フォトアルバム

リンク

« 2013年7月 | メイン | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月29日 (木)

広島の逸品

広島ネタもやっと終わったと思いきや・・・


冷蔵庫に入れて忘れていた自分用お土産を思い出しました。


宮島の「牡蠣屋」さんというところの・・・・

“牡蠣のオイル漬け”です。
Img_4190


お店の前を歩いていて、とっても美味しそうな予感が・・・
こりゃ買っとかなイカンでしょ!
Img_4191


製法など詳しいことはわかりましぇん。sweat01
Img_4188


白髪ネギを置いてみました。
Img_4192


一個一個が燻製のようで牡蠣の味が濃いsign03

うれしいことに、この逸品はオンラインショップで買うことができます。



≪牡蠣屋のホムページで買いたい人はこちらから。≫




2013年8月27日 (火)

広島へ家族旅行じゃけぇ! : 大和ミュージアム編

2013.8.22(木)

家族旅行、2日目。


娘たちは、中学校の修学旅行が京都、大阪だったらしく、
錦帯橋、宮島・厳島神社、原爆ドーム、平和記念資料館に行ってないらしい。


資料館はあまりにも衝撃的か?とも思うので原爆ドームを車中から・・・。
Img_5956_2

娘たち・・・、平和について少しは考えてくれたでしょうか?
せめて今の自分が幸せなんだと再確認してくれたらいいです・・。confident


広島市内から約40分で呉市の山本ミュージアムに到着。
Img_5968


特別企画展とかで、大和の艦橋内部を再現、艦橋から
46センチ砲を発射したところなどをCGで見ることができます。
Img_4149


映画で見るのとはだいぶ印象が違いました。
Img_4137


艤装中の当時の大和。
Img_4147


ミュージアムの中には10分の1の大和が。
Img_5975


大和はセピアかモノクロが似合うような気がします。
Img_5973
↑はカラーですけどね。


なかなか全体が入る構図は難しいです。
Img_6011


Img_6020


Img_6025


人間魚雷として開発された特攻兵器「回天」の展示も。
Img_5994


これは零式艦上戦闘機ですね。
Img_6032


こんな風に水上偵察機に転用艦載されます、7機搭載可能でした。
Img_5987


現在、戦艦大和は鹿児島県沖で↓のような状況で沈んでいます。
Img_4152


↓の写真は、終戦後に接収された多数の潜水艦が、大和建造のドックに
 集められているところ。
Img_4145


現在の呉港には、大きなタンカーが・・・。
Img_6029
大和ミュージアム、約3時間の滞在でした。

展示品、記事を隅々まで読んで写真もたくさん撮って
とぉ~っても満足しました。


道向かいある海上自衛隊呉資料館(てつのくじら館)、
今回は行きませんでしたが次回機会があれば訪問したいと思います。
Img_6008



戦後、大和造船の技術は戦後わずか10年ほどで世界一の造船国へと
発展する一翼を担うこととなり、わが国の近代化に大きく貢献しました。
ここを訪れることで、日本のペリー来航以来の歴史と平和の大切さを
深く認識させられました・・・。

が、なぜか高ぶるものを感じてしまった俺っちでした。



2013年8月26日 (月)

広島へ家族旅行じゃけぇ! : 広島市街夜ぶら編

2013.8.21(水)。

宮島、厳島神社を堪能した後は、広島市内に移動、宿泊します。


晩ごはんは、いろいろ選択にいとまがありませんが、
観光客なら素直に↓ここ、お好み村でお好み焼き。
Img_4128


いろいろリサーチしていったんですが、何処のお店もいっぱい。

Img_4106

結局、イスが4人分空いていた“さらしな”というお店にはいりました。

屋台で創業して以来、60年。塩と味の素を使わず、とろろ昆布を
たっぷり使ってあっさりとしたお好み焼きが特徴!と店主さんが
明るく楽しく教えてくれました。
Img_4107

