田尚樹氏の
小説だけに、いずれ映画化されるかもしれません。
その時は素晴らしいキャストでお願いしたいものです。




2013年9月19日 (木)

今夜は中秋の名月

今宵は中秋の名月。

中秋の名月は決して満月とは限らないとか・・・

3年連続で今年まではたまたま満月だったらしいけど次に中秋の名月が

満月になるのは、8年後の2021年なんだとか・・。

知らなかったぁ・・sweat02

Img_1420 
久々のCanon PowerShot SX50 HS登場です。

このカメラの焦点距離215mm (50X) は35mm換算で1200mm相当の画角になります。

鵜の画像はデジタルズームを併用して、焦点距離215mm 、
(100X) (デジタルズーム2倍)は35mm換算で2400mm相当の画角になります。

EXIF data の焦点距離のところはいずれも215mm と表記されることになります。

ノートリミングです。





2013年9月18日 (水)

八代市内で渡りガニ食べました。 : 海鮮亭

3連休の中日、両親を母親の実家である八代市内に用事で送迎。

ただ行くだけでは面白くないので、俺っちとしてはやっぱり
美味しい所をリサーチ、リサーチ。

しかし、八代市ってブログとか情報誌で情報探しても
絶対的な数が少ないうえにパッとした所がないような・・・

もっと頑張れ!八代市・・・とエールを送りたくなりました。


そんな中で、やっと探したお魚の美味しそうなお店。

「海鮮亭」にやってきました。Img_4308

広くてきれいな生簀には、ヤリイカ、ガザミなどが元気に泳いでいました。Img_4303

メニューはこちら。Img_4293

結構リーズナブルではないでしょうか。Img_4294

というわけで、父親は刺身定食に荒炊きの単品を注文。(贅沢や!)Img_4295

ビックリするお刺身の量、これで1200円でっせ!Img_4296

それから荒炊き。こちらは見た目白っぽいですがしっかりとお味は
しみています。甘目ですがとっても美味しかったです。Img_4297八代の料理って“そうそう、ばあちゃんもこんな味だった”というくらい
甘目の料理が多いような気がします。confident


それから奥さんは天ぷら定食ですね。Img_4298

天ぷらのボリュームがすごい。エビはぶりぶりでしたぁ~。Img_4299

それから俺っち、長女、母親はカニ定食。Img_4302渡り蟹の茹でが1匹、お味噌汁に半匹、計1.5匹。にお刺身、天ぷら
茶わん蒸し小鉢が付いてお得で充実した2800也。

こりゃ美味しくない負けないでしょ?

お店の方も「最後までしっかりすわぶりましたか?」ってニコニコ対応。
こりゃ姫戸辺りでこの値段じゃ食べれんなぁ~。

今年初めて渡り蟹を食べました、初物。今年は豊漁だったそうです。


どうですか?生簀の中のカニさん。
こんな籠が五つ位ありました、どれもが良型で実入りもばっちりでした。goodImg_4305
お隣は「漁師割烹 頼藤」といって同じお店の祝席や法事の
時の宴会に使われているようです。

八代海を介して姫戸、倉岳、竜ヶ岳とは向い合せなんだから
もっともっと美味しいものを食べさせてくれるお店とか増えて
活気のある街になってほしいな・・・。


八代市内だけで分かりやすいくらいのドーナツ化現象してますもんねぇ、
郊外のショッピングモールばかりが威勢が良くて、立派なアーケード街が
シャッター通りじゃ寂しいです。


頑張れ故郷rocksign02




2013年9月15日 (日)

今年の初物

2013.9.15(日)

この三連休、皆さん充実したお休みを送れてますでしょうか?

