フォトアルバム

リンク

« 2012年1月 | メイン | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月26日 (日)

ジェノサイド

最近、金欠病なのに、

「どっか行きたい。」「なんなっとせんと・・・。」

と、週末の欲求はとどまることを知りません。

しかし、金欠・・・。

こんなときに限って時間的な余裕はあったりする(泣)。



そんな時、目的もなくショッピングモールを散策中、

ふらっと入った書店で目に止まった一冊・・・。

「これを読んで時間つぶしでもするか。」

と手にとってみた。


題名は「ジェノサイド」意味はよくわからなかったけど、

本文中にはすぐに「大量殺戮」と出てくる・・・。

殺戮とは大量虐殺のこと・・・なんだか???と思いながらも

読んでいくうちに引き込まれてしまいました。
Img_1740

なんとスケールの大きな小説。

読み進めるうちにその展開に何度も鳥肌が立ちました。



映画化は面白そうだけど原作を再現するのは無理じゃないか?

あるとすればアニメの連載か?



とか思いながら、「何十年ぶりの読書だろう? 」読書もいいもんだ

と、この年になって思いました。




2012年2月13日 (月)

和食:天慎本店

天草に、菜の花ドライブに行った際に寄ったお店、「天慎」さんを

紹介します。



天慎さんは、2号橋の所に2号店がありますが、
今回は本店のご紹介です。



今回行ったのは、二号橋手前左側にある2号店ではなく、
本店の方です。
Img_1712


メニューはこちら、一部だけですけど・・・。
Img_1702


素敵なカウンター(cameraナシ)と掘りごたつの個室でおもてなし。
Img_1703


まずは、お刺身。左端はコノシロのお刺身。
Img_1706


メイン、登場。
Img_1708

御膳についてるだご汁は、ご主人の力作らしく、醤油、塩、
味噌、カレーとお味が選べます。

野菜もゴロゴロと入っており、椎茸の風味の利いたお出汁は
美味しかったぁ~。

だご汁をメインにしたメニューもあるとか・・・。


こちらは、天婦羅御膳。
Img_1709


こちら、単品の「地カキフライ」。地カキは小さいので
3~5つ位を串に刺してフライにしてあります。
Img_1707


そして、お持ち帰りしたのはこのお店の名物。
「天慎の三代巻」と銘打ったコハダの白魚巻。
Img_1715
外側を大根で巻いて、サッパリしながらもコハダと分かる風味と

食感がうれしい、美味しいお寿司でした。



今回は注文しなかったんですが、おススメメニューNO.1に

「湯島大根ステーキ」というのがあって、

今の季節しか食べられないらしい・・・。

帰りに女将さんが「是非、食べてほしかったんですよ・・。」
というぐらい。

近いうちに行く機会があれば注文してみたいですね。

《天 慎》
住所 熊本県上天草市大矢野町登立双原1216-6
電話 0964-56-0656
営業 11:00~21:00



2012年2月 6日 (月)

天草:100万本の菜の花園

天気予報と違って、雨の降りそうな予感。cloud

moneybagも厳しいので、こんなときは両親を津つれてドライブに・・・。car

大矢野でちょうどお昼。「なんなっと食べるばい。」ってことで

「天慎」さんで腹ごしらえ。
Img_1712
とても美味しかったですよ。note

お店の詳細は例の如く別記事で紹介します。




その後は、松島町の「100万本の菜の花園」に。

ここでは黄色いじゅうたんを敷き詰めたように菜の花が
満開となっていました。

ここは、冬場の観光客を誘致しようと、上天草市が農家から

畑を借り受け、早咲きの種をまいて、毎年、菜の花を咲かせて

いるそうです。
Img_3405


松島総合体育館「アロマ」の隣です。
Img_3402


あいにくの小雨で見物人は我らだけでした。
Img_3406


帰りはいつもの「宇土マリーナ」によってお土産買いました。
Img_1716

この「こっぱ餅」すっごく美味しくて好きなんです。

フライパンで焼くこと“ちょっと”。

もっちりと甘くってお茶でもいいし、牛乳でも相性抜群。sign03



それから、「宇土マリーナ」では、ネーブルやデコマリンなど

これから旬の果物がたくさん並んでました。

試食しましたがとっても美味しかったです。
(もちろんお土産に買いました。)

皆さんも行ってみてはいかが?