何処のお店も「そば又はうどん」とあります、熊本で広島風といえば
モダン焼きで、そば麺だけですが・・・

Img_4109

撮れてないですが、上の生地の下にはホントたっぷりのとろろ昆布
が使ってあるんですよぉeye

Img_4111

店主のお勧めとおり、そばとうどんを2枚づつにしました。

まずはうどん。
Img_4114
上にかけてあるのはソースと青のりとかつおです。

かつおととろろ昆布なのでうどんに合わないはずがない、
店主の言うとおりあっさりとしていて、でも甘辛のソースがしっかり
効いていて思わず「美味しい!」の連発でした。

Img_4118
そばは、鉄板の上でしっかり水分を飛ばして表面はカリカリ、
中はもっちりとしていてこれも本当においしい。


気さくな店主さんで、途中で「写真撮ってあげるよっ。」て
家族で食べてる写真撮ってくれました。
Img_4186
「機会があったらまた来てくださいね~。」って
最後には、こんなステッカーもいただいて、とってもいいお店でした。





お腹一杯になった後は、中央通あたりを街ぶら・・・。


宿に帰って4人で部屋飲みしようと、買い物に立ち寄った
ドン・キホーテでこんなもん発見。
Img_4125
中身はお馴染み五木食品の製品です。


Img_4126
広島で会えるなんて、くまモン恐るべし。


こうして広島の夜は更けていくのでした。
Img_4129
(中央通り)

このあと、4人で部屋飲みしながら話も盛り上がったので
明日のためにこの日のうちに就寝です。


明日は、原爆ドームを車から見て、いよいよ大和ミュージアムに
行きます。


広島ネタ、もうちょこっとこらえてつかぁさい。



2013年8月25日 (日)

広島へ家族旅行じゃけぇ! : 宮島 グルメ編

2013.8.21(水)

宮島に渡り、まずは食事処を探します。

人気店は何処もいっぱいで覚悟が必要です。

うろうろして、タイミングよくあなごめしの名店、「いな忠」さんへ。
Img_5860


まずは、奥さんと長女はカキフライ定食。
Img_4085
でっかいカキフライが6個も・・・。
衣の大きさが牡蠣の大きさに等しい。スカスカのフライとは違いまっせ。


俺っちと次女はあなごめしと、カキフライの単品。
Img_4080
香ばしく焼かれた穴子がお重にびっしり。
甘目のタレが香ばしく焼かれていて食欲をそそります、
うなぎより淡白なあなごがどれだけでも食べられそうです。
ご飯も炊きこんであるようでとっても美味しかったぁ。


あと、カキフライの単品。
Img_4084


あと、せっかく来たので焼き牡蠣も単品で追加・・。
4個入りなので一人1個づつです。
Img_4086
大粒で濃厚、身がしっかりしていてなんという美味しさでしょうか・・

俺っちは1人1皿でもいけるね。good

この上ない至福の時です。happy02


今年、九十九里の牡蠣は残念ながら小粒ばっかりでしたので
久々の大粒牡蠣に感動、感謝です。


いたるところで焼きガキを売っていまして、1個だいたい200円ほどと
値段もどこも良心的。

あなごめしに牡蠣、もみじまんじゅうと美味しいものがたくさんの宮島でした。


ごちそうさまでした。

2013年8月24日 (土)

広島へ家族旅行じゃけぇ! : 宮島 厳島神社編

2013.8.21(水)。

家族旅行なんて、子供たちが小学校に上がる前の
東京ディズニーランド以来です。


バレーボールの応援ではあちこち追っかけしましたけど、
「旅行」っていったら、やっぱり気分が違いますもんね。


今回は、車で。rvcarsign04

関門橋、九州を脱出です。
Img_4020


恥ずかしながら、ここから直進は初めてです。
萩方面は何度かあります。
Img_4033


4時間半で、宮島口に到着。(休憩3回)

宮島口から宮島へ渡るフェリーは2社あります、どちらも
15分おきに出港してますが、往路の途中で大鳥居に
わざわざ接近してくれるのは“JRフェリー”の方ですよ。
Img_5839
島に渡る直前フェリーから、大鳥居の足はまだ海の中ぁ。