俺っちは予定なしの3連単、近場勝負です。

内之浦にイプシロンロケット打ち上げを見に行った人、
阿蘇駅に豪華寝台列車「ななつ星in九州」の試運転を見に行った人と・・・
俺っちのやりたかったことをやってる方もいることでしょうね。


俺っちは昨日、菊水、山鹿、鹿北と道の駅や物産館等を、今年の初物と
なる“栗”を探し回りまして、1Kg350円で買ってきました。
まだ早生で、出ても午前中で完売するとのことでやっと見つけた1Kgなのです。

昨日のうちに水につけておいて、渋川の筋をこすって取っていきます。

TV見ながらだと地道な作業も苦にならないのだ・・・。Img_4310_3 
コトコト煮詰めて、渋川煮をつくりました。

レシピでは栗1Kgにつき、砂糖500gやら700gやらと驚きの量を入れるんですが、
栗本来の味を楽しもうと砂糖少な目にしてやってみました。 「半沢直樹」観ながらいただいてます。Img_4322_2 
口の中で栗がまったりと広がり、甘さを控えたなかなか美味しい渋川煮に
なりました。

今年の初物は大成功。good

「半沢直樹」いよいよ次週が最終回のようでとっても楽しみです。


明日は、娘たちが藤崎宮秋の例大祭に出るので、早起きしてカメラを持って
出かけます。


≪注記≫
本日の公開記事から、記事内画像はポップアップウインドウが使えるように
なったみたいです。
使いやすさがゆっくりとゆっくりと良くなっているようです。bleah




2013年9月 8日 (日)

俺っちの一品

今日は、「2020五輪 東京に決定」関連のTV、インターネット記事
を午前中ずっと見ていました。

日本が元気になってくれればいいな。confident

前回の五輪誘致には失敗した東京ですが今回は見事な大差での
勝利?誘致決定ですね・・
やはり失敗から学ぶものは大きいんですね。think


さて、本日の夕ご飯も俺っちの出番です。

ちと用事があったもので、帰りにちゃちゃっと出来るものをということで

パスタ料理でペスカトーレです。今回もレシピはスマホで検索です。Img_4280
お手頃価格でできるようにトマトの水煮缶と海鮮はシーフードミックスを
使用しました、まあ、海鮮の旨味っていうのは半減しますねぇ。


冷蔵庫に残っていたトマトは食感とフレッシュ感を出すために
カットして出来上がりの上にトッピングしてみました。
Img_4281

粉チーズがちと粒々感があったかな・・・

でもガーリックはしっかりオリーブオイルに香りが移っていて
良かったと思います。
家族全員が完食してくれたのでうれしかったですけどね。lovely


今回も「星二つですぅ~。」shine


次回、チャレンジするときは殻付のアサリ、エビ、ムール貝を
使ったゴージャスなものを使ってみたいと思います。



2013年9月 7日 (土)

太宰府天満宮界隈

2013.9.8(土)。
今日は、福岡県春日市へ親戚の法事に父親が行きます、
最近父親も長距離の運転はちょこっと心配になる年齢になったので
お出かけがてら送迎することにしました。


で、父親が法事に行っている間の観光は・・・

やっぱり太宰府天満宮ですかね。wink
Img_4214


お昼前でしたが、お客さんが多くなる前にいつもの「酒殿屋」さんで
腹ごしらえすることに。
Img_4244


やっと庭園の見える席に着けました。
Page4
ここの参道では、メニューの多さでは有数です、本来この参道沿いは
うどんやお蕎麦の軽食系が多いみたいですね。

もちろんお味も間違いなしのお店です。


お腹も満たされていよいよ参拝します。
Img_4237


本殿です。
Img_4239


これは「飛梅」。
菅原道真公が都を離れたとき、道真公を慕って一夜のうちに
この地に飛来したとされるのがこの「飛梅」です。
Img_4242
いやぁ~、それにしても・・・
つい最近お願いに来たと思ったら、もう新たなお願い事を
することになるなんて月日が流れるのは、・・・
っていうか娘たちの成長は早いですねぇ。

神頼みだけではダメだとはわかってるんですが・・・親心です。


参拝が終わってお茶するところをさがします。


こんなスタバがありましたよ。eyeメール確認したら結構話題になってる
みたいですが、今回はスルー。
だって今年の夏を席巻した「ストロベリーチーズケーキプラペチーノ」
はもう販売終了ですもん。weep
Img_4246