ターミナル前の公園の木陰は、鹿さんに占領されてます。
Img_4078


さすが、夏休みじゃけぇ観光客が多いのぉ。
Img_4103_2


この大杓子の前は、人気撮影スポットなのに、たまたま
無人状態。即、パチリcamera ラッキー。
Img_4104


お土産屋さんにも杓子がいっぱい。
Img_4101


可愛杓子も。・・・。
Img_4102


さあ、いよいよ厳島神社に参拝。

神社入り口に「世界文化遺産」の大きな看板があったので
撮影したかったのですが・・・
たくさんのツアー客が看板に群がって大声でしゃべったり、いつまでも撮影してたので俺っちは怖気づいて撮れませんでしたセヨ。annoy


綺麗な朱色に塗られた長い回廊です、東回廊ですね。
ここを30数年前の修学旅行でも歩いたんだなぁ・・・think
Img_5878
ここの回廊は国宝で、幅4m、全長275mあるそうです。
床板の隙間は、高潮時の水圧を弱めるためと習った覚えが・・・。


茅葺の屋根も綺麗にCUTされてます。
Img_5879


御本社から客神社(まろうどじんじゃ)を見ると後ろに
五重塔が・・・。これも国宝。
Img_5889_2


本殿は、潮の引いた海側からパチリ。
camera本殿はもちろん国宝。
Img_5942
高舞台が見えます、平安時代の造営でこの舞台も国宝。


もう、ここは国宝ばっかり。
熊本にある国宝は、確か・・・人吉青井阿蘇神社だけじゃなかったっけ?


潮が引いて、大鳥居の下まで歩いていけそうですね。
Img_5884


能舞台、こちらは重要文化財で延宝8年(1680年)の
造営らしい。
Img_5904_2
やっぱり江戸時代では国宝にならないのかな?


最後の西回廊まで見所たっぷりの厳島神社です。
Img_5905


おっと、俺っちも大鳥居の下まで行きますか。
Img_5874


ホント、立派な大鳥居。さすが日本最大の木造鳥居です。
Img_4097
樹齢500~600年のクスノキで作られており、平清盛造営後、
現在の鳥居で8代目だそうです。
この巨木探しには20年の月日を費やしたらしく、
次代は宮島産のクスノキで建立したいと、宮島内に
クスノキが植栽されているそうです。


他にも、清盛神社や加藤清正を祭った千畳閣や宝物館など
たくさんの見所がある宮島ですが、あまりの暑さに俺っちはグロッキー気味で宮島を後にしました・・・。


久々の記事更新なのにちょー長くなってしまった・・・


しかし、この後も広島の記事はまだまだ続きますので

どうかこらえてつかぁさい。



2013年8月15日 (木)

南小国 : 花郷庵

2013.8.10(日)

ヒゴタイ公園に行く前に、南小国町のそば街道でお昼ぅ。Zarusoba1

既にご存じの方も多いと思いますが、「花郷庵」さんです。


ここは、そば街道の中でも早めに開業されたお店だったと思います、
何度か訪問してますが、玄関前がかなりうっそうとしてきましたね。


お客さんもといっても多くて、なかなか時間もないんでしょうね・・・。
Img_3933


12:00ちょうど、9組待ちで45分くらい待ちました。
Img_3935


待ってる間にメニューをみて食べるモン決めときます。
Img_3939


まずは、お茶とお通し。
Img_3943


注文は“そばずくし”をオーダー。

最初はざる豆腐、うんまい!
Img_3945


「最初のお蕎麦」はざるそばです、舞茸の天ぷらも。
Img_3946
食前酒は梅酒のノンアルコール。

天ぷらは舞茸のほかにもたくさんの野菜てんぷらで、抹茶塩で
いただきます。
そばつゆでもいいんじゃないかな?絶対おいしいと思います。

おつゆはかつおが効いて美味しかったですね。

これでかなりお腹いっぱいになりますが、お店の方がタイミングを見計らって
くれていて、ちょうどいいタイミングで次のお蕎麦が運ばれてきます。


次のお蕎麦は温かい山かけ蕎麦・・・
あ~っ、痛恨の2つ目のそばを撮り忘れ(泣)crying


んでもって、デザートのそばアイスクリーム。
Img_3949
蕎麦の香りのアイスクリームと、カリカリの蕎麦の実の食感が
いいですね。good

も~う、五感もお腹も満たされて、車の運転もしたくない程でした。

訪れて間違いのない店っていうのは安心感がありますね。

今度は行ったことのないお蕎麦屋さんに挑戦してみましょ。


2013年8月12日 (月)

波野村 : ヒゴタイ公園

2013.8.10(日)

アジゴ釣りで体がこわっていますが、波野村にヒゴタイを
行って見ました。


ヒゴタイって、絶滅危惧種なんですね~、かつては西日本に広く
分布していたそうですが・・・。


入場料は大人一人300円也。
ホームページなどは200円のまま修正してないのもありますので注意danger
Img_5830


入園はしてみたものの、ヒゴタイはまばらで、咲具合もばらばら・・・
見ごろはもう少し先でしょうか?


色づき始めたもの・・・
Img_5777


素晴らしい色を見せるもの・・・
Img_5825
それにしても、トンボが多かったなぁ~



花開いたもの・・・
Img_5774
花弁が開くとまた不思議な姿を見せてくれます。


まだ、ラベンダーも何箇所か、まとまって残っていました。
Img_5818


これは“なでしこ”ですね。線香花火みたいで可憐です。
Img_5780


この公園にあるのは、「カワラナデシコ」と言うらしいです。
Img_5778


これは?アザミでしょうか?
Img_5783_2


これは、「オミナエシ」というらしい。
Img_5770


まだまだ阿蘇方面には行ったことがないところがあります、

季節ごとの楽しみもたくさんありそうです。

ひとつひとつ訪れてみたいと思います。

2013年8月10日 (土)

何年ぶり?のアジゴ釣り

平成25年8月9日(金)

この日は、久しぶりのアジゴ釣りに出かけました。


急に思いついたんですけどね・・・。


大矢野の〇本釣具店で餌を購入、赤アミ1/8と2倍に膨れる集魚剤
のみの購入でお財布にやさしい釣行です。


まずは、お馴染みの松島町のポイントで竿出ししてみる。
すぐに1匹目が釣れるも、その後が続かない・・・。


早々に諦め、竜ヶ岳方面へ移動。

街灯の点いてる堤防を見ながら移動するけど、何処も家族連れでいっぱい。
夏休みの週末だからしょうがないですね。

しばらく行くと、街灯の下の空いたポイントを発見、ラッキーscissors


竿出ししてみる。

一投一匹の堅実さで、まあ、退屈はしないレベルだったので
ここでしばらくやってみることに・・・。


竿は1本しか出さず、奥さんと10匹づつ交代で釣ってみる。
途中で奥さんは御就寝でしたが、その後もぽつぽつと釣れ、
最干潮と、エサがなくなるのがほぼ同時で、実質3時間半の
実釣終了。
Img_3928
釣果は、80匹ちょっとですべて12cm程度。
南蛮漬けにちょうどいい大きさ。


午前6時前には帰宅。
10時くらいまで寝て、下処理開始・・・
1時間半くらいかかりました。sweat02
Img_3930


美味しく出来上がった南蛮漬け。
Img_3932

早速、晩ごはんで美味しくいただきました。delicious

ごちそうさまでした。


結局、なんという港か名前が分かりませでしたが、もう5年以上
アジゴ釣りはしてなかったので楽しかったです。


いやぁ~、それにしても夜中の釣りとはいえ28℃くらいまでしか
気温は下がらないし、涼しげ風も吹かない・・・sweat01

非常に疲れました・・・。sad
俺っちは夏はやっぱり苦手です。



帰り道は、これまた何年かぶりに奥さんと夜明けのコーヒーcafeを・・・・
まあ、セブンイレブンですけどね。



2013年8月 4日 (日)

工場萌え~?