参道でお茶するって言ったらスイーツは梅ヶ枝餅しかないでしょ。scissors
ということで、お土産も買えて喫茶もできるお店、「松屋」さん行きました。
ここは幕末当時、勤王の志士が多く宿泊したというお宿で、今は
お土産物屋さんと喫茶ができるお店として残っているのですよ。
Img_4264
喫茶が出来るお店の名前はその名も「維新の庵」です。


ここのお店は裏のテラスがとっても素晴らしいです、是非紅葉の季節に
再度訪問したいものです。
Page5


俺っちはアイス、奥さんはホットでコーヒーのセット600円也。
Img_4254
ん~?抹茶とのセットが良かったか今でも悩み中!


この時点でもう2時間くらい時間が経過したかな?
まだ、父親からの連絡なし・・・。


ということで路地裏まで探訪することにそました。


でもやっぱり足が止まるのは食べ物屋さん。


かなり有名な肉まん屋さんみたいで「揚子江」というお店。
北九州が本店らしいですが、俺っちはまったく知りませんでした。sweat02
Page7
お土産に買って帰ってすぐたべましたが、「こりゃ最高だね!」
あふれる肉汁でTシャツも手もべちゃべちゃ。happy02

たっぷりお肉と大きめに切った玉ねぎから溢れるのはもうスープです。
もっと買ってくりゃ良かった・・・
娘たちの分は残りませんでした。ゴメン。coldsweats01

大相撲の九州場所で天満宮内に部屋が出来るそうで多くの横綱の
色紙や写真がありました。
「まいう~」の石塚兄さんも色紙がありましたね。


ここで父親から連絡あり・・・
「もうしばらくかかる。」らしい

ならばもう一軒、お茶しに行くしかないでしょ?

前から気になっていた「風見鶏」に行きました・・・
あくまで時間調整ですよ・・・ホントに。
Img_4274


いやぁ、大正ロマン?時代感あふれるとてもいいお店でした。
Page6
コーヒーフロートはたっぷりのバニラアイス。
コーヒーゼリーはガラスの白鳥の器にコーヒーゼリーとバニラアイス、
それにコーヒーで作ったというシロップが付いてきてますよ。
参拝の後、ゆっくりお茶してください。

あ、こちらでのcamera撮影はスタッフさんに声かけて下さいね。(注)


で、もうひとつのお土産は当然の梅ヶ枝餅。
Img_4277
今回は、お茶した松屋さんで購入。10個入り1,050円也。


父親からやっと「お迎えお願い。」の連絡があったのは3時間半経過後・・

もう、お腹一杯でした。



記事の中の揚子江の肉まんが気になった方は、地方発送もできる
そうですよ。
≪揚子江の肉まんを送ってもらいたい方はこちら≫



今回の記事は1回でかなりくどくなってしまいました。
一週間かけて読んでくださいね。・・・1321

2013年9月 1日 (日)

俺っちの一品

台風はどうに逸れてくれまして、風水害については
大規模にならなくてホッツとひと安心ですが・・・

週末の土日とも雨に降られるとどこに行くわけでもなく
読書が進みました。book

で、夕食ぐらいは食べたいものを・・・と買い物に行きました。


今日食べたかったのは"さばの味噌煮"です。
ちょうどいい具合の生サバがありましたんでお買い上げ。


スマホでレシピ見ながら作りました・・・。

ハイshine俺っちの一品。
Img_4209

身の厚さもなかなかですが・・・。

Img_4210

ん~っ?
①お味噌に甘さが少し足りませんでした。
②ウチのお味噌を使いましたが、合わせ味噌なんで色合いが
 イマイチなのと麦の粒つぶが残って見栄えが良くない。

よって「星ふたつですぅ~。」diamonddiamond

Img_4212

奥さんの作ってくれたレンコンのきんぴらは「星三つでした。」sweat01


もうすぐ新米の時期ですね・・・
今年も美味しいご飯が食べられますように(祈)。