柳川ひまわり園の帰り、大牟田の工業地帯の一角にある、
大牟田エコタウンに寄りました。

どうしても撮ってみたい画があったので・・・。


それは、エコタウン内にある「福岡ブルータワー」です。


福岡ブルータワーとは、IDEXのバイオマス水素事業プラントのことで
ここで製造された工業用水素は「ブルー水素」というのだとか。


そしてこのブルータワー、夜間になるとかなり“萌え”るらしい。

その姿を是非撮ってみたいと前から思っていました。


現地に着いたのは、午後6:30頃。
土曜日でもあるためその姿が見られるのか少々心配に・・・
Img_5665_2
午後7:25頃でしょうか、待望の明かりがプラントに灯されました。


本格的に暗くなるまで、まだ少し時間があるので、いろいろな設定で
試し撮りしてみます。


フラッシュあり、オートモード。
Img_5670_2
なんじゃ?真っ暗で分かりやせんね。


次は、シャッタースピードを1/60秒に設定してみました。
Img_5671_2
これが一番見た目には近いんですけど、俺っちのイメージとは違います。

それからも、いろいろ設定をやってみまして・・・


これは、シャッタースピード1/25秒に設定。
Img_5676_2
これです、これ。
これが俺っちのイメージした画です。

明かりがプラントの青い鉄骨に反射してこれこそ“ブルータワー”。

今日は1/25秒設定で決まり。good


それでは三脚にカメラセットして、本格的に撮りましょか・・・

本日はシグマ17-70mmの一本で勝負。
Img_5683


たくさん撮ったなかで・・・、本日のベストショットはこれだ↓。
ワン、ツー、スリー。
Img_5695_2
手ブレもなく、カチッとプラントがシャープに撮れたかな?って思います。
淡いブルーの雰囲気もとってもお気に入りです。


帰りにブルータワーの隣の大牟田リサイクル発電所もパチリ。
Img_5692_2
白い感じの明かりばっかりでイマイチ華やかさが・・・

でも、発電所なんで電気はは売らなきゃね・・・。


最近、京浜辺りでは工場萌えツアーが流行ってるそうです。

九州ならば北九州まで行かなくちゃ見れないんでしょうね。


わーいわーい。
撮りたいものが思うように撮れました。
やっぱり写真は楽しいね。good


柳川ひまわり園

平成25年8月3日(土)

夏の花といえば・・・、ひまわり。

俺っちの奥さんは8月生まれということもあり、「ひまわりは私の花」
等とのたまうています。??


「それで、ヒョロ~っと上に伸びたのね。納得。」think


ならば、ひまわりのたくさん咲いているところを・・・と検索くん。


ありました。柳川のひまわり園・・・。なんと35万本ですと。


有明海沿岸道路を走ります。rvcardash
Img_3883
こんな立派な橋も架かってます。


さてさて、柳川ひまわり園に到着しましたが・・・・
Img_3909
見どころは先週だったみたいね。残念。weep
夕刻前でしたが、お客さんは多かったですね、駐車場もいっぱい。


それでもいっぱい咲いているように見せかの写真を・・・。
Img_5643


ひまわり園を見渡せる展望所も二か所あるんですよぉ。Img_5644


見ごろを過ぎていたにもかかわらず、奥さんご満悦の様子。
Img_5602


ひまわりには青い空がお似合いね。
Img_3899


ミツバチさんも、大忙しみたい。一心不乱です。
Img_5600


お世話の方たちも「今年は一週間早かった・・・」と話をしてましたよ。
Img_5624_2

なんでも、今日までは夜間ライトアップがあるそうですが・・・

ライトアップも魅力だけど・・・

来年は絶対に満開時期を外さないよう再訪しますんで、
その時までお預けにします。


ということで・・・
Img_3911
来た道を帰ることにしますが・・・

しかし、まっすぐ帰るのはもったいないので、

もう一か所“萌え”って帰ることにしました。


いい写真撮れるかな???


その記事はまた後日ですねぇ~1321



≪柳川ひまわり園の情報は「ひまわりネット」から。≫